早い 返信 お礼。 見積書のお礼返信メールの文例!承諾・発注・検討・断りの返事の例文

お早いお返事ありがとうの使い方は?対応へのお礼の敬語・丁寧語表現は?

早い 返信 お礼

質問や連絡事項を問い合わせるだけのメールとは違い、 返信をしてもらったことに対するお礼を盛り込む必要があります。 とはいえ、単に「返信をいただきありがとうございました」では、ちょっと寂しいですね…。 どのような内容でお礼メールを送れば、感謝の気持ちが伝わりやすいでしょうか? そこで知りたいのが・・・ 返信に対するお礼メールの例文と書き方 私は過去に返信のお礼を怠ってしまったことで、相手を不快にさせてしまった経験があります・・。 そんなことにならないよう、返信のお礼メールの例文と書き方をしっかり把握しておくことが大切! まずは、社外の方へ送る場合のお礼メール例文を見ていきましょう。 件名:Re:商品Aの資料の件につきまして 株式会社〇〇 営業部 〇〇 〇〇 様 いつも大変お世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 お忙しい中ご丁寧な返信をいただきまして、誠にありがとうございます。 〇〇様のご尽力のおかげで迅速な対処をすることができ、早急な問題解決に至りました。 今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。 jp 社外の方へのお礼メールで特に意識すべきことは丁寧さ、つまり 言葉遣いです。 相手が得意先であろうと、下請け業者であろうと相手に失礼のない言葉遣いを心掛けることが大切。 失礼のない言葉を選び、相手に好印象を与えることができるようなお礼メールを書いていきましょう。 続いて、社内への返信に対するお礼メールについて、見出しでお伝えしていきますね。 件名:Re: 商品Aの資料の件 〇〇 課長 お疲れ様です。 山田です。 お忙しいところ、ご返信いただきありがとうございます。 〇〇課長のおかげで迅速に対処することができ、早急な問題解決に至りました。 今後とも宜しくお願いいたします。 山田 社内用のお礼メールで特に注意したいのが 宛名。 〇〇部長様のように、 役職と様を続けて書くことはNGです。 役職名そのものが敬称となっていますので、役職と様を続けて書くのは、間違った使い方です。 もしも、両方使いたいのであれば、「課長 〇〇 様」のように使いましょうね。 社内の人間相手にかしこまりすぎると、ぎこちない印象を与えることも。 最低限の敬意は忘れず、分かりやすい文章を心掛けてみましょう。 ちなみに、返信へのお礼メールは、どんなことを意識すればよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 返信に対するお礼メールのポイントとは? 返信に対するお礼メールは、どんなことを意識すればよいのでしょうか? 社外・社内問わず、返信に対するお礼メールで意識したいポイントが次の3つ。 それが・・・• メールの件名はそのままにする• 返信のおかげでどうなったかを伝える• お礼中心のシンプルな文章にする それぞれのポイントについて、お伝えしていきますね。 メールの件名はそのままにする 返信の際は件名を変えずに、 Re:を残しましょう。 件名を変更してしまうと、相手がすぐに理解できない可能性があるためです。 相手側が件名であなたとの今までのやり取りであることを判断するためにも、件名は変えないようにしてくださいね。 返信のおかげでどうなったかを伝える 手短でよいので、 返信のおかげでどうなったのかを述べておくとよいでしょう。 相手も自分の返信が役立ったと分かれば、気分がよくなりますし、メール自体にも好印象を持ちやすくなります。 お礼中心のシンプルな文章にする 余計な文章が入ると、感謝の気持ちが伝わりにくくなるので、 長々と書く必要はありません。 お礼メールということを頭に入れ、シンプルな文章で作成しましょう。 最後に、気の利くフレーズや表現についても、ご紹介していきますね! スポンサーリンク 気の利くフレーズや表現で相手に好印象を! 相手への好印象につながりやすいフレーズや文章表現をご紹介していきます。 相手の行動への感謝を述べるフレーズ• ご多忙にもかかわらず、ご返信いただきありがとうございます• 早速ご返信いただきありがとうございます 返信のお礼をする際には、 相手の状況や行動に配慮して感謝を述べることで、より感謝の念が伝わりやすくなります。 相手を気遣うフレーズ• 寒くなってきましたので、くれぐれもご自愛ください• 季節の変わり目ですので、体調にはお気を付けください 時期に応じた文末に入れる事でも、 相手へ配慮する気持ちを表現することができます。 相手の文章表現に合わせる 相手と同じような文章表現をすると、相手が見慣れた文章になり、 読みやすさを感じてもらいやすいです。 例えば、表現が固い場合には、「お礼申し上げます」「承知いたしました」といった表現で返します。 逆に柔らかい表現が多い場合には、「ありがとうございます」「分かりました」といった表現を使う事で、似たような表現の文章ができます。 ぜひ、以上のようなフレーズや文章表現も意識してみてくださいね! <返信に対するお礼メールでの大切なポイント> 返信をくれたことへの感謝の気持ちを伝えること お礼メールなので、まずはしっかりと返信に対する 感謝の気持ちを伝えることが大事。 社外と社内の方宛のメールでは、以下のことに意識をしておきましょう。 社外へのお礼メールで、特に意識したいのが 言葉遣い。 どの立場の相手にも、失礼のない文章を心掛けていきましょう。 社内へのお礼メールで、特に意識したいのが 簡潔さ。 文章をパッと見て内容が分かりやすい文章を心掛けましょう。 その時以来、読み側の気持ちを考えて、 お礼中心のシンプルな文章を意識しています! ぜひ、相手のことを考えたお礼メールを送ることを意識していきましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

【お礼・返信メール】目上への人や上司へのメールの書き方・例文

早い 返信 お礼

できるだけ早くお礼の返信メールをする• お礼返しとして感謝の気持ちを表す• 件名はRe. を残し、本文を引用して返信する• 「このメールへの返信は不要です。 」と明示する できるだけ早くお礼の返信メールをする 相手の人は、忙しい中、あなたのために時間をとってお礼のメールを送ってくれています。 わざわざメールでお礼を表明してくださったのですから、失礼のないように返信する必要があります。 できれば メールが届いたらすぐにお礼返しの返信メールをしましょう。 もし、メールが届いた時に気づかなかったり、他の仕事に手を取られていた場合は、 遅くとも24時間以内にお礼返しの返信メールするすることを心がけましょう。 この返信メールが遅くなると、相手の人に「お礼をしたつもりでしたが、何か気に障ったのでしょうか」などと要らぬ心配をかけてしまうかもしれません。 お礼返しとして感謝の気持ちを表す せっかくお礼のメールをいただいたのですから、 お礼返しの返信メールは心を込めて、感謝の意を伝えましょう。 「 わざわざお礼をいただき、恐縮です」、「 喜んでいただけて私どもも光栄です」とこちらの気持ちを伝え返事をすると良いでしょう。 お礼返しといっても長文メールになる必要はなく、お礼への返事の一部として適度な簡潔な返信メールで十分です。 「わざわざお礼をいただき、恐縮です」• 「喜んでいただけて私どもも光栄です」• 「丁寧なお心遣いをありがとうございます」 件名はRe. を残し、本文を利用して返信する 件名が「6月3日の自然を活かした都市建設プロジェクトのお礼」の場合、返信メールは「Re. 6月3日の自然を活かした都市建設プロジェクトのお礼」という件名になります。 これを「件名:お礼ありがとうございます」のように 件名を書き換えて返信してしまうと、相手の人は件名を見ただけでは何のメールの返事かすぐには思い出すことができません。 メールリスト遡って、なんのメールだったか確認してしまうかもしれません。 これではお礼返しではなく、迷惑メールになってしまいます。 このように相手の人にいらぬ手間をかけさせてしまうことになるので、メールの件名は変えず「Re. 特に、いろいろな方面からメールが来る、忙しい企業の担当者の場合は、 メールの件名だけで内容が推定できるようにしてあげるのが親切です。 もっと言えば、自分が送ったメールの文章を見れば何のメールの返事か思い出せる可能性が高まるので、 メールの本文を引用して返信メールをすることも有効です。 「このメールへの返信は不要です。 」と明示する ビジネスマナーとして、 自分で出したメールでやり取りを終了させるのがよいマナーといわれています。 相手企業の人からお礼のメールが届き、それにお礼返しの返信メールをしたら、また相手からお礼返しのお礼返しで返信メールがありました。 このまま延々とお礼の返事のメールの応酬が続いてしまうと、お互いに止めにくくなり、返信メールであふれて業務にも支障が出てしまいます。 これを避けるために、自分が返信メールする際は、 「このメールの返信に関してはお気遣いなされませんように」あるいは「なお本メールへの返信は不要です」などと「このメールへの返信は不要」を宣言しておくと親切です。 お礼メールの返信の例文【ビジネス編】 ビジネスシーンでの実際の返信メールの例文を見てみましょう。 企業間でお礼をする際に、メールで差し支えない場合には、メールでお礼状に代えるのが一般的です。 主催者からのお礼メールへの返信 イベント主催企業の担当者から、翌日参加に対するお礼メールが来ました。 その際の返信メールの例文です。 株式会社 A 営業部 B様 お世話になっております。 わざわざお礼のメールまでいただき、恐縮しております。 今回の貴社の新製品披露説明会は、とにかく驚くことばかりでした。 しかも会場でのおもてなしにも、心から感謝いたします。 今後、この新製品の成長を弊社も一緒になって応援していきたいと思います。 重ね重ねありがとうございました。 これからも宜しくお願いいたします。 なお、このメールへの返信は不要です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 署名 C ビジネス上のお礼返しメールといえども、 例文のように相手の心に響くお礼のフレーズを返信メールへ織り込んでおきましょう。 自分が主催者側でお礼メールをもらった時の返信 上記の例と立場が逆の場合について、ご招待したお客様からのお礼メールに対するお礼返しとしての返信メールの例文です。 株式会社 D 営業部 E様 いつもお世話になっております。 この度は、わざわざメールを頂戴し、しかもお礼までいただきありがとうございます。 今回の弊社の企画に対しまして、お褒めの言葉をいただき、関係者一同、厚く御礼申し上げます。 貴社からの熱心なご質問により、弊社スタッフも反応の大きさに驚くとともに、手応えを感じ取れ、大いに喜んでおります。 ありがとうございました。 今後とも宜しくお願いいたします。 なお、本メールへの返信はお気遣いなされませんようにお願いいたします。 ================ 署名 F これも、単に型どおりのお礼返しメールにとどまらず、例文のように 相手企業の人の心に響くお礼のフレーズをメールの中に織り込みます。 接待のお礼メールへの返信 自分が接待を受けて、相手企業からお礼のメールをもらった時の返信メールの例文です。 株式会社 G 営業部 H様 お世話になっております。 わざわざメールをいただき、恐縮でございます。 昨日はありがとうございました。 H様の日頃からの心遣いには敬服しております。 このプロジェクトもまだまだ先が長いと思いますが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。 なお、本メールへの返信は不要です。 ================= 署名 I ビジネス上の接待ですから、例文のように、 礼を失しない程度のお礼を込めた返事でこの場合の返信メールは十分です。 お礼メールの例文 【就活・面接】 ここまでは、お礼メールへの返信メールについて解説してきました。 次は、就活や面接でお世話になった人事の採用担当者へお礼メールを出すときの例文を紹介します。 お礼メールの例文 【就活編】 まずは、就活中にお世話になった志望企業の人事担当者へのお礼メールの例文です。 株式会社 K 人事部 L様 お世話になってます。 この度は、貴社から内定をいただき、心から感謝しております。 また、就職活動の際には、L様には大変お世話になり、お礼を申し上げます。 これから先、貴社のお役に立てるよう、精進して行く所存ですので、宜しくご指導ご鞭撻のほどお願いします。 なお、本メールへの返信はお気遣いなされませんようにお願いします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 署名 J 就活の締めくくりとして、 きちんと感謝とお礼を伝え、今後の抱負・決意表明をしておきましょう。 内定をもらったら就活としてはゴールですが、今度は新しい人生のスタートとなることを忘れないでください。 お世話になったお礼 就活ではありがちなことですが、最終的に別の企業に行くことになってしまっても、最後まで引き留めてくれた企業の採用担当者へのお礼メールの例文です。 株式会社 M 人事部 N様 この度は、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。 最後まで迷いましたが、結局他社へ参ることになりました。 N様には、ひとかたならずお世話になり、またご迷惑をおかけして申し訳ございません。 社会に出る前に、N様の仕事ぶりを拝見させていただき、大変参考になりました。 ありがとうございました。 なお、本メールへの返信は不要です。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 署名 O 相手もビジネスで就活に当たっていますので、ある程度割り切っていると思いますが、例文のようなメールがくるとやはり嬉しいものです。 ただし、返事が来ても困りますので、適度に距離を取ったドライなメールが好ましいです。 就活の締めくくりとして誠意を持って送信しましょう。 お礼メールの例文 【面接編】 転職の面接などで、お世話になった担当者へのお礼メールの例文です。 株式会社 P 人事部 Q様 お世話になってます。 この度は、採用のご連絡をいただき、心から感謝しております。 また、Q様には転職のご相談の時から長きに亘り、大変お世話になり、ありがとうございます。 秋から出社する予定ですので、まだしばらく先になりますが、出社の際にはご挨拶に伺います。 これからもどうぞ宜しくお願いします。 なお、本メールへの返信は不要です。 ================== 署名 R 転職の採用面接の場合は、新卒の就活と比べると面接者の人数が少ないことから、担当者はあなたをよく認識しているでしょう。 これからお世話になることを踏まえて、誠意を持ってお礼メールをします。 転職エージェントへのお礼 転職を紹介してくれた人材紹介会社担当者へのお礼メールの例文です。 株式会社 S コンサルティング室 T様 お世話になってます。 この度は、希望通りの転職先企業をご紹介いただき、誠にありがとうございます。 また、T様におかれましては、私のわがままをお聞き入れくださり、心から感謝しております。 幸い、先日の面接で採用が決まりました。 今後ともご活躍のほど祈念しております。 本メールへの返信は不要です。 =============== 署名 U 採用面接がうまくいった際に、お礼のメールをします。 転職エージェントの担当者も面接結果を心配して待っているでしょうから、決まったらすぐにメールでお礼と主に報告しましょう。 お礼メールの返信に使えるフレーズ ここでは、お礼メールの返信に使えるフレーズをいくつか紹介します。 社外からの打ち合わせお礼メールへの返信メール 自社で実施した打ち合わせに対して、検討事項の報告を交えて先方からお礼メールが届きました。 これに対する返事として、返信メールで使えるフレーズの例文• 「先日はご多忙にもかかわらず、打ち合わせにご足労いただき誠にありがとうございました。 」 相手の文章に合わせて返信する 相手が目上の場合や社外の場合など、相手に失礼にならないように返信メールをしなくてはなりません。 では、どのように返信メールすれば、相手に違和感を抱かせにくくすることができるのでしょうか。 それは、 相手の文体に合わせてメールすることです。 相手が長文であれば、こちらが簡潔過ぎると物足りなく感じるでしょうし、相手が堅苦しい文章のときには、こちらはくだけ過ぎないように留意して返信メールをしなければいけません。 相手がくだけた文体のメールを送ってきたとしても、ビジネス上のやりとりなのでこちらは一定のマナーを守り、返信メールをしましょう。 なお、就活や面接の場合は、ある程度定型的な誠実な返信メールをしたほうが無難ですので、上記のような心配はいらないでしょう。 返信不要の旨を示す あなたが、お礼メールへ返信したところ、相手からまた返信メールが来てしまったら、延々と続く不毛なループに入ってしまいます。 これを避けるために、 お礼メールへの返信メールの段階で、「このメールへの返信は不要です」等の文言を用いて、上記のような事態を予防しておく必要があります。 しかし、返信不要の旨記載したのに、返信が来てしまった時にはどう対応すればよいでしょうか。 これには社会人マナーとして、是非とも返信しましょう。 相手は、毎日何百件というメールをさばいて、わざわざ返信メールを送信してくださったのですから。 ただし、今度こそ自分が出すメールで終わりにしなくてはなりません。 「本メールへの返信はどうかお気遣いなされませんようにお願いいたします」というように記載の上、返信しましょう。 心遣いを大切にして返信しましょう お礼メールをいただいたら、あなたの心遣いが試されていると思いましょう。 この時に、きちんとした返信メールをしなければならないと思うあまり、先延ばしにしてしまってはいけません。 まずはクイックレスポンスが一番です。 これが相手の心に一番響きます。 そして、お礼や感謝の気持ちを誠実に、丁寧にお伝えしましょう。 返信メールの際に役立つ例文をたくさん紹介してきましたが、状況や相手に合わせて、アレンジしながら使ってみてください。 ビジネスシーンでは、ひと手間かけたことが、時に大きな成果をもたらします。 忙しいながらも誠意を持って発した返信メールが、あなたの評価を上げてくれるでしょう。

次の

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

早い 返信 お礼

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の