ハク 二重人格。 ハクヤナギ(蜜鈴さんの創作っ子) / うちのこまとめ

謎・疑問点

ハク 二重人格

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 映画【千と千尋の神隠し】ハクが冷たい? 千と千尋の神隠しで千尋の両親が豚に変えられてから、ハクは千尋のサポートをして助けてあげていました。 橋を渡るのを手伝ったり、釜爺へ会いに行くルートを教えたり、かなり千尋に優しくしていましたよね。 釜爺やリン、おしら様の協力もあって湯婆婆と仕事の契約をすることが出来ました。 しかし、そもそもハクが千尋を助けなかったら、存在自体が消えていたと思います。 あの奇妙な世界で信頼出来ると思っていたハクが急に冷たくなったので、流石に千尋も戸惑ったようです。 物語を客観的に観ている僕らでさえハクの態度の変わりようには疑問が芽生えます。 ですので、当事者の 千尋からしたら本当に意味が分からなかった出来事だったのではないでしょうか。 関連: 関連: 関連: 【千と千尋の神隠し】ハクの態度が二重人格の理由はエレベーター内が原因? ハクが千尋に対して最高潮に冷たい瞬間が、2人でエレベーターに乗ったときです。 千尋が上手く油屋(湯屋)に潜入できたにも関わらず、ハクは顔色一つ変えません。 流石に千尋が「ハク。 あの・・・」と口にすると、ハクは「無駄口をきくな。 私のことはハク様と呼べ。 」とまさかのシャットダウン閉店ガラガラw 千尋にしてみれば人間不信(神様不信?)に陥ってもおかしくないほどの状況です。 千尋を助けて油屋(湯屋)に引き入れたのが、湯婆婆の直弟子のハクだと分かったら、ハクの立場が悪くなります。 ハクの立場が悪くなると千尋を助けることも困難になる可能性があります。 あの場で千尋に下手に優しくしてしまうと、 湯婆婆や従業員の前でボロがでてしまう可能性が高いとハクは考えたのかもしれません。 ハクは自分の立場を危ぶめないことが、千尋を助ける1番の手立てと判断したと考えられます。 カオナシが油屋(湯屋)に入ってきたときも、湯婆婆は気配だけで何かを感じ取っていました。 恐らく湯婆婆は油屋(湯屋)内にいる者の行動をある程度把握できる力があるのかもしれません。 勝手な想像ですが、湯婆婆が意識を集中すればエレベーター内の会話など簡単に聞くことが出来るような気がします。 ハクは湯婆婆の力を知っていたからこそ、エレベーター内では あえて冷たい態度になった可能性は高いです。 優しいハクと冷たい態度のハクが一つの体に共存しており、「エレベーター内では冷たい方のハクが顔を出した」という考えですね。 あの今日早退してきたんですけど1つ思ったことがあるの。 千と千尋の神隠しのハクって二重人格なのかな? — れん. 』 — らっきょがコロコロしてますがなwwww xehanote1090gm1 現物は見ていませんが、千と千尋の神隠しのパンフレットにはハクは 「一見二重人格」と記されていたようです。 ガチでパンフレットに描かれているのならば、公式でも「ハクに二重人格の素質がある」と認めていることになります。 やはりハクなりの考えがあり、普段から性格を使い分けているのかもしれません。 しかし、釜爺が「ハクは目つきだけが鋭くなっていった」とも言っていましたので、二重人格とまで行かなくとも 冷たい部分もハクが持つ性格の一部ということは確かです。 まぁ、同じ人が2人存在することはないので、あるとしたら湯婆婆と銭婆のような 「双子説」ですね。 あやつり虫とは千尋が踏み潰した黒い虫のことですが、湯婆婆がハクを操るために腹に忍び込ませたと銭婆が言っています。 そのあやつり虫の影響で、ハクの性格に影響が出ている可能性は十分にあります。 よく考えれば千尋が湯婆婆と契約を終えたあと、スタンバっていたかのようにハクが登場しています。 弟子モードのハクは湯婆婆の手下そのものなので、千尋に冷たかったこともつじつまが合います。 関連: ハクはツンデレだった? ハクがただのツンデレだったということも考えましたw これはちょっとふざけた考察ではありますが、まぁ可能性はゼロではないかなと。 (ほぼないでしょうがw) 仮にハクのツンデレだとしたら、エレベーターのシーンでは突き放しておいて、翌日おにぎりを握ってくるとはかなりのツンデレ上級者です。 「ツンデレおにぎり」によって千尋が元気になったのは言うまでもありません。 あまりのギャップに千尋もハクに夢中になったことでしょうね~。 関連: 【千と千尋の神隠し】ハクがエレベーターで冷たい理由まとめ 映画・千と千尋の神隠しでエレベーター内のハクが千尋に冷たい理由は、 ・湯婆婆や従業員に怪しまれないため ・湯婆婆は油屋(湯屋)内の事は把握できるから ・本当に二重人格だった ・ハクが2人いる ・ハクはあやつり虫に操られていた ・ハクはツンデレだった などの理由が考えられます。 ハクが冷たい真意は公式で明言されていないので、観ている側の捉え方で意見が分かれそうです。 しかし、湯婆婆との関係やハクの油屋(湯屋)での立場を考えると、 ・湯婆婆や従業員に怪しまれないため ・湯婆婆は油屋(湯屋)内の事は把握できるから ・ハクはあやつり虫に操られていた などが有力な理由として考えられそうです。 まぁ、初回から魔法を使って千尋の助けるなどしていますから、優しいというのがハクの基本かもしれません。 で、その場合「ハクが千尋を心配して近くまで来ていた」もしくは「湯婆婆がハクを近くまで呼んでいた」のどちらかの可能性が高そうです。 ハクが意味もなく湯婆婆の部屋の近くにいるのは明らかに怪しいですので、 湯婆婆がハクを近くに呼んでいたと考えるほうが可能性としては高い気がします。 理由としては、 千尋を働かせるにしろ、始末するにしろ、子豚にしてやるにしろ「後始末をさせる人物が必要だったから」というのが考えられます。 で、その瞬間のハクはハクの意思というよりも「あやつり虫の影響下にあって、さらにその影響で性格が悪くなった」という考察でした。 ちなみに、まゆさんが言われているのは金の綱で「ハクが瞬間移動的に最上階に召喚された」という意味でしょうか? 仮にそうだとすると、あやつり虫の影響と言うよりも、ハクの機転による性格の変化の可能性が大きそうですね~。

次の

二重人格・多重人格者の特徴21選と原因!診断チェックをしてみよう!

ハク 二重人格

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 魔女の湯婆婆の弟子だけあって、このくらいの魔法はお手の物という感じです。 どこまで強力な魔法を使えるのかは不明ですが、魔法で千尋を助けたハク はさすが湯婆婆の弟子と言ったところでしょうか。 小白川がなくなってしまったことで帰る場所を失ったハクは、魔法の力によって川を復活させようとしたのではないでしょうか? 小白川がなくなってもハクの存在は消えませんでしたが、やはり川の神様なのでなんとか川を復活して自分の役目を果たしたかったのかもしれません。 埋め立てられてしまったものは正直どうしようもないので、新しく自分の宿り場所を作ったほうが良いと考えたのかもしれません。 しかし、その術が分からなかったハクは「魔法でどうにかできるのは?」と考えて魔法使いになることを選んだ可能性はあります。 新しく宿れる場所を作ってしまえば、人間の世界で神様として戻ることができますから十分に考えられます。 ハクは小白川に落ちた千尋を助けるなど、人間には優しかったのではないかと推測できます。 しかし、人間の方はマンション開発のために平気で小白川を埋め立てたりとやりたい放題。 そんな人間に一泡吹かせようと思ったハクが魔法の力で人間に復讐しようと考えるのは不自然ではありません。 むしろ、急に自分の宿り場所を奪われたのですから、ハク的には復讐するという選択肢は大いにありえます。 湯婆婆は圧倒的な魔法で油屋(湯屋)を支配していますが、ハクにも支配欲みたいなものがあったのではないでしょうか? 上述したように、小白川が埋められてしまい行き場を失ったハクですが、生きる目標的なものが出世欲にシフトしていった可能性はあります。 湯婆婆のように、魔法を使えば油屋(湯屋)でのし上がれると考えて魔法を覚え始めたのかもしれません。 湯婆婆の弟子になったのはなぜ? ハクが魔法使いになろうとした理由には上述したような理由が考えられますが、それでも湯婆婆の弟子になるという選択肢はかなりリスキーです。 湯婆婆が危険な人物くらい誰でも分かりそうですが、それなのになぜハクは弟子になるという道を選んだのかが気になります。 あくまで妄想の話ではありますが、当時の ハクはよほど追い詰められていたのかもしれませんね~。 恐らく小白川が埋め立てられたことで油屋(湯屋)の世界に入って来たんだと思いますが、ハクの立場なら確かに冷静ではいられません。 追い詰められたことによる判断力の低下により、魔法で川をなんとかできるのでは?と考え、安易に弟子になってしまったのかもしれません また、千尋のように油屋(湯屋)にフラッと現れたというハクですが、ハクには頼れる人が少なかった可能性があります。 頼れる人物が少なかったこともハクが湯婆婆の弟子になるというキッカケに繋がった気がします。 ちなみに、千尋はハクや釜爺、リンなど頼りになる存在がいました。 しかし頼る人が少なければ、千尋ももしかしてハクのように湯婆婆の弟子になりたいと頼んでいたかもしれませんね~。 豚になった非常識な親を助けて人間の世界へ帰ろうという安易な考えを起こしていたかもしれません。 関連: 関連: 関連: まとめ ハクが魔法使いになった理由は、 ・魔法で川を復活させようとした ・新しい川を作りたかった ・魔法で人間に復讐しようとした ・魔法の力を得て油屋(湯屋)で出世しようとした などが考えられます。 公式では語られていないのであくまで想像するしかありませんが、上記の理由は十分に考えられるものです。 しかし、湯婆婆の弟子になるなんて無謀な考えを起こしたのは、当時のハクがよほど精神的に追い詰められていたのかもしれませんね~。 焦りと判断力の低下により誤った判断をしたのでしょう。 住む場所を追われ、湯婆婆に名を奪わた挙げ句あやつり虫まで仕込まれたハク。 関連: 関連:.

次の

【千と千尋の神隠し】ハクに隠された2つの正体…

ハク 二重人格

【ウコンが二重人格な話】 可哀相で健気なハクの話 記憶を持って二周目のハクが女体化中。 クジュウリの旅籠でクオンと別行動の時に、破落戸に襲われかけた所をウコンに助けられるが、ハクを見て気に入ったウコンにそのまま手篭めにされる。 ウコトルの二重生活や、理想と現実のジレンマで無意識にストレスを貯めていたオシュトルが、いつの間にか形成していた別人格で、ウコトルには自覚も記憶も無い。 ある日クオンにウコンとの関係がバレるが、何故か合意と誤解され、逆に祝福されてしまい、全く助けてもらえない。 それでも、とりあえず自覚の無いオシュトルを責める訳にはいかないと、ひたすら耐え忍び、本来の清廉潔白なオシュトルの為にと、一人で頑張る。 ある日オウギにもバレるが、ハクが元人格のウコトル自体を好いていて受け入れている以上、変に手を加えても返って拗れるので何も助けられない、と突き放される。 結局ハクは自分を殺してオシュトルの為に頑張り、時々発動するセクハラに泣き寝入りのまま耐え続ける。 ある日ウォシスにもその関係がバレて、ハクの本心もウォシスにだけは理解される。 かと言ってウォシスもハクの味方ではない。 オシュトルを失脚させたいウォシスとしては、ソレをネタにオシュトルを陥れようと画策する。 ウォシスが関わった過程で、ある日真実を知ったオシュトルは、そう言えば…と沢山の心当たり 良く隠れて泣いてる、心からの笑顔を見た事がない、いつもどこかむりして笑ってる があると気付き、ショックを受ける。 だからと言って、散々弄ばれたハクの心の傷が元に戻る事は無いので、大して慰めにもならない。 それでもハクはオシュトルを死なせない為に、ウォシスと帝の間をとりもったり、ライコウと交流したり健気に一人で環境改善に頑張る。 だがそんなある日、ハクがとうとう妊娠してしまう。 するとドSウコンが、「腹の膨れた女を抱く趣味は無い」と興味を無くし、セクハラしなくなったので、やっとハクに安堵の日々が訪れる。 ただ妊娠に気づいたクオン達が正気のウコンに、オシュトルでは無理でもウコンとしてなら形だけでも結婚してあげられないか、と説得したところ、ドSウコンが初めてクオン達の前に現れ、 「は?まさか自分の子の訳ねーだろ!こんな淫乱なんか誰とでもやってんだろ!」 などとクズっぷりを披露し、そこでやっとハクが受けていた仕打ちにみんなが気付く。 だがそれも既に遅く、オシュトルがそのネタでウォシスに完全に陥れられる。 「よりによって帝妹殿下を性奴隷に!」 と言うスキャンダルで、 実際概ねその通り オシュトルは捕まり、牢に繋がれる。 オシュトルもクオン達もそこで初めてハクの身分を知り、更に驚愕。 でもドSウコンは「だから何?」としか思わない それでも健気なハクは、命懸けでオシュトルを助け、逃がした後、力尽きる。 その後、死にはしないが帝によって軟禁される。 それから正気に戻ったオシュトルは、ハクによってクオンや隠密衆に託され、みんなから自分の知らない所で自分がしていた所業を聞かされて、更にショックに打ちひしがれる。 またハクの悩みを知らなかったクオンも、己の大きな勘違いがハクを苦しめた事に絶望する。 オウギだけは全部知っていたが、それでも結局ハク自身が受け入れてたのだからどうしようもない、と諦念感をこぼす。 結局、帝から妹を傷物にした上死なせかけた男として信用を失ったオシュトルは、エンナカムイで永久的に謹慎処分となった。 やがて運命に引き離された二人が再び出会えるのは、生ける屍状態になった母を助ける為、父を訪ねて三千里の旅に出た息子が、反省して多重人格を克服した父親を、エンナカムイから連れて帰ってからの事となる。 [newpage] 【ウィツァルネミテアが実は未来のハクだった話】 元ネタは『麗しき世界』の歌詞。 ハクがマシロとなり、長い時を生きた結果、次第に生前の仲間の事は忘れてしまう。 常に願い事に釣られてあちこち飛んで行く生活に明け暮れていると、欲望にまみれたヒトどもを見てるうちに厭世観に囚われ、超越者的目線でいたずらに地上に争いを蔓延らせては、戦乱のノスタルジーに浸るようになる。 終いにやがては疲れ果て、殻に閉じこもるように岩と同化して深い眠りにつく。 ふとある日、懐かしいDNA を感じ、叩き起こされるような記憶のフラッシュバックに襲われて目覚めた。 ふと見ると死にかけた学者が目の前に居て、自分がその断末魔の血を浴びたのだと気付く。 思わずそいつに「お前の望みは?」と話しかける。 すると「眠りたい」と言われたので、そうか、と再び眠りにつく。 実は現世では、いくつもの戦乱を経た亜人 デコイ 達が、かつての人類並みに科学を発展させていて、高い知能を有する代わりに獣性が退化してケモミミ尻尾の無くなった突然変異種が爆発的に拡がっていた。 そのうちに、世の中から戦乱がなりを潜め、文化的にも発達していったが、逆にかつての人類の如く抵抗力が弱まってしまい、無菌ドームに篭って生活と言う、かつての人類と同様の衰退路線を歩んでいた。 そんな現世をよそに、次にハクが目覚めると、狭間の世界にて目の前にオシュトルが居るところだった。 現世ではウィツァルネミテアとして岩に同化して眠っているハクだが、魂は時空を超えて狭間の世界に飛んでいて、忘れていた全ての記憶を完全に思い出す。 実はハクはこれまでに、何度もハクとして生まれてはウィツァルネミテアになり、己の過去を忘れて人類を滅ぼし、ふと我に返って反省してやり直す為またハクという存在を現世に出して、やらかした事案のフォローをして廻ると言う運命を繰り返していたのだ。 そして実はオシュトルは、ウィツァルネミテアになっておかしくなったハクが己の精神の救いを求めて、パートナーとするべく生み出した存在だった。 現世で、ハクとして肉体を持っている間は健全な精神を保てるが、マシロ業をする内にヤサグレて、人間であった事も忘れてしまうとウィツァルネミテアになり、更に何かどこかが狂って破綻するので、その度に世界を滅ぼして来た不安定な神様。 その為、支えとなる存在が必要だと無意識に感じた結果、オシュトルが生まれた。 これまでオシュトルが懸命に働きかけてはいても、何度も失敗してハクは人類を滅ぼしていた。 しかし今回は、ウィツァルネミテアがやらかす前に魂だけオシュトルの元に帰る事ができたので、おかげで早めにハクの正気を取り戻す事が出来た。 それに従い、時が来て現世に生まれ直したハクは、何とか災厄を避けるべく尽力し、デコイを極力犠牲にする事なく兄貴の真人計画を成功にみちびく。 おかげでアイスマンとミコトも普通に結ばれて、デコイと人類も共存できて大団円。 ハクは普通の人間のようでいて、実はウィツァルネミテアの権能を秘めた状態で現世に存在。 しかしながら同時に魂は狭間の世界でオシュトルと過ごして居り、おかげで常に精神を安定させて居られる。 例え今後現世の生を終え、マシロやウィツァルネミテアの仕事で嫌なストレスを抱えたとしても、オシュトルと過ごす事で癒されると言う、永久機関がここに完成した。 そして実はオシュトルは、生前からいつもこの事を夢で見ており、己の使命を知っていた。 肉体から解放されて初めて本来の役割が始まる事も知っていた。 悲しませたネコネや、後を押し付けたハクには申し訳ないが、ハクが全てを思い出してくれるこの時を、ずっと待っていた。 オシュトルはこれまで狭間の世界でハクがウィツァルネミテアとなって狂っていく様を見ながら常に、魂に此処へ来るよう呼びかけてはいたが、色んな事を忘れてしまったハクは、オシュトルの事も忘れているので全く気付いてもらえなかった。 そして何周か経た今、やっと呼び戻す事に成功。 そしてハクが全てを思い出し、おかげで災厄をひとまず回避したところで、今後また狂って地上に災厄を起こさないように、共にこの狭間の世界で永遠に歩もう! とオシュトルからプロポーズ! しかし現世で置いて行かれた件が地味に心残りだったハクは、どうせならまたお互い現世で出会って、現世でも幸せになろうと提案。 そして、オシュトルが現世に生を受ける頃合いまで、コールドスリープに入るという事で、再会を約束したハク。 だがしかし、コールドスリープから目覚めたハクは、結局また全てを忘れてまっさらになっていた。 また一から口説き直しか、と若干ガッカリしたウコンことオシュトルだったが、まあそれもまた楽しいさ、と開き直ってクジュウリの出会いからリスタート。 二人の旅は続く………。

次の