東亜産業 寄付。 株式会社東亜産業の代表劉凱鵬氏とはどのような人物なのか?

「株式会社東亜産業(代表渡邊龍志)東京都へマスク寄付を100万枚、アルコール入りハンドジェル5万本寄付へ」

東亜産業 寄付

大量のマスクを配布!各地から感謝の声! 東亜産業の社長である劉凱鵬氏はこれまでに多くのマスクを配る社会貢献を行ってきました。 2020年初めには新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの人に恐怖を与えました。 瞬く間に感染が広がっていき、多くの人がマスクを買い求めるようになりました。 しかし、これまでに日本で販売されていたマスクのほとんどのものが、 新型コロナウイルスの発症源となった中国で生産されていたものばかりでした。 そのため、マスクは品薄状態が続き、さらには買い占め、そして転売といったように、 欲しい人にマスクが届かないという状態がしばらく続いたのです。 その影響は接客業や医療機関にも及んでおり、マスクをせずに仕事をする危険性と 隣り合ってしまいました。 そんな状態ではさらなる感染の危険があると気付いた劉凱鵬氏は、 2020年3月21日に東亜産業 CSR活動 第1弾として名古屋にマスク10万枚の寄付を行ったのです。 なぜ名古屋が選ばれたのか? なぜ名古屋だったのかというと、 東亜産業は10年ほど前まで名古屋市内に本社を置いていた過去があります。 市長との縁もあったせいか、名古屋でのマスク寄付活動を第一弾にしようと考えたのです。 名古屋市に寄付を行ったのは東亜産業常務の広嶋聡氏です。 彼は当時「必要なところで使ってもらい、少しでも名古屋の経済が元に戻れば」 という言葉を述べていました。 全国に新型コロナウイルスの猛威が広がった3月は東京だけではなく 各所で感染者の拡大が見られ、名古屋も多くの感染者が出ていた状態でした。 名古屋市長は受け取ったマスクを、マスクが不足している施設に調整して配る形で 名古屋の人に感染の不安を解消していきました。 第6弾まで行われたCSR活動 東亜産業 CSR活動は2020年6月現在までに第6弾まで行われています。 名古屋、広島、佐賀、北九州、福岡そして東京といったように 各所にマスクを配り続けたのです。 その枚数は述べ160万枚以上に及びます。 これほどまでに多くの枚数を届けてきた東亜産業は各市長や都知事から 感謝の言葉を貰っており、劉凱鵬氏自身は「皆様や各医療関係者様のたゆまぬ努力と 貢献に深い敬意を表して贈りました」と述べており、その感謝を見せる姿勢は 多くの人の心を釘付けにしたのです。 5年もの間眠っていた機械を稼働させた英断! たくさんのマスクを寄付してきた東亜産業ですが 一体このマスクはどこから入手したものなのか気になる人が多いことでしょう。 東亜産業が述べ160万枚も作ったマスクは、 かつて東亜産業がマスク生産のために使用していた機械を稼働させて作ったものだったのです。 現在はこの機械は事業では使用されておらず、 東亜産業が販売する製品にマスクもありません。 このマスク生産のための機械は5年ほど前に使用をやめている物であって、この危機的状態を前に稼働させたものでありました。 東亜産業では衛生用品や家電といったように様々な物を生産販売しています。 どの製品も安全で品質の高い物を作っており、 機械の劣化によってマスクの生産は中止されていたのではないかと推測されています。 しかし、感染拡大の背景がある中で少しでも力になれればという想いが劉凱鵬氏にあったのでしょう。 動くがどうかもわからないマスク生産の機械を結果的に稼働し、 きちんと検査を行った上で寄付したことで、感染者の拡大に大きく貢献できたことでしょう。 劉凱鵬氏は「マスクの生産のために従業員を働かせて良いのか?」という想いもあったはずです。 しかし、それ以上に社会の安全性を守りたい願った劉凱鵬氏の熱い思いが、 各市長と都知事から「頭が下がるような思い」という感謝の気持ちを生み出し、 結果的に素晴らしい社会貢献としてたくさんのニュースにも取り上げられました。 劉凱鵬氏が代表取締役を務める東亜産業ってなんの会社? マスクやハンドジェルといった衛生商品に家電や食品も製造販売している東亜産業ですが、まだどんな企業なのか詳しく知らない人も多いはずです。 ここからは東亜産業の魅力についてご紹介していきましょう。 会社概要 株式会社東亜産業は、現在東京都千代田区に本社を置いています。 社長は劉凱鵬(渡邊龍志)です。 設立は1996年9月、資本金は1,000万円で創立された会社です。 売上高は2019年8月期で約60億円と好調、従業員は114名が在籍しています。 ・事業内容 東亜産業はあらゆる商品の製造と販売を行います。 電気製品、日用雑貨、美容健康製品、PC周辺機器、医療機器といったような 数々のラインナップがあります。 OEM・ODM製造から、システム・アプリ開発、AI、IoT開発までも手掛けており、 アプリケーションソフトウェア企画 開発及び運営までも行われています。 これらの中でも特に今力を入れているのが衛生商品です。 新型コロナウイルスによって自分の身は自分で守ることが当たり前となった今、 マスクの着用は絶対という世の中に変わってきています。 マスクの商品かは現在行われていませんが、 その他ハンドジェルやアルコールなどの衛生関連グッズを多数展開しています。 商品の中には紙ハンドソープや個包装になっている携帯用ハンドジェルなど、 これまでにはなかった画期的な商品ばかりです。 さらには首からぶら下げるだけで周囲を除菌するアイテムなども手掛けており、 独創的なアイディアから生み出される商品の数々は、多くの人を驚かせる力を持っています。 みなさんに正しい認識を持ってもらうための注意喚起! たくさんの商品を手掛けている東亜産業ですが、劉凱鵬氏は多くのものを手掛けていても、1つひとつの品質は高いものであるべきだと考えています。 そのため商品を扱っている販売店舗にも 一般消費者の方の誤解を招くような宣伝は行わないようにと注意喚起も行っています。 例としてこれまであったものには、ハンドジェルやウイルスシャットアウトといった製品です。 東亜産業が販売するハンドジェルというのは 新型コロナウイルスに対する効果があるという表示はパッケージ内には一切そのような表示がありません。 新型コロナウイルスの蔓延によって多くの取扱店舗では 「コロナ予防に」「殺菌力高め」といったウイルスに対する過剰な効果があるような広告で 宣伝している店舗が多いですが、実際のところ新型コロナウイルスは未知なウイルスである が故にどのようなものがウイルスに効果を見せるのが何も証明されていません。 東亜産業ではコロナ禍によって需要が高まっているこれら衛生商品の 正しい理解を広めつつ、安全に使ってもらいたいという願いから、 公式ホームページでも注意喚起を積極的に行っています。 ウイルスシャットアウトに関しても多くの場所で過剰な効果を謳って 販売されていたこともあり多くの人が購入に至り既に完売しています。 今は製造もしていないのですが、 ECで販売されており東亜産業のものではない偽造品の可能性があることも示唆しています。 ウイルスシャットアウトは既に生産を行っていないので、 要注意して購入する必要があります。 もう生産していないのは残念ですね。 しかし東亜産業では他の衛生商品も魅力的でありハンドジェルは 手荒れを防ぎアルコール濃度56-59%のパワーで除菌効果もあります。 未だハンドジェルが新型コロナウイルスに効果的かどうかは調査中ではありますが、 ハンドジェルで衛生面に気をつけることができれば、 より健康的な人が多い社会へと変化していく可能性があります。 社長の劉凱鵬氏はマスク160万枚の無償提供と画期的な衛生商品の数々で 様々なウイルスから暮らしの安全を守り、さらには商品の注意喚起を行っていくなど、 非常に対応力もしっかりしている人物です。 今後も新型コロナウイルスの感染はなかなか終息することはないはずです。 そんな世の中になってしまったからこそ、劉凱鵬氏のような素晴らしい対応ができる人物が 多くなることで、より安心して過ごせる社会が形成されるのではないでしょうか? 今後の東亜産業の活躍も見ものになってきます。

次の

「株式会社東亜産業(代表渡邊龍志)東京都へマスク寄付を100万枚、アルコール入りハンドジェル5万本寄付へ」

東亜産業 寄付

株式会社東亜産業 渡邊龍志-福岡県へマスク20万枚寄付 【令和2年4月23日株式会社東亜産業、小川 洋 福岡県知事】 4月23日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、株式会社東亜産業からマスク200,000枚及びアルコール入りハンドジェル10,000本が贈呈されました。 マスク及びアルコール入りハンドジェルは県内の社会福祉施設に配布されます。 小川知事は感謝の気持ちを述べるとともに、「このまま感染拡大を許すのか、この状態を逆転、改善することできるのかというまさに正念場、岐路に立っている状態。 間もなく大型連休に入るが、外出を自粛する・三つの密を回避する・周りの人との距離をとる、この三つが今まで以上に重要となってくるので、引き続き全力で取り組んでいきたい」とあいさつしました。 コメント数:• by toasangyou 【株式会社東亜産業 代表渡邊龍志】名古屋市へマスク10万枚を寄付 【令和2年3月18日株式会社東亜産業、河村たかし名古屋市長】 新型コロナ 名古屋市にマスク10万枚 東京・東亜産業、本社あった縁で病院や介護施設などに配布へ 愛知家電・雑貨製造「東亜産業」(東京)が、マスク10万枚を名古屋市に寄贈した。 市は病院や介護施設などに配布する方針。 同社は5年ほど前まで中国でマスクを製造していた。 現在は製造していないが、マスク不足のため、止めていた機械を動かして50万枚を製造。 10年ほど前まで名古屋に本社があった縁で寄贈した。 このたび、名古屋市内において、新型コロナウイルス感染例が依然として多く報告されている状況を鑑みて、東京都千代田区の株式会社東亜産業様より大量のマスクを寄贈していただくこととなりました。 つきましては、寄贈式を行いますので、お知らせします。 タグ :• コメント数:• by toasangyou 【株式会社東亜産業 代表 渡邊龍志】 佐賀県へマスク10万枚を寄付 【令和2年4月2日株式会社東亜産業、山口祥義佐賀県知事】 化粧品製造販売の東和化粧品(唐津市、渡邊龍志社長)が2日、佐賀県にマスク約10万枚を贈った。 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスクの品薄を受け、自社工場で製造した。 県は県内の高齢者福祉施設や学校に配る親会社の東亜産業(東京都)が2015年ごろまで、中国の工場でマスクを生産していた。 コロナの流行を受けて急きょ、休止していた機械を稼働した。 大型トラックで運ばれてきた段ボール67箱を、県庁職員約20人が運び出した。 自らも搬出を手伝った東和化粧品の広嶋聡副社長は「本当に必要としている人に届けてほしい。 入学式などの大事なイベントができるよう手助けになれば」と話した。 名古屋市と広島市にも10万枚ずつ寄付しており、本社を置く唐津市にもマスクと除菌ジェルを贈る予定。 タグ :• コメント数:• by toasangyou.

次の

ウイルスシャットアウト販売元の社長が160万枚のマスクを寄付

東亜産業 寄付

今回は株式会社東亜産業の社長を務める、劉凱鵬氏についてご紹介します。 ユニークなアイデア商品を数々世に送り出している東亜産業ですが、 代表の劉凱鵬氏について詳しく知らない方は多いのではないでしょうか? 劉凱鵬氏はコロナの影響で深刻なマスク不足に陥った時、 各地に大量のマスクを寄付して社会貢献にも取り組む人物です。 今回は東亜産業や劉凱鵬氏について理解を深めてもらえるように、 会社や社長のことを調べてみたのでご紹介します。 東亜産業や劉凱鵬氏のことが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。 こんなに大量のマスクをどこから調達したのか!? 2020年に入って日本でも新型コロナウイルスが大流行し、 同時にマスクの買いだめや生産・輸入のストップにより全国各地で深刻なマスク不足が発生しました。 その際、東亜産業の社長である劉凱鵬氏は、自社工場のある福岡・北九州を始め、 広島や名古屋など各地合計150万枚を超えるマスクの寄付を行っていました。 そもそも、大量のマスクはどこから調達されたのでしょうか? 東亜産業は日本国内だけではなく、中国にも自社工場を複数保有しています。 かつて、中国の工場ではマスクの生産をしていました。 その生産はストップされていましたが、 深刻なマスク不足の事態を受けて2月頃から機械再稼働させて、 新たにマスクをつくり、それを劉凱鵬氏が各地に配っていたのです。 まず、2020年3月21日には50万枚のマスクを作り、 かつて東亜産業の本社があった名古屋市に10万枚寄付しました。 その後、4月12日に広島へ10万枚、同月14日には北九州市へ10万枚寄付しています。 そして、5月15日には新型コロナウイルス感染が最も広がった東京へ100万枚のマスクを寄付しました。 劉凱鵬氏がマスクをつくり寄付した背景は、 「自治体が頑張っている中で自分たちも何かできることをしたい」という、 純粋な社会貢献への強い思いからでした。 劉凱鵬氏が代表取締役を務める東亜産業社ってどんな会社? そもそも、劉凱鵬氏が社長を務める東亜産業とはどのような会社か詳しくご存じですか? ここからは東亜産業の会社概要や事業内容についてご紹介しましょう。 本社は東京都千代田区に位置します。 資本金は1,000万円で、2019年8月時点で従業員は114名の規模となっています。 また、2019年8月期の売上高は約60億円です。 福岡に3つの工場と1つの物流センターを持ち、 さらに海外にも複数の工場拠点や開発センター、関連会社を持っています。 これまでに電気製品や日用雑貨、美容・健康食品、 PC周辺機器など幅広い商品の開発や製造などの関わり、 ユニークな商品や人気ブランド商品を作り出してきました。 OEMは工場を保有しない企業や低コストで自社製品を生産したい企業が、 他社の工場で生産して販売する事業です。 一方、ODMもベースはOEMと変わりませんが、 商品設計も工場を保有する相手先に提案してもらう事業となっています。 東亜産業では商品開発部・デザイン部・品質管理部・営業部が揃っているので、 商品企画・開発から製造までワンストップでサービスを受けられます。 国内外に多数の正常拠点があるので幅広い商品を作れ、 またコストやスピード面でも顧客の要望に応えられる形となっているのです。 また、多様化する顧客のニーズに応えられるように、 常に新しい発想や生産体制と整え、また長年培われてきたノウハウも磨き続けています。 衛生用品も扱う会社だった! 幅広い分野で商品づくりをしている東亜産業ですが、 子会社や工場の中には化粧品や医薬部外品の製造の許可を得ているところもあります。 そのため、化粧品や医薬部外品も数々生み出しており、その中には衛生用品もあります。 どのような衛生商品を扱っているのかご紹介しましょう。 ・ウイルスシャットアウト ウイルスシャットアウトは、首に下げて使用する空間除菌グッズです。 殺菌や漂白に使われる亜塩素酸ナトリウムが配合されています。 亜塩素酸ナトリウムの効果により、空気中に漂うウイルスや菌を除菌してくれる商品です。 おそらく、どうしても密になる状況で対策することを想定して作られているのでしょう。 当然、風などの影響で効果は多少薄れるはずですから、屋内で使用するのがいいのではないでしょうか。 首だけではなく、カバンやロッカーなどに掛ける使い方も可能です。 ただし、現在ウイルスシャットアウトの生産及び販売は終了しています。 大手通販サイトでもウイルスシャットアウトは販売されていますが、 コピー商品の可能性も否定できません。 コピー商品の場合、安全性が不透明であったり、 本来の効果を得られなかったりする可能性があるので、 ECサイト等からの購入は避けた方が良いでしょう。 ・ハンドジェル 東亜産業では、複数のハンドジェルを製造・販売しています。 例えば、アルコール洗浄タイプの商品や携帯できるポケクリン、 オーガニック原料を配合した水なしで使えるURUCLIN、植物成分配合の商品などがあります。 誤解されがちですが、 東亜産業のハンドジェルは医薬部外品ではなく、手の清潔を維持できる化粧品です。 アルコール入りだと手が荒れないか不安になりかもしれませんが、 どの商品も植物成分や潤い成分を配合しているので、手が荒れる心配は少ないでしょう。 洗浄タイプと水なしで使えるタイプの2種類があるので、 自分に合ったハンドジェルを購入できるでしょう。 ・ハンドソープ ハンドソープでは、大容量の詰め替えを用意したアワクリンや 携帯できる紙タイプのハンドソープも取り扱っています。 帰宅時や汚れ作業をした際に、 手の清潔にできるので一家に一つは欠かせない商品と言えるでしょう。 また、紙タイプのハンドソープなら石けんが使えない場所でも、 気軽に手洗いができて便利です。 他にもアイデア商品盛りだくさんの独創的な会社! ウイルスシャットアウトやハンドジェル以外にも、 東亜産業では独創的なアイデアで誕生した商品が豊富にあります。 その他のヒット商品もいくつかご紹介しましょう。 ・首掛け式扇風機 手持ちや卓上できるハンディファンが人気を集めていますが、 東亜産業が開発した商品は「ハンズフリー」という首掛け式の扇風機です。 手で持つ必要がないので、移動中も快適に涼むことができます。 ファンの向きは角度を変えられるので、顔や首など好きな場所に涼しい風を当てられます。 また、卓上式として使用可能です。 巻き込み防止ネットが付いているので、首にかけても長い髪を巻き込まず安全です。 具体的に変わった部分は首に当たる部分に冷却プレートが搭載され、 よりひんやり感を得られるでしょう。 ・アイリフグラス アイリフグラスはレンズが搭載されたホットアイグラスです。 アイマッサージャーというと目を完全にふさぐタイプがほとんどですが、 アイリフグラスの場合はテレビやパソコン、スマホを見ながら、料理をしながらなど、 ながら作業の合間に目元を温めて疲れを取ることができます。 目元を温めるだけではなく、振動も与えるので目のマッサージ効果にも期待できるでしょう。 なお、モード切り替えで振動を止めて使うことも可能です。 ビジュアルもゴーグルのようにオシャレなデザインで、 Instagramでも人気を集めるヒット商品となっています。 ・マインドテック マインドテックは脳波を感じ取って操作する先進的なドローンです。 赤外線センサーが搭載されたヘッドリンクを頭に巻くことで、 集中している時の脳波を察知し、ドローンを浮上させるという仕組みが用いられています。 集中力が高いと浮遊は安定しますが、逆に集中力が切れるとドローンは落下します。 この仕組みから、マインドテックは集中力のアップに効果的と期待されています。 子どもは楽しく遊びながら集中力を養え、まさに一石二鳥の商品です。 2台のドローンを用意し、親子でどっちが長く集中力を維持できるか競争する遊び方も面白いでしょう。 このように、東亜産業では色々な分野で商品開発・製造を行っています。 商品開発では現場の声だけではなく、会社のトップである劉凱鵬氏の意見も反映されることが多いようです。 開発部の社員だけではなく、劉凱鵬氏自体もクリエイティブな発想の持ち主である可能性は高いでしょう。 これからも、様々な意見を反映した面白い商品が世に送り出されると想像できます。 まとめ 今回は劉凱鵬氏の社会貢献や東亜産業の会社概要、ヒット商品などについてご紹介しました。 過去に東亜産業ではマスクの生産を行っていたので、 その当時の機会を活用してマスクを作り、マスク不足となっていた地域に劉凱鵬氏は配布していました。 新型コロナウイルスが猛威を振るい、自分たちもできることを使用という考えからのマスク寄付です。 劉凱鵬氏は企業の成長だけではなく、社会貢献にも積極的であると言えるでしょう。 また、商品は画期的でありながら、利便性やニーズと捉えた商品が多い印象です。 これも自社商品を通じて消費者が快適で便利な暮らしを実現できるように、 独創的な商品開発・販売に取り組んでいるのではないでしょうか? これからも面白い商品をどんどん出していくと思うので、 劉凱鵬氏の活動や新商品に注目してみましょう。

次の