電動 自転車 スポーツ タイプ。 本格的スポーツタイプ電動アシスト自転車【おすすめのe

【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

電動 自転車 スポーツ タイプ

突然ですが、皆さんスポーツタイプの電動アシスト自転車をご存知でしょうか?子供乗せ用やシニア世代向けの電動アシスト自転車の割合が多いイメージで埋もれてしまっている電動アシスト自転車ですが、実はスポーツバイクの電動自転車もあり、別名「e-Bike E-スポーツバイク 」とも呼ばれています。 一時期マウンテンバイクの人気が上昇し話題になったこともありましたが、そのマウンテンバイクに電動アシストの機能 ドライブユニット を加えたものをイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。 この「e-Bike」は、パナソニックやヤマハなどメーカー公式サイトで掲載されているのですが、自転車屋さんなど他車種と比べて大きく取り上げることが少ないため、日本国内ではまだまだ浸透していないのが実情です。 そこで今回、ご存知の方はもちろん、そうでない方もこのスポーツタイプの電動アシスト自転車「e-Bike」についての未知なる魅力と選び方、おすすめのラインナップも紹介していきます。 この記事の内容• 欧米では先行して大人気?電動自転車「e-Bike E-スポーツバイク 」 スポーツタイプの電動アシスト自転車「e-Bike」は、実は日本国内よりも先に欧米で急速に人気が拡大していたんです。 国内において電動アシスト自転車は子供乗せや高齢者のため自転車というイメージが先行していて、「e-Bike」への注目度や関心は以前はなかったということですかね。 また、海外では日本の道路事情 法律 と違い、速度40km以上までアシストしてくれるタイプの電動自転車も許可されているので、その辺りも理由の一つとしてあるのではないでしょうか。 しかしながら、日本国内でも2017年頃から急速に人気が出始め、スポーツタイプの電動アシスト自転車に対する注目度が高まってきています。 認知度が急速に高まりつつある「e-Bike」ですが、一般的な電動アシスト自転車との違いなど基本的なことについて解説していきます。 そもそも一般的な電動アシスト自転車と「e-Bike」の違いは? スポーツタイプの電動アシスト自転車「e-Bike」の魅力の前に、一般的な電動自転車との基本的な違いが気になりますよね。 日本国内の電動アシスト自転車は、子供乗せ子育て世代の方や高齢者が利用する「シティーサイクルタイプ」と「三輪車タイプ」、スポーツタイプ、マウンテンバイクの「e-Bike」と大きく3分類にカテゴリー分けされます。 ですがここ最近、普段乗りや通勤などに利用するシティーサイクルタイプ 軽快車 もスポーティーなデザインの電動自転車がリリースされていることから、広義ではこちらも「e-Bike」と呼ばれている場合もあるんです。 このような呼称問題でちょっとややこしいのですが、「シティーサイクルタイプ 軽快車 」と「e-Bike」では以下3点の大きな違いがあるんです。 軽快車とは違うスポーツタイプ仕様のフレーム• バッテリー容量は基本的に小容量?• バッテリーの装着位置が従来の電動自転車とは異なる 他にもタイヤやチェーンなどe-Bike独自の細かい特徴があるのですが、まずはこの3点について解説していきます。 e-Bikeのバッテリーは基本的に容量が小さいものが多い 軽快車タイプなどの電動アシスト自転車と比べて、E-bikeのバッテリー容量は基本的に容量の小さいものが採用されています。 意外と思われるかもしれませんがE-Bikeは文字通りスポーツバイク仕様であるため、子供乗せ自転車などのようにアシスト性能をフルで活用した自転車ではなく、ハードな坂道などその場面に合わせて、ここぞという時にアシストパワーを活用できるモデルなんです。 外観デザインのみならず、材質にもこだわったフレーム スポーツタイプの電動アシスト自転車としてまず目につくのがその外観ですよね。 スタイリッシュながらも個性的なフレーム設計も魅力の一つです。 また、魅力的なのはデザインだけではなく、軽量化にこだわったフルアルミフレームを採用しているところもあります。 従来のステンレス材質よりもさらに軽く、高い走行精度を実現させてくれます。 普通の電動アシスト自転車とは違うバッテリー装着位置 一般的な電動アシスト自転車 子供乗せタイプやシティーサイクルタイプ であれば、ドライブユニットとほぼ同じ中央位置に装着されていることがほとんどですが、E-Bikeの場合はフレームに内蔵されているモデルもあります。 バッテリーとフレームが一体化しているので、その洗練されたデザインであるが故に見た目だけでは電動アシスト自転車だと分かりません。 スポンサーリンク スポーツタイプ電動自転車e-Bikeは何を基準に選べば良い? e-Bikeだけでも、いくつかのメーカーやタイプ、モデルなど様々で、初見の方にとってはどのタイプが自分に合っているかなど分からないですよね。 e-Bikeを選ぶ時の基準やポイントとしては、メーカーや価格、タイプ、変速段数、ドライブユニットなどいくつかあります。 メーカーや価格も選定する上で重要ですが、今回は種類別 タイプ とドライブユニットの種類について紹介していきます。 自分好みのタイプ 種類 でe-Bikeを選ぶ e-Bikeには折りたたみ式やクロスバイクタイプなどいくつか種類があります。 自分の用途や好みによって大きく変わってくるので、e-Bikeを選ぶ上では押さえておきたいポイントです。 e-Bikeの主なタイプは以下の通りです。 オフロードに最適なマウンテンバイクタイプ• オーソドックなクロスバイクタイプ• 長距離走行・ツーリングならロードバイクタイプ おなじみのマウンテンバイク MTB タイプ オフロードに適したタイヤ仕様のマウンテンバイクタイプです。 MTBタイプと略称されていることが多いです。 峠道や険しい坂道などのヒルクライム走行などされる方におすすめです。 気軽に乗れるクロスバイクタイプ スピード重視設計のクロスバイクタイプです。 e-Bikeの中でも一番オーソドックスなモデルではないでしょうか。 はじめて乗る方にもオススメできるタイプで、普段使いや街乗りで利用したい方にとっても最適です。 各メーカーにおいて、クロスバイク仕様のe-Bikeは一番よく見かけるタイプです。 本格的スポーツバイクのロードバイクタイプ スポーツバイクの中でも長距離の走行や、ツーリングはもちろん、ハードな路面でも走行可能なマルチに利用できるタイプです。 趣味スポーツの一環として楽しみたい方におすすめのタイプです。 ドライブユニットを基準にしてe-Bikeを選ぶ スポーツタイプの電動アシスト自転車を選定する判断材料として、ドライブユニットのタイプを選ぶことも重要です。 ドライブユニットというのは簡単に言うと、電動アシスト自転車のモーターの部分ですね。 スポーツタイプのドライブユニットには、後輪駆動のミッドリヤドライブ方式と前輪駆動のフロントドライブ方式などがあります。 ミッドドライブ方式はヤマハやシマノ、パナソニックなどの製品で採用されていて、フロントドライブ方式は小径車に採用されています。 長距離はもちろん、より自由度の高い走行を実現可能とするため、いずれのドライブユニットも軽量化されているのが特徴です。 各メーカーからおすすめのe-bikeをご紹介! ここ数年、日本でもe-bikeの需要が徐々に高まっているため、国内メーカーからオリジナリティー溢れるスポーツタイプ電動自転車の販売が増えつつあります。 ここからはヤマハやパナソニックなど各主要メーカーのおすすめのラインナップを紹介していきます。 スポーツタイプの電動アシスト自転車e-bikeの世界観に興味を持たれた方も是非参考にしてみてください。 ヤマハ YPJシリーズ【YPJ-R】.

次の

【失敗しない】電動アシスト自転車の正しい選び方とおすすめの機種

電動 自転車 スポーツ タイプ

そのブームの波がいよいよ日本にも押し寄せてきました。 ここでは、続々と発表されるニューモデルの実力をチェックしました。 【解説する人】 フリーライター TRIJETさん 街乗りタイプからスポーツタイプまであらゆるジャンルの自転車を所有。 e-Bike購入を検討しています。 最新ユニット投入で電動アシスト自転車が活況に ヤマハがPASを世に送り出して早25年。 日本のお家芸であったはずの電動アシスト車は、道路交通法に記載されたその独自規制(アシスト比率及び速度制限)の影響もあり、ことスポーツバイクに関して欧米からは周回遅れといえる状態にありました。 しかし、昨秋にパナソニックがXM1を発売すると、これまで海外向けにアシストユニットを供給していたボッシュとシマノが立て続けに国内向けの新ユニットを発表。 YPJシリーズで独自路線を切り拓いてきたヤマハも、新型車を発表するなど、その差を一気に詰める展開となりました。 海外でe-BikeといえばMTBが主流ですが、日本ではトレックやターンのようにクロスバイクやミニベロなど街乗り用途の新作が続々登場する見込み。 各社の本格的なデリバリーはGW明けですが、ここではそれら新型車をいち早くチェック。 いずれも一長一短あるが、長らく海外勢に差をつけられていた国内e-Bikeの完成度、その成長ぶりは特筆に値します!! 【モデル紹介の前に:e-Bike選びの3つのキモ】 その1: 取り回しの重さは購入前に要チェック 車両自体の質量や取り回しの重さは、購入前に要確認。 室内持ち込みまたは駐車スペースへの移動は保管方法に合わせて無理のないものを選びましょう。 その2: 利用シーンや使用頻度を考慮 走行シーンや目的に合致したモデルを選ぶのが基本。 市内移動ならミニベロ、10㎞未満の街乗りならクロスバイク。 林道ならMTBを選択しましょう。 バッテリー容量が大きければ航続距離が延びるだけでなく、コスト面にもメリットあり。 スポーツタイプ電動アシスト自転車〜街乗り編 通勤・通学や週末のサイクリングなどに対応するマルチな走行性能を備えた万能スポーツ車から、性質の異なる2台をセレクトしました。 航続距離は最大100㎞以上、アシストモードは計5段階から設定できます。 ディスクブレーキやリア9段変速、一体型ライトなどアシストなしでも充実した装備が魅力。 【タイヤサイズ:700x42c】【質量:非公開】【航続距離:最大100㎞以上】【充電時間:約2. 走る&止まるが多い街中では自然な加速を、上り坂では脚力をカバーします。 【5点満点評価】デザイン:3/走行性能:3. 最大出力の「ターボモード」で感じた強力アシストは好みが分かれますが、日常使い派は買って損ナシ! 【その2】アシスト機能を使わなくても快適走行できる折りたたみ式 ターン ヴェクトロン S10 32万1840円 ボッシュ製電動ユニットを搭載した折りたたみ自転車。 2段階式シートポストにより、幅広い身長に対応します。 規制上e-Bikeは時速24㎞までの介入となりますが、10段変速採用でアシストがなくても高い走行性能を発揮。 【タイヤサイズ:20インチ(406)】【質量:19. 8㎏】【航続距離:最大100㎞】【充電時間:約2. 安全性・耐久性・固定力を考えて設計されたロック機構を搭載。 【5点満点評価】デザイン:5/走行性能:3/実用性:4. 5/趣味性:4. 5/コスパ:4 様々なライフスタイルに対応する万能モデル 長時間の高速巡航には向きませんが、クルマに積んで遠出するなど使い方は自在。 質量が増加しがちな折りたたみ車にして、20㎏を切る軽さもポイントが高いです。 【こちらも注目】 最古の自転車メーカー、伊ビアンキも小径e-Bike 「 」を今春発売 ビアンキからはボッシュのモーターユニットを搭載したミニベロタイプのe-Bikeが登場。 日本人の体型に合わせた設計で売れ筋の「Minivelo」がベースとなっています。 実売価格30万240円の予定です。 街に出かけたくなるデザイン性に優れたチェレステ色が魅力 「ビアンキを象徴するミントグリーン系のフレームがファッショナブル。 汗をかかずに買い物に出かけたい伊達者に最適です!」(TRIJETさん) スポーツタイプの電動アシスト自転車〜MTB編 MTBはペダリングの負荷が大きい未舗装路の走行を前提とします。 購入前は電動アシスト量やペダリングロス、取り回しの重さを確認しましょう。 【その3】オンロードからオフロードまで楽しめるスポーティモデル パナソニック XM1 35 万6400 円 シティモデルとは一線を画す自社開発の電動ユニットを搭載。 高速域でもストレスなく、スポーツバイクらしい人馬一体な走りを満喫できます。 フレーム一体型バッテリー搭載のスマートな意匠も特徴的。 【タイヤサイズ:27. 2 HE】【質量:21. 電動アシストモデルであることを感じさせない体躯に。 【5点満点評価】デザイン:3/走行性能:3. 5/実用性2. 5/趣味性:4/コスパ:3 オフロードデビューに最適なフレンドリーさが魅力 小ぶりな車体はスポーツバイク初心者にも安心感を与えるはず。 自社製パワーユニットは十分パワフルですが、見た目的にはもっとトガってほしいかも。 【その4】「エクストラパワーモード」が鋭い加速を実現する! ヤマハ YPJ-XC 37万8000円 欧州で人気のe-MTBに搭載される高性能ユニット「PW-X」を国内基準に適合させ実装。 【タイヤサイズ:27. 25】【質量:21. 3㎏】【航続距離:最大225㎞】【充電時間:約3. 速度やペダリングパワー、消費カロリーなど多彩な情報を表示します。 【5点満点評価】デザイン:2. 5/走行性能:5/実用性:2/趣味性:4. 5/コスパ3. 5 オフロード走行を前提とした本格指向を求める人に 3つのサイズ展開によりフィッティングの高さは秀逸。 専用設計ユニットは悪路での操作性が高く、スポーツ性を求める人も満足できる仕上がりとなっています。 【その5】往年の名車MTB が電アシモデルとして復活 ミヤタ 38万8520円 90年代初頭にMTBブームを牽引した名車の名が与えられたミヤタの意欲作。 シマノが日本仕様として新開発したユニット「STEPS E8080」を搭載。 ミッドファットタイヤほか、MTBの最新トレンドも押さえています。 【タイヤサイズ:27. 8】【質量:21. トレイルを介したロングライドにも対応する航続距離を実現しました 【5点満点評価】デザイン:2/走行性能:4. MTBの最新規格を盛り込んだ分、常用面での利便性は欠けます。 協力:楽天市場.

次の

スポーツタイプの電動アシスト自転車「e

電動 自転車 スポーツ タイプ

より一層注目度が高まる 電動アシスト自転車スポーツタイプ『E-BIKE(Eバイク)』。 年齢や体力を理由に諦めていた方々にもサイクルライフがより身近になりそうですね。 らくして楽しめるEバイクどれだけ魅力的でどんな人にピッタリなのか、Eバイクを手に入れることによってどんな楽しい世界が広がってゆくのかを『堂々と楽できるEバイクをおすすめしたい5タイプのペルソナ』『Eバイクで自転車が無縁だった人にも広がる5つの魅力的な世界』にまとめてみました。 また『今後輸入を期待せずにはいられない海外のカッコイイE-BIKE』と題して、日本にも輸入してほしいTREKのカッコいいEバイクもご紹介したいと思います。 Eバイク(電動アシスト自転車スポーツタイプ)とは? 主に電動アシストがついたスポーツタイプの自転車がE-BIKE(Eバイク)と呼ばれています。 エレクトリックバイシクルの略です。 日本国内で電動アシスト自転車といえば、1993年に世界で初めてヤマハ発動機が商品化した『PAS(パス)』や『NATIONAL 陽のあたる坂道』『ホンダ ラクーン』などの重たいシティサイクル(ママチャリ)を真っ先に思い出しますが、技術の進化によりモーターやバッテリーが小型化されたことでアクティブに楽しめるスポーツ的要素が強いタイプの生産が可能になりました。 欧州、米国、中国でも人気上昇中の電動アシスト自転車スポーツタイプ(Eバイク)は、MTBタイプやクロスバイクタイプ、ロードバイクタイプが主流となっています。 電動工具で世界的に信頼性の高いBOSCH(ボッシュ)や日本が世界に誇るシマノが開発したユニットを搭載した本格スポーツタイプEバイクが、2018年モデルからようやく日本国内でも手に入るようになりました。 BOSCHのActiveLinePlusという電動アシスト Eバイクという全く新しいジャンルのために一からフレームを設計しただっけあってスポーツ自転車としての性能や品質は期待以上。 デザインもかなりすっきりとしたかっこいい仕上がりになっています。 まだまだ選択肢は少ないですが、購入を検討するのであれば、TREKをはじめとするスポーツバイクメーカーのもので、日本の規制に則ってきちんと型式認定を取得したモデルがいいでしょう。 こちらがボッシュの内部構造の一部です。 先日開催された販売店向けのボッシュEバイク講習会で撮影したものです。 走行感としては滑らかで優しくもスイーっとアシストが効いて好印象です。 詳細はまた別のブログでご紹介する予定ですので楽しみにしててください。 ボッシュのユニットを搭載したTREKのEバイクについてはこちら『』からご覧ください。 Eバイク(電動アシスト自転車スポーツタイプ)をおすすめしたい5タイプの人物像 おすすめ人物像• Eバイクは体力に自信がない人にピッタリ• Eバイクはご夫婦でサイクリングを楽しみたい奥様にピッタリ• Eバイクはいつもアシストされっぱなしの人におすすめ• 通勤ライドに効率を求める方にEバイクはおすすめ• Eバイクは自転車通勤を始めたい方におすすめ Eバイクは体力に自信がない人にピッタリ 体力に自信がなくてクロスバイクやロードバイクといった趣味を諦めていたにとってもおすすめ。 電動アシスト自転車のスポーツタイプは、体力に自信がなくこれまでサイクリングという趣味を諦めていた方や、サイクリングが大好きでずっと楽しんできたけれども年齢的にロングライドが辛くなってきた方にピッタリ。 サイクリングの爽快感は、例え体力に自信がなくても、年取ったなーとしみじみ感じていても味わっていいものなんです! Eバイクはご夫婦でサイクリングを楽しみたい奥様にピッタリ 体力的な差が理由で旦那さんと一緒にサイクリングを楽しめなかった奥様に超おすすめ。 小柄な方に適したサイズの流通がまだまだ少ないのが現状ですが、ご夫婦でサイクリングに出掛けても体力差がありすぎて楽しめなかった奥様にとても魅力的な自転車です。 Eバイクなら旦那に千切られたりおいていかれたりすることは無くなります。 アシストが働いてくれるので常に同じペースでサイクリングを楽しむことができるようになります。 それこそ激坂で旦那を千切ることももう夢ではありません。 ゼエゼエハアハア言いながら必死に漕いでいる旦那を満面の笑みで追い抜くこともできるでしょう。 Eバイクはいつもアシストされっぱなしの人におすすめ グループライドで周りに気を使わせている状況にいつも申し訳なさを感じている人 グループライドには体力差がつきもの。 仲間同士でアシストしながら走りきるのもグループライドの楽しさの1つではありますが、毎回毎回アシストされる側としては申し訳ない気持ちを感じてしまうこともしばしば。 でも、アシストをボッシュやシマノの『電動』にお願いすればもう誰に気後れすることもなく思う存分にグループライドを楽しむことができるに違いありません。 ルート後半に待ち構えるヒルクライムや激しい向かい風の時などはアシストとして活躍できる日も遠くないかも知れません。 そんなシチュエーションが来たら楽しそうですね。 通勤ライドに効率を求める方にEバイクはおすすめ 毎日の通勤ライドを、より汗をかかず、より楽をして、より速くしたい人 より速く通勤するために毎月毎月コツコツパーツを交換して車体を軽量化する必要もなければ、パンクリスクに怯えながらタイヤを細くする必要もナシ。 Eバイクならアシストが働いてくれるので、多少重くても乗り心地がよく快適でパンクリスクの少ない太めのタイヤでもこれまで以上にスピーディ。 しかも『汗だく』になることからやや解放されるかも。 Eバイクは自転車通勤を始めたい方におすすめ 電車通勤の苦痛から解放されたい人 鮨詰め状態の満員電車からEバイクに乗り換えれば毎日の通勤が爽快な体験に早変わり。 大都会の通勤ラッシュの喧騒から遠ざかることもできますし、電車内に漂う不快な匂いからも解放されることでしょう。 レアケースですが満員電車で痴漢に間違われるリスクからも解放されます。 通勤をオートバイやクルマからEバイクにシフトすることで健康な体を手に入れることもできるでしょう。 しかも、車両価格は断然安いし、ガソリン代も掛からない。 駐車場代も自動車税も。 クルマからEバイクに。 そんなパラダイムシフトが欧米の大都市圏で進みつつあります。 Eバイクで自転車が無縁だった人にも広がる5つの魅力的な世界 アクティブシニアに広がるサイクルライフ Eバイククロスバイクでポタリングを楽しむ老後なんて素敵です。 子供もとっくに独立し孫も大きくなって全然相手にしてくれない・・・そんな時がやってきたら長年連れ添った2人でサイクリングを趣味にしてみませんか? ヨーロッパではスポーツバイクでのサイクリングとは無縁だった層にもこうした楽しみ方が広がっているのだとか。 Eバイクはこれからの時代のアクティブシニアに大変おすすめです。 ビジネスカジュアルな服装でも通勤で自転車を楽しめる Eバイクなら大汗をかくほど頑張って漕がなくてもよく進むので、ビジネスカジュアルな服装での自転車通勤にも良さそうです。 サイクルウェアでなくてもこんな感じでサマになります。 もちろん今までの自転車よりも楽して速く目的地に着くことも出来るのでカフェで一服するゆとりが生まれるかも知れません。 走行ペースの違いが理由で夫婦で一緒に走りに出かけるのを敬遠していたのが嘘のよう 体力差があるカップルや親子の間でもEバイクならサイクリングで楽しいひと時を共有できるはず。 こんなイメージでポタリングやショッピングライドから長距離のサイクリングまで、並走はいけませんが同じ景色を見て同じ風を感じながら気持ちのいい時間を一緒に過ごすことができます。 ペースが違いすぎるから正直一緒に走りに行きたくないというご夫婦の溝をBOSCH(ボッシュ)がきっと埋めてくれるでしょう。 切ったり穴を開けたりするだけがBOSCH(ボッシュ)製品ではありません。 繋いだり磨いたりするのもBOSCH(ボッシュ)製品の得意とするところです。 E-MTB ヨーロッパでブームになるほどの楽しさ MTBタイプのEバイクでのレースが行われるほどヨーロッパでは大ブーム。 体力が衰えてきたマウンテンバイカーにとってもありがたい存在です。 またヨーロッパアルプスでは、アシストを利用して高い山に登りアシストを停止してダウンヒルを楽しむというツアーが流行っています。 体力に自信がない人でも雄大な自然を体感できるとあって一般の旅行者の間でも大人気です。 E-Roadなら体力的に無理だと思っていた距離も激坂も向かい風も楽しめる こちらは電動アシストロードバイクで疾走している様子です。 海風が強そうですけど余裕の笑顔、気持ち良さそうですね。 脚力や体力がなくてもこんなに気持ちのいいロケーションを楽しむことができます。 個人的には電動アシストであることがパッと見でわからないくらいにバッテリーやモーターが小型化されると嬉しいのですが。 まとめ 実は欧州での大ブームの前にアメリカでの新製品展示会で産声をあげたばかりのクロスバイクタイプの電動アシスト自転車スポーツタイプ(欧州展開モデル)に乗ったことがあるのですが、あの時初めてEバイクに乗って、人々の生活にもたらすだろう変化の兆しを肌で感じた興奮は未だ忘れられません。 Eバイクはご紹介した通り次のような方々に楽しいサイクルライフを約束してくれるに違いありません。 今まで以上にどなたでも気軽にサイクルライフを楽しむことが出来るようになるはずです。

次の