真言宗 お経 葬式。 真言宗のお葬式

真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーもご紹介します

真言宗 お経 葬式

真言宗葬儀の特徴は、唯一、密教での儀礼で葬儀が行われます。 棺の前で授戒を行なう灌頂の儀式、土砂加持などが行われ、大日如来の住する密巌浄土 、弥勒菩薩の浄土である都率天へといざないます。 真言宗の葬儀式次第• 導師入場/導師及び式僧が入場着座し、葬儀が始まります。 洒水 しゃすい /加持された法水を棺に注いで、浄めの儀式を行います。 加持/仏前の供物を加持し浄めます。 三礼・剃髪 さんらい・ていはつ /三礼文により仏、法、僧に礼拝し、剃刀を用いた後、偈を唱えます。 受戒/十善戒、三帰、三竟などを授け戒名を付けます。 表白 ひょうびやく /即身成仏の為に諸仏に祈ります。 引導/偈を三遍唱え、臨終の大事を授け理趣経を読経します。 御引導大事/弘法大師の引導の印、偈文、真言を授けます。 血脈 けちみやく /真言密教の血脈を授けます。 六大印/真言を授けます。 諷誦文 ふうじゅもん /故人の成仏を願い、諷誦文を唱え焼香が始まります。 弔辞拝受• 弔電拝受• 後讃/鉢をつきます。 読経/真言、陀羅尼、回向を唱えます。 導師退場 真言宗の告別式• 導師入場• 開式の辞• 参列者焼香• 喪主謝辞• 閉会の辞 真言宗の葬儀では灌頂 かんじょう と言われる儀式があります。 故人の頭に水をかけ、仏との縁を結び、仏の位に近づく為に行なわれる儀式ですが、生前に自身の守り本尊を決める際に出家する時にも行なわれます。 又、真言宗独自の儀式として、土砂加持 どしゃかじ と言われるものがあり、祈祷及び光明真言により清められた土砂を故人にかける事により生前の滅罪を願います。 またお墓や塔婆にかける事により、故人の成仏につながるとも言われます。 真言宗の戒名とは 真言宗の戒名は、成人の場合、男女とも一番上に梵字で大日如来を表すア字を付けます。 子供の場合、男女とも幼い魂をきっと浄土に送り届けていただけるように地蔵菩薩を表すカ字を付けます。 位号の種類• 居士・大姉/仏教の信者として礼節、学徳の品格を備えた者に用いられます。 禅定門・禅定尼/心と行いを律することができ、法に照らしても安定している品格者に用いられます。 信士・信女/五戒を守る事ができる品格者に用いられます。 五戒とは? 1 ・不殺生戒/生き物を殺さない 2 ・不偸盗戒/盗みをしない 3 ・不邪婬戒/不貞をしない 4 ・不妄語戒/嘘をつかない 5 ・不飲酒戒/酒を飲まない• 嬰児/3才までの子供• 水子/流産した子供 真言宗では、位牌の一番上に必ず大日如来を表す阿字を梵字で書き表し、一番下の位号の最後には必ず位の文字を書き表します。 また、夫婦の場合は出来るだけ位号を揃えるようにします。 真言宗の数珠の用い方 真言宗の数珠は108連から成り、振分数珠とも言われます。 左右に2 本ずつの梵天房が付き、親玉から7 個目、21 個目に四天という小玉が付いているのが特徴です。 親玉は2個、四天は4個、浄名玉が1個、弟子玉が20個、露玉4個の作りとなっています。 また、両手に掛けお参りする時には、左右の中指に掛け、数珠を擦り合わせて音を出すようにします。 真言宗葬儀での香典袋の表書き 真言宗では御霊前と書くのが一般的ですが御仏前でも構いません。 また、結び切りの白と黒、双銀の水引の付いた香典袋を使用し薄墨を用いる様にします。

次の

真言宗のお墓の特徴とは?お墓参りの作法や納骨費用も解説!

真言宗 お経 葬式

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• そもそもお経とは一体何なのでしょうか? 葬儀で読まれるということは、故人を成仏させるための呪文のようなものでしょうか? ここでは前提として お経の意味と、宗派ごとのお経の内容について解説していきます。 お経の意味 そもそもお経というのは、仏教の開祖である釈迦の教えを文字にしたものです。 本来、釈迦の教えを聞くことができるのは、ごく限られた弟子たちだけでした。 また、今の学校の授業のようにノートを取らせたりすることもなく、釈迦が口伝えで教えを説き、そを弟子たちは記憶するというものでした。 釈迦が亡くなられた後、弟子たちは一同に集まり、今までそれぞれの 頭に記憶していた釈迦の教えを文字にまとめ統一しました。 これを「仏典結集」といい、ここでまとめられたものがお経です。 そのため、本来お経というのは故人のために書かれたものではなく、生きている人に対して書かれたものなのです。 宗派によって異なるお経の種類・内容 仏教には数多くの宗派が存在します。 これは、そもそものお経 経典 が弟子の記憶から作られたものであるため、お経の数が莫大なものとなったことや、そこから解釈の違いが生じやすいなどが要因としてあるからです。 様々な解釈によりそれぞれが異なるお経を経典とすることで、数多くの宗派が誕生したのです。 ここでは、それぞれの 宗派によって異なるお経の種類と内容を解説していきます。 浄土宗 法然を宗祖とする浄土宗では、浄土三部経 無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経 を主なお経としています。 主な内容は、 阿弥陀仏の本願によって人々は救済されるというものです。 また浄土宗はこの三部経の中でも特に観無量寿経に重きを置いています。 これは南無阿弥陀仏と唱えることで、誰でも成仏することができるという内容が書かれており、浄土宗の基本理念となります。 浄土真宗 親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗では、浄土宗と同様に浄土三部経を主なお経としています。 ただし浄土真宗では、 無理に南無阿弥陀仏と念仏を唱える必要はありません。 ただひたすらに阿弥陀仏を信仰をし、感謝の気持ちとして南無阿弥陀仏を唱えるだけで、人々は極楽浄土へ行けると説いています。 また、浄土真宗の葬儀ではお経の他にも正信偈というものが読まれます。 正信偈は釈迦の教えではなく、親鸞聖人によって書かれたものなので厳密にはお経ではないのですが、浄土真宗ではお経の次に大切なものとして親しまれています。 天台宗 最澄を宗祖とする天台宗では、妙法蓮華経 法華経 を主なお経としています。 妙法蓮華経は数あるお経の中でも特に有名なお経で、諸経の王とも呼ばれています。 それもそのはず、仏教の開祖である 釈迦も妙法によって成仏したと言われているのです。 また「妙法蓮華経」自体が「どんな場所でも美しく咲くことができる白い蓮華のような素晴らしい妙法」という意味となっており、題目の時点で非常に優秀なお経であることが分かります。 その内容は、誰であっても成仏することができるという大乗仏教の教えが説かれています。 しかし、上記の浄土三部経と違い、具体的に何をすれば成仏できるかは書かれていません。 そのため法華経からは色んな解釈をすることができるので、現代でも新興宗教では法華経が参考にされることが多いです。 真言宗 空海を宗祖とする真言宗では、真言三部経 大日経・金剛頂経・蘇悉地経 を主なお経としています。 他の宗派では、仏の中でも最も尊いとされている阿弥陀如来を本尊とすることが多いですが、真言宗では大日如来を本尊としています。 主な内容は、人が悟りを開くための心持ちや、 修行をすれば現世で仏になることができるという「即身成仏」について説かれたものとなっています。 曹洞宗 道元を開祖とする曹洞宗では、般若心経を主なお経としています。 般若心経はわずか300文字程度と短い構成ではありますが、禅宗をはじめ多くの宗派で読まれている代表的なお経です。 内容は、この世のあらゆるものには実体がない 空の思想 のだから、一つのことに囚われたり、 執着することなく穏やかに生きなさいといった内容が対話形式で記されています。 また、般若心経の中でも有名な「ぎゃーてーぎゃーてー」の部分は、お経ではなくマントラという呪文のようなものであり、お経の締めの言葉として唱えられています。 日蓮宗 日蓮を開祖とする日蓮宗では、妙法蓮華経を主なお経としています。 天台宗も妙法蓮華経を経典としていますが、日蓮宗ではより徹底して法華経を追求することで、悟りを開くことができるとしています。 天台宗との大きな違いは、「南無妙法蓮華経」というお題目が唱えられることです。 これは 「法華経の教えを信じ続けます」という意味を表しています。 釈迦の言葉ではないため、正確にはお経ではないのですが、日蓮宗では修行や葬儀の際も必ず唱えられています。 臨済宗 栄西を開祖とする臨済宗では、 特定のお経はありません。 よく読まれるのが、般若心経や観音教、大悲咒などです。 特定のお経を定めないのは、悟りにお経が必要ないからではなく、お経だけでは悟りに至る事はできないという考えがあるからです。 また、臨済宗ではお経だけでなく、本尊も特定のものを定めません。 臨済宗のお経の「喝」の意味とは? 最後に 葬儀に参列する際の基本的なマナーを簡単に解説します。 服装 葬儀に参列する際は、服装に気を使わなければいけません。 男性の場合は準礼装と呼ばれる ブラックスーツに、無地の黒のネクタイを着用します。 仕事中に着用する黒のビジネススーツとは、黒の濃さや使われている素材などが違いますので、仕事着で代用はしないようにしましょう。 女性の場合はブラックフォーマルのスーツか、ワンピースなどを着用します。 スーツの場合はパンツスーツよりもスカートの方が望ましいとされています。 ただしスカートの場合でも、肌の露出が大きいミニスカートはNGです。 持ち物 葬儀に参列する際の主な持ち物は、 御霊前に供える香典、それを包む袱紗、合掌をする際に用いる数珠などです。 ただし、数珠がどうしても用意できない場合は無理に用意する必要はありません。 用意しようとして、数珠を誰かに借りることは逆にマナー違反となってしまうので注意しましょう。 また、ハンカチやバッグを持っていく際は、なるべく地味な色で装飾が無いものを持っていきましょう。 特にバッグの場合は、殺生を意識させるワニ柄のバッグなどは、例え色が地味でも控えましょう。 香典 故人の御霊前に供える香典ですが、その金額は自身の年齢や、故人との関係によって異なります。 また、表書きの書き方にも決まりがありますので、簡単に解説していきます。 香典の平均金額 まず両親や兄弟姉妹など、 家族の誰かが亡くなった場合は5万〜10万円を包みます。 祖父母や親戚の場合は、5千円〜1万円ほど包みます。 その他、友人や会社関係の人の場合は5千円ほど包みます。 香典は気持ちなので基本いくらでも構いませんが、金額が高額過ぎたり低額過ぎたりすると、香典返しの負担が大きくなってしまいます。 自分と故人の関係性に合わせて常識の範囲で包むようにしましょう。 また、「4」や「9」の単位の金額は、「死」や「苦」を連想させるため控えましょう。 香典の表袋の書き方 香典の表袋を書く際は、まず上部に 「御霊前」か「御香典」と書きます。 最近のは既に印刷されている場合もございます。 下部には、香典を包んだ人の名前を書きます。 連名で出す場合は、位や年齢が高い人が一番右になるように名前を書き、その後左へ順に他の人の名前を書きます。 また、表袋には3名までしか名前を書けない為、4名以上が同じ香典で出す場合は、代表者の1人が名前を中央に書きます。 そして、名前の右側に会社名やグループ名を小さく書き、そして左側には「外一同」と小さく書きます。 ただし、4名以上のグループの中に身分の差がない場合は、グループ名や会社の部署名を中央に書き、その下に「一同」と書きます。 また、別紙に会社・グループ名、代表者を含めた全員の氏名、それぞれが入れた金額、住所などを記入し、中袋に同封します。 香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。 お経とは、釈迦の教えを弟子たちが記憶を頼りに記したものである• 浄土宗、浄土真宗では浄土三部経 無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経 を主なお経としている• 天台宗、日蓮宗では妙法蓮華経 法華経 を主なお経としている• 真言宗では真言三部経 大日経・金剛頂経・蘇悉地経 を主なお経としている• 曹洞宗では般若心経を主なお経としている• 臨済宗では特定のお経は無いが、よく読まれるのが、般若心経や観音教、大悲咒などである• 喝という言葉には、対象を叱りつけるという意味や、心を通わせる意味を持つ• 葬儀で行われる読経は平均で30分〜40分ほどかかる• 葬儀に参列する際、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルのスーツか、ワンピースなどを着用する• 持ち物は香典、袱紗、数珠、ハンカチなどを持っていく• 香典の平均金額は自身の年齢や、故人との関係性によって異なる• 表袋の上部には「御霊前」「御香典」と書き、下部には金額を入れた人の名前を書く 実際にお坊さんのお経を聞きながら意味を理解するのは難しいですが、どの宗派がどのようなお経を読むのか予め知っておけば、お経に対する心持ちも大きく変わっていきます。 ぜひ、今回の記事を参考にしていただけたらと思います。 また「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。 以下の記事では、葬儀にかかる費用の内訳や、安くする方法なども解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【真言宗】葬儀の流れ、マナーや作法、お布施の相場について解説

真言宗 お経 葬式

「金剛頂経」という大乗仏教が作成した密教経典の中の「理趣広経」を漢訳したものが「理趣経」です。 理趣経は「般若理趣経」や「百五十頌般若」とも呼ばれており、般若の名前がつく通り、般若経典の一種です。 主に真言宗派によって使用されることが多いのですが、般若心経を読む会などでは、他宗派の僧侶が読誦(どくじゅ:声をだしてお経を読むこと)することもあります。 理趣経は、1~17の章から構成されており、そもそも 人間は汚れた存在ではない、という思想が根本にある経典です。 本文には、読誦をすることで功徳が得られるという記載があるなど、仏教の経典の中でも他にはない特徴があります。 そのため真言宗は元より、他の宗派の曹洞宗や天台宗でも、「理趣広経」の訳本の一種である「理趣分経」が使用されています。 「この経典を読み上げている時に風にあたると病気にならない」という信仰や、「読誦をすると病気除けになる、収入が増える」といった話が流布するなどして、民間の間でも親しまれてきました。 理趣経は、他にはない特徴があります。 特に有名なのが十七清浄句です。 この部分では情交や さまざまな欲望に対して肯定的な記載がされています。 これらは不浄なものではなく、そういった欲望によって人間が間違えた方向に行ってしまうのがいけないことなのだ、誤った道へ行かずに悟りへの道に精進をするべき、という旨の文章があるので、単に性を認めた経典ではありません。 しかし、この性の部分だけが過大解釈され、情交や欲望を正しいとする経典と勘違いされてしまうことがあります。 昔は 高野山で修行した僧侶だけが理趣経を読誦することができました。 そのため在家がこの経典を理解することを厳しく禁じており、読誦をする際にも音を聞いて語の意味を理解できなくするために、一般的な経典の読み方ではなく漢音読みで行っていました 政府の命令により漢音を使用しているという説もあります。 例えば金剛を、「きんこう」と読み、清浄を「せいせい」と読む、といった形です。 如来は通常「にょらい」と読みますが、理趣経では「じょらい」と読みます。 空海は書簡で、最澄に「理趣経は、体験を通じて初めて理解できるものであり、文字だけで理解をすると誤った解釈をされてしまう可能性がある。 しっかりと学びたければ高野山に来て3年間、1対1で学ぶように」といったのです。 経典に書かれてある文字だけで密教を理解しようとしていた最澄に対して、空海はそれでは密教の教えに反すると伝えたのです。 密教においてもっとも重要なのは、書物には決して書かれていないことを直接、師から弟子へ伝えられて初めて理解できるということで、 書物からの学びだけでは本当の教えは理解できない、というのが空海の考えでした。 これをきっかけにして2人は絶縁していくことになりました。 それでも密教の教えを大事だと考えている最澄は諦められず、弟子である泰範を空海のもとに送りますが、最終的には泰範は高野山に留まります。 泰範は空海を一生の師とし、最澄のもとに帰らなかったのです。 また、理趣経は、男女の交歓自体が仏の道に通ずるという教えを流布する「真言立川流」という宗教を作ってしまった過去もあります。 この宗教は、当時の権力者であった宥快 ゆうかい などによって邪教とされ、弾圧されやがて壊滅してしまいました。 真言宗では、理趣経の正式名称を「大楽金剛不空真実三摩地耶経・般若波羅蜜多理趣品」といいます。 これはその名前の通り、「大きな楽しみは金剛である、空しからざる真実である、悟りの境地に至る」という意味合いがあります。 ここでいう楽しみというものは一般的な感情に起因する楽しみではなく、 宇宙全体がよくなるように、という楽しみを説いたものです。 そして、「金剛である」には菩薩心が強固なものだという意味合いがあります。 後半部分にある「般若」は智慧、「波羅蜜多」は迷いから悟りを開く、「理趣」には道理 転じて正しき道 、「品」には章という意味合いがあるので「智慧により迷いから悟りを開く正しき道の章」という翻訳ができます。 これらをまとめると理趣経は「金剛のように固い菩薩心は智慧の完成に至る道を説き、それは真実の悟りの境地となり、宇宙全体がよくなる」という経典ということになります。 真言宗派に葬儀を依頼した際は、理趣経を聞く機会があるかもしれません。 そんな時は、さまざまな歴史や意味について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。 これから葬儀の取り行いをお考えの方、葬儀社をどこにするかお悩みの方、またお坊さまや会場の手配に迷われている方は、どうぞお気軽にご相談ください。 ご葬儀のご相談からお手配まで、心を込めてお手伝いさせていただきます。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の