ショッピ小説。 ショッピくんの短編集

受け 漫画 我々だ ショッピ

ショッピ小説

ショピコネ• コネシマ宅にてーーー 「そろそろお開きにするか」 「そうやな。 時間も時間やし」 グルッペンの提案に、ゾムがいち早く賛成する。 今の時刻は大晦日前の23時。 先程まではメンバー全員ではしゃぎまくっていたが いそいそと他のメンバーも 帰り支度を済ませていく。 「シッマ後片付け頼むな!」 とロボロが玄関先で言うので、 「人ん家でやっといてそりゃないやろ!」 と怒鳴り付けてやった。 その言葉も虚しく、扉は閉まってしまった。 いつもは毎年全員で年を越すのだが、自然と 各自バラバラで過ごすようになった。 それがちょっとさびしいと思う自分がいる。 「さぁて、片付け開始やな……っと?」 振り替えると、何やら人影があった。 「あ、先輩……」 ショッピくんや。 全員帰ったとばかり思ってたわ…… 「なんや、まだいたんか」 「まぁ、はい」 だが返事をするだけで、本人は帰ろうとしない。 「どうしたん?ボーッとして。 帰らんの?」 「……まだ、大晦日じゃないじゃないですか」 ショッピくんは下を向いてボソッと言った。 「そうやけど…まぁ、ええわ。 二人で年越しやな」 俺はそう言うと、さっきまで4人で過密状態だったこたつに足を入れた。 「ほらショッピくんも」 「わかりましたよ」 ショッピくんは緊張した顔をしながら足を入れた。 何がそんなに嫌なんや? 「まだ鍋残ってるな……アイツらほとんど 食べてないねんな……俺の料理を」 鍋の中をお玉で探ってみると、きのこやら白菜ばかり残っている。 「アイツらガキか、肉ばっか食っとるわ……」 「…笑」 ショッピくんが微かに笑った。 そういやショッピくんと二人きりは久しぶりやな…… なぜか妙に緊張してしまう。 「もうすぐ年越しやな」 「…はい」 俺はショッピくんの態度に違和感を覚え、 「何や?何緊張してるん」 「緊張……じゃないですよ」 ショッピくんは具をよそりながら、 「二人で年を越せるのが嬉しいな、と」 目を反らしながら言った。 嬉しい、か。 コイツもそんなこと言うんやな。 自分の後輩として迎え、早10ヶ月。 メンバーにも馴染んでくれたし安心している。 「皆さんと過ごすのも勿論楽しかったんですが、 やっぱりコネシマさんとが一番落ち着きますね」 「……おぉ、なんかありがとうな」 「料理美味しいです」 ショッピくんは湯気をフーフーと冷ましている。 なんかかわええな笑 「……かわえぇな」 「……はい?」 あ、しまった。 言葉に出てしもうた…… どうにかしてごまかさんと……と思っていた矢先、 「不意打ちって……そりゃないですわ……」 と、ショッピくんが聞こえるか聞こえないかの ような声で呟いた。 さらに顔が赤い。 「い、今の忘れてくれ!どうかアイツらには」 チクられたら終わりや。 きもがられるわ…… 「え。 忘れるって……今のはなんだったんですか」 「や、だから冗談やって」 「冗談なんですか……」 今度は何やら落ち込んでしまった。 今日のショッピくんはやっぱりおかしい。 「いや可愛くないわけではないで?ただ本音が」 いや、待て。 本音じゃない。 これは。 でも、確かに可愛いと思ったのは事実…… 「っはー……」 ショッピくんは額を押さえてため息をついた。 さらに顔が赤い。 誤解されたら大変やな…… 「ショッピくん大丈夫?ほら、もう0:00に、」 ショッピくんの背後の壁にある時計の針が 12を指すのを見届けようと、見上げていると、 口に異物が当たり、何やら目の前が暗くなった。 「……ん??」 これは……柔らかい? え、待て、これ……キスやん、 ショッピくんとキスしてるんか、俺 途端に体が熱くなった。 ショッピくんから俺に…… しばらくして、俺の口は解放された。 「ハッピーニューイヤー……」 こたつ越しに、ショッピくんの 真っ赤な顔が見えた。 「ショッピくん……」 「すみません、いきなり。 タイミングがこれしか」 キスされた?てことは…… 「告白します。 ……僕は先輩が好きです」 突然のことだらけで、頭が真っ白になりかけた。 俺のことを?ショッピくんが? 前からショッピ君は気になっていた。 だが性別的にあり得ないとほぼ諦めていた。 なのに、相手から告白されるなんて。 想像するわけないやんか…… 「……返事は?」 いやぁ、これは、ショッピ君はずるい…… 「俺も、好きやで……前からずっと」 そう答えると、互いの顔が赤くなるのが分かった。 「もう一回、いいですか」 「ええで」 そう言い、ショッピ君は俺の唇に重ねた。 「また、一年間よろしくお願いします」 「」 俺は無言でうなずいた。

次の

受け 漫画 我々だ ショッピ

ショッピ小説

〇〇の主役は我々だコミュニティ の主役は我々だ宣伝垢 グルッペンtwitter 鬱先生twitter トントンtwitter コネシマtwitter オスマンtwitter ひとらんらんtwitter シャオロンtwitter 兄さんtwitter ゾムtwitter ロボロtwitter ショッピtwitter. 魔界の主役は我々だ16話のネタバレ 華麗なるウツの踊り 処刑玉砲本番大先生の応援しに行かなな 面白いものが見られそうな気がするとチーノとショッピは観戦をしに行く そしてウツの様子を見てみるとーーーーそこには華麗に踊りながらボールを避けているウツの姿があった. ショッピくん おしゃれまとめの人気アイデア Pinterest Anzuu 画像 の主役は我々だ 我々だlog ユートのイラスト pixiv. 我々だ 漫画 ショッピ. 駅イラスト無料イラストなら 最も人気のある 我々だ イラスト の主役は我々だ 我々だlog ユートのイラスト pixiv 我々だ イラスト google 検索 我々だ我々だ イラスト我々 我々. この作品ショッピ同志の死人が出るバイク講座はwrwrd の主役は我々だ小説500users入り等のタグがつけられた小説です ショッピくんつべの企画考えてくんね 嫌です スピーカー越しの単調な返事にグルッペンは軽く肩を落とす. ショッピ at peacewrwrd チーノ at c1nowrwrd 多分本物 我々だ告知用twitter at oowareware1945 category entertainment show more show less loading. Bloveビーラブは投稿したbl小説漫画イラストなどの作品同士がつながるbl創作コミュニケーションサイトです の主役は我々だ ショピコネ コネシマ宅にてーーー そろそろお開きにするか そうやな時間も時間やし. Pixiv japan ショッピ 449 novels found. Find more works related to zomu and fan work. 20200209 pinterest で yukinamorita さんのボードショッピくんを見てみましょうショッピくん我々だゾムのアイデアをもっと見てみましょう.

次の

wrwrdのショッピくんは、シッマの後輩なのは知っているのですが、シ...

ショッピ小説

「じゃあ大元の元凶は貴方が作った試薬品だと」 「ええ、貴方の推察した通り。 少しばかりゾム君に協力して貰ったんですよ」 「ほんまココで試すのは止めてくれませんかねぇ… 毎度毎度巻き込まれるワイ達の事も少しは考えて欲しいわ」 「まぁ、たまにその悪行に喜々として参加する何処ぞの総統サマも人の事を言えないんですがねぇ?」と言葉を続けたトントンは隣のグルッペンに冷たい視線を送る。 視線を受けた方は「そんな悪い奴が居るのか」と素知らぬ顔をしてほざいているが、若干声が小さくなっているので罪悪感はあるのかも知れない。 それでも彼の中には悪行自体を止めるという選択肢は無いのだろうが… 近い未来、また同じような珍事件に頭を悩ませる己の姿が思い浮かび、トントンは溜息を吐いた。 「で、詳しい所を聞く前に、まずはこれをどうにかして欲しいんだが」 グダグダ話してる余裕もない。 さっさと事態の終息を、とグルッペンは話を切り出した。 「あ、そうだね。 ひとまず先に止めなきゃね。 えっと、じゃあそうだね… 彼と彼がいいかな?」 そう言って目ぼしい二人を見つけると、手招きをした。 呼ばれたエーミールとショッピは首を傾げながらも手招きしたDr.クラレの元へと歩いてくる。 そしてクラレは二人だけにボソボソと耳打ちをしたかと思うと、後は任せたとばかりに二人を当事者の方へと押し出し自分は後ろに下がった。 一方、碌(ろく)な説明もないまま押し出された二人は、何が何だか分からないといった感じだったが、そこは軍人、さっさと思考を切り替えると互いに向き合った。 ショッピがおずおずと頭を下げる。 それに応えるようにエーミールは手を伸ばすとショッピの頭を優しく撫で始めた。 「ショッピ君はいつも偉いなぁ」 エーミールが幾分大きめの声で褒め言葉を言って視線を当事者の方へと向けると… 「…」 足を止めて目を見開き、ジーっとこちらを見つめるゾムの姿があった。 ゾムの急な変わりようにコネシマ達も手を止めたようで、静まりかえった空気の中、その場の全ての視線がエーミールとショッピ、ゾムの三人にそそがれた。 そんな視線にもゾムは一切動じる事なく、ひたすらエーミールとショッピを見ている。 ゾムの見つめる視線には、まるでショーウィンドウに飾られた玩具を欲しがる子供のような、物干しそうな熱が籠もっているように感じた。 その様子にピンとくる物があったのか、エーミールはニコリと笑みを見せると先程よりも声のトーンを上げて喋りだした。 「ショッピ君はほんま偉いなぁ! 私、知ってますよ。 仕事を任せればきちんとやり遂げるし、真面目だから団体での訓練の後に時間を作っては自主訓練までしてはるって! 伸びしろもあるから、頑張った分技術面も伸びてきてるしね。 ほんま感心するわぁ!」 聞こえが柔らかくなるように堅苦しい敬語を崩し、これでもかって程ショッピの事を褒めちぎると、乗せていた手を大きく動かしグシャグシャと頭を撫でた。 物欲しげな子供に伝わるように大袈裟に、子の意識を惹きつけるようににこやかに。 一連の動きをジーっとゾムは見つめていたかと思うと、そろそろと近付いてきた。 そしてショッピの横に並ぶように立つと、フードを落として頭を垂れ、押し付けるようにエーミールへと差し出した。 その様子は、あたかも僕も撫でてと言うように、彼等の瞳には映った。 そんな可愛らしいゾムの仕草にエーミールは微笑むと、そっと手を伸ばし撫で始めた。 「ゾムさんも、いつもありがとうな。 ゾムさんが他国に赴いては情報を取ってきてくれて、邪魔な上層部があれば暗殺してきてくれるから私達もスムーズに仕事を進められるんや。 どんな高難易度の任務もこなしてくれると安心して任せられるのも、ゾムさんだからこそやで」 ゆったりと優しく撫でてやると、気持ち良さそうでいて、何とも嬉しそうな蕩(とろ)けた顔を見せた。 こんな大きな子供も、弟もいないのに。 何かが目覚めそうになった。 心の柔らかいところがくすぐられる。 「ほんま頼りにしてるで」 何も言わない代わりに、もっと撫でてと言うようにゾムは頭を掌に押し付けると、催促するようにエーミールの服の端をクイクイと引っ張った。 気付いたエーミールに再び撫でられ満足そうに微笑むゾムに、見ている者の母性本能がくすぐられてしまう。 撫でてる側も満更でもない顔をしていて、それがまた可笑しかった。 - 46 - [] [] ページ:.

次の