時透無一郎イラスト かわいい。 時透無一郎の刀の色は?特徴は?

時透無一郎の刀の色は?特徴は?

時透無一郎イラスト かわいい

時透無一郎の刀の特徴は? 時透無一郎の刀は割とオーソドックスな形で、いわゆる「日本刀」のような形状です。 「刀の色が霞がかった白色」のほかに特徴があるか、というと、、、実は2点あります。 しいて言えば 1:前の刀に刻印がない 2:刀を打った人の話が詳しくされている の二点かと思われます。 「1:前の刀に刻印がない」 これは、上の「霞がかった白色」の刀になる前の時透無一郎の刀です。 この刀の根元を見ると、、、まったく文字が刻まれていません。 鬼殺隊の最上位「柱」の刀には、本来「惡鬼滅殺」という文字が刻まれます。 (詳しくはこちらをどうぞ ) ですが、「霞柱」時透無一郎の刀には一文字も刻まれていません。 もちろん、今の「霞、、、色」の刀には刻印文字がありますが、これは時透無一郎が修業開始して2カ月という異例の速さで「柱」へ昇格したから、刀に刻印するのが間に合わなかったのかと思われます。 上の画像で所持していたのは時透自身の刀ではなく、「緑壱零式」という戦闘用カラクリ人形の刀です。 緑壱零式というのは300年以上前に作られ、長らく柱の訓練に用いられていた人形で、刀鍛冶の里にあります。 この緑壱零式との訓練中に時透の刀が折れてしまい、新しい刀ができるまでの代用品として緑壱零式が持っていた6本のうちの一本の刀を持って行きました。 その刀が上の画像であげた刻印のない刀です。 この後、上弦の鬼「玉壺」との戦闘中にこの刀も折れてしまいますが、その直後に一番上にあげた白い刀を手にしました。 コメントにて指摘してくださった「endou」様、「名無しの時透ファン」様、ありがとうございました。 「2:刀を打った人の話が詳しくされている 」 この画像は、時透無一郎の刀を最初に手掛けた「鉄井戸」という刀鍛冶です。 通常の隊士の場合、刀が登場しても「こんな刀」という説明があればいい方で、ただ登場して終わりというのが基本です。 ですが時透無一郎の場合は、活躍したのが「刀鍛冶の里」編だったからかもしれませんが、誰が打ったのかや時透無一郎の過去の刀鍛冶担当の人まで登場して、なかなか珍しいと感じました。

次の

時透無一郎の刀の色は?特徴は?

時透無一郎イラスト かわいい

時透無一郎の刀の特徴は? 時透無一郎の刀は割とオーソドックスな形で、いわゆる「日本刀」のような形状です。 「刀の色が霞がかった白色」のほかに特徴があるか、というと、、、実は2点あります。 しいて言えば 1:前の刀に刻印がない 2:刀を打った人の話が詳しくされている の二点かと思われます。 「1:前の刀に刻印がない」 これは、上の「霞がかった白色」の刀になる前の時透無一郎の刀です。 この刀の根元を見ると、、、まったく文字が刻まれていません。 鬼殺隊の最上位「柱」の刀には、本来「惡鬼滅殺」という文字が刻まれます。 (詳しくはこちらをどうぞ ) ですが、「霞柱」時透無一郎の刀には一文字も刻まれていません。 もちろん、今の「霞、、、色」の刀には刻印文字がありますが、これは時透無一郎が修業開始して2カ月という異例の速さで「柱」へ昇格したから、刀に刻印するのが間に合わなかったのかと思われます。 上の画像で所持していたのは時透自身の刀ではなく、「緑壱零式」という戦闘用カラクリ人形の刀です。 緑壱零式というのは300年以上前に作られ、長らく柱の訓練に用いられていた人形で、刀鍛冶の里にあります。 この緑壱零式との訓練中に時透の刀が折れてしまい、新しい刀ができるまでの代用品として緑壱零式が持っていた6本のうちの一本の刀を持って行きました。 その刀が上の画像であげた刻印のない刀です。 この後、上弦の鬼「玉壺」との戦闘中にこの刀も折れてしまいますが、その直後に一番上にあげた白い刀を手にしました。 コメントにて指摘してくださった「endou」様、「名無しの時透ファン」様、ありがとうございました。 「2:刀を打った人の話が詳しくされている 」 この画像は、時透無一郎の刀を最初に手掛けた「鉄井戸」という刀鍛冶です。 通常の隊士の場合、刀が登場しても「こんな刀」という説明があればいい方で、ただ登場して終わりというのが基本です。 ですが時透無一郎の場合は、活躍したのが「刀鍛冶の里」編だったからかもしれませんが、誰が打ったのかや時透無一郎の過去の刀鍛冶担当の人まで登場して、なかなか珍しいと感じました。

次の

時透無一郎の刀の色は?特徴は?

時透無一郎イラスト かわいい

時透無一郎の刀の特徴は? 時透無一郎の刀は割とオーソドックスな形で、いわゆる「日本刀」のような形状です。 「刀の色が霞がかった白色」のほかに特徴があるか、というと、、、実は2点あります。 しいて言えば 1:前の刀に刻印がない 2:刀を打った人の話が詳しくされている の二点かと思われます。 「1:前の刀に刻印がない」 これは、上の「霞がかった白色」の刀になる前の時透無一郎の刀です。 この刀の根元を見ると、、、まったく文字が刻まれていません。 鬼殺隊の最上位「柱」の刀には、本来「惡鬼滅殺」という文字が刻まれます。 (詳しくはこちらをどうぞ ) ですが、「霞柱」時透無一郎の刀には一文字も刻まれていません。 もちろん、今の「霞、、、色」の刀には刻印文字がありますが、これは時透無一郎が修業開始して2カ月という異例の速さで「柱」へ昇格したから、刀に刻印するのが間に合わなかったのかと思われます。 上の画像で所持していたのは時透自身の刀ではなく、「緑壱零式」という戦闘用カラクリ人形の刀です。 緑壱零式というのは300年以上前に作られ、長らく柱の訓練に用いられていた人形で、刀鍛冶の里にあります。 この緑壱零式との訓練中に時透の刀が折れてしまい、新しい刀ができるまでの代用品として緑壱零式が持っていた6本のうちの一本の刀を持って行きました。 その刀が上の画像であげた刻印のない刀です。 この後、上弦の鬼「玉壺」との戦闘中にこの刀も折れてしまいますが、その直後に一番上にあげた白い刀を手にしました。 コメントにて指摘してくださった「endou」様、「名無しの時透ファン」様、ありがとうございました。 「2:刀を打った人の話が詳しくされている 」 この画像は、時透無一郎の刀を最初に手掛けた「鉄井戸」という刀鍛冶です。 通常の隊士の場合、刀が登場しても「こんな刀」という説明があればいい方で、ただ登場して終わりというのが基本です。 ですが時透無一郎の場合は、活躍したのが「刀鍛冶の里」編だったからかもしれませんが、誰が打ったのかや時透無一郎の過去の刀鍛冶担当の人まで登場して、なかなか珍しいと感じました。

次の