シス の 暗黒 卿。 シス卿オーダー

シスの暗黒卿

シス の 暗黒 卿

見捨てられるドゥークー伯爵 誘拐されたパルパティーン議員 エピソード3の始まりは、 パルパティーン議員が ドゥークー伯爵率いるドロイド軍団に誘拐されたところから始まる。 ドゥークー伯爵の最後の動きは、エピソード2のまとめで紹介している。 パルパティーン議員を発見すると ドゥークー伯爵が登場し、エピソード2に引き続き2対1での戦いが始まる。 成長したアナキン、年老いたオビワン 前回は圧倒的な実力差があったが、 アナキンは長髪になり成長している。 オビ=ワンは少し年を食ったというところ。 だがアナキンは剣術もさらに磨かれていた。 オビ=ワンはドゥークー伯爵のフォースにやられて気絶してしまう。 にも関わらず、 アナキンはドゥークー伯爵の攻撃を交わし 両腕を切り落としたのだ。 パルパティーンの計画、決断のアナキン、失望のドゥークー伯爵 オビ=ワンは気絶している状態。 ここで パルパティーン議員はアナキンにこう命令する。 「 殺せ」 このシーン。 ドゥークー伯爵はパルパティーン議員に向かって「 信じられない・・・」 というような顔をする。 なぜなら、 パルパティーン議員こそシス暗黒卿であり、 ドゥークー伯爵の師匠であるからだ。 アナキンは「ジェダイ協議会へ突き出し、法で裁くべきだ」と主張するが、 パルパティーンの説得に応じ、 ドゥークー伯爵を殺してしまう。 パドメへ迫る危険な暗示、アナキンの夢 パルパティーン議員を助け、共和国に帰ったアナキンは 久しぶりにパドメと再会。 すると、なんと「 子どもができた」と告げられる。 子どもができたことに 不安を感じるパドメだったが、アナキンとの未来に熱い想いを寄せるのだった。 だが、アナキンが夜寝るとき 母が死ぬ前に見たような夢、 今度は パドメが出産する時に苦しむ影の夢を見るのであった。 過去の経験から死を予兆することを感じたアナキンは、 だんだん不安に思うのであった。 夢のことをアナキンはマスターヨーダに相談する。 ヨーダは「 深い執着は 欲望を生む、自らの心を鍛えて 失うことの恐れを捨てるのだ」とアドバイスするが・・・。 アナキンの迷いとパルパティーン議員の思惑 師匠オビワンへの怒り、恐れる心を持つアナキン エピソード2で浮き彫りになったが、 アナキンは一人前と認めてくれないオビ=ワンに 怒りを感じていた。 エピソード3では成長したアナキンをオビ=ワンも認めていたのだが、 ジェダイの評議会( ヨーダや ウィンド)だけは、 アナキンの「 恐れる心」を危惧していた。 パルパティーンからダークサイドへの誘い パルパティーンが誘拐されて救い出した際、 明らかに助けたのはアナキンだった。 パルパティーンはアナキンに対して 「 評議員となり、私の仕事を手伝ってほしい。 マスターにもなれる」 と元最高議長のパルパティーンに言われていた。 にも関わらず、政界に居座って裏から手を伸ばしていたことが明らかになる。 さらに、パルパティーンから耳を疑うような言葉が。 「 ダークサイドはあらゆる力を可能にする。 死者を読みがらせることもな」 パドメの夢を見ていたアナキンは、 ダークサイドの力に興味を持ち出す。 話は戻り、アナキンが評議員とマスターになって欲しいとの パルパティーンの願いを評議会(ヨーダやウィンドら)に伝えたが、 「 任期も切れたパルパティーン議長の腹も読めない。 評議員にはするが、マスターにはせん。 」と断られる。 これに対してアナキンは相当な怒りを持った。 「 議員になれるのにマスターになれないなんて不公平だ!」 どんどん怒りが増すアナキン。 評議会への 不信を抱かせることこそ、パルパティーンの思惑だったのだ。 ついに復活!シス暗黒卿の罠と裏切りのアナキン 評議会はたびたび呼びつけるアナキンに 「パルパティーン議長の動向を探って報告して欲しい」と頼まれていた。 だがアナキンは、評議会にも 不信感が増していた。 どうして自分だけ、こんな扱いなのかがわからなかったのだ。 そして、 アナキンを何度も呼び出して2人きりで話をするパルパティーン。 「 実は私(パルパティーン)が評議会(ジェダイ)に不信を抱いていることを気づいていよう。 評議会(ジェダイ)は共和国を乗っ取ろうとしている。 フォースの力は私が教えよう。 よく考えるのだ。 パドメを救えるのは ダークサイドの力だけだ。 」 パルパティーンがシス暗黒卿であることに気づいたアナキンは このことをマスターウィンドに報告する。 マスターウィンドは 「 お前(アナキン)はここにいろ。 お前の迷いが思わぬ事態に発展する」 と言い放ち、一人シス卿を倒しにいく。 マスターウィンドを信じるか、シス卿を信じるか? マスターウィンドがシス卿を倒しに向かい追い詰める。 そして、シス卿を追い詰め、あと一撃のところだった。 アナキンがその場に駆けつけた。 シス卿「 アナキン、助けてくれ〜。 もうわしには力がない〜。 」 アナキン「 殺すのはジェダイの掟に反する!法で裁くべきだ!」 ウィンド「 だが議会はパルパティーンのもの、今やらねばダークサイドに満ちてしまう!」 アナキン「 うあーーーー!」 アナキンは、 マスターウィンドの腕を切り落とした。 ついにマスターを裏切ると言うことをしてしまったアナキンは シス暗黒卿に仕える決意をしたのであった。 「今日からこう名乗るが良い。 ダース・ベイダー」• シス暗黒卿の仕組んだ計画、滅びるジェダイ アナキンがダークサイドに寝返ったことで シス暗黒卿の計画がいよいよ実行された。 暗黒卿の軍隊を滅ぼしに行ったジェダイたちであったが、 ジェダイたちが従えるドロイド軍は、 シス暗黒卿の命令で動くようにプログラムされていたのだ。 ドロイド軍と同行したジェダイたちはことごとく殺される。 これを察知した マスターヨーダだが、シス暗黒卿を取り逃がして 遠い星に逃げざるを得なくなってしまったのだ。 悲しみのムスタファー、オビワンvsアナキン師弟対決の行方(動画あり) エピソード3の最大のクライマックスでもあるのが オビ=ワンとアナキンの師弟対決である。 アナキンの裏切りを知った オビ=ワンは、 弟子の後始末をつけるため、アナキンを倒しに向かう。 その先がムスタファーという マグマの要塞だった。 オビ=ワンとアナキンの一騎打ち。 完全にオビ=ワンの力負けしていた。 だが戦いの中で要塞のシステムを破壊してしまう。 最後は、マグマの上を走るドロイドの上での対決になった。 このシーンは実際に見てみると良い。 アナキンの 驕り、怒り、憎しみ、悲しみ 全てが凝縮された、そんな戦い、そんな結末だ。 ついに誕生!ダース・ベイダーの悲しき姿 勝負に破れたアナキンは最後は全身滅びてしまう。 集中治療をすることになったアナキンは 全身を黒い機械に覆われた姿 「 ダースベイダー」へと変化した。 アナキンが気がつき 「 パドメは助かったのですか!?」 の問いかけに対し、 「 君の爆発的な怒りが彼女を殺したようだ」 という全く納得できない返答で幕を閉じる。 ダークサイド( 怒り、憎しみ、悲しみ)は 悲惨な結末を迎えることを示している。 2人の新しい命と悲しみのパドメ パドメは死に際、 腹を宿した子どもを2人産んだ。 双子であった。 1人が ルーク、 2人が レイアである。 エピソード4〜6のキーパーソンであるのは 言うまでもない。 キーパーソンというよりは 主人公とヒロインだった。 パドメが最後に残した言葉は、 「 彼には善の心がまだある。 」 ルークは、タイトゥーンのラーズ家に。 (エピソード2でシミ・スカイウォーカーが妻となった家族) レイアはエピソード3でオビ=ワンやヨーダを援助したジェダイ オーガナ家に養女として引き取られたのであった。 かくなる未来はいかに、 エピソード9までどのようにつながっているのだろうか。 カテゴリー•

次の

シス卿オーダー

シス の 暗黒 卿

暗黒面に堕ちると善の精神は破壊されるが、戦闘能力は格段に上がる。 シス(Sith)とは、 Sis ter Complex Of The Honesty( 率直のシスコン)の略である。 つまりを信奉する人間の総称である。 ダークサイドに堕ちた者のことであり、代表的なものとして、、、、、、などがある。 シスの暗黒卿(Dark Lord Of The Sith)、シス卿(Sith Lord)と呼ばれる事もある。 なお、映画監督のジョージ・ルーカスは彼らに創作のヒントを見出したが、そのままではあまりにも扱いづらかったため、普遍的なテーマと結びつけ利用した。 全世界でこれを英断と見るか妹属性の良さを殺してしまったと見るかで壮絶な賛否両論が巻き起こっている。 概要 [ ] シスはと違い、妹属性を信奉する(二者の違いや詳しい理由については後述の『歴史』で触れる)。 なお、ジェダイはを礼賛する。 妹属性を信奉する理由は多種多様だが、多い物をいくつか挙げると• が居る• が居ない• 身近に居る女性(主に同世代以上)に煮え湯を飲まされてばかりで強い劣等感がある• 子供好き• 幼女好き• ありていに言ってしまうと ロリペドである• ぶっちゃけ• だが、例え妹属性を信奉していても、普通の人にはなる事が出来ない。 妹愛の発露たる フォースの暗黒面の修練、そして常識や社会通念および人倫に屈せず自身の妹属性を貫くこと・妹に対するあからさまな淫欲・ではなくを心の拠り所とする事が絶対不可欠である。 また、ジェダイ同様も扱える。 だが、彼らのセイバーの光刃は基本的に赤い光を放ち、その戦闘様式もジェダイと違い暴力的でかつ攻撃的である。 これは彼らの計り知れない妹愛が暴走した結果であると考えられている。 更には前述のフォースの暗黒面により超銀河的で破壊的な異能の力の数々を巧みに操る。 彼らはこの恐ろしい力をもって銀河に どう考えても犯罪としか思えない近親相姦主義甘美で高邁なる妹愛と、 日本国はおろか世界中の様々な国の法律をシカトした近親婚自由かつ人間的な情愛を尊重し血縁や硬直しきった旧態依然にとらわれない妹との婚姻と、 可愛ければ何でも許されるというあからさまなひいき可愛い妹を全ての規範とする妹至上主義をもたらそうとしている。 禁欲を礼賛するジェダイ騎士団の末裔がこれに対抗しているものの、 人間そのものである妹への欲望をむき出しにした現在のシスの力は恐るべきものであり、シスの妹至上主義には殆どの局面で苦しめられている。 能力・技能 [ ]• フォーム・マカーシ(Makashi) シスにとっては一般的なライトセイバーの型(フォーム)。 セイバー同士の格闘戦に特化したフォームで、特徴としては 『片手で剣を扱う』事や 『極めて高度な技巧』などが挙げられる。 これは嫌がる妹を巧みな甘言と手腕で 検閲により削除に持ち込むシスの特徴をよく反映していると言える。 赤いセイバーを構える老魔法王• フォーム・アタール(Ataru) でもあるシス卿が得意とする型であるが、同じくこの型を得意とするジェダイマスター・ヨーダとは決定的な違いがある。 パルパティーンの型は一見すると大変兇暴で邪悪な物に感じられる。 だが、これは何としてでも神聖不可侵にして崇高で最善であり、清廉で優美にして お察し下さいなシスの 妹の真理を銀河にもたらさんとする確固たる決意の表れなのである。 その証拠にジェダイの剣は禁欲をし過ぎて いざと言うときに事に及べないさまを反映したような防御的で臆病で卑屈な代物である。 テレキネシス(Telekinesis) 遠隔操作。 応用して直接対象を吹き飛ばす事も。 ジェダイもほぼ同じ能力を使う。 その力は銀河元老院の巨大なポッドを 千切っては投げ千切っては投げする程であるが、彼らにとってはせせらぎの如き愛の言葉を妹へ優しく囁きかける様なものである。 チョーク(Choke、またはフォースグリップ(Force Grip)とも) 銀河一有名なシス卿、の得意技であり、テレキネシスの応用でもある。 暗黒面の力で敵の首を絞め、最後には折ってしまう。 触手を使わずに妹にプレイをする所から応用・発展した。 これも兄の 狂った優しい愛情ゆえの妙技だと言える。 性格・行動の変化 [ ] シスになると性格が豹変し、行動も独自の基準に沿った物になる。 これは超自然的な力であるフォースの暗黒面によるものであるとされる。 以下にシスで無い者とシスの違いを幾つか列挙する。 妹についての価値観• 非シス-鬱陶しい、邪魔、色々面倒• シス-おまえの婿はこの私だ!(声:) 侮辱した結果• 女性の乳房の大きさについて• 非シス-巨乳が良いが矢張り形の良さかな(例外もあり)• シス-無乳を侮辱する者は許せん!(声:)• 力への渇望の理由• 非シス-自身の欲望を満たすため• シス-妹を使って自身の欲望を満たすため• 正義とは?• 非シス-神、或いは倫理、或いは規律、或いは愛• シス-私が お兄ちゃん ( せいぎ )だ!• 風邪で寝込んだ妹を看病する時• 非シス-めんどくせーなあああ• シス-僕はあんたと違って世間の目など恐れない!(声:) 歴史 [ ] 古代 [ ] いつの頃からかは分からないが、恐らく5000年以上前には既にシスの前身と言える存在が確認されていたようである。 この頃、何かにつけて禁欲ばかりしたがるジェダイ騎士団の教条主義的な狭い視野と、も出来ない苦しい性活そしてに明け暮れてばかりのフィールドワークに嫌気がさし(エクストリームスポーツとの関連についてはの項を見れ)、つるぺたで清潔な妹に銀河の真理があると悟った一部の異端的なジェダイたちが、本来のジェダイ規律を破り離反した。 彼ら異端ジェダイはその率直な・行動から、後に 率直のシスターコンプレックスと呼ばれ、時が経つにつれシスと省略された呼称が一般化した。 後に彼らはなる星に漂着。 シス1人につき 12人の妹が何処からともなく現われるというこの神秘の惑星で、 を1000年にわたり行い続けた。 共和国時代・前期 [ ] 1000年の時が流れ、コリバンの妹たちとシス達の区別は無くなった。 彼らは原住民であると同時に支配者になったのだ。 この頃、銀河共和国の調査船が偶然にもこの星に不時着する。 搭乗員である 兄妹のうち、兄は即座にシス達に虐殺され、妹は犯されそうになる。 だがしかし、彼女の疑いを知らない目・ポニーテール・ドジッ娘・ニーソックス・幼児体形そして 『バカチンコ』と罵りながら局部を踏みにじる等のに目をつけた時のシス卿、ネイガー・サードーは彼女を即座に偶像へまつり上げた。 何故利用したのか?それは当時、ネイガーはシス達が原住民化した事により慢性的な妹不足に陥っていた事、それが原因で度々内乱が起こっていた事(これはシスが互いに姦計を張り巡らせ合う悪習の発端である)に頭を痛めていた。 そして可能であるならばそんなシス達の人心をひとつに纏めジェダイへの復讐を企てようともしていた。 そんな矢先に極めて理想的な妹がラブコメの如く降って湧いてきたのである。 この試みは見事成功した。 今や、暗黒面の力と絶対的な統制により恐るべき大隊と化した彼らは正に無敵であった。 そうして未だに人妻大好きな共和国率いるジェダイ騎士団に妹の素晴らしさを知らしめるべく、侵略戦争を開始する。 共和国時代・中期 [ ] ハイパースペース大戦後もシスとジェダイの対立は続き、大規模な戦闘が起こるたびに幾多の星々が滅んでいった。 およそ4000年前にはを除けば最強とされるシス卿、エグザ・キューンが出現。 これはキューン、ウリック・ケル=ドローマ、ケイ・ケル=ドローマ3人のガチムチ兄貴達がひたすら狂宴を繰り広げるだけなので割愛する。 2000年前には暗黒面に堕ちたジェダイ達がシス教義を復活させ、を設立。 またもやジェダイに戦いを挑む。 だが、この時彼らは失策を犯してしまう。 ネイガーの時代のような偶像妹が居なかったのだ。 最初こそ共和国の捕虜から妹を略奪する事でまかなう事が出来たが、やがて 『一人よりも二人、否、全ての妹は俺の嫁!』とするシス達が次々と出現。 内輪もめになり、たった1人を除いて全滅。 以後1000年以上経つうちにシスは滅んだと認識される様になった。 共和国時代・末期 [ ] ただ1人生き残ったシス、ダース・ベインはカルトを再建する。 時代は移り共和国末期、なる野心的な政治家兼宗教家が現われた。 彼こそが有史以来最強のシス、ダース・シディアスであったが彼とその弟子を除いて事実を知る物は誰もいなかった。 政治家としての彼は既に禁欲が蔓延していた銀河元老院に辟易しながらもあえて禁欲を助長し磐石化させる様に手をつくした。 一方で宗教家としての彼はあまりにも辛すぎるを嫌悪する者たちを煽動し情熱的な妹属性を教え込んだ。 彼らは分離主義者となり徐々に共和国と政治的対立を深めるようになる。 やがて分離主義者たちはの信者よろしく自身の正義をもたらさんと、いもうと大戦(別名、クローン大戦。 を本格的に導入した初の戦争である為)を引き起こす。 これにより、双方、自身の狭義な教義を正当化させる為に禁欲主義と妹属性の対立が激化。 パルパティーンはこの騒乱を利用し任期が切れても最高議長に居座り、戦況が好転すると今度は圧倒的な支持率を背景に共和国を第一銀河帝国へと移行させた。 皇帝を僭称した彼にとって最早分離主義者は邪魔な存在であり用済みであった為、パルパティーン最後の弟子ダース・ヴェイダーに始末させた。 また、ジェダイ騎士団もマスター・メイス・ウィンドゥが 自身の妹と不祥事を起こしていた為、それを目撃した皇帝が分離主義者であると認定。 銀河帝国時代・前期 [ ] 帝国の支配を確固たるものにすべく、皇帝は死・スターを建造した 帝政に移行すると、今度は手のひらを返した様に皇帝は妹至上主義を復活・公式化した。 ジェダイもほぼ全て滅んでしまった為、シスである彼らに対抗できる者は無く帝国の至る所で妹とコトに及ぶ(或いは及ばさせられる)者たちが無数に出現した。 近親交配を際限なく繰り返したため遺伝子に異常をきたした子供や畸形児が大量に発生、の予期せぬ大量発生に頭を痛めた皇帝は選ばれた妹を先の戦争で培ったで大量生産する事にする。 また、遺伝子操作で思いの妹を作り出せるようになり、妹属性の信奉者は日を追うごとに増えていった。 また、妹属性でない者たちも極めて強権的な言論・思想統制やの恐怖から(少なくとも表面上は)妹属性を賛同せざるを得なかった。 だが、クローン大戦中から秘かにに賛同しなかった一部の政治家達が結託し、秘密裏に反乱同盟軍を設立。 甘美で禁じられた妹愛の信奉者と 『禁忌よりも禁欲を!』を掲げる者たちとの果てしない争い、 銀河内乱が始まる。 銀河帝国時代・後期 [ ] 帝政に移行してから19年ほど経ち、皇帝の弟子ダース・ヴェイダーが遺した息子、は十分に成長する。 ふとした事から彼はジェダイの数少ない生き残りと出会い、更には育ての親を帝国軍いもーとトルーパーに殺害される。 これらの要因とその後のいくつもの偶然(否、運命と言うべきか)が複合し、彼は銀河内乱に身を投じる。 また、この時コムリンク(無線)で 『妹萌えぇ~とか言っているのは人として間違っているんじゃないかな?』とさわやかヴォイスで発言した事がダース・ヴェイダーの耳に入り、一躍帝国軍のアイへイチュー・オブ・ザ・イヤー(I-hate-you Of The Year)になる。 それから4年間、彼はさまざまな困難を乗り越えていく。 そして、自分に妹が居ると知りなおかつ父親と帝国の皇帝が彼女を狙っていると知ったとき、彼は真のジェダイとなる。 そう、『僕はジェダイだ!君達の様な異常性愛者とは違う!』と 標本を見るような目をしながら言い放ったのだ。 この発言に激怒した皇帝はフォースの雷でルークをなぶり殺しにしようとする。 だが、居合わせたヴェイダーはこの言葉に衝撃を受け『年齢と立場をわきまえたをするべきだった、私は間違っていた…!』と悔い改め、ジェダイに帰還する。 そして、皇帝に捨て身の奇襲を仕掛け銀河帝国を終焉に導いたのだ。 非常に残念極まりない事ではあったが、結果としては彼が20数年間に渡り繰り広げてきた悪行を清算する意味合いもあった。 数年後に、 サソリベイダーといったヴェイダーの遺志を継ぐものが続々と登場したが、単に以外の何者でもない。 現代、私たちの住む銀河において [ ] シスが地球にいるわけが…あれ? スカイウォーカー親子の偉業から果てしない時が流れ、太陽系第3惑星が存在するこの銀河の現状はどうなのだろうか?それについてはこれから記述しよう。 現在、地球なる惑星の小国であるの例を挙げると……危機的な状況にあると言わざるを得ないだろう。 そう、暗黒面、あるいは妹属性が極めて支配的なのだ。 数少ないジェダイの末裔達はこれに対抗しているのだが、概要で述べたとおり勢力差があり過ぎて常に苦戦を強いられている。 だが、悲観的な事ばかりでもない。 少しずつではあるが、禁欲の流れは確実に向いてきている。 いつかはジェダイ達が再びシスを打ち倒し、が賛美される時代がおとずれる事だろう。 ジョージ・ルーカスの映画との関連 [ ] 20世紀後半、の若手映画監督であったジョージ・ルーカスは遠い昔、はるかかなたの銀河系で繰り広げられたこのの数々に創作の着想を得ていた。 彼はジェダイでありながらシスになってしまった男の悲劇を構想する。 だが、そのままではPG指定どころの騒ぎではなくなると判断し普遍的なテーマと結びつけ、ハッピーエンド大好き症候群のアメリカ人対応型にした。 この映画は公開するや否や全世界で大反響を呼び、ルーカスは一躍世界的な映像作家になる。 中でもシス卿、ダース・ヴェイダーの人気は凄まじい物で映画を観た後、一時的にシスコンならぬファザコンになる者が続出、劇中の一場面を再現したいがばかりに父親達の右腕が斬り落とされる事態が頻出した。 しかし、久々に続編を公開すると決めた、公開直前になって 『実はシスは闇ではなく妹属性を信奉している』というルーカスがあえて封印した真実が明るみになる。 これに衝撃を受け、事実を認めたくない一部のファンが実社会でもネットでも暴走。 とばっちりを受けた彼はその年のを受賞してしまった。 3年経ち、シスが妹属性であると大抵のファンも認めるようになった。 そして、更なる続編が公開。 だが、ダース・ヴェイダーの若き日を演じたヘイデン・クリステンセンに一部のファンが 『奴は妹属性を信仰していない』と激烈な批判を浴びせ、またもやラジー賞の餌食にしてしまう(余談だが3年後の最終作では 『奴は妹を侮蔑している』という理由でまたもやラジー賞を受賞してしまった)。 壮絶な賛否両論の結果 だが肯定派や原理主義者、ファザコン、そもそも妹属性自体を否定する人間も多く様々な要因が複合し1999年以降、世界中で凄絶な賛否両論となった(画像参照) この様に、シス達が太古に演じた死闘の数々は遠い未来に生きるわれわれに熱狂と狂信を生み出した。 これは今なお暗黒面が人々の心に強く根付いている何よりの証拠といえよう。 シスになるための手引 [ ] シスになるなど以ての外なのであるが、あえてここにその方法を書き記しておこう。 くれぐれも実行してはいけない。 欲望にしたがう [ ] 基本である。 究極的には 妹一筋になれば最良(最悪)なのだが、まずは…• とりあえず何でも大盛りを頼む(食欲)• は1日5回以上(性欲)• 買い物は全て。 現金無くともクレジットを乱用。 (物欲)• はレイプ以外厳禁(支配欲)• 総会屋まがいのハゲタカファンドを設立して左団扇(金欲)• は生で食す(野生欲)• であるとにひたすら記述する。 もしくはウィキペディアに貼り付けられた「要出典」を剥がす。 (真理への欲求)• ウィキペディアはのパロディであると街宣車で廃人演説する(見られ願望) あたりを実践してみるとよい。 確実に心が蝕まれていくはずだ。 間違いなく。 精神の解放 [ ] 欲望に従う事を覚えたら次は精神の解放である。 以下のことを実践するよう……いや、しない方が良いと思われるが… やるの?• 全裸に一枚でに乗り、車内で解放する• 捕まる ………失礼、続きを書こう。 カーテンを解放する• 朝日の中で深呼吸をし意識を解放する• 優雅にでも聴きながら妹の事を考えする(で可)• そして 解放 ( オーバードーズ )する• ウィキペディアはのパロディであると街宣車で廃人演説する なお、これらを実行して不利益を被ったとしても筆者は一切の責任を負わないものとする。 ライトセイバーの修行 [ ]• 惑星イラムに行きを採取するか、ほぼ同じ成分の人工クリスタルを作る• 適当にスクラップでも漁って、柄の部品をみつくろう• 妹の事でも考えながらライトセイバーを作る• 別の銀河にある惑星へ行く方法?ライトセイバーの作り方? そんなものはGOOGLE辺りで調べなさい。 私は知らない。 作ったらブンブン振り回そう。 10年くらい頑張ればかかあたりなら斃せるかもしれない。 フォースの修行 [ ] もっとも重要な部分だ。 決して怠らず精進するように。 瞑想時に妹のことを考える• クラックを決める• もっと妹のことを考える• するとあたり一面が妹だらけになる• これこそが暗黒面に踏み入れた目安である。 ラリッているのではなく!• 警察がやってくる筈だ。 その後のことは私にもわからない。 シスの暗黒卿であるとされる人物 [ ]• 関連項目 [ ].

次の

シス (スター・ウォーズ)とは

シス の 暗黒 卿

暗黒面に堕ちると善の精神は破壊されるが、戦闘能力は格段に上がる。 シス(Sith)とは、 Sis ter Complex Of The Honesty( 率直のシスコン)の略である。 つまりを信奉する人間の総称である。 ダークサイドに堕ちた者のことであり、代表的なものとして、、、、、、などがある。 シスの暗黒卿(Dark Lord Of The Sith)、シス卿(Sith Lord)と呼ばれる事もある。 なお、映画監督のジョージ・ルーカスは彼らに創作のヒントを見出したが、そのままではあまりにも扱いづらかったため、普遍的なテーマと結びつけ利用した。 全世界でこれを英断と見るか妹属性の良さを殺してしまったと見るかで壮絶な賛否両論が巻き起こっている。 概要 [ ] シスはと違い、妹属性を信奉する(二者の違いや詳しい理由については後述の『歴史』で触れる)。 なお、ジェダイはを礼賛する。 妹属性を信奉する理由は多種多様だが、多い物をいくつか挙げると• が居る• が居ない• 身近に居る女性(主に同世代以上)に煮え湯を飲まされてばかりで強い劣等感がある• 子供好き• 幼女好き• ありていに言ってしまうと ロリペドである• ぶっちゃけ• だが、例え妹属性を信奉していても、普通の人にはなる事が出来ない。 妹愛の発露たる フォースの暗黒面の修練、そして常識や社会通念および人倫に屈せず自身の妹属性を貫くこと・妹に対するあからさまな淫欲・ではなくを心の拠り所とする事が絶対不可欠である。 また、ジェダイ同様も扱える。 だが、彼らのセイバーの光刃は基本的に赤い光を放ち、その戦闘様式もジェダイと違い暴力的でかつ攻撃的である。 これは彼らの計り知れない妹愛が暴走した結果であると考えられている。 更には前述のフォースの暗黒面により超銀河的で破壊的な異能の力の数々を巧みに操る。 彼らはこの恐ろしい力をもって銀河に どう考えても犯罪としか思えない近親相姦主義甘美で高邁なる妹愛と、 日本国はおろか世界中の様々な国の法律をシカトした近親婚自由かつ人間的な情愛を尊重し血縁や硬直しきった旧態依然にとらわれない妹との婚姻と、 可愛ければ何でも許されるというあからさまなひいき可愛い妹を全ての規範とする妹至上主義をもたらそうとしている。 禁欲を礼賛するジェダイ騎士団の末裔がこれに対抗しているものの、 人間そのものである妹への欲望をむき出しにした現在のシスの力は恐るべきものであり、シスの妹至上主義には殆どの局面で苦しめられている。 能力・技能 [ ]• フォーム・マカーシ(Makashi) シスにとっては一般的なライトセイバーの型(フォーム)。 セイバー同士の格闘戦に特化したフォームで、特徴としては 『片手で剣を扱う』事や 『極めて高度な技巧』などが挙げられる。 これは嫌がる妹を巧みな甘言と手腕で 検閲により削除に持ち込むシスの特徴をよく反映していると言える。 赤いセイバーを構える老魔法王• フォーム・アタール(Ataru) でもあるシス卿が得意とする型であるが、同じくこの型を得意とするジェダイマスター・ヨーダとは決定的な違いがある。 パルパティーンの型は一見すると大変兇暴で邪悪な物に感じられる。 だが、これは何としてでも神聖不可侵にして崇高で最善であり、清廉で優美にして お察し下さいなシスの 妹の真理を銀河にもたらさんとする確固たる決意の表れなのである。 その証拠にジェダイの剣は禁欲をし過ぎて いざと言うときに事に及べないさまを反映したような防御的で臆病で卑屈な代物である。 テレキネシス(Telekinesis) 遠隔操作。 応用して直接対象を吹き飛ばす事も。 ジェダイもほぼ同じ能力を使う。 その力は銀河元老院の巨大なポッドを 千切っては投げ千切っては投げする程であるが、彼らにとってはせせらぎの如き愛の言葉を妹へ優しく囁きかける様なものである。 チョーク(Choke、またはフォースグリップ(Force Grip)とも) 銀河一有名なシス卿、の得意技であり、テレキネシスの応用でもある。 暗黒面の力で敵の首を絞め、最後には折ってしまう。 触手を使わずに妹にプレイをする所から応用・発展した。 これも兄の 狂った優しい愛情ゆえの妙技だと言える。 性格・行動の変化 [ ] シスになると性格が豹変し、行動も独自の基準に沿った物になる。 これは超自然的な力であるフォースの暗黒面によるものであるとされる。 以下にシスで無い者とシスの違いを幾つか列挙する。 妹についての価値観• 非シス-鬱陶しい、邪魔、色々面倒• シス-おまえの婿はこの私だ!(声:) 侮辱した結果• 女性の乳房の大きさについて• 非シス-巨乳が良いが矢張り形の良さかな(例外もあり)• シス-無乳を侮辱する者は許せん!(声:)• 力への渇望の理由• 非シス-自身の欲望を満たすため• シス-妹を使って自身の欲望を満たすため• 正義とは?• 非シス-神、或いは倫理、或いは規律、或いは愛• シス-私が お兄ちゃん ( せいぎ )だ!• 風邪で寝込んだ妹を看病する時• 非シス-めんどくせーなあああ• シス-僕はあんたと違って世間の目など恐れない!(声:) 歴史 [ ] 古代 [ ] いつの頃からかは分からないが、恐らく5000年以上前には既にシスの前身と言える存在が確認されていたようである。 この頃、何かにつけて禁欲ばかりしたがるジェダイ騎士団の教条主義的な狭い視野と、も出来ない苦しい性活そしてに明け暮れてばかりのフィールドワークに嫌気がさし(エクストリームスポーツとの関連についてはの項を見れ)、つるぺたで清潔な妹に銀河の真理があると悟った一部の異端的なジェダイたちが、本来のジェダイ規律を破り離反した。 彼ら異端ジェダイはその率直な・行動から、後に 率直のシスターコンプレックスと呼ばれ、時が経つにつれシスと省略された呼称が一般化した。 後に彼らはなる星に漂着。 シス1人につき 12人の妹が何処からともなく現われるというこの神秘の惑星で、 を1000年にわたり行い続けた。 共和国時代・前期 [ ] 1000年の時が流れ、コリバンの妹たちとシス達の区別は無くなった。 彼らは原住民であると同時に支配者になったのだ。 この頃、銀河共和国の調査船が偶然にもこの星に不時着する。 搭乗員である 兄妹のうち、兄は即座にシス達に虐殺され、妹は犯されそうになる。 だがしかし、彼女の疑いを知らない目・ポニーテール・ドジッ娘・ニーソックス・幼児体形そして 『バカチンコ』と罵りながら局部を踏みにじる等のに目をつけた時のシス卿、ネイガー・サードーは彼女を即座に偶像へまつり上げた。 何故利用したのか?それは当時、ネイガーはシス達が原住民化した事により慢性的な妹不足に陥っていた事、それが原因で度々内乱が起こっていた事(これはシスが互いに姦計を張り巡らせ合う悪習の発端である)に頭を痛めていた。 そして可能であるならばそんなシス達の人心をひとつに纏めジェダイへの復讐を企てようともしていた。 そんな矢先に極めて理想的な妹がラブコメの如く降って湧いてきたのである。 この試みは見事成功した。 今や、暗黒面の力と絶対的な統制により恐るべき大隊と化した彼らは正に無敵であった。 そうして未だに人妻大好きな共和国率いるジェダイ騎士団に妹の素晴らしさを知らしめるべく、侵略戦争を開始する。 共和国時代・中期 [ ] ハイパースペース大戦後もシスとジェダイの対立は続き、大規模な戦闘が起こるたびに幾多の星々が滅んでいった。 およそ4000年前にはを除けば最強とされるシス卿、エグザ・キューンが出現。 これはキューン、ウリック・ケル=ドローマ、ケイ・ケル=ドローマ3人のガチムチ兄貴達がひたすら狂宴を繰り広げるだけなので割愛する。 2000年前には暗黒面に堕ちたジェダイ達がシス教義を復活させ、を設立。 またもやジェダイに戦いを挑む。 だが、この時彼らは失策を犯してしまう。 ネイガーの時代のような偶像妹が居なかったのだ。 最初こそ共和国の捕虜から妹を略奪する事でまかなう事が出来たが、やがて 『一人よりも二人、否、全ての妹は俺の嫁!』とするシス達が次々と出現。 内輪もめになり、たった1人を除いて全滅。 以後1000年以上経つうちにシスは滅んだと認識される様になった。 共和国時代・末期 [ ] ただ1人生き残ったシス、ダース・ベインはカルトを再建する。 時代は移り共和国末期、なる野心的な政治家兼宗教家が現われた。 彼こそが有史以来最強のシス、ダース・シディアスであったが彼とその弟子を除いて事実を知る物は誰もいなかった。 政治家としての彼は既に禁欲が蔓延していた銀河元老院に辟易しながらもあえて禁欲を助長し磐石化させる様に手をつくした。 一方で宗教家としての彼はあまりにも辛すぎるを嫌悪する者たちを煽動し情熱的な妹属性を教え込んだ。 彼らは分離主義者となり徐々に共和国と政治的対立を深めるようになる。 やがて分離主義者たちはの信者よろしく自身の正義をもたらさんと、いもうと大戦(別名、クローン大戦。 を本格的に導入した初の戦争である為)を引き起こす。 これにより、双方、自身の狭義な教義を正当化させる為に禁欲主義と妹属性の対立が激化。 パルパティーンはこの騒乱を利用し任期が切れても最高議長に居座り、戦況が好転すると今度は圧倒的な支持率を背景に共和国を第一銀河帝国へと移行させた。 皇帝を僭称した彼にとって最早分離主義者は邪魔な存在であり用済みであった為、パルパティーン最後の弟子ダース・ヴェイダーに始末させた。 また、ジェダイ騎士団もマスター・メイス・ウィンドゥが 自身の妹と不祥事を起こしていた為、それを目撃した皇帝が分離主義者であると認定。 銀河帝国時代・前期 [ ] 帝国の支配を確固たるものにすべく、皇帝は死・スターを建造した 帝政に移行すると、今度は手のひらを返した様に皇帝は妹至上主義を復活・公式化した。 ジェダイもほぼ全て滅んでしまった為、シスである彼らに対抗できる者は無く帝国の至る所で妹とコトに及ぶ(或いは及ばさせられる)者たちが無数に出現した。 近親交配を際限なく繰り返したため遺伝子に異常をきたした子供や畸形児が大量に発生、の予期せぬ大量発生に頭を痛めた皇帝は選ばれた妹を先の戦争で培ったで大量生産する事にする。 また、遺伝子操作で思いの妹を作り出せるようになり、妹属性の信奉者は日を追うごとに増えていった。 また、妹属性でない者たちも極めて強権的な言論・思想統制やの恐怖から(少なくとも表面上は)妹属性を賛同せざるを得なかった。 だが、クローン大戦中から秘かにに賛同しなかった一部の政治家達が結託し、秘密裏に反乱同盟軍を設立。 甘美で禁じられた妹愛の信奉者と 『禁忌よりも禁欲を!』を掲げる者たちとの果てしない争い、 銀河内乱が始まる。 銀河帝国時代・後期 [ ] 帝政に移行してから19年ほど経ち、皇帝の弟子ダース・ヴェイダーが遺した息子、は十分に成長する。 ふとした事から彼はジェダイの数少ない生き残りと出会い、更には育ての親を帝国軍いもーとトルーパーに殺害される。 これらの要因とその後のいくつもの偶然(否、運命と言うべきか)が複合し、彼は銀河内乱に身を投じる。 また、この時コムリンク(無線)で 『妹萌えぇ~とか言っているのは人として間違っているんじゃないかな?』とさわやかヴォイスで発言した事がダース・ヴェイダーの耳に入り、一躍帝国軍のアイへイチュー・オブ・ザ・イヤー(I-hate-you Of The Year)になる。 それから4年間、彼はさまざまな困難を乗り越えていく。 そして、自分に妹が居ると知りなおかつ父親と帝国の皇帝が彼女を狙っていると知ったとき、彼は真のジェダイとなる。 そう、『僕はジェダイだ!君達の様な異常性愛者とは違う!』と 標本を見るような目をしながら言い放ったのだ。 この発言に激怒した皇帝はフォースの雷でルークをなぶり殺しにしようとする。 だが、居合わせたヴェイダーはこの言葉に衝撃を受け『年齢と立場をわきまえたをするべきだった、私は間違っていた…!』と悔い改め、ジェダイに帰還する。 そして、皇帝に捨て身の奇襲を仕掛け銀河帝国を終焉に導いたのだ。 非常に残念極まりない事ではあったが、結果としては彼が20数年間に渡り繰り広げてきた悪行を清算する意味合いもあった。 数年後に、 サソリベイダーといったヴェイダーの遺志を継ぐものが続々と登場したが、単に以外の何者でもない。 現代、私たちの住む銀河において [ ] シスが地球にいるわけが…あれ? スカイウォーカー親子の偉業から果てしない時が流れ、太陽系第3惑星が存在するこの銀河の現状はどうなのだろうか?それについてはこれから記述しよう。 現在、地球なる惑星の小国であるの例を挙げると……危機的な状況にあると言わざるを得ないだろう。 そう、暗黒面、あるいは妹属性が極めて支配的なのだ。 数少ないジェダイの末裔達はこれに対抗しているのだが、概要で述べたとおり勢力差があり過ぎて常に苦戦を強いられている。 だが、悲観的な事ばかりでもない。 少しずつではあるが、禁欲の流れは確実に向いてきている。 いつかはジェダイ達が再びシスを打ち倒し、が賛美される時代がおとずれる事だろう。 ジョージ・ルーカスの映画との関連 [ ] 20世紀後半、の若手映画監督であったジョージ・ルーカスは遠い昔、はるかかなたの銀河系で繰り広げられたこのの数々に創作の着想を得ていた。 彼はジェダイでありながらシスになってしまった男の悲劇を構想する。 だが、そのままではPG指定どころの騒ぎではなくなると判断し普遍的なテーマと結びつけ、ハッピーエンド大好き症候群のアメリカ人対応型にした。 この映画は公開するや否や全世界で大反響を呼び、ルーカスは一躍世界的な映像作家になる。 中でもシス卿、ダース・ヴェイダーの人気は凄まじい物で映画を観た後、一時的にシスコンならぬファザコンになる者が続出、劇中の一場面を再現したいがばかりに父親達の右腕が斬り落とされる事態が頻出した。 しかし、久々に続編を公開すると決めた、公開直前になって 『実はシスは闇ではなく妹属性を信奉している』というルーカスがあえて封印した真実が明るみになる。 これに衝撃を受け、事実を認めたくない一部のファンが実社会でもネットでも暴走。 とばっちりを受けた彼はその年のを受賞してしまった。 3年経ち、シスが妹属性であると大抵のファンも認めるようになった。 そして、更なる続編が公開。 だが、ダース・ヴェイダーの若き日を演じたヘイデン・クリステンセンに一部のファンが 『奴は妹属性を信仰していない』と激烈な批判を浴びせ、またもやラジー賞の餌食にしてしまう(余談だが3年後の最終作では 『奴は妹を侮蔑している』という理由でまたもやラジー賞を受賞してしまった)。 壮絶な賛否両論の結果 だが肯定派や原理主義者、ファザコン、そもそも妹属性自体を否定する人間も多く様々な要因が複合し1999年以降、世界中で凄絶な賛否両論となった(画像参照) この様に、シス達が太古に演じた死闘の数々は遠い未来に生きるわれわれに熱狂と狂信を生み出した。 これは今なお暗黒面が人々の心に強く根付いている何よりの証拠といえよう。 シスになるための手引 [ ] シスになるなど以ての外なのであるが、あえてここにその方法を書き記しておこう。 くれぐれも実行してはいけない。 欲望にしたがう [ ] 基本である。 究極的には 妹一筋になれば最良(最悪)なのだが、まずは…• とりあえず何でも大盛りを頼む(食欲)• は1日5回以上(性欲)• 買い物は全て。 現金無くともクレジットを乱用。 (物欲)• はレイプ以外厳禁(支配欲)• 総会屋まがいのハゲタカファンドを設立して左団扇(金欲)• は生で食す(野生欲)• であるとにひたすら記述する。 もしくはウィキペディアに貼り付けられた「要出典」を剥がす。 (真理への欲求)• ウィキペディアはのパロディであると街宣車で廃人演説する(見られ願望) あたりを実践してみるとよい。 確実に心が蝕まれていくはずだ。 間違いなく。 精神の解放 [ ] 欲望に従う事を覚えたら次は精神の解放である。 以下のことを実践するよう……いや、しない方が良いと思われるが… やるの?• 全裸に一枚でに乗り、車内で解放する• 捕まる ………失礼、続きを書こう。 カーテンを解放する• 朝日の中で深呼吸をし意識を解放する• 優雅にでも聴きながら妹の事を考えする(で可)• そして 解放 ( オーバードーズ )する• ウィキペディアはのパロディであると街宣車で廃人演説する なお、これらを実行して不利益を被ったとしても筆者は一切の責任を負わないものとする。 ライトセイバーの修行 [ ]• 惑星イラムに行きを採取するか、ほぼ同じ成分の人工クリスタルを作る• 適当にスクラップでも漁って、柄の部品をみつくろう• 妹の事でも考えながらライトセイバーを作る• 別の銀河にある惑星へ行く方法?ライトセイバーの作り方? そんなものはGOOGLE辺りで調べなさい。 私は知らない。 作ったらブンブン振り回そう。 10年くらい頑張ればかかあたりなら斃せるかもしれない。 フォースの修行 [ ] もっとも重要な部分だ。 決して怠らず精進するように。 瞑想時に妹のことを考える• クラックを決める• もっと妹のことを考える• するとあたり一面が妹だらけになる• これこそが暗黒面に踏み入れた目安である。 ラリッているのではなく!• 警察がやってくる筈だ。 その後のことは私にもわからない。 シスの暗黒卿であるとされる人物 [ ]• 関連項目 [ ].

次の