ギガライト amazon プライム。 ドコモのAmazonプライムの特典内容と利用方法を解説

ドコモ、「ギガホ」「ギガライト」でAmazon プライムが1年分無料に。既存ユーザーも対象

ギガライト amazon プライム

2019年12月1日よりドコモでスタートした Amazonプライム1年間無料キャンペーン。 私も対象者(ギガライト契約中)だったので早速登録してみました。 どんなキャンペーン? ドコモの「ギガホ」または「ギガライト」契約者にAmazonプライムが1年間無料でついてくるキャンペーンです。 Amazonプライム年会費4900円をドコモが負担することで、1年間無料で利用することができます。 対象者は? ギガホ、ギガライト契約の方でdポイントクラブ会員の方 これから契約する方だけでなく現在契約中の方も対象です。 自分が対象者がどうか調べるには? 料金プランはMy docomoの契約内容・手続きの契約プランで確認できます。 dポイントクラブ会員でない方はのサイトより無料で約1分で登録することができます。 受付期間 2019年12月1日(日)9時~ Amazonプライムとは? お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できるほか、映画やTV番組が見放題で視聴できるPrime Video、200万曲が聴き放題のPrime Musicなどを利用できます。 手続き・登録方法 「」へ進みdアカウントにログインします。 エントリー条件を確認します 1、料金プランが「ギガホ」「ギガライト」であること 2、対象料金プランを契約の名義でdポイントクラブ会員であること 「エントリーする」から進みます。 「Amazonプライム特典を登録」へ進みます。 これ以降はAmazon内で特典適用手続きへすすみます。 アマゾンにログインします。 Prime会員資格取得ページへ移行します。 支払い方法を確認し 「ギフトコードを適用して会員をはじめる」をクリックします。 注意点 コード適用期間が終わると、Prime 会員資格はその時点におけるPrime会費価格で自動で更新されてしまいます。 (無料期間後に更新しない方は更新前に自分でアマゾンでPrime会員の解約手続きをする必要があるということですね。 ) 以上で登録は終わりです。 これでアマゾンプライムの特典を登録した日から1年間無料で使うことができます。 ドコモキャンペーンのAmazonプライムの登録はあっという間に簡単に登録することができました。 おわりに 以前アマゾンプライムは1年間有料会員として利用していましたが、今はやめていたました。 でも無料で使えるならラッキーという感じです。 注文するときにお急ぎ便や時間指定が無料で使えるのはけっこう便利ですよ。 これから年末年始と買い物も増える時期なので、利用頻度が増えそうです。 またアマゾンプライムを利用する人は動画目当てという人も多いと思いますが、久しぶりにPrimeビデオのラインナップをみたら結構見たい映画が増えていました。 最新の状況はドコモ公式サイトでご確認ください。 - カテゴリー•

次の

ドコモ「ギガホ」 Amazonプライム1年無料に。既存ユーザも対象、有効期限が1年間延長!

ギガライト amazon プライム

ドコモの新しい料金プランとなる分離プラン『ギガホ』と『ギガライト』をまとめました。 ちなみに2019年10月1日以降は、定期契約なしでも安くなったり、dカードお支払割が適用される「ギガホ2」というプランも提供されています。 [2020年3月6日更新] ドコモが「ギガホ増量キャンペーン2」を発表しています。 ギガホ増量キャンペーン2の対象プランは、ギガホ2(2019年10月1日に提供が開始された定期契約なし、dカードお支払割も適用できるプラン)のみが月間容量60GBに増量されます。 初代ギガホは対象外となりますが、現在ギガホを契約しているユーザーはギガホ2へプラン変更することで月間データ通信量60GBを維持することができます。 『ギガホ』は無制限(といっても 30GB60GBまでが超高速通信、その後は1Mbpsに速度低下)、ギガライトはデータ通信量に応じて料金が上がっていく段階制(従量制)のプランです。 さらに2019年10月1日からは、ひっそりと定期契約なし、dカードお支払割も適用できるプラン「ギガホ2」が提供されています。 家族の人数によって割引料金が変動するので結局複雑な気が。。 スマホの端末価格と通信料金を分ける 「分離プラン」と呼ばれるもので、ドコモいわく「シンプルな料金体系」とのことですが、思った以上に複雑な気がする…というのが自分の印象です。 特に家族の人数によって割引金額が変更されるので複雑に感じます。。 最初は用意されていなかったギガホ、ギガライト契約者の特典が続々と発表されています。 この記事では、ドコモの新料金となる分離プラン『ギガホ(ギガホ2)』『ギガライト』と新プラン登場による旧プランの扱いや注意点、契約ユーザーの特典などを紹介しています。 【ドコモ】新料金の分離プラン『ギガホ』『ギガライト』まとめ 最初に。 また、一番気を付けた方がいいのが「端末購入サポート」です。 端末購入サポートで機種を購入していて解除料発生期間中に分離プランに契約変更すると解除料(違約金)が発生します。 ただ、新規受付は中止されていますが、現在契約しているユーザーは引き続き利用できます。 また、2019年夏モデル以降のドコモスマホを購入した場合に「旧プランを継続してwith割引も継続する」を選択することで新機種購入後も引き続きwith割引が適用されます。 ギガホ・ギガライトに変更するのと現在契約しているプランのどちらか自分がトクするか?をよく考えた方がいいと思います。 個人的には、docomo with割引が適用されている人は引き続きwith割引の継続をオススメします。 [関連記事] ・ ・ docomo Wi-Fiは無料。 ただし今のことろは2020年6月30日まで 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」でもdocomo Wi-Fiは無料で使えます。 ただし、現在のシェアパックなどについている「docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン」は適用されず「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」が適用されます。 (「永年」の文字があるかどうかの違いです。 名前が似すぎて紛らわしすぎる) ギガホ・ギガライトに適用されるdocomo Wi-Fi無料キャンペーンは、今のところ2020年6月30日までが無料期間となっています。 まぁ多分、結局ずっと無料だと思いますが… テザリングも無料。 両プランともテザリング料金込みの価格 「ギガホ」「ギガライト」の金額の中には、テザリングの料金も含まれています。 なので、 新プランでも引き続きテザリングは無料で使えます。 オプション未契約時の通話料金は「30秒ごとに20円」となっています。 厳密には、初代ギガホ(2019年9月30日以前受付分)とギガホ2(2019年9月30日以前受付分)があります。 ただ、速度低下時も1Mbps(従来は128kbps)とそれなりの通信速度で利用できます。 1人で使う場合は6,980円。 同じ家族グループに2回線ギガホがいれば-500円で1回線当たりが6,480円、3回線以上ギガホがいれば5,980円となります。 初代ギガホは2年縛りによる高額違約金あり。 ギガホ2にもあるけど1,000円 初代ギガホは定期契約ありの場合は、解約満了月以外に解約すると旧プランのように9,500円の違約金が発生します。 ギガホ2は、定期契約ありで契約した場合は、違約金がありますが1,000円です。 またdカードを持っているユーザーを対象とする「dカードお支払割」が適用できれば、この1,000円もなくなり、解約時には違約金は発生しません。 ドコモが発表会で言っていた4,980円はこういう意味です。 ギガホとは違って1Mbpsにはなりません。 1人で使う場合は2,980円~。 同じ家族グループに2回線ギガホがいれば-500円で1回線当たりが2,480円、3回線以上ギガホがいれば1,980円となります。 THE従量制のプラン。 このプランは、3GB以下(できれば1GB以下)くらいのデータ通信量が少ない人しか向いてないプランです。 2019年12月1日から増えた特典です。 適用条件を満たした翌月から割引が適用されます。 割引期間はエントリーの翌月から12か月間となり、延長はありません。 ・エントリー後にディズニーデラックスの契約をした場合、適用対象になります。 適用条件を満たした翌月から割引が適用されます。 割引期間はエントリー月の翌月から12か月間となり、延長はありません。 ・割引の適用タイミングはエントリー月の翌月から割引が適用 ・ドコモの回線契約を持っていない人は対象外 ・初回契約の方は初月無料が優先適用され、その後セット割キャンペーンが適用されます。 ・初めてスマホ割・学割対象者はギガホの契約者は対象になります。 ギガライトの契約者で初めてスマホ割、学割適用者は対象外です。 ギガライトの場合は上記の両割引終了後に適用可能になります。 ・エントリー後にディズニーデラックスを解約し、再入会した場合は適用条件を満たしていれば再入会月から割引の対象になります。 ただし、割引期間はエントリーの翌月から12か月間となり、延長はありません。 エントリー Amazonプライム同様、12月1日から追加された特典です。 月額料金700円(税抜き)のDisney DELUXEが1年間無料で使えるという内容となっています。 いちおうキャンペーンとなっていますが、他のキャンペーン同様に終了日未定となっており、事実上ギガホの月間データ通信量が60GBになったと考えていい内容だと思います。 2020年4月末まではギガホ、ギガホ2どちらも対象となるが行われていますが、5月以降はギガホ2のみが対象となるとなります。 ややこしいわ。 [リンク] ・ ・ みんなドコモ割で2回線で500円、3回線以上で1,000円割引 ギガホ・ギガライトの部分で先述した通りですが、今回のドコモの新料金となる分離プランは家族の数が多い方が割引額が大きくなります。 ちなみに「みんなドコモ割」は、同居してない家族でも三親等まで、さらに現行の旧プランの音声契約回線も回線数としてカウントします。 ちなみにドコモ光ミニ利用の場合は、ギガホおよびギガライトの5GB以上なら-1,000円、ギガライトの3GBなら-500円となっています(~1GBは対象外) スマホデビューの人なら「はじめてスマホ割」も適用される またガラケーからスマホへの変更またはMNPの場合は「はじめてスマホ割」が適用されます。 これを提供すると12ヶ月間-1,000円となります。 ギガホを3回線以上で利用し、ギガホ割、ドコモ光セット割、はじめてのスマホ割を全てフル適用すれば、最大6ヶ月間2,980円でギガホが使えるということになります。 同じ条件でギガライト(~1GB)は、最大12か月980円~となります。 ただ、これはさすがにハードル高いよドコモさん。。 ギガホ・ギガライトなら誕生月に最大3,000dポイントがもらえる また新料金プランだと誕生日月にdポイントがもらえます。 長期継続利用者が優遇されており、ステージによって誕生日月に1stステージ500ポイント~プラチナステージ3,000ポイントがプレゼントされます。 うーん。。 withを継続するか?新プランに乗り換えるか?で悩んでいる人はチェックしてみてください。 関連記事: 「特典が充実してきたドコモの分離プラン「ギガホ」「ギガライト」 ただ旧プランdocomo withを引き続き適用できる人はwith継続がオススメ 新規契約した場合はギガホ、ギガライトの選択肢しかないので特典を使い倒そう! 現在ドコモとスマホを新規契約する場合は「ギガホ」「ギガライト」のどちらかのプラン契約となります。 発表時に「4割安くなった」とドコモは言っていましたが、正直安くなったという感じのプランではないと個人的には思っています。 以前に比べるとギガホ、ギガライトの特典も増えてきており、おトク感はアップしました。 ただ自分もそうなんですが、docomo with割引を適用して旧プランを引き続き利用している人は、ギガホ、ギガライトの特典に釣られてプラン変更する必要はないかなと思います。 どう考えてもwith割引の方がおトクだと思います。 月々サポートが適用されている回線を持っている人は、月々サポートの割引が終了したらギガホ、ギガライトへの契約変更もアリだと思います。 現在、ドコモでスマホを新規契約する場合はギガホ、ギガライトのどちらかを契約ということになります。 ギガホ、ギガライトを契約した人は特典を思いっきり使い倒すことをお忘れなく! 【過去】以前に行われていたギガホ、ギガライトのキャンペーンや割引、プラン情報の更新履歴 [2020年3月6日更新] ドコモが「ギガホ増量キャンペーン2」を発表しています。 ギガホ増量キャンペーン2の対象プランは、ギガホ2(2019年10月1日に提供が開始された定期契約なし、dカードお支払割も適用できるプラン)のみが月間容量60GBに増量されます。 初代ギガホは対象外となりますが、現在ギガホを契約しているユーザーはギガホ2へプラン変更することで月間データ通信量60GBを維持することができます。 個人、法人名義でギガホを契約している人であれば2年定期契約なし・ありに関わらず対象となります。 すでにギガホを契約している人も対象となります。 000dポイントがもらえるキャンペーンが開催されています。 要エントリーです。 条件の詳細等は、別記事に詳しく書いているのでチェックしてみてください。 6月30日までにマイドコモ(ウェブ)から新料金プランを申し込むと300ポイントがもらえるキャンペーンが開催されています。 ただ、新プランの方が月額料金が高くなる場合もあります。

次の

ドコモのギガライト契約済でもAmazonプライム1年無料になった話

ギガライト amazon プライム

ドコモユーザーが「Amazonプライム」の年会費を1年間無料で利用する方法です。 [2020年3月25日更新] 3月25日からスタートしてドコモの5Gの新料金プラン「5Gギガホ」と「5Gギガライト」にも、この記事で紹介しているAmazonプライム年会費が1年間無料となる特典がついています。 通常、4,900円(税込)のAmazonプライムの年会費が指定プランを契約しているドコモユーザーであれば無料となります(ドコモが年会費を負担するみたいです) Amazonを使う人であれば、実質ドコモの携帯電話回線料金が-4,900円になるという考え方もできる内容です。 新プラン「ギガホ」契約者が対象。 が、最初はキャンペーンで「ギガライト」も対象に このAmazonプライムの年会費が無料になる特典を受けることができるドコモユーザーは、新プランである「ギガホ」契約者です。 4Gのギガホも5Gのギガホも対象となります。 今からAmazonプライムに入る人、既に加入している人の両方が対象となります。 ドコモ回線を契約してAmazonプライムの年会費1年分を無料にするキャンペーンの概要と手順、適用条件をまとめています。 キャンペーンのエントリーページから、条件を満たしているドコモユーザーが申し込むことで年会費が無料となります。 既にプライム会員の人は、エントリーすることで会員期間の終了日が1年間延長されるという形になります。 ただし、ギガライトで申し込む場合、はじめてのスマホ割とドコモの学割が適用されている回線だとAmazonプライム無料特典の適用対象外となるのでご注意を。 容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能。 容量超過後も送受信最大3Mbpsの速度で利用可能。 月額料金は7,650円となっています。 (5Gを利用したい場合は5Gギガホまたは5Gギガライトが必須となりますが…) 月々サポートの残りの割引回数が少なくて、ほぼ使い放題のギガホにしようと考えていたような人はいいと思います。 やっぱり回線の割引を捨ててまで、Amazonプライム会員の年会費1年分無料特典を選択するのは難しいです。。 これだけじゃギガホにはできない。。 既にギガホ・ギガライト契約者の人にはデメリットは何もないと思うので、12月1日以降にエントリーしてプライム年会費を1年間無料にしちゃいましょう。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の