テラキオン 調整。 《非GXデッキ》テラキオン/ミカルゲデッキレシピ《ミラクルツイン》

テラキオン

テラキオン 調整

テラキオンデッキレシピ デッキのポイント 1: 《スパイクタウン》 《ルージュラ》のコンボでベンチのポケモンにダメカンを乗せていく。 2: 《テラキオン》の 「がんくつおう」で相手に大ダメージ! 採用ポケモンの特徴 テラキオン 4 ベンチポケモン全てにダメカンを乗せて、 「がんくつおう」で200ダメージを出すのがこのデッキの狙いです。 そのため、 《ルージュラ》を採用したり 《スパイクタウン》をがっつり入れたりして、より安定してダメカンをベンチに乗せられるようにしています。 ルージュラ 2 特性 「あやしいこしつき」で味方に乗っているダメカンを1個別のポケモンに移すことができるので、これによって 「がんくつおう」での追加ダメージを出しやすくしています。 《スパイクタウン》とこの 《ルージュラ》の特性でのコンボが重要になってくるので、序盤から場にどちらも並べておきたいですね。 バルキー 1 ・逃げエネが0なので、とりあえずバトル場に置いて展開次第で好きに逃がせる。 またその際 《スパイクタウン》でダメカンが乗ってくれる。 ・特性 「わんぱくキック」で相手へのダメージ調整ができる。 といった点から、1枚採用しているのではないでしょうか。 採用グッズの特徴 くろおび 1 こちらの方がサイドが多かった場合、 《ツインエネルギー》だけで 「がんくつおう」を撃つことができます。 巻き返しを図れる優秀なグッズですね。 タフネスマント 2 《テラキオン》のHPが190までのびるので、非V・GXながらかなりの耐久力を持って攻めていくことが可能です。 ターボパッチ 3 コイン判定しだいですが、これで 《テラキオン》にエネ加速することで、より早い段階からワザを撃っていくことを狙っているようです。 回収ネット 4 ・ダメージを負った 《テラキオン》を回収して倒されないようにする。 ・ 《ルージュラ》に使って特性を何度も使うことで、ベンチにダメカンを乗せるペースを早める。 といった理由からがっつりと4枚採用しているのだと思います。 採用スタジアムの特徴 スパイクタウン 4 このデッキに一番必要と言ってもいいカードではないでしょうか。 逃げる、 《ポケモンいれかえ》を使用する、この行動を取ることでダメカンを2個乗せることができ、それを 《ルージュラ》の特性でベンチに散らすことで 「がんくつおう」で200ダメージを出していきます。 また、相手の番にももちろん相手はダメカンを乗せなければいけないので、相手側に一方的にデメリットを押し付けることができますね。

次の

《非GXデッキ》テラキオン/ミカルゲデッキレシピ《ミラクルツイン》

テラキオン 調整

Contents• はじめに お疲れ様です。 komatsuです。 今回は前々からちょこちょこと試していた メガヘルガー入りのエルテラとなります。 ここから1敗して1797になった レート1800達成して満足なのとに打ち込むため公開します。 パーティ作成経緯 メガヘルガー入りのエルテラをサンムーンS6終了~USUM発売までの間のダブルフリーで使っていましたが、USUM発売時に何故かリザードン軸に戻ってしまったので改めて使おうと思ったからです。 持ち物は Zしぜんのちからを撃つために ノーマルZを採用。 せいぎのこころを発動させるために ふくろだたきを採用。 主に ドリュウズ、 メガボーマンダを倒すために しぜんのちからを採用。 ヘルガーの サンパワーを発動させるために にほんばれを採用。 S操作として おいかぜを採用。 にほんばれの枠は選択枠な印象。 にほんばれ自体は天候パ、メガヘルガーのサンパワー始動で役に立った。 主に ヘルガー、バンギラス、カプ・レヒレからの交代で出すと 耐性的にいい感じです。 範囲攻撃の いわなだれを採用。 タイプ一致命中安定で要塞ラッキー対策にもなる せいなるつるぎを採用。 クレセリアを意識かつ爆発力を重視し ストーンエッジを採用。 大事に使いたいので まもるを採用。 要塞ラッキー対策の せいなるつるぎですが、 要塞ラッキーに ハロウィンをするタイプもいるらしいので対策として不十分になってしまいました。 居座って超火力で圧倒したいので だいもんじを採用。 範囲攻撃用に ねっぷうを採用。 せいぎのこころを発動させるために ふくろだたきを採用。 大事に使いたいので まもるを採用。 サンパワーだいもんじの威力は メガリザードンYの ひでりオーバーヒート以上なのでガンガン攻めていきたい。 サンパワーが発動していない場合の だいもんじだと H振りギルガルドが乱1になってしまうので注意。 エルフーンよりはマシですが、 ヘルガーも 技スペが足りな い ポケモンでした。 攻撃面: エルフーンの Zしぜんのちからを ブルームシャインエクストラにできる。 守備面:じしんを半減にできる。 なるべく居座ってもらいたいので ウッドホーンを採用。 HB厚めのリザードン後出しを許さず且つ怯みが狙える いわなだれを採用。 ヒードラン辺りを意識して ばかぢからを採用。 大事に使いたいので まもるを採用。 トリックルーム耐性が薄いので ばかぢからを ちょうはつか ふきとばしに変えた方が良さそう。 水弱点に対して最大威力の ハイドロポンプを採用。 タイプ一致命中安定の ムーンフォースを採用。 カプ・レヒレで詰めるために めいそうを採用。 大事に使いたいので まもるを採用。 Sは おいかぜ下で ようきスカーフ霊獣ランドロス抜き。 物理アタッカー倒して めいそうして勝ち!という対戦も多かった。 晴れパは テラキオンで、雨は にほんばれで対策しているのになぜか採用してる… タイプ一致で怯みも狙える いわなだれを採用。 タイプ一致命中安定の かみくだくを採用。 威力の高い格闘打点が欲しかったので ばかぢからを採用。 大事に使いたいので まもるを採用。 Sは メガシンカ時に おいかぜ下で メガライボルト抜き。 すなおこしで テラキオンのDアップが美味しいのと純粋に能力値が高くて強かった。 選出 あまりまとまってないです…。 下で挙げてる 選出・立ち回りは 一例なので色々試してみてください…。 相手の おいかぜに対しては いたずらごころを活かして、相手が おいかぜをした 次のターン以降に おいかぜしていきたい。 もちろん、 エルフーンが 一撃で倒されることも考慮して、そこは臨機応変に対応するべし。 対エルテラ 先発:エルフーン、誰か 後発:バンギラス、カプ・ブルルorカプ・レヒレ 相手の テラキオンを Zしぜんのちからで倒せるように カプ・ブルルか カプ・レヒレを連れて行きたい。 相手のメガシンカ候補が リザードンの場合は バンギラスを連れていきたい。 対クレセランド ガルスタン? 先発:エルフーン、テラキオン 後発:バンギラス、カプ・ブルル クレセリア、 霊獣ランドロスと来ることが多い。 てだすけを覚えた クレセリアが増えてるので テラキオンを カプ・ブルルに引かせつつ、 エルフーンは Zしぜんのちからで 霊獣ランドロスを削る。 相手の トリックルームに対しては メガバンギラスで応戦する。 対要塞ラッキー 先発:エルフーン、テラキオン 後発:バンギラス、カプ・ブルルorカプ・レヒレ ドーブルが ハロウィンを覚えている可能性があるため要注意。 ラッキーに ガードシェアと ハロウィンを両方決められたら負けなので、そこを意識して立ち回る…。 上手い対処法がイマイチまとまってない…。 もうちょい良い対策を練りたいものです。 相手にドーブルがいるから基本的にはこっち不利なんだけど 総括 エルテラヘルガーは強かったのですが、私のパーティの組み方では3体を一緒にするとどこかが中途半端になってしまいました。 今回だと メガヘルガーの技構成にそれが顕著に出ています。 ねっぷう、だいもんじで特殊アタッカーとして動く分には強いけど、叩き始動要員として見ると耐性 耐久 が貧弱な点。 メガヘルガーを メガリザードンYと比較すると ハイリスク・ハイリターンなポケモンという印象を受けました。 パーティの穴としては トリックルーム耐性が薄いのと カミツルギが尋常じゃなくきつかった。 ヘルガー以外が 鋼技を 等倍以上でくらってしまう メガヘルガー自体は強いと思うので、まだまだ使っていきたいと思います。 QRチーム QRレンタルチーム一覧.

次の

テラキオンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

テラキオン 調整

ページ:• 投稿者:クスィー• コメント 50 みんなの評価 :• 投稿者:ぬかみそ• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:黒翼• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:ぬ• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:かゐゑん• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:バルシア• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:Mには負けねえ• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:デルタ• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:knj• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:Xp19• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:飴玉• コメント 31 みんなの評価 :.

次の