新型 コロナ ウイルス 検査 拒否。 【名前特定】検査拒否の理由は?新型コロナウイルス、武漢チャーター便帰国者の2名|あわづニュース情報流行ネタ

新型コロナ「検査拒否」の実態、電話中に咳をしたら切られた…他(2020年4月18日)|BIGLOBEニュース

新型 コロナ ウイルス 検査 拒否

Contents• 新型肺炎コロナウィルス 検査拒否。 理由はなぜ? 中国・武漢市(湖北省 )で発生した新型コロナウイルス による肺炎が広がっている問題で、厚生労働省 は30日、チャーター機の第1便で29日に武漢市から帰国した日本人のうち、ウイルス検査に同意しなかった2人が、検査を受けたいと申し出たことを明らかにした。 現在、検査を受ける医療機関を調整中という。 2020年1月29日、新型コロナウイルスが蔓延する中国・武漢市から政府のチャーター機で帰国した206人の日本人の内、2人が感染の有無を調べる検査を拒否し自宅に帰宅してしまい物議を醸していましたが、30日、検査を受けることを申し出ました。 2人は空港に到着した際、怒って職員を動画撮影までしていたと報道されています。 検査拒否した2人を自宅に帰すことを容認した件については政府の悪意すら感じてたけど、実は念願の憲法改正の追い風にしたかったからなんじゃないの? — OKAMEN75 okamen75 感染は無しとのこと。 もし仮に今現在は潜伏期間で陰性になっていて、数日後に陽性になることあるのかな? その辺詳しくないが国民を恐怖のドン底に突き落とした事には変わりないからな。 せめてこの2人の住んでる県か市を特定してほしい。 該当地域の人たちはこれが分かるだけで予防できる — おらきよ aqo2525 検査拒否した2人クソすぎだろ。 もし仮に今現在は潜伏期間で陰性になっていて、数日後に陽性になることあるのかな? その辺詳しくないが国民を恐怖のドン底に突き落とした事には変わりないからな。 せめてこの2人の住んでる県か市を特定してほしい。 該当地域の人たちはこれが分かるだけで予防できる 新型肺炎コロナウィルス 検査拒否したのは誰? 名前や顔画像は? 何県在住? なぜ検査拒否をしたのか?世間からはこの拒否した人を非難する声が多く上がっています。 いったいどこの誰なのでしょうか? 名前や顔画像はまだわかっていません。 今のところわかっているのは、この検査拒否した二人は親子のようです。 そして、静岡県在住の親子ではないか?と言われています。 静Pのみんな… ピンチやで… 本当かわからないけど 検査拒否した親子2人は静岡らしいお— すみのふ@イージス姉さん x9Kd8Itw7ltrITl 検査を拒否したのは静岡の親子との情報までは特定されてますね。 新幹線に乗ったらまずいですね。 小学校でもし流行りだしたらもう止まらない— ꧁ スイ ꧂ mail2shu1 小4の息子のクラスメイトの中国の子が先週から中国に里帰りしていて来週頭から学校に来るらしい。 学校も特に何にも言ってこない。 このタイミングでどうすればいいかわからないし、多分私は息子を休ませると思う。 これって大袈裟なのかな?— ラテママ🖖 rate2myumyu2019 新型肺炎コロナウィルス 検査拒否した親子。 ネットの声は? 武漢から帰国した日本人2人が、検査拒否した話。 説得してる時、怒り狂って動画撮ってたとか。 静岡在住の親子とか。 どんどんネットに情報流されてるけれど、本当なのかな。 第三者が被害を受けていませんように😔— MARI. 狂っている。 こういう奴は帰国せず中国にいれば良かったのに。 検査拒否する奴はそのまま中国へ置いておけ! — るな01 2Omf6dWb6ygHZUz 武漢チャーター機検査拒否おじさん(おじさんとは言われてない)については「なんてヤツだ」とか「気持ちわかる」とかじゃなくて「パニックホラー映画で身勝手から人類滅亡の引き金を引くおじさんは実在したんだ!」という感情で見ていたので戻ってきて検査申し出たのには軽い失望がある(するな— よっきー Yocky 関連記事はこちら.

次の

新型コロナウイルス、2人が検査拒否をしたことが明らかに!2人の名前や顔写真は?

新型 コロナ ウイルス 検査 拒否

約15分でPCR検査ができる検査機器。 右側中央部に検体を入れて検査する 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、「発熱が続いたので検査したところ、インフルエンザなど他の病気ではないとされ、症状からすると新型コロナの感染が疑われる患者が、保健所で新型コロナウイルスのPCR検査を拒否された」事例()が報道され、SNS上で拡散しています。 この問題を含め、新型コロナウイルスに対するPCR検査について政府は当初、検査数が2月26日現在で累計1846件、1日100件程度と発表していましたが()、実は都道府県の検査数を把握しておらず、最終的には2月18~24日間の7日間で計約6300件、1日平均約900件、行われていたと加藤勝信厚労大臣が答弁するという混乱を見せました。 一方、これもSNS上で、特に医療関係者から、PCR検査は新型コロナウイルスに対する検査としては有効でなく、「PCR検査の対象を拡大すべきではない」との意見が広がっていますので、この点について論じたいと思います。 分かりにくい政府の検査の新基準 まず、国が定める検査の基準を見てみます。 2月17日の厚生労働大臣の会見()で、従来ものから緩和されましたが、これについて厚生労働省から都道府県担当者に出された事務連絡(依頼)は極めて分かりづらい書き方がされています。 具体的には、従来の基準である (1)発熱または咳などの呼吸器症状(軽症の場合を含む。 )を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であると確定したものと濃厚接触があるもの、 (2)37. ところが、おそらく多くの保健所・医療機関が参照している環境衛生学会の「」は従前の基準のままで、発熱が継続していても、「渡航歴・若しくは濃厚接触歴」がなく、かつ「集中治療」もしくはこれに準ずる治療が必要である、とまでは判断されていない患者さんは、PCR検査が実施されないことになっています。 おそらくは、この新旧基準の齟齬(そご)と、政府の新基準の書き方の分かりづらさもあって、現場では事実上、旧基準に基づいた運用がなされていたことが、報道された「PCR検査拒否例」が生じた直接的な原因ではないかと考えられます。

次の

検査拒否の2人の名前や会社を特定?なぜ拒否かの理由は?静岡の親子?

新型 コロナ ウイルス 検査 拒否

IWJが取材した兵庫県の妊娠中の女性は救急車を呼んでも検査してもらえず、容体が急変!! 京都は11から1へ、大阪は24から1へ、横浜は18から1へ、名古屋は16から1へ削減! 人や予算を削減したツケが回ってきた!? コロナは「重症化するのは基礎疾患(持病)のある高齢者だけ」と言われてきたが大間違い! もはや年齢や健康状態に関わらず、誰もが新型肺炎によって重症化するリスクから逃れられない!! IWJが取材した兵庫県の妊娠中の女性は救急車を呼んでも検査してもらえず、容体が急変!! おはようございます。 IWJ編集部です。 新型コロナウイルスに感染の恐れがあるにもかかわらず、診察を断られる深刻な事態が各地で発生しています。 検査対象となるのは厚生労働省の基準のひとつとして、「新型肺炎患者との濃厚接触や流行地域への渡航歴があり、37. 5度以上の発熱と入院が必要な肺炎が疑われる症状がある場合」とされます。 現実には、中国への渡航歴のない人、感染者と判明している人との濃厚接触がない人など、日本人の間の2次、3次感染と思われる、感染経路の不明なケースが続出しています。 にもかかわらず、検査の条件としていまだに「渡航歴」などにこだわっていることに、政府の対応の遅れもしくは作為を感じます。 IWJでは、関東でご自分の会社の同僚が検査を断られたという体験をもつ方にコンタクトをとり、その様子をご報告いただきました。 「3週間ほど前に会社の同僚の右目が赤くなり、その後発熱。 東京都葛西にある病院を受診するもインフルエンザは陰性で、自宅療養。 一週間経過しても熱が下がらず、咳もひどくなり新型コロナウイルスの検査を希望するも、断られたそうです。 今も、咳と微熱が続く中、(その同僚は)会社に出勤しています」 この同僚の方は、抵抗力があって、微熱のレベルでもちこたえながら、出勤を続けているのかもしれません。 しかし、インフルエンザ検査は陰性であり、風邪というには症状が長引いています。 もしも万が一、この方がコロナウイルスに感染していたとしたら、日々、通勤電車の中でいあわせた人に、あるいは会社の同僚や仕事で会う取り引き先の人々に、そして受診した医療機関の医師や職員にも、コロナウイルスを感染させているかもしれません。 それは、この方の責任でしょうか? そうとはとてもいえません。 本人が希望しているにもかかわらず、コロナ検査を受けさせてもらえず、自分自身がコロナに感染しているかどうかがわからないのです。 そうであれば、日常の仕事や生活を続けるか、隔離した環境にとどめおかれるべきか、本人は判断ができません。 責任があるのは、検査を受けさせない医療機関や行政機関の側にあります。 この方と同様に、熱や咳などの症状はあり、しかしコロナ検査は受けさせてもらえず、確定診断を下されず、宙ぶらりんの状態で日常生活を続けている人は他にも全国に多数いて、意図せずして多くの人を感染させてしまう「スーパースプレッダー」となってしまっているかもしれません。 にもかかわらず、一刻も早く、コロナ検査を大規模に、もっとスピーディーに、疑いのある誰に対してもできるようにしなければ、静かに進行している感染拡大に歯止めをかけることはできないでしょう。 もう1人、別のケースをご紹介します。 兵庫県の妊娠7か月目の女性で、1歳と2歳の娘さんがいらっしゃる方が、検査拒否にあった経緯を連続してツイートしています。 IWJではこの方に連絡をとり、許可をいただき、ツイートをご紹介させていただきます。 tS3XdxZx0bKl8VOというアカウントをお持ちの方です。 長くなりますが、生々しい実態が報告されているため、ぜひご覧ください。 「私の娘は、新型コロナの簡易検査キットで検査しました。 インフルの時に使うようなものでした。 行政から連絡があり、結果は陰性。 でも未だに熱と咳があるのと軽い肺炎です。 後日悪化した時に検査出来るか聞いたらもうしてくれないそうです。 ちなみに武漢の方と食事しました。 娘が苦しんでるのが辛い」(2月5日のツイート) 「私と夫の検査もしてくれないみたいです。 こうして広がっていくのでしょうね。 国は日本人の感染者を増やしたくないんですもんね。 TVの放送でも陰性から陽性になったというパターンがたくさんあるのに。 見殺しですか?」(2月5日のツイート) 「先程兵庫県の保健所に娘の容態が改善しないのと、私の状態も良くないことを連絡したら『もうその件は陰性で話終わってますよね?』と言われたので『国内にも陰性から陽性に変わってる人もいるじゃないですか,なぜそのひと達は再検査出来て私の娘は再検査出来ないんですか?』と伺ったら」(2月6日のツイート) 「『再検査はより接触度の濃い方のみとさせて頂いてます。 』と言われました。 『医師が再検査が必要だと判断して保健所に連絡すれば受けさせてくれるんですか?』と聞いたら、笑いながら『ですからーそれはこちらで相談となります』だそうです。 ちなみに私はどこの病院でも勝手に行っていいそうです」(2月6日のツイート) 「先程息苦しいのと胸痛が増してきたのと発熱で救急車を呼びました。 救急隊の方が私たち家族が武漢の方と関わりがあったことを病院側に説明したところ、3件の病院に受診拒否されてしまいました。 救急隊の方は頑張って探してくれていたのですが、救急搬送なので仕方ないところもありますが」(2月14日のツイート) 結局、救急搬送されても、受け入れてくれる先がなく、この方は自宅へ戻ることになりました。 「胸が痛い中自宅へ帰りました。 お昼に受診したらちゃんと受診を受け入れてくれるのでしょうか、、息苦しくて寝れません」(2月14日のツイート) 「ご心配お掛けしてすみません。 自己判断で救急車を呼んでしまい軽率だったなと思います。 娘の陰性の検査が出た後、わたしの体調が悪くなった時に保健所にどうしたらいいか電話をしたのですが『その案件はもう陰性で済んでいますのでお電話は控えて下さい。 お好きな病院 感染指定病院じゃない へ行って」(2月14日のツイート) 「いただいて構いません』と言われたので今回は救急車へ保健所を通さず連絡しました。 陰性なので感染の可能性は無いと各病院へ救急隊の方が連絡したのですが、やはり救急の受け入れは難しいようでした。 病院側を否定するつもりはありません。 今後は事前に病院へ連絡してお昼の診療を受けようと思います」(2月14日のツイート) 「相変わらず体調の優れない日々を過ごしています。 子供はだいぶ良くなってきました。 今日両手にイボが出来たのでなんだろうと調べると症状がリウマチっぽかった。 更に調べていくと症状がまさに新型コロナだった。 コロナは移るhivではなく移るリウマチなのかも。 と思いました」(2月19日のツイート) 冒頭で書きましたが、この女性は妊娠7か月目の妊婦さんです。 22日にこの女性の容態が急変します。 「ただいま入院中です。 今日夫に車を出してもらって脳や心臓の検査をしに行きました。 注意を払って検査を色々しても異常なしだったのですが、急に血管がチクチクしだしそれが全身にまわりました。 その後肺からコポコポっという音がして全身痛くなりました。 信じられませんが本当です」(2月22日のツイート) 「そのままお腹が痛くなり、産婦人科へ。 そうとう張っているとのことだったので入院となりました。 全て検査では異常がなかったはずなのに入院中心臓と頭が今まで経験したことのない痛みに襲われています。 とてもこわいです。 いつどうなるかわかりません。 ただただ母子無事に済むことを」(2月22日のツイート) 「子供にあいたい。 スマホで子どもの写真を見てもう会えないかも知れないと涙が出る。 なんでこんなことなっちゃったんやろ。 子どもの成長が見たい。 夫と一緒に歳を重ねていきたい。 こんなの当然のことだと思っていた。 でも特別なことだった」(2月22日のツイート) 「わたしの経緯 1月20日に強烈な吐き気、腹痛 21日まで軽く腹痛が続く 24日の夜中に突然動悸がとまらず寝れなくなる。 26日体の肋骨全体が痛くなってきたので病院へ行って検査するも異常なし 27日〜2月18日くらいまでは特に大きい問題はないが微熱と胸痛が続く。 細かいことだと地図状舌になり」(2月23日のツイート) 「痛みを感じる。 食欲減退。 19日に身体に違和感を感じる。 手足のチクチク、謎の場所に目立たない出来物、四足の浮腫痛み。 リウマチの病院へ行くがリウマチ陰性。 20日寝たくても寝れない。 急に身体が熱くなり思考がおかしくなり家の中でをぐるぐる歩き回ったあと過呼吸になる」(2月23日のツイート) 「何とか紙袋で息を吸って治したがその日は1日中寝れず、思考が変でケータイの文字が読めなくなる。 普段過呼吸になったことはない 21日ボーッとした感覚が続く。 次第に今まで感じたことのない胸痛、締め付けられるような感覚の頭痛。 背中痛。 吐き気。 熱はない。 産婦人科へ入院」(2月23日のツイート) 「22日先生から体の状態が悪いとのことで大学病院へ転院。 息苦しさと不整脈が追加される。 今日は割と落ち着いているが頭の締め付けと胸痛がある。 あと1日中眠い」(2月23日のツイート) 「身バレ防止の為に言っていませんでしたが私には2歳の娘ともうすぐ1歳の娘もいます。 下の子は全くの無症状なので子どもは重症化しないと言っているのは本当だと思います。 家族を守ると言っていた私が1番に倒れてしまった。 情けない。 会いたい。 会いたい。 産みたい」(2月23日のツイート) 兵庫県の発表によれば、新型コロナ感染者は、兵庫県では2月23日現在まだ確認されていません。 IWJは今後も、新型コロナウイルスの検査状況について取材を進めていきます。 もし、ご自分の体験内容をIWJで発表しても構わないという方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければ幸いです。 プライバシーに関するご希望は必ず守りますのでご安心ください。 下記アドレスあてにご連絡ください。 京都は11から1へ、大阪は24から1へ、横浜は18から1へ、名古屋は16から1へ削減! 人や予算を削減したツケが回ってきた!? この日刊IWJガイドの別の記事でご紹介しているように、体調が悪化し、新型コロナウイルスの感染の兆候を感じて検査を受けたいと希望しても、検査を拒否され、受けることができないという例が全国各地で続出しています。 主要な原因としては、検査数を抑えることで、感染者数を低く抑え、なんとしてもパンデミック(感染爆発)が起きていないように見せかけて、国内外を欺き、東京五輪を強行しようとする官邸の意志が働いているのではないか、と疑わざるをえません。 が、その「仮説」を立証するのは簡単ではありません。 その一方で、もうひとつの要因として考えられることは、地域の保健所の数が激減していることも原因として考えられるのではないでしょうか。 コロナウイルス検査は、民間の医療機関が、医師の自由な裁量で判断し、検体をとって、民間の検査会社に送ることができる検査ではありません。 地域の保健所もしくは地方衛生研究所、あるいは国立感染研究所の判断を仰がなくては、検査が事実上できないのです。 つまり公的機関の「許可」がいるのです。 その窓口となる保健所は、どこもパンク状態で、電話もつながらない、と言われています。 全国保健所長会の資料によれば、保健所は、都道府県、指定都市、中核市、その他政令都市、(東京)23区で設置されていますが、1970年代から850前後を維持していた全国の保健所の総数は、1997年頃から急激に減り始め、2019年は472と、半分近くになっています。 この保健所の削減を極端に行った例の一つが京都市です。 2010年に11から1つに減らしているのです。 この時の京都市長が現職・門川大作市長で、2008年に市長に就任して2年後に削減を行っています。 また、この門川市長の市政を絶賛していたのが、立憲民主党幹事長で同党京都府連合代表の福山哲郎参議院議員です。 福山氏は前回と今回の京都市長選の際に、以下のようにツイートしています。 「京都新聞に載った京都市長選に関する発言について色々御議論があるようです。 国政と市長選を混同されている方もいらっしゃるかもしれません。 門川京都市長は、元々8年前、民主党が担ぎ出した方であり、自公だけの推薦候補ではありません。 京都市立中・高の改革、待機児童ゼロ、地下鉄黒字化、市場の整備…。 保健所の大幅削減も、評価すべき「結果」の一つということなのでしょうか。 なお京都市以外で一度に10以上の大幅な削減は、1998年に北海道(堀達也知事)が45から26に、2000年に大阪市(磯村隆文市長)が24から1に、2005年に兵庫県(井戸敏三知事)が25から13に、2007年に横浜市(中田宏市長)が18から1に、2019年に名古屋市(河村たかし市長)が16から1に削減しています。 別の記事でご紹介していますが、検査を断られたあげく容態が急変した妊娠中の女性の例は兵庫県で、保健所が大幅に削減された県のひとつです。 現在も、コロナに感染している可能性があるにもかかわらず、コロナの検査を受けられない人びとが、数多く存在します。 公衆衛生という公共のための予算を徹底的に削減してきたツケがここにきて回ってきたのではないでしょうか。 コロナは「重症化するのは基礎疾患(持病)のある高齢者だけ」と言われてきたが大間違い! もはや年齢や健康状態に関わらず、誰もが新型肺炎によって重症化するリスクから逃れられない!! 北海道が23日夜に公表した「新型コロナウイルスの感染者8人(男性4人、女性4人)」のうち、「学生の20代女性が重篤な状態で、人工呼吸器を装着している」ことを朝日新聞が報じました。 わずか10日ほど前にはマラソン大会の会場まで車を運転し、出走した同僚たちを応援するほど元気でした。 そんな元気な若い女性が、38. 5度の発熱があった翌日には酸素吸入を必要とするまでに急速に症状が悪化した、というのは大変衝撃的です。 その後、この女性看護師は、マラソンを応援した後、「別の同僚5人と市内で外食していた」と西日本新聞が報じています。 若く、健康な人にはハイリスクな感染症ではない、と喧伝されてきたのです。 しかし、今回の北海道と熊本の2つのケースから明らかになったことは、若くて持病もなく、健康体であっても感染し、しかも重症化する可能性があるということです。 もはや年齢や健康状態に関わらず、誰にとっても新型コロナウイルスに感染することはハイリスクなことであり、重症化もあり得るのです。 他方、熊本市が発表したこの女性の「症状・経過」を見ると、17日にせき症状が出た後、18日に発熱し、医療機関を受診。 発熱が続くため19日には別の病院を受診。 さらに20日には頭痛もあり、前日、前々日とは別の病院を受診し、ここで初めて保健所に連絡が行き、21日にPCR検査で感染が判明したことが明らかにされています。 この熊本の女性は検査を受けることができたから陽性と判明したものの、この陰には「検査をしてもらえない」人が日本中にいることが容易に考えられます。 前期の記事でご紹介したように、北海道で20代の女性が重症化し、人工呼吸器を装着する重体の状態に陥っていると報じられた現在、10代、20代の若い世代も、決してコロナウイルスを侮ることはできなくなりました。 学校関係の行事や就職活動などで、大人数が集まらざるを得ない場合、十分な注意が必要です。 今日25日から国公立大学の個別試験(センター試験後の2次試験)が始まります。 受験者数は43万9565人と発表されています。 これだけの人数が全国の受験会場に一斉に集まるため、当然新型コロナウイルス感染の懸念があります。 再チャンスは与えられない、という厳しい決定であり、そうした意味でも受験生は絶対にコロナウイルスに感染するわけにはいきません。 すべての大学が感染者に対して厳しい措置を取っているわけではなく、大学によっては柔軟な対応をとる大学もあります。 他方、記事によれば、佐賀大は、「『新型コロナウイルス感染者』の確定診断を受ける、あるいはその疑いが極めて高い者が本試験を受験できない場合」の特例措置を講じており、「個別試験は実施せず、大学入試センター試験。 調査書の内容を総合的に判断して合否を決定」するとホームページ上で公開しています。 大分県別府市にある立命館アジア太平洋大は、学生の約95%は大分県外の日本各地、そして世界各地から集まっていることから、「大勢の人が各地から移動し、一堂に会すことになる式典の開催は、感染のリスクを高めることが想定されるため」として3月の卒業式と4月の入学式の中止を決定しました。 21日に小学生の兄弟2人の感染が確認された北海道で、兄弟が通う北海道の中富良野小学校が3月3日まで休校になりましたが、北海道教育委員会は、卒業式を予定する各学校に対して「在校生や保護者の参加を制限したり、式の時間を短縮」するなどの対策を要請しています。 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアは、3月の合同企業説明会の中止を決めました。 プレスリリースによると「各会場にて現状取りうる対策を行ったとしても、拡大する新型コロナウイルスの感染リスクを防ぎきれないと判断し、学生の皆さまの健康や安全面などを第一に考え、3月の開催を取りやめることといたします。 4月以降につきましては、事態の状況変化を見極めながら再開を検討いたします」とのことです。 25 Tue. ** あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。 また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。 これまでIWJが報じてきた加藤勝信大臣関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。 これまでIWJが報じてきた新型コロナウイルス関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。 ——————- 【IWJ・Ch7】16:15~「立憲民主党 福山哲郎 幹事長 定例会見」 視聴URL: 立憲民主党 福山哲郎幹事長による記者会見を中継します。 これまでIWJが報じてきた福山哲郎氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。 」 ~2. 20岩上安身によるインタビュー 第984回 ゲスト 北海道がんセンター名誉院長 西尾正道氏 YouTube視聴URL(中盤以降は会員限定): ツイキャス視聴URL(前半のみ): 2月20日に収録した、岩上安身による北海道がんセンター名誉院長・西尾正道氏のインタビューを録画配信します。 これまでIWJが報じてきた西尾正道名誉院長の記事は以下のURLからご覧いただけます。 26 Wed. ** あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。 また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。 【IWJ・Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」 視聴URL: 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。 IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。 以下のURLからご覧いただけます。 マスクは役に立たない! 一刻も早く検査体制の確立を!」本日午後8時より「岩上安身による北海道がんセンター名誉院長・西尾正道氏インタビュー」を録画配信します! 本日午後8時より、今月20日に録画収録した「岩上安身による北海道がんセンター名誉院長・西尾正道氏インタビュー」の中から、新型コロナウイルスへの対応に関する話を録画配信いたします。 がんと放射線の専門家である西尾氏には、3. 11の福島第一原発事故以降、岩上安身が4回インタビューを行ってきました。 ~岩上安身によるインタビュー 第523回 ゲスト 西尾正道氏、黒田洋一郎氏 2015. 人間も同じに」遺伝子組み換え技術で生まれた子宮頸がんワクチンの危険性~岩上安身によるインタビュー 第535回 ゲスト 西尾正道氏 第三弾・前編 2015. 9 西尾氏は、感染症の専門家ではありませんが、「放射線防護とウイルス防護には似たような側面がある」と述べ、ウイルスの小ささが鍵だと語りました。 西尾氏によると、新型コロナウイルスの大きさは100ナノメートル程度とのこと。 これは花粉や細菌などよりはるかに小さく、細菌が1ミリの1000分の1程度であるのに対し、さらにその10分の1程度です。 西尾氏によると、この小ささゆえに、ウイルスは細胞膜も血管壁も粘膜も通り抜けるそうです。 そうなると、通常のマスクどころか、医療用の「N95」という規格の結核菌対応マスクでさえ、通過するそうです。 マスクは感染者が飛沫の飛散を防ぐのには役に立ちますが(それでもウイルスは通り抜けていくそうです)、自分がウイルスを吸入しないようにする予防としての効果は期待できません。 それでは、新型コロナウイルスの市中感染が広がる今、一体どうすればいいのでしょうか? 西尾氏によると、「感染症対策の基本は隔離。 最も危険なのは接触感染なので、保菌者と接触しないこと」とのことですが、新型コロナウイルスは潜伏期間も長く、(最近では最長27日間という話が有力となっています)発症していない段階でウイルスを広げる可能性も指摘されています。 西尾氏は「症状のない人でも検査が受けられるように、早く検査体制を整えることが必要だ」と述べ、行政検査のため、なかなか検査が受けられない現状を批判しました。 その上で、原発事故の際の放射線対策を参考に、手洗いと同時に可能なら目や鼻の粘膜の洗浄も進めています。 また、指や手先の消毒と同様、使い捨ての手袋も有効とのことです。 」 ~2. JR東日本によれば、男性は体調不良だった16日も相模原駅に出社し、上溝駅では発券機(事務室内)のメンテナンスに立ち会い、原当麻駅ではホームに出て電車の安全確認を行っていたそうです。 JR東日本は男性が業務にあたった3駅の事務室、手すり、エスカレーターのベルト、エレベーターのボタンなどはすでに消毒したと述べています。 男性一家の感染ルートは24日時点で不明です。 なお、男性と接触した9人の検査を予定であり、微熱があった社員はすでに自宅待機にしているといいます。 岩上安身とIWJスタッフ一同、心から感謝申し上げます。 本日は、IWJの財政状況とともにIWJの創業時から使い続けてきたパソコンの寿命が尽きかけており、機材の状況もピンチであることをお伝えさせていただきたいと思います。 皆様から頂いた大切なご寄付・カンパによって活動しているIWJでは、できる限り経費を節約するために、2010年12月の創業時にまとめて買い入れたパソコン(PC)をずっと大切に使い続けてきました。 ところがこれらの古いPCに搭載されている基本ソフト(OS)のウィンドウズ7のサポートが、今年1月に終了となりました。 サポートが終了すると、ウイルス対策のためのアップデートがされなくなります。 セキュリティー上、非常に危険になるので、そのまま古いOSでPCを使い続けるわけにはいかなくなります。 会員の皆様の個人情報も多数扱うIWJでは、セキュリティー重視の観点から、先日、専門家の手によってこれら古いPCのOSを最新のウィンドウズ10に更新しました。 ところがウィンドウズ10をインストールした直後から、起動や使用中の安定性などに不具合の起きるPCが続出。 6台のPCは専門家から寿命と判断され、早急に買い換えなければいけなくなってしまいました。 現在、社内で問題なく使えるPCの数が限られてしまい、通常業務にも大きな支障が起きています。 また、「岩上安身によるインタビュー」を社外で行う場合、パワーポイントを映し出すためのモニターを持ち出しているのですが、視聴者の方から「画面が小さく、文字が読みにくい」というご意見をいただき、先日、画面の大きなモニターを1台、新たに購入いたしました。 第10期の後半に入り、特に1月、2月に入ってからの、IWJの財政はますます厳しくなっています。 そのような中で、今回のPC機材の新規購入は、セキュリティー確保のために、絶対に必要な設備投資なのですが、財政上は大きな負担となっています。 IWJでは毎期、決算報告を日刊IWJガイド、および会員向けメールでもご報告させていただいております。 また、ホームページ上にも公開しており、過去の分とあわせていつでもご覧いただけます。 この5400万円を12か月で割ると、1か月あたりは450万円となります。 期首の8月1日から1月31日までの6か月間のご寄付・カンパの目標額は、2700万円ですが、この間のご寄付・カンパは2065万8919円にとどまり、約634万1081円の不足となっています。 このため、2月1日以降の今期第10期の残り6か月間で、3334万1081円が集まらなければ、今期の目標額は達成できません。 これは、1か月あたりの平均にすると、555万6847円となります。 2月からのご寄付・カンパの目標額は、毎月約556万円となります。 2月1日から20日まで20日間のご寄付・カンパの実績(暫定)は126万9178円で、すでに2月の下旬に入っていますが、月間目標額の23%どまりです。 これは大ピンチであると言わざるをえません。 特定のスポンサーをもたないことで、真の報道の自由を目指してきた独立メディアであるIWJは、活動経費の半分を皆様からのご寄付・カンパで、残りの半分を会員の皆様の会費で賄っています。 2月18日現在の会員数は4758名様です。 会員の人数が増えれば、IWJの経営はそれだけ安定します。 早く5000名様に再到達したいと願っています。 IWJの一般会員へご登録いただければ、岩上安身によるインタビューなどのIWJオリジナルコンテンツを1か月間何度でもご覧いただけます。 まだIWJ会員へのご登録がお済みでない方はぜひ、この機会に会員登録をお願いいたします! 現在一般会員の方は、ぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員にご登録いただくと、全てのIWJのコンテンツをいつでもお好きな時に何度でもご覧いただけます。 また、サポート会員の比率が高まれば、その分だけIWJの経営は安定します! また現在、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は、ぜひこの機会に再開をご検討ください!会員番号はすべて保存してありますので、会費をご納付いただければ、着金が確認され次第、いつでも再開できます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。 会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。 優れた人員を募集しています。 日刊IWJガイドや記事の執筆、編集などの作業は、パワポ作成の担当にかかわらず、すべてのテキスト班スタッフの共通の仕事となります。 パワポ作成には関われないが、他のテキスト班の業務は可能という方は、時給1300円からのスタートになります。 機動力が求められますので、運転免許をお持ちの方、特に運転に慣れている方は大歓迎です。 体力のある方であれば、男女は問いません。 動画未経験の方は時給1100円からのスタートになります。 また、取材した動画に添える記事も書ける方は、時給1200円からのスタートとなります。 ハドル班は岩上安身以外の記者・カメラマンの中継のアポ取りや取材の手配をしたり、再配信や録画配信の予定を立てるのが主なお仕事です。 こちらのお仕事の希望者も募集しています。 IWJのヘビーユーザーで過去のコンテンツをよく知っているという人には有利な職種です。 正社員の定年は65歳で退職金も会社として積み立てています。 また、通勤交通費や業務中に移動した交通費、および仕事上必要になった経費やカメラ・PCなど必要な備品も会社が別途支給します! なおIWJでは、全職種で、残業が発生した場合は法令にのっとり、きちんと残業代をお支払いし、22時以降は深夜割増も加算されます。 メディア業界はどこも、「裁量労働制」(注)をとっているところがほとんどですが、この裁量労働制は過労死に至るほどの長時間労働の根源です。 NHKや電通でも長時間労働の果てに過労死・過労自殺などの痛ましい事件が起こっていることは、みなさんご承知の通りです。 IWJでは、記者職・編集職であっても、裁量労働制はとっていません。 長時間残業はさせず、6時間ごとの休息もとらせ、週2回の休みも必ずとらせています。 IWJでは「サビ残」や「残業代不払い」などはありません! (注)「裁量労働制」は何時間働いても一定時間の労働と「みなす」制度です。 専門職など労働者の裁量で時間管理するとされますが、経営側に都合の良い「定額働かせ放題」になりがちなのが実態です。 「みなし残業」も、何時間残業しても一定時間の残業と「みなす」制度です。 要するに労働者を長時間「働かせホーダイ」にし、その賃金を支払わずにすませるトンデモない制度なのです。 裁量労働制の問題については、岩上安身による明石順平弁護士へのインタビューをご覧ください。 ぜひご応募ください! IWJではテキスト班、動画班、事務ハドル班などの一部で在宅テレワークでの働き方を進めています。 テキスト班はリサーチや記事執筆、岩上安身のインタビューのパワーポイント作成や、この日刊IWJガイドの執筆などをお願いします。 動画班は、お住いの地域での中継スタッフをお願いします。 動画編集が得意な方であれば、YouTubeのIWJアカウント「Movie Iwj」用の動画編集をお願いいたします。 事務ハドル班は、岩上安身のインタビューのアポイントやIWJの日々の中継の手配、取材交渉などをお願いいたします。 首都圏近郊にお住まいであれば、週のうち何日かは事務所に出勤、残りは在宅テレワークという働き方も可能です。 地方にお住いの方でも、また、首都圏でも都心までは遠距離で毎日通うのは大変、という方でも、ぜひご応募ください! 詳しくはぜひ、以下のスタッフ応募フォームよりご応募ください! お待ちしております。 IWJ編集部(岩上安身、磯貝哲男、西谷 恵、城石裕幸、木原匡康) IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル 岩上安身サポーターズクラブ事務局 公式サイト 【 】.

次の