コロナ挨拶文 お客様。 ビジネス文書の書き出しと例文|個人・会社・お客様への挨拶は?頭語や時候の挨拶まで解説

【コロナ】営業再開のお知らせ例文の7業種まとめ!ビジネスメールの適切な挨拶文も!

コロナ挨拶文 お客様

ビジネスで効果を生む手紙のケースといえば?やはり顧客への手紙が1番でしょう。 消費が低迷する昨今、今までのような接客や商品開発、また価格設定というだけでは売り上げができなくなってきています。 一番経費がかからず効果がある方法として「手書きの手紙を書く」ということが注目され始めました。 ビジネスの方向性が「顧客単価向上」に変わりつつあるから なぜ、挨拶ツールとして顧客への手紙が注目されているのでしょうか?端的に言えば、ビジネスの方向性が「顧客単価向上」に変わりつつあるからです。 「今いるお客様=顧客」のニーズ対応やワンランク上の接客が求められるようになってきています。 新規開拓以上に、言わば「顧客単価を上げる」もしくは「顧客つながり(紹介)の販路拡大」へのシフトもされるようになってきたのです。 これは新任・退任などの挨拶以外として、もっと期間が短い「購入後の会わない期間を脱却するための、コミュニケーションを再開するツール」として絶大な効果があるからです。 つまり、簡単な挨拶のツールとして「手紙」を活用することをいうのです。 顧客への手紙は、例文を参考にして、要点をおさえた書き方をするのがおすすめです。 【顧客への手紙~新規顧客の場合~】 拝啓 先日はご多忙のところ当店へご来店いただきまして、誠にありがとうございました。 来月の発表会でお召しとお聞きしておりましたので、シンプルなデザインのワンピースに華やかなアクセサリーを合わせていただくと壇上でもより映えると思います。 お手入れやその他、何かお困りのことがございましたら、いつでもご相談くださいませ。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 またのご来店を心からお待ち申しあげております。 敬具 あくまでも「御縁の挨拶」としての手紙ぐらいにおさめておく方が、受け取る側としても負担がないでしょう。 また、例文はあくまでも例文です。 直接お話しした内容も一言盛り込めるとなおいいですね。 初めてご購入いただいた顧客には、早めに手紙を送り満足感を高めよう 初めてご購入いただいた顧客への「手紙=お礼状」は、顧客との関係を近づけて繋がりを維持するための挨拶として大変有効です。 購入していただいたお礼と、「これからもお付き合いをしたい」という気持ちを感じ良く伝えましょう。 ブランドの自慢や次の購入を要求していると感じられるような文章にならないように気をつけます。 そして、顧客にニーズに合った良い買い物をしていただいたと伝えることで満足感が高まり、リピーターとなってくれるのです。 【顧客への手紙~リピーター顧客(常連・得意客)の場合~】 拝啓 過ごしやすい季節になり、真っ青な秋空が眩しくなってきました。 いつもご来店いただきまして、誠にありがとうございます。 下半期のスタートの中、お仕事もこれまで以上にご多忙の中、ご足労くださいましたことを心から感謝いたします。 睡眠時間も短いと仰っていましたが、その後お体の状態はいかがでしょうか。 先日お買い求めいただきましたニットジャケットは、寒暖の差が大きくなる、この季節にピッタリです。 また、テーラードカラーのデザインですのでビジネスでもご活用いただけると思います。 月末にお探しになられているとお聞きしたネイビーのダウンベストが入荷予定です。 お手持ちのベージュのニットと相性がいいと思いますので、一度ご覧いただければ幸いです。 例年よりも冬の足音が早く聞こえそうです。 どうか温かくしてお過ごしくださいませ。 またお会い出来る日を心待ちにしております。 敬具 この手紙1枚がお付き合いを繋げて、コミュニケーションの始まりである挨拶の役割を果たしてくれるのです。 関係性によっては、例文よりも堅く、あるいはフランクにするのもアリです。 例文は、あくまでも参考程度にしてください。 3つのポイントをおさえて"すぐ"書こう これまでお手紙を何度もお送りしている顧客には、毎回凝った内容にするよりも「ご購入いただいたら、すぐにお礼の手紙を書く」という流れを作る方が大切です。 1.時候の挨拶は簡潔に。 2.来店時の会話の内容は必ず折り込む。 3.顧客には、購入意思があるかどうか別にして新商品の情報をいち早くお伝えします。 購入の押し付けは避けて、手持ちの物との相性をさりげなくお伝えするくらいがいいでしょう。 リピーター顧客への手紙でさらなるリピートを期待できる リピーター顧客への手紙は、さらなるリピートにつながります。 二回以上商品を購入しているという事は、ある程度満足している可能性が高いですが、気を抜くと簡単に離脱してしまいます。 より満足していただき、自分のお店・会社のファンになってもらうために、顧客への手紙を大切にしましょう。 顧客への手紙は満足度に直結するので重要!例文を参考にした挨拶状を送ろう 顧客への手紙が重要な理由と満足度を上げる挨拶例文をご紹介しましたが、いかがでしたか?個人顧客への手紙を書く時は、例文のような書き方が好ましいです。 手紙にしたためるだけで特別感が出て、相手の気持ちをグッと掴むことができるでしょう。 選択肢が多い世の中ですので、これからもニーズ対応には「人のあたたかさがわかる手紙」の重要性が高まってくるはずです。 是非、お客さまと良好な関係を築いてくださいね。

次の

お客様へのお詫び状の例文》詫び状の書き方、見本、個人、締めくくり、文例

コロナ挨拶文 お客様

コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛・3密を避けるなどで仕事のやり方も変わってきていますよね。 リモートワークを取り入れている会社では、在宅でメールやテレビ電話・ネットワークを利用しお仕事を進めている方も多いでしょう。 そんな中、 お取引先やお客様とのメールのやり取りではコロナウイルスについて気遣う言葉を添えたいですよね。 また、リモートワークが出来ない会社・職種もあるでしょうから、 打ち合わせ・イベントやセミナーなどの延期・中止などをメールで伝えなければならない人もいるでしょう。 そんな時も、お客様に気遣いの言葉をかけたいですよね。 今回は、 ビジネスメールでコロナウイルスについて気遣う言葉を使ったビジネスメールの例文をご紹介していきます。 他にも、打ち合わせやイベント・セミナーなどを延期・中止したい場合の例文もご紹介します。 本文 普段であればこのような挨拶をしてから、本文に入っていくと思います。 コロナウイルスの影響で経済状況が苦しい中『ますますご清栄のこと』などという言葉を使うのは、相手に失礼なのではないか?と思う方もいるでしょう。 ただし、ご清栄は相手の安否を伺うものではないので問題ないということを前置きしておきます。 現在弊社では、新型コロナウイルスの影響により、お取引先様との接触を控えるよう通達がございました。 ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご検討いただけますようお願い申し上げます。 あなたのせいで打ち合わせを延期・中止になるわけではありませんが、 最後に謝罪の文言を入れるのはマナーかな?と思います。 相手によってはそれでも会って打ち合わせするのが当たり前だろう! こちらは感染対策を万全にしている、そちらの勝手な言い分だろう! などと思う人もいるかもしれませんよね。 あなたのせいではない。 と分かってくれそうな相手でも、謝罪の一文は入れておいた方がいいですね。 イベント・セミナーの延期・中止を知らせる 厚生労働省からも、換気の悪い・多数が集まる・間近で会話や発声をする。 つまり 「密閉・密集・密接」の3密を避ける事が要請されました。 これにより イベントやセミナーなどを延期・中止する主催者も増えていますよね。 仮に開催してもキャンセルなどが相次ぎ、開催できない状況にもなっているようです。 そんなことを鑑みて、イベントやセミナーを延期・中止するお知らせをメールで送る例文をご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の動向に鑑みて、当社主催のイベント セミナー の開催を中止 延期 させていただくことになりました。 なお、状況が改善され再開できる状況が整いましたら、改めて日程や詳細などをお知らせさせて頂きます。 未曾有のことで、弊社としても対応が行き届かない点もあるかと思いますが、何卒ご承知の程、お願い申し上げます。 【申し込みや料金徴収済みの場合】 すでにお申し込みが完了している段階でのご連絡となり大変申し訳ございません。 事前にお収めいただいております参加費 チケット の払い戻しに関しましては、ご指定の口座にご返金させていただきます。 どうぞよろしくお願い致します。 <自分の署名> 今回の例文はイベント・セミナーの延期や中止により、返金があるという内容でした。 もちろんお客様にどのように対応するかによって内容が異なりますので、あなた会社などのケースに合わせてくださいね。 さいごに 今回は、コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介しました。 コロナウイルスの影響により仕事の仕方も変わってきましたよね。 会社に出社しても、会社からの指示で在宅で仕事をしたり待機したとしても、 お客様との約束に対応しなければなりません。 コロナウイルスの感染予防のために、打ち合わせやイベント・セミナーを延期したり中止することもあるでしょう。 そして、 会わないという配慮から要件をメールでやり取りする機会も多いはずです。 今回ご紹介したビジネスメールの例文を、 お客様の体調を気遣う時などの参考にしてみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

コロナ挨拶文 お客様

スポンサーリンク 新型コロナウイルス対応の挨拶文とお知らせ例文 新型コロナウイルスの挨拶文のなかでも簡単にお知らせを通知するヘルパーサービスステーション用、施設も併設している事業所用の例文を用意しました。 新型インフルエンザやノロウィルスにも使えます。 新型肺炎コロナウイルス感染拡大防止対策としてホームページサイトでのアナウンスだけでなく、訪問系ヘルパーサービスなどは実際にご利用者のお宅にヘルパーが訪問することになります。 その時に、マスクや手袋の着用などは利用者やそのご家族に不愉快、不快に思われない配慮が必要不可欠です。 しかし居宅介護事業所や訪問ヘルパー事業所は、職員である訪問ヘルパー自身の安全も守らなければなりません。 さらに、各ヘルパーに個々に利用者様に口伝えで言ってもらうわけにもいきませんよね。 そういったときに、ご利用者様に不快にならないアナウンスを事業所としてあらかじめしておく必要があります。 その、新型ウィルス等の対策への対応についてのお願い書類の文例が以下の通りです。 などを書き換えて参考にしてください。 訪問ヘルパー事業所 新型コロナウィルスへの対応について(お知らせ例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 ホームヘルプステーション 〇〇 管理者 〇〇 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について 拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 この度、政府による新型コロナウィルス感染症対策本部より発表がありました方針を踏まえ、当事業所の感染拡大防止対策における対応について、下記ご連絡申し上げます。 尚、下記対応につきましては、お客様及びご家族様にも同様のご案内をさせていただいております。 引き続き、今後の政府発表や社会情勢を踏まえ、ご利用いただくお客様の安全を第一に考えた対応に努めて参ります。 関係者の皆様方には、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 以上 新型コロナウィルスへの対応について(お願い例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について(お願い) 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 標記について、現在弊社におきましては厚生労働省の通知に沿った対応をすすめております。 対応にあたっては、全従業員が新型コロナウイルスについて正しい認識を持つとともに、感染対策マニュアル等を通して、マスク着用、手指消毒、うがいの施行、従業員(パートタイマー含む)へのメディカルチェック(体温や症状の確認)の実施を行っております。 また、弊社に訪問されるお客様にも面会が必要ご用件がある場合以外には、原則禁止をさせていただく等の感染予防に努めております。 つきましては、ご利用者様、ご家族の皆様にも感染症対策について、以下の通りご協力のほどよろしくお願い致します。 1 サービスのご利用について 訪問サービスのご利用の際には、訪問時における訪問スタッフのマスクや手袋の着用につきましてはご理解ください。 また、発熱(37. 通所等のサービスをご利用の際には、事前にご自宅で検温をして通所の可否を判断していただきますようお願い致します。 発熱(37. また、発熱などの症状が無い場合でも、通所サービスご利用中のマスク着用、来所時の検温・手洗い・うがい・手指消毒などの感染防止対策の徹底にご協力をお願い致します。 ショートステイなど宿泊サービスをご利用の際には、発熱(37. なお、医療機関への定期受診に関しては、感染予防の観点から往診での対応を薬の処方、受け取りも含みお願いする場合がありますのでご了承ください。 2 弊社施設での面会制限について 当面の間、ご家族の面会は禁止させていただきます。 なお、お荷物等をお持ちになった場合は、玄関にて従業員が代わりにお預かりし、ご利用者へお渡しさせていただきます。 その他、今後の状況によって、新たに利用の制限やお願い等をさせていただく可能性がございます。 ご利用者様・ご家族様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、大切なご利用者様を感染から守るため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、当事業所従業員までいつでもお願い致します。 一番新型コロナウィルス感染拡大防止対策が求められる訪問ヘルパー事業所、デイサービスやショートステイなどの宿泊施設のある事業所がそのまま使用できるお知らせ例文になります。 感染症対策は常日頃からしてはいますが、今回のようなウィルス感染症予防などでの急な予定変更や感染症対策の徹底さでは早期の判断が必要ですよね。 お客様やご家族に迷惑をかけず、そして従業員が訪問時や施設利用時に混乱をまねかぬよう、事前にしっかりとしたお知らせをアナウンスしましょう。

次の