ファン ダイク 抜かれ る。 ファン・ダイクがプレミア初制覇を噛み締める「僕たちは途方もないことをやってのけた」【超ワールドサッカー】

アンソニー・ヴァン・ダイク

ファン ダイク 抜かれ る

プレミア史上最高のDFとの呼び声も高い、 フィルジル・ファン・ダイク。 圧倒的な対人の強さの他、ゲームメイクも出来る正確なフィードが魅力の選手ですよね。 そんな ファン・ダイクの背番号を歴代で紹介します。 キャリア初期、特にフローニンゲン時代とかはあまり有名じゃないですよね。 【所属クラブ】 2010-2011 FCフローニンゲン 48 2011-2012 21 2012-2013 4 2013-2015 セルティック 5 2015-2017 サウサンプトン 17 2018- リヴァプール 4 【オランダ代表】 2014-2015 ユーロ2016予選 4,13,15 2016-2017 ワールドカップ欧州予選 3,4 2018-2019 UEFAネーションズリーグ 4 Contents• その後、 フローニンゲンのユースに加入し 2010-2011シーズン終了間際にトップチームデビューを果たしています。 そのためシーズン的には2010-2011シーズンからになりますが、西暦的には2011年からがプロキャリアとなりますね。 デビューシーズンの背番号は 48番です。 翌2011-2012シーズンには 21番に変更。 前半の3試合こそベンチメンバーでしたが、 4試合目の途中出場よりポジションを掴み終盤の怪我での離脱以外はレギュラーとしてプレー。 そして翌2012-2013シーズンには 4番に変更しています。 このシーズンはイエローカードの累積と、レッドカードによる 出場停止の2試合を除く全てに出場。 チームの主力選手としてプレーしました。 ファン・ダイクの背番号を歴代で紹介!【オランダ代表編】 ユーロ2016予選【2014-2015】 2014-2015 ユーロ2016予選 4,13,15 ファン・ダイクのオランダ代表デビューはどっちをデビューと言うかによって異なりますね。 A代表初招集となったのは 2014年9月の親善試合イタリア戦ですが、出場はありませんでした。 その後のユーロ予選でも2試合に招集されるものの出場は無し。 ピッチに立ったのは 2015年9月のユーロ予選、カザフスタン戦が初キャップとなっています。 オランダ代表はグループAで4位に終わり、ユーロ本戦を逃す形に。 ファン・ダイクとしても終盤2試合に出場しただけに終わっています。 予選では背番号が変わることは珍しくなく、ユーロ予選では 4番の他、 13番と 15番を付けています。 初キャップとなったカザフスタン戦がこちら、この時の背番号は4番です。

次の

フィルジル・ファン・ダイク

ファン ダイク 抜かれ る

オランダ代表でのファン・ダイク(2016年) 名前 本名 Virgil van Dijk 基本情報 国籍 生年月日 1991-07-08 (28歳) 出身地 身長 193cm 体重 92kg 選手情報 在籍チーム ポジション CB 背番号 4 利き足 右足 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2011-2013 62 7 2013-2015 76 9 2015-2017 78 6 2018- 90 6 代表歴 2 2011 U-19 1 0 2011-2013 U-21 3 0 2015- 33 4 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年6月1日現在。 2020年1月29日現在。 ( ) フィルジル・ファン・ダイク( Virgil van Dijk、 - )は、・出身の。 ポジションは。 経歴 [ ] クラブ [ ] プロ初期 [ ] 2009年、のユースチームでキャリアをスタートさせる。 その後、のユースチームへ加入。 2013年6月、のへ移籍。 2度のリーグ優勝を経験し、2014-2015シーズンにはとの2冠を達成。 サウサンプトン [ ] 2015年9月1日、のへ移籍。 移籍金は1150万ポンドで契約期間は5年。 2017年6月、から正式なオファーがあったものの、サウサンプトンはリヴァプールが不正な手段でファン・ダイクに接触したとしてプレミアリーグに報告した。 結局、この夏のオフ期間にファン・ダイクが移籍する事は叶わなかった。 サウサンプトンでは、移籍問題の影響で、シーズン当初は起用されなかったが、リーグ戦35試合に出場した。 リヴァプール [ ] リヴァプールでのファン・ダイク(左、2019年。 ) 2017年12月27日、への移籍が決定、2018年1月1日付での加入となる。 移籍金は7500万ポンド 114億円 とされ、2017年12月28日の時点でディフェンダーとしてはプレミアリーグ最高額での移籍金と報じられた。 また自身のインスタグラムに「リヴァプールの選手になることができ、喜び、そして感謝しています。 今日、僕はワールドクラスのビッグクラブに加わり、誇りに思う一日です。 レッズ(リヴァプールの愛称)の赤いシャツを着るのが楽しみで待ちきれません。 僕はすべて捧げ、この偉大なクラブの偉業に貢献したいです。 また、サウサンプトンの監督、選手、そしてサポーターの皆さんには感謝を伝えたいです」とコメントした。 1月5日、3回戦のとので、リヴァプール移籍後初出場を果たし、終盤にはヘディングで決勝点を挙げ新天地でいきなりチームの勝利に貢献した。 に敗れ優勝こそ逃したものの、進出に貢献した。 2018-19シーズン、11月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選出された。 12月20日の戦でチームの2点目のゴールを決め勝利に貢献(これがリヴァプール移籍後リーグ戦初ゴールとなった)。 ・ラウンド16の戦のアウェーでのセカンドレグでは、のCKをヘッドで合わせて決勝ゴールを決め、更に1アシストの活躍でベスト8入りに貢献した。 リヴァプールの選手がチャンピオンズリーグ決勝トーナメントのアウェーでの試合において1ゴール1アシストを記録したのは2007年の以来となった。 シーズンを通じてディフェンスリーダーとして、とのハイレベルな首位争いの中でリーグ最少失点を誇ったチームを牽引し、2019年4月28日にはを受賞した。 ディフェンダーが同賞を受賞するのは2004-05シーズンの以来14年ぶりだった。 チャンピオンズリーグ決勝の戦ではやらトッテナム攻撃陣を0点に抑え、リヴァプールの14年ぶりとなる優勝に貢献し 、UEFAが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選定された。 2019-20シーズン、1月19日のとのナショナルダービーではCKから決勝ゴールとなる先制点を決めた。 30年振りとなるリーグ優勝に貢献し、ガーデアン誌が採点したリヴァプールにおける優勝への貢献度の採点で、満点となる10を記録した。 代表歴 [ ] 2015年10月、に臨むに招集され、戦にてオランダF代表デビューを果たす。 2018年3月26日のとの親善試合で代表初得点を挙げた。 プレースタイル・評価 [ ] 恵まれた身体能力と的確な読みによる対人守備の圧倒的な強さと、正確なロングフィードによる攻撃力を兼ね備えたセンターバック。 特に対人守備の強さに関しては、2018-19シーズンの全50試合で相手に1度もドリブルで抜かれなかった 、プレミア・リーグでの空中戦勝率76. 海外サッカー通として知られるのはファン・ダイクの対人守備の強さについてポジショニングの的確さといった基本的な事項に加え、・戦でのへの対応や、戦でのとへの1対2での対応を例に挙げ、瞬時の判断で相手の選択肢を限定し誘導する能動的な守備が特長であると評価した。 スポーツライターの森田泰史はファン・ダイクを「派手なスライディングで決定機を防ぐことは少なく、常に先回りしてカバーリングを行いスペースを潰し、危険を事前に摘み取っていくクレバーなディフェンダー」と評している。 こうした能力やリヴァプールでの活躍もあり、準決勝でとの対戦が決定した際には、と対比される形でメディアより「世界最高のセンターバック」と評価された。 でファン・ダイクと対戦したは、最も手強いディフェンダーとしてとともにファン・ダイクの名を挙げ、「世界最高の一人」と称賛した。 OB選手からの評価では、はファン・ダイクを、の試合を読む能力、のスピードと技術、ロングフィード、の精神力、空中戦の強さ、リーダーシップを兼ね備えており、プレミアリーグ史上最高のDFになりうると評価した。 またそのリオ・ファーディナンドも、リヴァプールの最終ラインの不安を解消したファン・ダイク加入の影響力を指摘し「プレミアリーグ史上最高のDF」であると賛辞を送った。 個人成績 [ ] クラブ [ ] セルティック時代(2015年) 2019年6月1日現在 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 オランダ リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2010-11 48 5 2 - 0 0 5 2 2011-12 21 23 3 - 1 0 24 3 2012-13 4 34 2 - 3 0 37 2 スコットランド リーグ戦 期間通算 2013-14 5 36 5 1 0 2 0 39 5 2014-15 35 4 4 0 5 4 44 8 2015-16 4 0 0 0 0 0 4 0 イングランド リーグ戦 期間通算 2015-16 17 34 3 3 0 1 0 38 3 2016-17 21 1 2 0 1 1 24 2 2017-18 12 0 0 0 0 0 12 0 2017-18 4 14 0 0 0 2 1 16 1 2018-19 38 4 0 0 2 1 40 5 通算 オランダ エール 62 7 0 0 4 0 66 7 スコットランド プレミア 75 9 5 0 7 4 87 13 イングランド プレミア 119 8 5 0 6 3 130 11 総通算 256 24 10 0 17 7 283 31 その他の公式戦• 2019年• 1試合0得点 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 2013-14 5 8 0 2014-15 14 2 2015-16 5 0 17 0 0 2016-17 6 2 2017-18 4 6 0 2018-19 12 2 総通算 51 6 代表 [ ] 2020年1月29日更新. 国際Aマッチ 33試合 4得点(2015年-) 年 出場 得点 2015 3 0 2016 9 0 2017 4 0 2018 8 3 2019 9 1 合計 33 4 代表でのゴール [ ] 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会 1 2018年3月26日 、 0- 3 0- 3 国際親善試合 2 2018年10月13日 、 1-0 3-0 3 2018年11月19日 、 2- 2 2- 2 4 2019年3月21日 、 4-0 4-0 タイトル [ ] クラブ [ ] セルティックFC• : 2013-14, 2014-15• : 2014-15 リヴァプールFC• :2019• :2019• : 2019-20 個人 [ ]• : 2018-19• : 2018-19• 年間最優秀選手賞 : 2018-19• : 2018, 2019• : 2019• :2019 脚注 [ ]• Southampton FC• Yahoo! ゲキサカ 2017年6月7日• -日刊スポーツ 2017年12月28日(報道並びに閲覧日• -EXCITニュース 2017年12月28日(報道並びに閲覧日• -Goal. com 2017年1月5日(報道並びに閲覧日)• 2018年12月28日閲覧。 The Guardian. 2018年12月21日. 2018年12月30日閲覧。 CaughtOffside. 2019年3月14日. 2019年3月14日閲覧。 GOAL. com. 2019年4月29日. 2019年5月28日閲覧。 サッカーキング. 2019年4月29日. 2019年5月28日閲覧。 超ワールドサッカー. 2019年4月29日. 2019年5月28日閲覧。 サッカーダイジェスト. 2019年4月29日. 2019年5月28日閲覧。 SKY 2019年6月2日. 2019年6月2日閲覧。 超ワールドサッカー 2019年6月2日. 2019年6月6日閲覧。 The SportsRush 2020年1月19日. 2020年1月19日閲覧。 www. theguardian. com 2020年6月26日. 2020年6月27日閲覧。 Southampton FC 2015年10月10日• サッカーダイジェスト. 2019年4月29日. 2019年6月2日閲覧。 footballista. 2019年5月22日. 2019年6月2日閲覧。 Football ZONE. 2019年4月18日. 2019年6月2日閲覧。 森田泰史 2019年6月4日. Yahoo! ニュース. 2020年5月12日閲覧。 the WORLD. 2019年4月18日. 2019年6月2日閲覧。 ゲキサカ. 2019年4月19日. 2019年6月2日閲覧。 フットボールチャンネル. 2019年5月2日. 2019年6月2日閲覧。 Qoly. 2018年10月6日. 2019年6月2日閲覧。 GOAL. com. 2018年12月24日. 2019年5月28日閲覧。 Football ZONE. 2018年12月13日. 2019年6月2日閲覧。 national football teams. 2018年3月27日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (オランダ語)•

次の

なぜ現代最強フットボーラーなのか。ファン・ダイクのすごさと唯一の欠点|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ファン ダイク 抜かれ る

リバプールのフィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】 連戦連勝の快進撃とは裏腹に、リバプールには一つの懸念点がある。 「守備が不安定」という声が、ファンや現地メディアから上がり始めているのだ。 昨シーズンはシーズンを通して22だった失点数が今シーズンは14試合を終えて12を記録。 昨季と比べて1. 5倍のペースで失点を重ねている。 またクリーンシート数にいたっては、昨季は22試合でリーグ最多だったにもかかわらず、今季はわずか2試合のみ。 これはリーグ16位の数字だ。 蛇足かもしれないが、昨季のフィルジル・ファン・ダイクは本当に素晴らしかった。 1シーズン通して穴のない守備を披露して、ドリブル突破を一度も許さなかったのだから驚きだ。 結果、惜しくも受賞はならなかったが、DFながら今季のバロンドール最右翼と言われ、英大手ブックメイカー『ウィリアム・ヒル』のバロンドール受賞候補のオッズでは、ワールドクラスのアタッカーたちを抑えて一番人気だった。 ファン・ダイクの評価はうなぎ登りで、期待値も上がり過ぎていたのか。 今季の開幕前に行われたコミュニティーシールドのマンチェスター・シティ戦では、ガブリエル・ジェズスにドリブル突破を許しただけで話題になったほどだ。 確かにこの「被ドリブル突破」は、2018年3月から約1年5ヶ月間ぶり、公式戦65試合ぶりとはいえ、ニュースになっていることは異常事態だ。 それだけオランダ代表CBが評価されているということでもある。 ただこの時点では、「今回はたまたまで、ファン・ダイクの無双状態はまだ続くはず」と思っていたファンも多かったのではないだろうか。 その後も9月に行われた4節のバーンリー戦でもイングランド人ストライカーのジェイ・ロドリゲスにも突破を許してしまった。 ミスはドリブル突破を許すだけではない、チャンピオンズリーグ第1節ナポリ戦ではゴール前での中途半端なバックパスをフェルナンド・ジョレンテに奪われて失点を献上するなど、昨季では考えられないミスも犯している。 なによりインパクトが大きかったのは、10月に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第2節ザルツブルク戦だろうか。 前半39分、韓国代表FWファン・ヒチャンにボックスへの侵入を許すと、あっさりかわされてしまい失点を喫してしまったのだ。 このプレーは少なからず視聴者に動揺を与えたはずだ。 ここまでミスを指摘したが、これらのミス以外は素晴らしいパフォーマンスを披露しており、ファン・ダイクが世界最高峰のCBという評価は全く揺るがない。 とはいえ、出来過ぎの昨季のパフォーマンスと比べれば、ミスが増えていることも事実なのだ。 ファン・ダイクを襲う疲労 不調と言えるほど、ファン・ダイクのパフォーマンスが落ちているわけではないが、少なからず疲労が最終ラインの要に影響しているのは間違いないのではないだろうか。 まず忘れてはならないのは、今季のファン・ダイクは超過密日程を戦っている。 昨季、チャンピオンズリーグ決勝があったこともあり、他のクラブと比べて3週間ほど長い6月1日までクラブの一員としてプレーし、その後ネーションズリーグにもオランダ代表の一員としてプレーしたため、最終的には6月10日まで昨季の終了は長引いた。 そして今シーズンは、7月20日のプレシーズンマッチのドルトムント戦からプレーを開始。 このシーズンインは、リバプールの他の選手よりも2試合遅く、疲労に対する配慮はあった。 実は同じくCL決勝を戦ったトッテナムと比較すればほぼ同時期。 しかもコミュニティーシールドや、UEFAスーパーカップなどにも出場していることを加味すると、休みが短かったわりに、他のクラブの選手と同様、あるいはそれ以上の時間プレーしていることになる。 しかもシーズンに入ってからも、欠場したのはカラバオカップの2試合のみ。 プレミアリーグやチャンピオンズリーグなど、強度の高い試合は全てフル出場している。 攻撃力を増すSBと負担が増えるCB そんな日程面で厳しい状態にもかかわらず、昨季以上に、守備の場面で走らざるを得ない場面も増えている。 というのも昨季の時点でも十分攻撃的だった両SBが、今季はさらに攻撃的になっているのだ。 昨シーズン、プレミアリーグのアシストランキングで、3位と4位につけるなど、リバプールの攻撃を下支えしたトレント・アレクサンダー=アーノルドとアンドリュー・ロバートソンだが、今季はさらに前がかりにプレーする試合が増えている。 結果、今季のロバートソンのシュート数は既に12本と、昨季の記録まであと4本に迫っている。 1試合あたりに換算すれば、シュート数は昨季の約2倍だ。 こちらも1試合あたりに変換すると3倍以上ものスタッツになる。 加えてロバートソンに関しては、やや疲労も目立ち始めており、昨季以上に攻撃的にプレーするものの守備の場面で戻り切れない場面も増えている。 結果、同サイドのCBであるファン・ダイクに大きな負担がかかっているのだ。 しかも今季のリバプールは最終ラインを昨季より高く設定している。 その結果、昨シーズンのオフサイドの数は38試合で127回、1試合平均3. 3回に対してして今シーズンは既に51回のオフサイドを記録。 1試合平均で見ると4. 3回に上がっている。 ラインを高く設定すれば、裏をとられる回数が増えるのも自然な現象だ。 結果として、ファン・ダイクが対人戦で晒される場面は増えており、対人戦に少なからず影響しているのだろう。 過密日程をどう乗り切るか この後、リバプールには3日に1試合ペースの過密日程が控えている。 カラバオカップ準々決勝とクラブワールドカップ準決勝の2日続けて行われるために2チーム編成で対応することもクラブから発表されたが、それでも正気とは思えないスケジュールだ。 今のところ多少失点しても、後半終了間際の決勝点で勝ち切っている。 これ自体はウイニングメンタリティの定着が感じられ、一概にネガティブなこととは捉えられないが、もちろん戦前から失点覚悟で戦っているというわけでもないはず。 守護神アリソンも「バカげた形でする失点は悩ましいね。 今シーズンをより良いものにするにはクリーンシート実現に対してもっと取り組む必要がある」と記者会見で語っている。 「逆転勝利で良かった」というのは結果論であり、意図的に再現することが難しいのは確か。 厳しい冬は目前だが、名将クロップはどのような策で越冬するのだろうか。 (文:プレミアパブ編集部) 【了】.

次の