風邪 甘い もの。 胃に優しいおやつ 甘いお菓子や飲み物が欲しい時におすすめのものは?

胃に優しいおやつ 甘いお菓子や飲み物が欲しい時におすすめのものは?

風邪 甘い もの

Sponsored Link 【風邪の時に食べてはいけない10個の食べ物】• 脂肪分の多い乳製品• 唐辛子• ニンニク• チョコレート• 脂肪分の多いお肉• 脂肪分の多い魚• ラーメン• ケーキ• ドーナツ• 油を使った揚げ物料理 以上が風邪の時に食べてはいけない食べ物です。 【この10個が風邪によくない理由】 この10個が風邪によくない理由は、 消化が悪い食材で体に負担をかけるからです。 ソーセージ• サンマ• ハマチ• マグロ• ウナギ• ニシン が脂肪分の多い食材なので、いちばん悪い状態のときは避けてください。 胃が荒れるだけでなく、のどの炎症も悪化させます。 チョコレートのような固いものも食べてはいけません。 炭酸も刺激物に含まれるので、風邪が治るまでは飲まないようにしましょう。 反対にレモンや梅干しは風邪を治す効果を持っているので、刺激がある食材ですが積極的に食べてください。 ケーキやドーナツといったお菓子は食べないようにしましょう。 ゼリーやカステラは比較的消化が楽なので、風邪のときでも食べて大丈夫です。 食物繊維の多い食材は、風邪を引いているときには消化を悪くします。 消化に負担がかかるうえに、風邪を治すために必要なミネラルとビタミンを外に排出させます。 健康のときには良い働きをする食物繊維が、風邪を引いたときには悪い働きになります。 特に以下のものは健康にはいいですが、風邪の時は控えてください。 いんげん• おから• アボカド 風邪のときには避けましょう。 風邪を引いているときは、消化が良いもの・柔らかい食材を食べるように心がけましょう。 【もし食べてしまったときは?】 胃に負担をかけないように、消化を促進しましょう。 紹介した10個の食べ物を避けたい理由は、消化が悪く体に負担をかけるからです。 風邪を引いて体調が悪いので、無理せず消化を促進できる方法を試しましょう。 おすすめなのは、食後30分横になることです。 食後にすぐ横になると「牛になる」といわれたことはありませんか? 本当は、食後すぐに横になっても牛になりません。 すぐに横になるのがはしたないという意味で、牛になるといわれてきました。 風邪のときは寝ていることも多いので、この方法がいちばん向いています。 一般的な人は、胃の形がひらがなの「し」のようになっていて、右側を下にして寝ると入り口が上になり出口が下にきます。 右側を下にして寝ることで、スムーズに食べたものが十二指腸まで運ばれるようになります。 中には胃の形状がちがう人もいるので、以下に当てはまる人は左側を下にして寝てください。 ・逆流性食道炎の可能性がある ・胃の形が「瀑状胃」といわれた この2つのタイプは、右側を下に寝ると消化を邪魔されるので、左側を下にして寝てください。 鉤状胃や胃下垂の人は、一般的な人とおなじように右側を下にして大丈夫です。 まとめ 以上が風邪によくない食べ物10個と食べてしまった時の対処法の紹介でした。 脂肪分の多い乳製品• 唐辛子• ニンニク• チョコレート• 脂肪分の多いお肉• 脂肪分の多い魚• ラーメン• ケーキ• ドーナツ アルコールや炭酸も悪化させるので避けてください。 刺激のある食材はのどまで傷つけるので、炎症が悪化します。 瀑状胃・逆流性食道炎の人は、左側を下にして30分間横になってください。 食べてすぐに横になっても牛にはなりません。 消化を助けることができるので、30分間じぶんの体質にあった向きで休んでください。 しっかり寝てしまうと太る元になるので、健康のときは30分休んだら活動してください。 風邪の予防になる食材が、風邪を引いているときは逆効果になるので注意しましょう。

次の

風邪には甘いもの。

風邪 甘い もの

「疲れている時は甘いものが欲しくなる。 だから甘い物をたくさん食べれば疲れやだるさから解放される」 と思い込んでいませんか? 実はこれが 体のだるさや疲れの原因になっているんだそうです。 というのは血液中の 血糖値が大きく関わっているんだそうです。 血糖値とは血液中のブドウ糖がどのくらいの割合で存在するのかを示す数値で、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の指標にもなっています。 そもそも体のだるさを感じている時は「低血糖」で、元気な時には「高血糖」になっているので、人は高血糖を求めて甘い物を欲しがるんだそうです。 ところが高血糖が続くと、喉の渇きや瀕尿、疲労感や倦怠感、ストレスなどを感じることになるんだそうです。 つまり体がだるいのは血糖値の高いまま過ごしていることが要因になっていることがあるんだそうです。 しかし、人は甘い物を食べ続けても痛みや苦しみ、見た目の変化が無い限り高血糖のまま過ごしていることが場合が多いんだそうです。 あわせて読みたい: 空腹時に甘い物を食べると体がだるくなる 人は血糖値が上がるとインスリンが分泌されて血糖値を下げようとしますが、お腹が空いている時に甘い物を食べると体のだるさを誘います。 たまにものすごい空腹感を感じることはありませんか? そんな時に暴飲暴食に走ってしまうこともあるのではないでしょうか? これが血糖値が下がり過ぎている証拠なんだそうです。 つまり血管が破れやすくなったり詰まりやすくなったりするのです。 血管が老化していけば血流が悪くなるので体温が下がりだるくなるのです。 血糖値が高くなる糖尿病はこうした症状が顕著に現れます。 私の母が糖尿病なので、こうした現象をよく目にします。 夕方になるとお腹が空きすぎて何かを食べないと我慢できないようです。 母が通っている病院の専門医は、「甘いものは食べないほうがいいけど、どうしても食べたかったら食事の直後に食べるように」と言います。 食事の直後であれば甘いものを食べても糖の吸収が遅れるからだそうです。 白砂糖を多く含んだ食べ物は体がだるくする 甘いものと言っても果物の甘さは大して問題ないですが、白砂糖を使ったものを食べつづけていると体がだるくなることがあります。 というのは白砂糖を大量に摂取するとビタミンB1が大量に使われるので、糖分をエネルギーに変える役割を担うビタミンB1が不足してしまいエネルギー不足になってしまうからです。 つまり、ビタミンB1が不足すると体がだるくなったり疲れやすくなったりしてしまうのです。 また、精神病や認知症もビタミンB1不足が原因とも言われています。 さらにビタミンB1が不足するとカルシウムも奪われてしまうために骨も弱くなります。 あわせて読みたい: スポンサーリンク 血糖値が下がり過ぎた時の症状 血糖値が下がり過ぎると体がだるくなるだけでなく、次のような症状も現れます。 極度の疲労感 めまい 頭痛 心臓がバクバクする イライラする 不安感を感じる これだけならまだましなほうで、糖尿病の患者が低血糖になると身動きができなくなり大量の汗が出ます。 そんな時は医者から処方されたブドウ糖を食べています。 私の母は何度も低血糖を経験しているので、その時の辛さはよくわかります。 人の体は急激な変化に弱い 人の体は常に安定した状態を保とうと働いています。 よく気温の変化についていけず体調を崩す人がいますが、これはその人が急激な温度の変化に対応していないために体調を崩してしまうのです。 空腹時に冷たいものを飲んだり食べたりすると下痢をすることもありますよね。 寒いのを我慢して風邪を惹いたりすることもありますよね。 こんなことを繰り返しているうちに体がだるくなってしまうのです。 これと同じで空腹時に甘いものを食べるという行為は血糖値を安定させようとしている働きを邪魔しているようなものなのです。 ほかに思い当たる節がないのに体がだるいと訴えている人は、一度甘いものを我慢してみてはいかがでしょうか。

次の

甘いもの食べ過ぎるとどうなる?!食べすぎを止めて健康体になろう

風邪 甘い もの

42の都道府県でインフルエンザの患者数が警報レベルを超えたというニュースが駆け巡りましたが、みなさんは大丈夫ですか?この時期はインフルエンザだけではなく様々な風邪の心配がつきまといますよね。 とはいえ予防接種や防寒などの対策をとっていても、風邪をひいてしまったら仕方ありません。 温かくしてゆっくり休み、栄養のあるものを食べて……というのはよく言われまますが、実際問題として、あなたは風邪を引いた時、何を食べますか?また家族や子どもが風邪をひいたら、何を食べさせたらいいのでしょうか? いつも食べられていたものが食べられなくなったり、食欲そのものがなかったりと、風邪をひいている時は普段の食生活を送ることができないもの。 そこで今回は、風邪の時には食べない方がいい食品を紹介します。 1 冷たい食べ物 まず挙げられるのは、『冷たい食品』。 アイスクリームや、冷蔵庫でキンキンに冷やしたジュースなどはいけません!しかし、「風邪をひいて熱がある時は栄養価の高いアイスクリームがいい」などと聞いたことはありませんか?食欲のない時は、アイスクリームのように冷たくて少量でエネルギーが補給できる食品がいいなんて情報もありますが、実際はNGなのです。 体が弱っている時は胃腸も弱っています。 そこに冷たい食べ物を摂取すると、さらに胃腸への負担が重なり、消化不良などを起こして風邪を長引かせる原因にも。 ですから、冷たい食品は避けてくださいね。 2 刺激の強い食べ物 次に挙げるのは、『刺激の強い食品』です。 これはコーヒーや紅茶などのカフェインを多く含む飲み物も含まれています。 他にはチョコレートや香辛料などの辛いものなども刺激が強い食品に分類されます。 コーヒーなどのカフェインの多い飲み物は利尿作用があり、水分補給のつもりで摂取してもかえって脱水症状を引き起こしやすくなるというデメリットも。 水分は水や白湯でとる方が望ましいですね。 また、体を温めようと辛い鍋料理などを食べるのもダメ!香辛料は摂り過ぎると喉を痛める原因にもなり、風邪の症状を悪化させる恐れがあるのです。 刺激の強い食品は胃腸にも負担をかけるので、体調の悪い時はとくに避けるべき食品と言えます。 3 脂っこい食べ物 『脂っこい食品』も風邪の時には避けるのがベターです。 揚げ物や脂身の多い肉類などのこってりした食べ物は消化に悪いので、必然的に胃腸などの消化器官に負担をかけます。 風邪の時に脂っこい食べ物なんて……と思うかもしれませんが、『脂っこい食品』はなにも脂が見えているものだけではないのです。 ここで見落としがちなのが、実は乳製品。 喉越しがいいヨーグルトなどだと、なんとなく体によさそうだと思って積極的に摂取している……という人はいませんか?しかし、実は乳製品も動物性の脂肪分を多く含む食べ物なので、風邪をひいている時にはNG食品なのです。 4 甘い食べ物 そして、『甘い食品』も風邪の時は避けるべきもののひとつ。 「疲れている時には甘い物を食べるといい」なんて言われますが、体調の悪い時は甘い物は控えましょう。 というのも、甘い食べ物には糖分が多く含まれています。 多量の糖分が胃に入ると消化に時間がかかるため、胃の中にその食べ物が滞留する時間が長くなります。 胃腸が弱っている時はなおさら消化に時間がかかるので、とても負担になるのです。 また、風邪の時の水分補給にスポーツドリンクやイオン飲料を飲む人が多いですが、これらにも糖分が含まれているため、毎回摂取することはお勧めしません。 基本は水で、他にはカフェインを含まないお茶(番茶がオススメ)での水分補給を心がけましょう。 食欲がない時は、イオン飲料を少しずつ摂るようにするのがいいでしょう。 5 アルコールを含む食べ物・飲み物 『アルコールを含む食品』も風邪の時には避けましょう。 アルコールは体を冷やしますし、風邪薬の効能を弱らせてしまいます。 風邪の時は胃腸同様に肝臓の機能も低下しているので、アルコールを摂取するとなおさらいけません。 お酒が好きな方だと「風邪で喉が痛いからアルコールで消毒だ!」なんて考える人もいますが、絶対にやってはいけません!そもそも、お酒は菌やウイルスに対して消毒効果はありませんので、間違った解釈はしないように。 風邪をひいた時に食べてはいけない食品、いかがでしたか?案外、よかれと思って食べている物があったのではないでしょうか? 体が弱っている時は、消化のいいものを摂取するのが一番です。 食物繊維の多い食品よりは、うどんやおかゆなどの柔らかくて胃腸への負担が少ないものが適しています。 いずれも温かくして食べましょうね。 また、先にも書きましたが、水分補給には甘い飲み物よりも水、カフェインの入っていないお茶(ハーブティーや麦茶、番茶など)が最適です。 白湯も体を温めてくれるのでオススメ。 とにかく体を冷やさず、胃腸に負担をかけないものを口にすることを心がけましょう。 これらの食べ物を避けて、ゆっくり休み、1日でも早く元気になってくださいね。

次の