ね ず こ イラスト ミニキャラ。 【イラスト】ミニキャラちゃんの表情。

【鬼滅の刃】竈門禰豆子の書き方<ミニキャラNO、6>

ね ず こ イラスト ミニキャラ

こんにちは。 今回の講座は、リクエストでも来ていた 「オリジナルキャラクターの描き方」についてです。 個性のある、魅力的なキャラクターを描くコツを書いていきます。 特に、初心者の方にオススメです。 スポンサードリンク 描き始める前に 設定を考える オリジナルキャラを描くとき、なんとなく手を動かしながら手癖で描いたりしていませんか? 手癖で描くのも時にはいいのですが、手癖で描くと 自分の得意なキャラクターしか描く事ができません。 そうならないためには、これから描く キャラクターの設定を軽くでいいので考えましょう まずは大雑把でも構いません。 元気なのかおとなしいのか、大人なのか子供なのか…etc 考える事を習慣付けるだけで、描けるキャラのバリエーションを増やす事ができます 最低でも以下の事は考えておいてください• どんな性格なのか• どんな服装か• どんな髪型か• ただ、キャラクターデザインに慣れていないと 服飾に通じてない限りなかなか難しいと思います。 なので、最初は部位ごとに ワンポイントのデザインを入れてみるところから始めましょう ワンポイントを入れやすい場所は、 髪・耳・首・肩・胸・腰・手・腿・膝・足首 です。 いくつかご紹介します 髪 目につきやすい場所、かつバリエーションが豊富なので 最初はまず髪にワンポイントデザインを入れてみましょう 首 首回りも顔に近く、バリエーションもそこそこあるのでオススメです 手 慣れてきたら手にも装飾をつけてあげてください おわり 以上、オリジナルキャラの描き方についてでした 創作は、実際に手を動かすことより考えることの方が大事だったりします ぜひオリジナルキャラを作ってみてください 次回は実際にこの項目に従ってキャラクターを作っていこうと思います ではでは.

次の

【簡単!ミニキャラの描き方】SD・ちびキャラをかわいく描くコツ

ね ず こ イラスト ミニキャラ

竈門禰豆子 今回は竈門禰豆子のかきかたです。 鬼滅の刃のミニキャラのかき方が今回で6回目になります。 ほっぺはぷっくり丸くして 耳も丸く下の方にかきます。 目は大きく、ひとみは丸くします。 目の上に二重の線をかいて まつ毛は目じりに一本かきます。 まゆげは下がり気味です。 ねずこは竹をくわえているので 口はかかなくて大丈夫です。 長方形に何本か線をいれたら竹っぽくなります。 分け目はひだり上にあります。 前回かいた炭治郎とおなじですね。 上の方の生え際だけギザギザとかきます。 前髪はながれるように左右にたらして、右上にリボンをつけます。 髪が長めなので今回は体をかきました。 分け目から丸くカーブをつけながら頭をかきます。 下の髪の毛の周りをかこいます。 シルエットをかくかんじです。 ここからは好みで大丈夫です。 複雑そうに見えるかもしれませんが 左右3本づつしか書いてないです。

次の

【イラスト講座】オリキャラの作り方・描き方(基本編)

ね ず こ イラスト ミニキャラ

炭治郎が任務に向かっている途中、女の子と揉めている善逸に出会います。 善逸は具合が悪くなっているのではないかと心配してくれた女の子が自分のことを好きだから声をかけてくれたんだと勘違いして求婚していたのです。 炭治郎に引き離され、女の子には往復ビンタ、踏んだり蹴ったりですがさらに炭治郎には最終選別で会ったことを忘れられていました。 そこでの掛け合いが全力で善逸が叫んでいて必死なのが可愛かったです。 引用:鬼滅の刃15巻 このシーンは15巻の128話に収録 このシーン以前では禰豆子は話すことはおろか太陽の下で過ごすこともできず、日中は箱の中に黙って入ったままでした。 そんな中でも善逸は、返事の返ってこない箱のそばに座り、禰豆子に話しかけ続けていました。 まずこの行動が健気で可愛い善逸ですが、このシーンでは、禰豆子の人間化が進んだので禰豆子は太陽の下で話す、ということが可能になります。 その姿を見た善逸は大興奮。 あろうことか禰豆子にプロポーズまでする始末。 その後禰豆子に名前を伊之助と間違えられ、伊之助に殺意を抱くところまでも含めて、喜怒哀楽がコロコロ変わる善逸の可愛さが感じられました。 このシーンは禰豆子が日の光を克服し、人の言葉を取り戻した後に善逸と初めて言葉を交わすシーンです。 善逸は禰豆子が鬼でありながら、ほぼ最初から彼女の事を人間の一人の女の子として接し続けています。 きっとそれ程に禰豆子のことが大好きなのだな、と感じるシーンも沢山ありました。 その禰豆子が初めて日の光の下で、自分に向けて言葉を発してくれたことが余程嬉しかったのか、とても興奮しどんどん話しかけに言ってしまう彼は一人の男の子としてとてもかわいいと思いました。

次の