骨盤ガードル 産後。 産後ガードルと骨盤ベルト、どっちを選ぶ?

人気の産後ガードル

骨盤ガードル 産後

骨盤の歪みの中で特に女性に多いのは骨盤の開きであると言われており、妊娠と出産は、最も大きな原因です。 赤ちゃんを産むためには、どうしても骨盤を開く必要があるので、妊娠すると赤ちゃんを産む準備として、産道と骨盤を広げる女性ホルモン「リラキシン」の分泌が盛んになります。 これによって腰を支えている骨盤周りの靭帯がゆるみ、赤ちゃんの重さも手伝って骨盤が開くのです。 このような骨盤の開きは出産後の、腰痛の悪化、下腹が出てなかなか戻らない、肩こりが酷い、O脚やX脚になって下半身が太りやすくなる、冷え性が悪化するなどの様々な症状の原因になります。 骨盤の歪みや開きが原因で引き起こされるこれらの症状は、通常のダイエットや運動では改善することが難しいものです。 骨盤ケアには、骨盤を正しい位置に戻し、開きすぎた骨盤を改善することで、体調を良くするだけでなく、体型を出産前のすっきりした状態に戻すという効果があります。 出産後の体型の崩れはこれまで仕方のないことであると考えられていましたが、最近では出産後の骨盤ケアで、妊娠前よりも美しいボディラインを手に入れることができる人も増えてきました。 こういったことから、現在では出産後の骨盤ケアは女性にとって非常に重要なものであると考えられているのです。 産後の骨盤ケアは、ゆっくりと地道に続けることが大切です。 例えば整骨院や整体に行って骨盤矯正をしてもらう場合は、矯正後に時間が経つとすぐに骨盤が緩んでしまうため、こまめに通う必要があるでしょう。 しかし出産後にそれだけの手間や労力をかけて骨盤矯正を行なうのは、忙しいお母さんにとってはとてもハードルの高いこと。 そこで便利なのが、産後ガードルを活用したリフォームアイテムです。 産後のリフォームアイテムには様々な種類のものがありますが、装着の方法がわかりにくいものや、つけ心地がどういったものか想像しにくいものなども多く、手が出せないという人も少なくありません。 赤ちゃん用品で必要なものの多い時期でもありますので、できれば最低限必要なものだけで済ませたいという人もいます。 このようなときに役立つのが、産後ガードルです。 産後ガードルには、出産後に緩んだ骨盤を元に戻し、骨盤周りのインナーマッスルを強化し、おなか周りやお尻の肉を引き締めてくれる効果があります。 また、パンツのように穿くだけですので、動くたびにずれる心配もありません。 普段の服の下に着用することができますので、日常生活の中で気軽に使用でき、毎日の骨盤ケアを無理なく続けることができます。 産後の体はデリケートですので、無理なく使用できるものがおすすめです。 産後3週間から1ヶ月くらいまでは無理なことは控えて、産後ガードルを着用するのは、体調が落ち着いてからにしましょう。 産後は6ヶ月~1年ほどかけてゆっくりと体重が落ち、伸びた皮膚等も徐々に戻っていきますので、産後ガードルを使用して骨盤ケアと体型戻しを行なうのは、それなりに体力の回復ができてからでも遅くはありません。 きちんと着用を続ければ、ウエストやヒップが引き締まり、骨盤を正しい位置に戻すことができます。 選ぶものは、体の負担が少ないものが良く、着脱が簡単なものであれば更におすすめです。 一時的な効果を狙ったものではなく、根本的に痩せやすい体質を作ることを目的とした産後ガードルも少数ですが、販売されています。 長く素敵なプロポーションを保ちたい場合は、"痩せ体質" を意識した産後ガードルを中心に選ぶのが良いでしょう。 産後ガードルの場合、普段の服装に響かないものならばいつでも装着していることができます。 サイズが合っていれば、履いている時だけでも体のシルエットが綺麗になりますので、気持ち的にもすっきりと、効果を感じながら使用することができます。

次の

産後におすすめの骨盤ガードル人気ランキング10選【ワコール・ピジョン・犬印本舗も】

骨盤ガードル 産後

腹帯とマタニティガードルと骨盤ベルトの違い そんな時、腹帯やマタニティガードル、骨盤ベルトなどサポートグッズを用いるのも効果的ですが、どれを使ったらいいかわからないという方のために、それぞれの違いを見てみましょう。 腹帯とは? 腹帯とは妊婦さんの大きくなってきた おなかを支え、冷えから守るサポーターのようなもの。 妊娠5か月目の戌の日に妊婦さんのお腹にまくと安産になるという日本の風習です。 安産の神様の水天宮で購入する妊婦さんも多いのではないでしょうか? 私は3回の出産をしましたが、毎回新しいものを水天宮に行って購入しました。 安産だったかというとそうでもない出産もあったのですが。。。 水天宮でもらうのは昔ながらのさらしです。 さらしをまくのは正直一人ではなかなか大変。 そこで便利な現代では様々な腹帯が商品化されています。 私はこのような マジックテープでつけるサポーターのようなものを使用していました。 おなかのサイズによって調節が簡単にできるので少しお腹が目立ってきたなということから出産まで長く使えました。 トイレに行く時もつけたままショーツを下せるので楽ちんでした。 ただ、赤ちゃんがおなかの中で大きくなっています。 しめすぎは血行不良をもたらすので厳禁。 下腹部からおなかを持ち上げるようにしてやさしくつけましょう。 マタニティカードルとは? 通常のガードルの体形補正というよりは、 妊娠中の大きくなるお腹をサポートし、腰痛や恥骨痛に効果的です。 腹帯とは違い履くだけなので使い勝手がいいですが、 調節はできないものが多いです。 トイレのたびにしっかりはかないといけないので、少しめんどくさいこともありました。 伸縮性があるので臨月になっても使えます。 骨盤ベルトとは? 妊娠で変化する 骨盤をサポートし、腰痛や恥骨痛の改善のほかに、産後の骨盤ケアにも使えます。 お腹は包み込まないタイプが多いので、腰痛や恥骨痛の改善のために腹帯やマタニティーショーツと併用する方も多いようです。 こちらもサポータータイプの腹帯と同様つけたままでトイレができるので、楽でした。 それぞれの違いは? 形状は? 形状は3つそれぞれ異なります 腹帯はおなかの部分のみでまくタイプ ガードルはパンツのようにはいておなかをすっぽり包み込むタイプ 骨盤ベルトは骨盤を支えるベルトタイプでおなかは包まれていないものがおおい 目的は? 大きな目的は同じで、おなかの大きくなるママの体をサポートする! 腹帯は、おなかを支えて冷えから守る マタニティガードルは、おなかを支えてさらに腰もサポートする 骨盤ベルトは、おなかよりは妊娠によって変化する骨盤をサポートして腰痛や恥骨痛に効果的 使用する時期 腹帯、マタニティガードルは妊娠中だけですが、骨盤ベルトは妊娠中から産後も使えるものもあります。 使い勝手 腹帯はものによっては簡単に装着でき、サイズも調整しやすい マタニティーガードルは履くだけなので簡単だけど、サイズは調整できないものが多い 骨盤ベルトは簡単に装着でき、サイズも調整しやすい まとめ それぞれに良さがありますが、 私は妊娠中は腹帯と骨盤ベルト、産後は産後ガードルと骨盤ベルトの併用で骨盤ケアと体形戻しといったように、その時に合わせたものがいいと思いました。 また、妊娠中はおなかをすっぽり包むほうが安心感もありました。 おなかが大きくなるにつれ、恥骨痛がひどくて歩けなくなることもあるほどでしたので、何も使わないというのは考えられませんでした。 恥骨痛や腰痛の度合いは個人差もあり、初産と二度目、三度目でも異なりました。 痛くなるとしばらくその場で立ち止まり、落ち着くまでゆっくり休みました。 それぞれの違いを理解して商品を選択し、無理のない妊娠ライフを送りましょう!.

次の

ガードルのおすすめ人気ランキング10選【骨盤サポートタイプも!】

骨盤ガードル 産後

妊娠・出産で開いたり歪んだりしまった骨盤。 そんな骨盤を手軽にケアできる商品として人気なのが、産後骨盤ガードルです。 リフォームガードルとも呼ばれており、毎日履くだけで手軽に骨盤補正の効果が期待できます。 どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 産後骨盤ガードルの選び方とともに、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。 ランキング後には、いつからいつまで使用するの?といった情報もご紹介しますよ。 産後のデリケートな体にぴったりのものを見つけるための参考にしてくださいね。 締め付けの強さと合わせて気を付けたいのが、サイズ選び。 ついつい小さめサイズを選びたくなってしまうかもしれませんが、小さなサイズで締め付けすぎると血流が悪くなり、冷えの原因になってしまうこともあります。 そのため、必ず自分にぴったりのサイズを選ぶことが大切です。 ポイントは、妊娠前のサイズではなく、産後のサイズに合わせて選ぶこと。 特に妊娠中に体重が10kg以上増えた方は、妊娠前よりも1~2サイズ大きめになることもあります。 また、仮に体重が妊娠前に戻っていたとしても、お腹周りやおしりがサイズアップしているケースも多いものです。 今までの自分の体形の感覚で選ぶと、小さすぎるということもありますので、きちんとサイズを測定し、愛用者の口コミなども参考にしながら選ぶようにしましょう。 出産したらすぐにでも体型を戻したい!と思ってしまうところですが、骨盤ガードルは産後すぐの使用はおすすめできません。 悪露がおさまってきて、1ヶ月健診で何も問題がないことが確認できてから使い始めるようにしましょう。 ニッパーや骨盤ベルトなど、産後すぐから使えるアイテムもあるので、ガードルの前にそれらを使っておくとより高い効果が期待できます。 帝王切開で出産したママは、お腹の傷が治った産後2~3ヶ月くらいからの使用がおすすめです。 傷が気になるなら、傷の位置に当たらない長さやデザインのガードルを選びましょう。 痛みや違和感があったり、子宮が圧迫される、苦しいと感じる場合は無理に使い続けず、一旦お休みして自分の体調と相談しながら再開するといいですよ。

次の