紫外線アレルギー。 紫外線アレルギーに効く薬7選

紫外線アレルギー(湿疹)

紫外線アレルギー

C紫外線(UVC)はオゾン層に吸収され、地表には届きません。 地表に届く紫外線の9割がA紫外線(UVA)です。 A紫外線(UVA)は、生活紫外線ともいわれ、波長が長い分、肌の奥まで届き、悪影響を及ぼします。 すぐに肌を黒くし、シワやたるみの原因になると考えられています。 雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかりUVAを防ぐことが必要です。 B紫外線(UVB)は、レジャー紫外線ともいわれ、屋外での日焼けの主な原因です。 肌に強く作用して、たくさん浴びるとサンバーン(肌が赤くなる日焼け)を引き起こし、シミやシワの原因になります。 肌がすぐに黒くなる、つまり一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌のハリを失わせるA紫外線(UVA)から肌を守る効果を示します。 SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、B紫外線(UVB)を防ぐ効果を表す数値です。 短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすいB紫外線(UVB)から肌を守る効果を示す指数です。 PAとSPFはそれぞれ数値が大きくなるほど紫外線を防止する効果が高くなりますが、日焼け止めの塗り方が薄かったり、ムラがあるなど、きちんと塗っていなければ、表示されている数値どおりの効果は得られません。 2)手のひら全体を肌にフィットさせて大きく円を描くように広げながらなじませます。 2)ほおや額などの広い部分からはじめ、顔の中心から外側に向かって、顔のすみずみまでていねいになじませます。 その後、もう一度同量をとり、重ねづけします。 3)首は手のひらに適量をとり、下から上に向かってなじませます。 効果を保つためには、2~3時間おきに塗り直すことをおすすめします。 紫外線散乱剤を配合したものは、粉末などで紫外線をはね返しますが、紫外線吸収剤を配合したものは、紫外線を吸収し、皮膚まで紫外線が届かないようにしています。 紫外線吸収剤は、使用する人の体質によって、まれにアレルギーを起こす場合があるので、敏感肌の方には、紫外線散乱剤を配合した日焼け止め(ノンケミカルサンスクリーン)がおすすめです。 紫外線アレルギーの原因は、皮膚の光感作物質が、紫外線をあびたときに光抗原(=アレルゲン)を作ってしまい、このアレルゲンによって皮膚にアレルギー反応が起こるようになります。 また、何らかの理由で、一度アレルゲンが肌に生成されてしまうと、紫外線を浴びるたびにアレルゲンが作られることになり、肌に紫外線アレルギーの症状が現れるようになります。 かゆみや湿疹が起こってしまったら、皮膚科に相談することをおすすめします。

次の

紫外線アレルギーの症状とは?【2019年夏】知っておきたい原因と対策を紹介!

紫外線アレルギー

「太陽に当たった後になんだか顔がかゆい…」• 「散歩に行ったら顔が赤い…ぶつぶつしてきた」• 「昨日まではなんともなかったのに突然紫外線を浴びた部分だけに炎症がおきた」• 「化粧をするとヒリヒリするくらいかぶれてる」 「これってなんなの!?」 「 日光アレルギーっていうのがあるらしいんだけどそれなのかな…」 と、先日知り合いがそんなことを話していたのですが、 なにやら 「日光アレルギー(紫外線アレルギー)」というのがあるみたいです。 その名のとおり、 日光の紫外線に対してアレルギー反応が起きることを指しています。 ある日突然発症することもあるみたいですよ! 日光アレルギーの原因は? 日光アレルギーの原因は、内因性と外因性にわかれているみたいで、 自分に当てはまるものがないかちょっと見てみてください。 内因性の日光アレルギーの原因• アレルギー体質• 先天性疾患• 代謝異常• ビタミン・ミネラル不足• 免疫システムの異常• アルコール性肝障害• C型肝炎• ペラグラ• 無理なダイエット• 食事が不規則• ストレス• 冷え性 外因性の日光アレルギーの原因• 食品に含まれる「ソレラン」(レモン・オレンジなど)• セロリ・キャベツ・イチジク・アワビなど• 抗生物質などの普段飲んでいる薬• 日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤が体に合わない• シップが紫外線と反応• 化粧品が紫外線と反応 この中で、女性が特に気になるのが 「化粧品が紫外線と反応」というところではないでしょうか。 化粧品だけでなく、日焼け止めも選び方を間違えると 日光アレルギーを引き起こしてしまう、諸刃の剣。 で 詳しく書いていますのでチェックしてみてください。 日傘をさす• 日焼け止めクリームを塗る• 帽子をかぶる• 長袖を着る• わたしも初めて知ったんですが、 日焼け止めクリームの成分には2種類あって、• 紫外線吸収剤• 紫外線散乱剤 という成分が含まれているみたいなんです。 どちらか1つが含まれている日焼け止めクリーム、 どちらも含まれている日焼け止めクリームがあります。 紫外線吸収剤の働きとしては、紫外線が肌に浸透する前に吸収し、 熱のエネルギーに変えて放出します。 この化学反応が、 肌への刺激になってしまう…ということみたいです。 また、塗り心地はさらさらしていて、汗に強く、 透明なので白浮きせずに自然な仕上がりになるようです。 こちらは紫外線吸収剤とは違い、化学反応がないので 肌への負担が少ないそうです。 ただ塗り心地が結構重たいのと、汗に弱いので塗りなおしが必要らしいです。 特に、夏の皮脂を抑えてくれるので、化粧ノリが良くなってびっくりしますよ!! 紫外線アレルギー対策その3!帽子をかぶる 帽子を選ぶときも、日傘を選ぶとき同様、 黒い色のほうが紫外線を通しにくいのでお勧めです。 ただ、黒い色は熱も吸収しやすいので、 暑くなってしまうというデメリットはあります…。 これは、症状の程度によって処方される薬が違うので、 まずは病院へ行って医師に相談してみましょう! また、 市販の薬を適当に塗ってしまうと、 症状が悪化してしまうこともあるようなので注意です。 日光アレルギーについてのまとめ ちょっと言いづらいのですが、日光アレルギーは1度なってしまうと、 なかなか直すのは困難だといわれているみたいなんですよね。 顔のかゆみや赤み、ブツブツ… これがずっと続くと思うと…ちょっと落ち込んでしまうかもしれません。 ですが、日光アレルギーについて調べているうちに、 紫外線とこれから上手に付き合っていく方法…というのを、 今から考えるのがいいのかなと思いました。 これからの季節、こまめなUV対策は大変ですが、 しっかり対策をして紫外線アレルギーの症状がでないように、 自分に合った紫外線との付き合い方を見つけて欲しいと思います! まずは、お医者さんへ行って本当に日光アレルギーなのかどうか、 確認して対処法を聞くのが1番いいのではないでしょうか! 知り合いにも、早めの紫外線対策をおすすめしようと思います! 【日光アレルギー関連の話題】•

次の

日光アレルギーの症状が出たら紫外線対策と治療方法を今すぐチェック!

紫外線アレルギー

日光アレルギーでも紫外線アレルギーでもそうですが、紫外線や日光など、アレルギーの原因になるものを体内に取り込むことで症状が出ます。 それらの対策として、紫外線アレルギーの原因である紫外線を避けるなどの対策は確かに重要ですが、 しかし、それだとその場限りの対策になりがちで、完全に感知させるのは難しいと言えます。 しかし、今回お話する免疫力について理解し、ちゃんと治療することができれば、根本的な部分において、紫外線アレルギーなどの病気を治療し、治すことが可能です。 では、その免疫力とはそもそもなんなのでしょうか? 紫外線アレルギーや日光蕁麻疹を治す免疫力とは? 免疫力について、あなたはどういうイメージを持っているでしょうか? 免疫力が高まると病気になりにくくなったり、病気にかかっても治りやすくなったりなど、そういうイメージが強いのではないでしょうか。 確かに、そういう認識は間違っていないのですが、漢方においては、免疫力に対してはそれだけの意味だけではありません。 丈夫で疲れにくい体力、寒暖差が激しいような厳しい環境でも順応できる力、紫外線アレルギーの原因である紫外線や日光などが体内に入ってきても除去できる力など、幅広い体の総合力が、免疫力なのです。 また、漢方では、免疫力は肉体面だけでなく心の元気さも担っていると考えられています。 心と体は密接につながっていて、影響し合っているので、どちらかの力が高まればもう一方も高まるとされているのです。 ですから、体の免疫力が高まって充実してくると、はつらつとした気分になり、ストレスにも耐性がつき、紫外線アレルギーなどのアレルギーの病気に対しても強い抵抗力をつけることができます。 さらに気分も安定してますます体調も整い、精神的にも肉体的にもタフな自分を作り上げることができるのです。 紫外線アレルギーや日光アレルギー、日光蕁麻疹に対しては、免疫療法として症状が出ないギリギリのラインの紫外線や日光をわざと浴びて、徐々に耐性をつけていくのも、立派な免疫療法です。 当サイトでは、紫外線アレルギーと日光蕁麻疹に対しては、日光浴による治療や、日焼け止め治療などの方法を推奨していますが、 他にも様々な免疫療法で、紫外線アレルギーなどを改善できる方法を解説していますので、ぜひ読んでみてください。 紫外線アレルギー対策でおすすめの日焼け止め.

次の