デブラ メッシング。 こんなに最高!海外ドラマ 〜別館〜: ダイエット大成功!デブラ・メッシング

海外ドラマ「ママさん刑事 ローラ・ダイヤモンド」主演!デブラ・メッシングのおすすめ作品5選! (2020年3月9日)

デブラ メッシング

プロフィール [編集 ] 出身。 両親共にでポーランドやロシアの血を引く。 高校生のときから学校演劇に活発に携わり、ミュージカル『アニー』などに出演。 で学んだ後、のGraduate Acting Programで更に学ぶ。 1993年から舞台に出演するようになり、1994年には『』の数エピソードに出演。 1998年から8年間続いたコメディ・シリーズ『ふたりは友達? プライベート [編集 ] 学生時代に知り合い、後に脚本家となったダニエル・ゼルマンと2000年9月に結婚。 2004年に息子が生まれているが、2012年に離婚を申請した。 Atlantajewish. com. 2010年4月7日閲覧。 Pfefferman, Naomi 2002年5月2日. JewishJournal. com. 2010年4月7日閲覧。 People. com 2002年5月13日. 2010年4月7日閲覧。 2011年12月1日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年6月14日. 2013年7月19日閲覧。 Dahvi Shira 2012年6月5日. 2013年7月19日閲覧。 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - (英語).

次の

こんなに最高!海外ドラマ 〜別館〜: ダイエット大成功!デブラ・メッシング

デブラ メッシング

本作の主人公は刑事と母親の二足のわらじを履くローラ・ダイヤモンド。 警察ドラマとしてのシリアスでスリリングな展開と、個性的なキャストたちによるコメディタッチな掛け合いのコントラストが本作の見どころであり、ローラの日常を通して描かれる、仕事とプライベートの両立、夫婦関係、育児の悩みなど、誰しも経験するであろう困難の数々がストーリーに現実味を持たせている。 仕事でもプライベートでも予測不能なトラブルが次々と発生する毎日。 失敗だってたくさんある。 しかし、それにへこたれることなく、持ち前のバイタリティで真っ向勝負! とばかりに豪快に乗り越えていくローラ。 クールな敏腕刑事でも、家事や育児がパーフェクトな母親でもないが、いつだって自然体なローラというキャラクターの力強さが、現代の働く女性や主婦たちに勇気を与えるはず。 主人公ローラを演じるのはデブラ・メッシング。 1998年から続く人気コメディ・シリーズ「ふたりは友達? 近年では2018年公開のスリラー映画『search/サーチ』にヴィック捜査官役で出演している。 お調子者な性格と浮気性が原因でローラから愛想をつかされ、離婚調停中の夫ジェイクを演じるのはジョシュ・ルーカス。 様々なジャンルの作品に出演し、『ステルス』や『ポセイドン』で主演を務めた正統派俳優だ。 頼りになる相棒刑事、ビリー役には『アバター』『ワイルド・スピード MAX』のラズ・アロンゾ。 破天荒なローラとは正反対の真面目な性格で、彼女をライバル視する同僚の刑事メレディスを演じるのは、テレビシリーズ「Lの世界」で注目され始め、「トゥルーブラッド」で人気を得た、インド系女優ジャニナ・ガヴァンカー。 ローラと同じ2分署で働く優秀な調査補助員マックスを演じるのは「デッド・トゥー・ ミー ~さようならの裏に~」などに出演するマックス・ジェンキンス。 そして本作の製作総指揮を務めるのは、「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」という一連の人気DCコミック原作TVドラマ版の仕掛け人として知られるグレッグ・バーランティに、「THE OC」「スーパーナチュラル」「CHUCK/チャック」『ターミネーター4』のマックG、そして「BONES」「ボストン・リーガル」「MANIFEST/マニフェスト」のジェフ・レークという豪華な顔ぶれだ。 ローラ・ダイヤモンドはニューヨーク市警の殺人課に所属する刑事。 事件解決に向けた捜査のため日々NYの街を駆け回る一方、プライベートでは凶悪事件にも負けず劣らずやんちゃな双子の息子たちに振り回されながら、シングルマザーとして奮闘している。 ある日、息子たちはイタズラが過ぎて学期の途中だというのに幼稚園を退園させられてしまう。 離婚協議中で別居している夫は、同じくニューヨーク市警の警部補だが自分勝手な性格で、仕事を理由に子守りの約束をあっさり破るので頼りにならない。 やっとのことで探し出した新しい幼稚園の入園面接に漕ぎ付けたローラだが、そこでもピンチに陥ってしまい……!? そんな時、IT長者エリック・ウォルデンの元へ殺害予告が届いた。 本部長からの命令で事情聴取のため、上司ハウザー警部と共にエリックの邸へと出向くローラ。 早速彼に聞き込みをすると、初めのうちはイタズラだろうとあしらったエリックだったが、突然動揺した様子でハウザーとローラを追い返す。 その直後に寝室でエリックの死体が発見される。 彼の首には注射針の跡が残っていた。 窓もドアも施錠されており、センサーの反応もないことから犯人は内部の人間であることは確実だが……。 この作品でエミー賞主演女優賞を獲得したほか、ゴールデングローブ賞にもノミネートされた。 その後、ジジ・レヴァンジー・グレイザー原作のベストセラー小説でジョン・アヴネットが監督をつとめた「スターター・ワイフ」のミニシリーズで主演をつとめ、初回放送では540万人に視聴される。 この作品ではエミー賞10部門にノミネートされ、さらにゴールデングローブ賞においても2年連続ノミネートされた。 その他にも、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめたミュージカルドラマ「SMASH」でジュリア・ヒューストン役を演じ、映画作品でもウディ・アレンが監督をつとめた『さよなら、さよならハリウッド』や『search/サーチ』『明日の私に着がえたら』『ラッキー・ユー』『Nothing Like the Holidays 原題 』『The Wedding Date 原題 』など多数の作品に出演。 ジョシュ・ルーカス Josh Lucas 1971年6月20日、米アーカンソー州リトルロック生まれ。 演劇・討論プログラムがある高校に通っていた。 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめた『南北戦争前夜』で若き日のジョージ・アームストロング・カスター役を演じたことや『生きてこそ』でブレークを果たしたことをきっかけにニューヨークで演技を本格的に学んだ。 その後『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』『アメリカン・サイコ』『メラニーは行く!』などに出演し、アカデミー賞を受賞した『ビューティフル・マインド』ではラッセル・クロウのライバル役を演じた。 アン・リー監督の『ハルク』や『ウォルター少年と、夏の休日』、 デヴィッド・ゴードン・グリーン監督の『アンダートウ 決死の逃亡』や『ワンダーランド』、ラッセ・ハルストレム監督の『アンフィニッシュ・ライフ』『グローリー・ロード』で主演級の役を演じた。 『ステルス』や『ポセイドン』などの大作にも出演。 その後、『17歳 キャロラインの三角関係』『サイコ リバース』『J・エドガー』『リンカーン弁護士』などに出演し、『Red Dog 原題 』では、IF Awardsでオーストラリアの最優秀俳優賞を受賞した。 映画作品のほか、ブロードウェイなど舞台でも活躍している。 ラズ・アロンソ Laz Alonso 1974年3月25日、米ワシントンD. 生まれ。 幼少の頃より、俳優への憧れを持つ。 名門ハワード大学ビジネススクールを卒業した後マーケティングを専攻し、経営学の学士号を取得。 大学卒業後は投資銀行家としてウォール街で働いていた。 テレビドラマでは、「Deception 原題 」、「ブレイクアウト・キング」に出演した。 映画では、『バトル・オブ・ザ・イヤー ダンス世界決戦』で ジョシュ・ホロウェイ、ジョシュ・ペック、 クリス・ブラウンと共演。 2011年には『ジャンピング・ザ・ブルーム ~恋と嵐と結婚式~』にてNAACPイメージ・アワードで主演男優賞を受賞したほか、BETアワードにおいてもノミネートされた。 他にも『ストンプ・ザ・ヤード』、『This Christmas 原題 』、『ジャーヘッド』、『わらの犬』、『セントアンナの奇跡』 などに出演。 自身が製作総指揮と主演をつとめた『Down for Life 原題 』はトロント国際映画祭で称賛を得た。 ジャニナ・ガヴァンカー Janina Gavankar 1980年11月29日、米イリノイ州生まれ。 「Lの世界」「The Gates 原題 」「トゥルーブラッド」への出演で熱狂的ファンを獲得。 原題 』『Satellite of Love 原題 』『ピーウィーのビッグ・ホリデー』に出演し、『White Orchid 原題 』ではオリヴィア・サールビやジェニファー・ビールスと共演した。 ミュージシャンとしての一面も持つ。

次の

海外ドラマ「ママさん刑事 ローラ・ダイヤモンド」主演!デブラ・メッシングのおすすめ作品5選! (2020年3月9日)

デブラ メッシング

本作の主人公は刑事と母親の二足のわらじを履くローラ・ダイヤモンド。 警察ドラマとしてのシリアスでスリリングな展開と、個性的なキャストたちによるコメディタッチな掛け合いのコントラストが本作の見どころであり、ローラの日常を通して描かれる、仕事とプライベートの両立、夫婦関係、育児の悩みなど、誰しも経験するであろう困難の数々がストーリーに現実味を持たせている。 仕事でもプライベートでも予測不能なトラブルが次々と発生する毎日。 失敗だってたくさんある。 しかし、それにへこたれることなく、持ち前のバイタリティで真っ向勝負! とばかりに豪快に乗り越えていくローラ。 クールな敏腕刑事でも、家事や育児がパーフェクトな母親でもないが、いつだって自然体なローラというキャラクターの力強さが、現代の働く女性や主婦たちに勇気を与えるはず。 主人公ローラを演じるのはデブラ・メッシング。 1998年から続く人気コメディ・シリーズ「ふたりは友達? 近年では2018年公開のスリラー映画『search/サーチ』にヴィック捜査官役で出演している。 お調子者な性格と浮気性が原因でローラから愛想をつかされ、離婚調停中の夫ジェイクを演じるのはジョシュ・ルーカス。 様々なジャンルの作品に出演し、『ステルス』や『ポセイドン』で主演を務めた正統派俳優だ。 頼りになる相棒刑事、ビリー役には『アバター』『ワイルド・スピード MAX』のラズ・アロンゾ。 破天荒なローラとは正反対の真面目な性格で、彼女をライバル視する同僚の刑事メレディスを演じるのは、テレビシリーズ「Lの世界」で注目され始め、「トゥルーブラッド」で人気を得た、インド系女優ジャニナ・ガヴァンカー。 ローラと同じ2分署で働く優秀な調査補助員マックスを演じるのは「デッド・トゥー・ ミー ~さようならの裏に~」などに出演するマックス・ジェンキンス。 そして本作の製作総指揮を務めるのは、「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」という一連の人気DCコミック原作TVドラマ版の仕掛け人として知られるグレッグ・バーランティに、「THE OC」「スーパーナチュラル」「CHUCK/チャック」『ターミネーター4』のマックG、そして「BONES」「ボストン・リーガル」「MANIFEST/マニフェスト」のジェフ・レークという豪華な顔ぶれだ。 ローラ・ダイヤモンドはニューヨーク市警の殺人課に所属する刑事。 事件解決に向けた捜査のため日々NYの街を駆け回る一方、プライベートでは凶悪事件にも負けず劣らずやんちゃな双子の息子たちに振り回されながら、シングルマザーとして奮闘している。 ある日、息子たちはイタズラが過ぎて学期の途中だというのに幼稚園を退園させられてしまう。 離婚協議中で別居している夫は、同じくニューヨーク市警の警部補だが自分勝手な性格で、仕事を理由に子守りの約束をあっさり破るので頼りにならない。 やっとのことで探し出した新しい幼稚園の入園面接に漕ぎ付けたローラだが、そこでもピンチに陥ってしまい……!? そんな時、IT長者エリック・ウォルデンの元へ殺害予告が届いた。 本部長からの命令で事情聴取のため、上司ハウザー警部と共にエリックの邸へと出向くローラ。 早速彼に聞き込みをすると、初めのうちはイタズラだろうとあしらったエリックだったが、突然動揺した様子でハウザーとローラを追い返す。 その直後に寝室でエリックの死体が発見される。 彼の首には注射針の跡が残っていた。 窓もドアも施錠されており、センサーの反応もないことから犯人は内部の人間であることは確実だが……。 この作品でエミー賞主演女優賞を獲得したほか、ゴールデングローブ賞にもノミネートされた。 その後、ジジ・レヴァンジー・グレイザー原作のベストセラー小説でジョン・アヴネットが監督をつとめた「スターター・ワイフ」のミニシリーズで主演をつとめ、初回放送では540万人に視聴される。 この作品ではエミー賞10部門にノミネートされ、さらにゴールデングローブ賞においても2年連続ノミネートされた。 その他にも、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめたミュージカルドラマ「SMASH」でジュリア・ヒューストン役を演じ、映画作品でもウディ・アレンが監督をつとめた『さよなら、さよならハリウッド』や『search/サーチ』『明日の私に着がえたら』『ラッキー・ユー』『Nothing Like the Holidays 原題 』『The Wedding Date 原題 』など多数の作品に出演。 ジョシュ・ルーカス Josh Lucas 1971年6月20日、米アーカンソー州リトルロック生まれ。 演劇・討論プログラムがある高校に通っていた。 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめた『南北戦争前夜』で若き日のジョージ・アームストロング・カスター役を演じたことや『生きてこそ』でブレークを果たしたことをきっかけにニューヨークで演技を本格的に学んだ。 その後『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』『アメリカン・サイコ』『メラニーは行く!』などに出演し、アカデミー賞を受賞した『ビューティフル・マインド』ではラッセル・クロウのライバル役を演じた。 アン・リー監督の『ハルク』や『ウォルター少年と、夏の休日』、 デヴィッド・ゴードン・グリーン監督の『アンダートウ 決死の逃亡』や『ワンダーランド』、ラッセ・ハルストレム監督の『アンフィニッシュ・ライフ』『グローリー・ロード』で主演級の役を演じた。 『ステルス』や『ポセイドン』などの大作にも出演。 その後、『17歳 キャロラインの三角関係』『サイコ リバース』『J・エドガー』『リンカーン弁護士』などに出演し、『Red Dog 原題 』では、IF Awardsでオーストラリアの最優秀俳優賞を受賞した。 映画作品のほか、ブロードウェイなど舞台でも活躍している。 ラズ・アロンソ Laz Alonso 1974年3月25日、米ワシントンD. 生まれ。 幼少の頃より、俳優への憧れを持つ。 名門ハワード大学ビジネススクールを卒業した後マーケティングを専攻し、経営学の学士号を取得。 大学卒業後は投資銀行家としてウォール街で働いていた。 テレビドラマでは、「Deception 原題 」、「ブレイクアウト・キング」に出演した。 映画では、『バトル・オブ・ザ・イヤー ダンス世界決戦』で ジョシュ・ホロウェイ、ジョシュ・ペック、 クリス・ブラウンと共演。 2011年には『ジャンピング・ザ・ブルーム ~恋と嵐と結婚式~』にてNAACPイメージ・アワードで主演男優賞を受賞したほか、BETアワードにおいてもノミネートされた。 他にも『ストンプ・ザ・ヤード』、『This Christmas 原題 』、『ジャーヘッド』、『わらの犬』、『セントアンナの奇跡』 などに出演。 自身が製作総指揮と主演をつとめた『Down for Life 原題 』はトロント国際映画祭で称賛を得た。 ジャニナ・ガヴァンカー Janina Gavankar 1980年11月29日、米イリノイ州生まれ。 「Lの世界」「The Gates 原題 」「トゥルーブラッド」への出演で熱狂的ファンを獲得。 原題 』『Satellite of Love 原題 』『ピーウィーのビッグ・ホリデー』に出演し、『White Orchid 原題 』ではオリヴィア・サールビやジェニファー・ビールスと共演した。 ミュージシャンとしての一面も持つ。

次の