キング エクスプレス。 www.digitaleskimo.net:カスタマーレビュー: 魔進戦隊キラメイジャー キラメイジャーロボシリーズ02 魔進合体 DXキングエクスプレスセット

ミニプラ キングエクスプレス

キング エクスプレス

こんにちは 安定の出来の良さで嬉しさMAXのtomoshooです。 いいですよ今回も。 ということで今回は素組みレビュー! 紹介していくのはこちらです! マシン合体シリーズ02 キングエクスプレス ミニプラ・キラメイジャーシリーズ第2弾のキングエクスプレスです!!! 今回もいつものようにセット箱で購入しました。 左上にはデカデカとスモッグジョーキーの顔が。 下顎の製造番号、既にめちゃめちゃ目立ってます笑 反対側。 水色がメインカラーのパッケージデザインですね。 キラメイジンの時は劇中の写真でしたが、今回は製品写真ですね。 中には内箱。 今回は全6種類です。 パッケージデザインは共通です。 反対側から。 開封、組み立ての様子はこちらでも紹介しています!! こちらも是非ご覧ください! 今回はこの2体の魔進です。 それぞれ詳しく紹介していきます。 魔進ジョーキー 蒸気機関車モチーフの魔進。 黒と紫の2色で構成されています。 反対側から。 手足が一直線につながっており、かなり細長いフォルムです。 両サイドから。 左右非対称のデザインなのですが、どちら側から見ても造形しっかりしてます。 目立つ肉抜き箇所ありません!! 先頭車両のアップ。 先頭車両と後方車両はクリアブラックが使われています。 紫部分は後ハメ加工したいですねー。 変形の恩恵もあり、かなり角度をつけることができます。 かなりの長さがあるので、迫力があります。 スモッグジョーキー 変形してスモッグジョーキーに。 頭部や尻尾あたりの変形は独特で面白かったです。 反対側から。 腕や脚部の内側はさすがに肉抜きあり。 背中の分割線も消せるところは消していきたいですね。 両サイドから。 側面のディテールはどちらも良くできてます。 頭部のアップ。 口は開閉可能。 冒頭でも述べましたが、下あごのクリアパーツには製造番号がくっきり。 頭部は引き出し式になっており、引き出すと左右に首を振ることができます。 さらに腕の付け根は位置を変更可能。 こちらが元々の位置なのですが。。。 接続位置を上部に変更することが可能になっています! 接続はどちらもボールジョイントです。 さらに脚部。 元々はこうなっているのですが。。。 こちらも接続位置を上部に変更可能。 脚部は軸接続です。 頭部、腕、脚部と見栄え用に差し替えた状態がこちら。 より劇中のシルエットに近づきました。 反対側から。 尻尾は曲げないと干渉してしまいます。 両サイドから。 このほうがシルエットが劇中っぽくていいですね。 ポージング。 首を左右に振れるの結構でかいです。 キラメイストーンモード さらに変形してキラメイストーンモードに。 クリアバイオレットが前面に出て高級感出てます。 反対側から。 しっかりとまとまってますね。 魔進エクスプレス 特急列車モチーフの魔進。 成型色は白とクリアホワイトの2色構成です。 色分けはそこそこ手間がかかりそうですが、造形はバッチリです。 反対側から。 反対側も問題なさそうですね。 良くできてます。 両サイドから。 ちょろっとだけパーツ分割線があるくらいで、側面もよくできてますねー。 あとはクリアホワイトの塗装をどうするかってところでしょうか。 キラメイストーンモード 2つのキラメイストーンに分離します。 宝石らしいカットが綺麗な造形です。 反対側から。 頭部の肉抜きは埋めた方がいいかも。 キングエクスプレス 魔進ジョーキー、魔進エクスプレスが魔進合体して、キングエクスプレスに!! 立ち姿、めちゃめちゃ綺麗にまとまってます!! 反対側から。 ひじ関節部分の肉抜き箇所が少し目立つかなーといったところ。 それ以外は大きな肉抜き箇所ってないですね。 両サイドから。 側面から見ても立ち姿決まってます。 頭部のアップ。 こちらは見栄え用の頭部。 3つのパーツに分解することができ、塗装もしやすそうです。 ちなみに変形用の頭部はこちら。 サイズ的にはかなり小さいですが、造形はちゃんとしてます。 上半身のアップ。 肩の開き具合、腕の角度やヒジの角度など、色々調節できてポージングさせやすいです。 チェーンソーには肉抜き箇所と、内側には製造番号。 ここはクリアレジン流し込んで製造番号消すしかないかなー。 下半身のアップ。 スタッフブログでも紹介されていましたが、メリハリの効いたシルエットになっています。 脚部の内側にも造形があり、下半身は手を加えるところが少なそうです。 腰のサイドアーマー、元々はこのような構造になっており太ももに接続されているのですが、 接続方法を変更し、腰に接続させることができるんです!!! これにより干渉しにくくなり、下半身の可動域が大幅にアップします!!! キラメイジンに続き、キングエクスプレスでもこのギミック搭載です!!!!! さらにつま先、元々はこうなっているのですが。。。 差し替えることによりつま先を引き出すことができるようになっています!! これにより接地性がより向上します!! ここも本当よく考えられてます。 上半身の可動域について。 頭部はボールジョイント。 腕はここまで上がります。 腕にはロール軸があり、ヒジはここまで曲がります。 手首の回転は無しです。 さらに肩関節は、前後に角度を付けられるようになっています。 これがポージングの時にいい仕事するんですよねー!!! 下半身の可動域について。 開脚はここまでできます。 腰サイドアーマーの組み替えのおかげです。 ヒザも90度以上曲がります。 股関節は引き出し式になっており、上下にスイングさせることもできます。 ということでポージングを何枚か。 随所に散りばめられたミニプラオリジナルギミックのおかげで、 プロポーションの良い上にいろいろなポージングができるようになっています。 DX版は軽ーく見ていましたが、ミニプラ版まさかここまで化けるとは思っていませんでした。 本当にかっこいいです。 素組みレビューは以上です。 キラメイジャーシリーズ期待の第二弾、2号ロボも安定のカッコ良さでした。 スモッグジョーキーでのプロポーション変更ギミックもよく感がられていましたし、 キングエクスプレスでの組み替えによる課題解決はどれも効果的なものばかりで よくこれだけのことを詰め込めたなという印象です。 気になる箇所は製造番号の処理くらいで、それ以外はストレートに作れそうです。 ということで今回は以上です。 それでは〜ノシ.

次の

キラメイジャーロボシリーズ02 魔進合体 DXキングエクスプレスセット

キング エクスプレス

ミニプラ 「魔進合体シリーズ02 キングエクスプレスセット」 レビュー ミニプラから「魔進合体シリーズ02 キングエクスプレスセット」のレビューです。 『魔進戦隊キラメイジャー』に登場するロボ。 エクスプレス、ジョーキーが魔進合体した最速の魔進ロボットで、音速の巨神と呼ばれる。 右腕のジョーキージョーからバーンブラッカーを浴びせ、左腕のチェーンソーからは斬撃波をシュートするスプリンターを放つ。 6種セット版も販売。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ裏。 1、2、3、4で魔進ジョーキーが完成。 魔進ジョーキー。 列車メカということでかなりの長さ。 うちの撮影スペースではこの形態が限界。 シリーズの特徴のクリアーパーツは今回も多く使われており、先端と後端ブロック(No. 1、4)に至ってはオールクリアーパーツです。 ファイヤと。 キラメイストーン状態。 中央を折りたたんで、先端と後端ブロックを後ろに取り付け。 スモッグジョーキー。 キラメイストーン状態から腕を脚を展開し、先端と後端ブロックで頭〜尻尾を構成。 劇中のイメージからするとかなり細いですね。 足元のドッシリさが無いのが一番の違いかな。 キラメイジンと。 頭を引き出し、腕と脚は差し替えでプロポーションを大きく変更可能。 下顎が開閉。 5、6で魔進エクスプレスが完成。 魔進エクスプレス。 白に半透明のクリアーパーツはほとんど目立たない。 ファイヤと。 劇中のように魔進ジョーキーと連結可能ですが、ここまで来るともううちの撮影スペースでは収まらない。 キラメイストーン状態。 先頭側は先端を折り畳み、後方側はただ立てるだけ。 キングエクスプレスへの合体。 魔進エクスプレスは先頭、後方をそれぞれ開く。 今回もギミック用の頭が存在し、見た目用は差し替え。 キングエクスプレス。 スタイリッシュなプロポーション。 脚はせっかくのクリアーパーツが後ろ側へ行ってしまうのが残念ですね。 各所アップ。 キラメイジンと。 キラメイジン同様、可動用のギミックが存在。 腿側面のパーツは腰に差し替え可能。 足は前に位置を変えられます。 首がボールジョイント接続。 腰が軸接続。 キラメイジン同様、可動用だとサイドアーマーが前に来ます。 肩は根元が上下スイング+前後スイング+軸接続、上腕が上下スイング+軸回転。 変形ギミックを含めてこのデザインでちゃんと動いてくれる素晴らしい構造。 肘がスイング。 両腕とも引き出すと90度曲げられます。 フロントアーマーが上下スイング。 サイドアーマーが2重スイング。 股関節は軸が下方スイング+軸接続+上下スイング。 フロントアーマーがあるので、腿上げは制限されます。 膝が軸接続+スイング。 足首が上下スイング+左右スイング。 足首というよりつま先ですが、これだけでも接地の安定性が大きく違いますね。 可動総評。 キラメイジンと比べるとシンプルな関節構造で動かしやすいです。 立て膝はこのぐらい。 以下、適当にポージング。 さすがに可動面は厳しいけど、尻尾が振り回せるだけで十分。 ミニプラで敵ロボが出るのは貴重。 この小さな足が無かったら前に倒れまくるルパンカイザーの悪夢再びなので、効果は非常に大きい。 2号ロボに1号ロボとの合体要素が無いというのはいつ以来だろう。 イレギュラーなルパパトを除き、自分がミニプラを買い出してからは無いはず。 まぁキングエクスプレス自体もイレギュラーなロボだけど。 以上、ミニプラのキングエクスプレスのレビューでした。 キラメイジャーのミニプラ第2弾は、2号ロボのキングエクスプレス。 味方側が敵ロボを乗っ取って合体するという衝撃的なロボですね(笑 スモッグジョーキーとキングエクスプレスの2形態が存在するので、キラメイジンにはさすがに劣るけどプレイバリューのあるセット。 セット箱、6種セット、BOX。

次の

【ミニプラ・キングエクスプレス】素組みレビュー・改修箇所洗い出し!!

キング エクスプレス

いきなり結論をいうと、 悪役ロボ、もしくはイカつい恐竜ロボが欲しい 訳じゃなかったらコレを買う必要はありません、 です。 凄く気になったのは、この商品が遊びにくい事。 お子様がケガをしないようにあちこち外れやすく なってるのですが、正しい遊び方をしてもポロっ と外れるのでストレスを感じます。 ハッキリ言って 列車、ロボットで遊べるとは思わない方が良いです。 キラメイストーン含む、見る・眺める置物と考える べきかと思います。 そこで、じゃあ見るに堪える代物か?についても、 また微妙な所で、魔進ジョーキーのストーン状態こそ 中々のキラメキ加減ですが、スモッグジョーキーの 造形は何なのでしょうか?肉抜きを隠す事すら諦めた 様は無残と言う他なく、残念に思います。 最後の望み、キングエクスプレスですが、これもまた 微妙と言う他なくて、遊びにくい程度なら良いですが、 頭・胸部を掴んで持ち上げたら下半身が分離・落下して 足先に落してケガするんじゃないですかコレ?と 思います。 意外に重たいので危険に感じます。 最後にこのロボット最大の特徴を述べたいと思います。 キングエクスプレスはキラメイジンと合体しません。 くっつく所もありませんので、本体もしくはウエポン 魔進遊びで楽しみましょう。 散々悪口を言いましたが、悪役ロボが欲しい人、 恐竜型メカに目が無い人、キラキラした置物が好きな 人であればオススメです。 僕はスモッグジョーキーかストーン状態で飾ると思います。 キラキラを表現する為に、クリアパーツの多用とホログラムシールを使用した今年の戦隊ロボ。 キラメイジンは価格相応に遊べる仕様でしたが、キングエクスプレスは、パーツが外れやすい 良く言えば、安全対策 、黒と紫のクリアパーツが安っぽく見えます。 箱のサイズや見た目からして、3980円位なら納得だが、メーカー希望価格が7920円とは、ボッタクリもいいところ。 クリア仕様じゃない黒パーツをグロス塗装。 紫塗装と赤塗装をメッキ加工にすれば、見た目と価格的には納得しそうな感じがします。 ガオキングは超合金仕様でメッキパーツの使用や、パーツも全塗装で6000円でした。 時代が違うとは言え、現在では難しいのかなぁ? あまり変形の面白さを感じさせないギミックで、現在の子供が可哀想とも感じました。 パッケージに大きく入った敵幹部の写真! 悪の怪獣形態を大きく見せたパケ裏面! かつてない試みのパッケージデザインと キラメイジンとの対決をおしだすTVCMは 凄くいいです。 おもわず欲しくなりますね。 ただし、 小さなお子様にはおすすめできません。 玩具本体の仕様はキラメくクリアパーツ以外 数百円の雑玩レベルです。 空飛ぶSLとしてTVで活躍しているのに、 子どもが手に取れば即バラバラになる列車形態、 腕をふりあげれば上半身がふきとぶロボ形態 実売5~6千円の商品でこれってなんなんでしょうか。 きらめきとクリア部品がウリなのは分かりますが こだわりどころが一人よがりで、基本的な 玩具の遊びかたに気が回っていません。 上層部の方にご理解願いたいことですが、 【悪のロボ】がダメなのではありません。 開発において若い感性は大事ですが、 立体物をさわった体験のない担当者に 重点商品をマル任せにしてはいけません。

次の