在 大韓民国 日本 国 大使 館。 日本と韓国の空間線量率【在大韓民国日本国大使館】

在大韓民国日本国大使館

在 大韓民国 日本 国 大使 館

多核種除去設備、いわゆるALPS(アルプス)等で浄化処理した水(ALPS処理水)については、その取扱いの決定に向け、風評被害などの観点も含め、国の多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 小委員会)で総合的に検討しており、現時点において、何らかの具体的な結論を出していない。 こうした検討状況等については、日本政府は、これまで累次にわたり、貴国を含む各国の在京大使館向け説明会(2018年10月)や国際会議(2019年7月WTO・SPS委員会)で説明してきている。 これに加え、在京韓国大使館に対しても個別に、2018年10月以降4回にわたり、本件に関し、透明性を持って丁寧に説明してきている。 さらに、2019年2月には、貴国政府の求めに応じ、経済産業省は日韓海洋環境実務者会合において、福島第一原発の汚染水対策の現状及びALPS処理水の現状について説明した。 2019年8月19日に、こうした点を説明するため、日本側の発意により、在韓国日本大使館公使が貴国外交部を往訪した。 ALPS処理水の取扱いに関する議論の状況、データなどについては、経済産業省及び東京電力のホームページを通じて、情報公開を行ってきているが、これまでの韓国側の説明要請に対する回答は、以下のとおり。 引き続き、処理水の取扱いについては、小委員会で検討を行っていく。 2 汚染された地下水の流出可能性について IAEAから、「周辺海域や外洋では放射性物質濃度は上昇しておらず、WHOの飲料水ガイドラインの範囲内にあり、公衆の安全は確保されている」との評価を受けており、汚染された地下水が公衆の安全に影響を与えるレベルで流出していることはない。 3 ALPS処理水の管理について 建屋内で発生した高濃度の汚染水から、複数の浄化処理設備によりトリチウム以外のほとんどの放射性物質が取り除かれたALPS処理水がタンクにおいて保管されている。 保管に当たっては、二重の堰を設けるなど、複数の漏洩対策が実施されている。 その貯蔵量は、2019年7月18日現在で、約115万㎥である。 4 ALPS処理水取り扱いの検討状況について 小委員会において、風評被害などを含めて総合的にALPS処理水の取扱いを検討しているところであり、方針を決定する時期は決まっていない。 5 国際環境団体の主張について 上記1. 及び4. (4)でも記したとおり、ALPS処理水の取扱いは検討を継続しているところであり、何らかの具体的な結論を出した事実はない。 経済産業省ウェブサイト IAEAウェブサイト(英語) 東京電力ウェブサイト(英語) 5. さらに、2019年9月4日、日本国外務省内に於いて、在京外交団向け説明会を開催する予定。 御関心があれば、参加いただきたい。 関連リンク• 担当 資源エネルギー庁 原子力発電所事故収束対応室長 土屋 担当者:羽田、下里 電話:03-3501-1511(内線 4441) 03-3580-3051(直通) 03-3580-0879(FAX).

次の

2019年度後援・支援行事

在 大韓民国 日本 国 大使 館

最近,特に韓国において日本の放射線量等についての関心が高まっていることを踏まえ,日本の首都(東京),福島県(福島市・いわき市)及び韓国の首都(ソウル)の空間線量率について,今後,原則として大使館休館日等を除く毎日更新することとし,過去の記録についてもアーカイブ化することとしました。 以下に示すとおり,日本の下記3都市の空間線量率はソウルを含む海外の主要都市のそれと比較しても同等の水準です。 なお,天候などの違い(注)により,環境中の放射線量は変動します。 日本政府としては,今後も科学的根拠に基づいた正確な情報を提供し,透明性をもって丁寧に説明していく考えであり,日本の放射線量についての 韓国国民の理解が深まることを希望します。 atom-moc. pref. fukushima. nsr. kins. asp? コレっすね。 まあ、こういう話になると「天然放射能」とか「人工放射能」とか韓国では言い出すみたいですね。 そのうち「養殖放射能」とか言い出すかもしれません。 Q:自然放射線と人工放射線では体に与える影響は違うのですか? また、外部被ばくと内部被ばくでは体に与える影響は違うのですか? A:自然界に存在しており、私たちが普段の生活の中で自然にあびている「自然放射線」と事故により放出された放射性セシウムや病院でのX線撮影やCTスキャン等であびる「人工放射線」も放射線としては同じものです。 そのため、アルファ線、ベータ線、ガンマ線が同じで、さらに同じエネルギー、同じ量の放射線が人体の同じ部位に当たった場合、人工放射線も自然放射線も影響に違いはありません。 すなわち、自然放射線は体に良く、人工放射線は体に悪いということはありません。 また、同じ線量を被ばくした場合の影響は、外部被ばくと内部被ばくでも違いはありません。 引用ここまで.

次の

在大韓民国日本国大使館とは

在 大韓民国 日本 国 大使 館

在朝鮮日本公使館()• :に日本公使館設置• :でが焼き討ちされる• :倭將臺下の李鐘承宅へ移転• :朴永孝宅を購入して新築• :で焼失• :緑泉亭に移転• :に設置• :により、公使館廃止。 となる。 6月22日:調印• 6月30日:在ソウル在外事務所開設• 1965年12月18日:大使館業務開始• 1月16日:釜山に領事館設置• 1966年4月22日:領事館が総領事館に昇格• 1月:在済州総領事館設置• :日本国大使館正面にを設置• :による• 2012年7月9日:• :建物建て替えのため、日本国大使館および領事部は鍾路区栗谷路ツインツリータワーへ移転 歴代在韓日本大使 [編集 ] 代 大使 任期 備考 前職、その他 20 - 金融・世界経済に関する首脳会合担当大使 19 - 2019年 、2017年1月から4月にかけて12週間ほど一時引揚 18 - 2016年 17 - 2012年 在大使 16 - 2010年 在大使 15 - 2007年 在ジュネーブ国際機関大使 14 - 2005年 外務審議官 13 寺田輝介 - 2003年 12 - 1999年 外務審議官 11 山下新太郞 - 1997年 10 後藤利雄 - 1994年 9 柳健一 - 1992年 8 梁井新一 - 1990年 7 御巫淸尚 - 1987年 6 前田利一 - 1984年 5 - 1981年 駐インドネシア大使 4 西山昭 - 1977年 3 後宮虎郞 - 1975年 2 金山政英 -1972年 1 木村四郎七 -1968年 前田利一 -1966年 臨時代理大使 歴代在李氏朝鮮公使 [編集 ] 大使 任期 備考 - 1880年まで代理公使 大韓民国との紛争 [編集 ] 2012年、在韓日本大使館の建て替えが計画された。 日韓関係の深化に伴い業務が増え手狭となり、また建物の老朽化も進んだため、地下3階、地上6階建大使館への建て替え計画であった。 文化財である(王宮)に近接していることから、敷地は文化財保護法の適用範囲内にあり、同法の高さ制限に抵触するとして、文化財委員会が反対した。 これに対し日本政府ほ、大使館は高層ビルに囲まれており、景福宮との間には今回の建築計画よりも高い17階建のビルもある。 景観への影響はないと反論したが、韓国側は長らく建設許可を認めなかった。 2013年、東京の韓国大使館の新築計画が浮上。 在韓日本大使館の建築を認めず、東京の韓国大使館の新築に取りかかれば、日韓の新たな火種になりかねず、韓国外交部が再検討を促し、文化財庁は取り壊し後に発掘調査を行う条件で承諾した。 そして、発掘調査で朝鮮時代と推定される遺物が発見されたものの歴史的な価値は認められず、工事は可能となったが、日本政府は工事に着手しなかった。 日本政府と外務省は着工しない理由を明らかにしていないが、大使館前に設置されたいわゆる慰安婦像が影響していると言われている。 着工しないまま4年近くが経過し、日本大使館側が着工延長申請をしなかったことから、韓国ソウルの鐘路区は、2019年3月、在韓日本大使館に新築ビルの建築許可の取り消しを通知した。 1月9日までがを務めていたが、「に基いて直ちに撤去されるべき像を、韓国当局が日本側からの慰安婦像撤去の申し入れに応じない」という重大な合意違反に対する抗議として、長嶺大使は市内ので記者団に設置について「極めて遺憾だ」と述べた上で、赴任地の韓国から引き揚げた。 その後、長嶺大使の再赴任と後任者の任命のいずれも行われず、駐韓日本大使の不在期間としては歴代最高記録を更新し続けていたが 、12週間ほど置いた4月4日、北朝鮮によるミサイル発射や朴槿恵前大統領の罷免などの情勢急変を受けたの判断により、長嶺大使が帰任した。 その他 [編集 ]• 2017年4月19日、釜山総領事が釜山市東区の朴三碩区長と面会し、領事館前に設置された慰安婦像の撤去を求めた。 また、像の撤去が行われない場合、総領事館を連絡所へ格下げする案を伝えた。 、釜山総領事館に韓国人学生7人が敷地内に侵入、建造物侵入などの現行犯で警察当局に拘束された。 学生らは、総領事館の前で日本の輸出規制に抗議する集会を開いていた団体に呼応するように、敷地内から「主権侵奪、安倍糾弾」などと書いた横断幕を掲げようとしていた。 2020年4月2日、釜山地方裁判所は被告人の韓国人学生6人に対し、罰金300万ウォンを「2年間宣告猶予」すると言い渡した。 裁判長は「被告人たちの行動に国民も共感した。 だが手続きを間違えた」と述べ「社会進出を準備している大学生である点などを判決で考慮した」と執行猶予を付した理由を説明している。 脚注 [編集 ] []• p343 2013年 ISBN 4569816479• 2012年5月30日• 在大韓民国日本国大使館• - 2017年1月9日• - 2017年1月22日• - 2017年4月4日• 産経新聞 2017年4月18日. 2020年4月4日閲覧。 日本経済新聞 2019年7月22日. 2020年4月4日閲覧。 FNN 2020年4月2日. 2020年4月4日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - 元• - 元公使• - -• 外部リンク [編集 ]• (日本語)• (日本語)• (日本語) この項目は、(地方の・などを含む)に関連した 書きかけの項目です。

次の