ダーリンアイウォンチュー。 ♪ ダーリンアイウォンチュー : テレビ斜懸垂

IwantU/アイウォンチュー www.digitaleskimo.net に登録してみた

ダーリンアイウォンチュー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 「アイ・ウォント・ユー 」 の 収録アルバム 『 』 リリース 録音 トライデント・スタジオ(1969年2月22日) (1969年4月18日 - 8月11日) 時間 7分47秒 『 』 収録曲 A面• 「 アイ・ウォント・ユー」 B面• 「」 ミュージックビデオ - 「 アイ・ウォント・ユー」( I Want You She's So Heavy )は、に発表されたの『』に収録された曲。 概要 [ ] 作詞、作曲、リード・ヴォーカルは。 ビートルズの公式発表曲中、歌詞のあるものに限れば一番長い曲でもある(7分44秒)。 タイトルは「She's So Heavy(シーズ・ソー・ヘヴィ)」と表記されることもある。 ジョンは1968年頃から後に妻となるに捧げた曲を作っているが、本作も彼女にささげたもの。 単純な歌詞がひたすら繰り返されることから、発表当時「ジョンの作詞能力は枯渇した」と非難する向きもあった。 ジョン自身は「アイ・ウォント・ユーこそが、一番、大切な言葉なんだ。 それを繰り返しただけ」と語っている。 1969年2月22日、トライデント・スタジオで演奏のベーシック・トラックとレノンのガイド・ボーカルが録音された。 同日のレコーディング・セッションにはが参加した(ジョンズの名義をプロデューサーとする資料もあれば、エンジニアとする資料もある)。 その後、4月18日から8月11日にかけてでオーバーダビングが行われた。 ラストではジョンによるによる演奏()が延々と続く。 この曲はアナログアルバムではA面最後の曲だが、いきなり止まって終わる。 実際の演奏時間は8分4秒あったのだが、ミックスを聴いていたジョンが「そこでテープを切れ! 」と叫び、のが7分44秒の位置でテープを切ったことから今のような形になった。 にリリースされた『』にて「」や「」とコラージュされた音源が収録されており、本作のラストのギター・コードが使用されている。 - 、、()、• - ハーモニー・ボーカル、• - ハーモニー・ボーカル、、リードギター(マルチトラック)• - 、、• - 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• "the most convincing exploration of blues and progressive rock the Beatles ever attempted, "I Want You She's So Heavy ""• Perone, James E. 2012. 213. Sander, Ellen 1969-10-25. 52: 69. 100 Greatest Beatles Songs. Rolling Stone. 2012年6月18日閲覧。 ジョニー・ディーン編『ザ・ベスト・オブ・ザ・ビートルズ・ブック 日本語翻訳版』平林祥・新井崇嗣・上西園誠訳、リットーミュージック、2005年、p. 228• 、新井崇嗣訳 『サウンド・マン』 、2016年2月22日、157頁。 Willman, Chris 2006年12月26日. Entertainment Weekly. 2018年10月14日閲覧。 2006年11月20日. 2018年10月14日閲覧。 2005. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties Second Revised ed. London: Pimlico Rand. 342. この項目は、に関連した です。

次の

♪ ダーリンアイウォンチュー : テレビ斜懸垂

ダーリンアイウォンチュー

なんでも 「名曲特集」 的な企画だそうでカーペンター兄がピアノを弾きながらSMAPメンバーと歌っている様子が予告編的に映っていた。 あんなに歌の上手い妹と長年過ごしてきたひとにSMAPの歌声で演奏させるのは本当に本当に恥ずかしい。 私の一回の飲み代分ぐらい払ってもいいからやめさせたいのだがそうもいかないらしい。 あきらめ気分で液晶画面を観ていると80年代ぐらいからの名曲がかかっていた。 近くのテーブル席に座った男二人組はたぶん30才ぐらいだろう。 話しぶりからすると東京でテレビ関係の仕事をしているらしい。 あと サイケデリック・ミカ・バンドとか。 みんな同じ感じで。 」 と言っていた。 ツッコみたい点がありすぎて頭の中が痒くなった。 で、そのあと画面に 「金曜日の妻たちへ」 の主題歌 「恋におちて」 を、スマスマで歌う女性歌手の姿が映った時。 カウンターに座ったカップルの女性(20代後半から30か)が 「 このひとってこうやって何年も経ってからテレビに出てもキレイだよね。 小坂明子 だっけ」 と言っていた。 小林と小坂の2曲はもう何年も経てば 「どっちも似たような感じ」 にされてしまうのかも知れない。 2人自体もか。

次の

【歌詞和訳】I Want You (She’s So Heavy)

ダーリンアイウォンチュー

なんでも 「名曲特集」 的な企画だそうでカーペンター兄がピアノを弾きながらSMAPメンバーと歌っている様子が予告編的に映っていた。 あんなに歌の上手い妹と長年過ごしてきたひとにSMAPの歌声で演奏させるのは本当に本当に恥ずかしい。 私の一回の飲み代分ぐらい払ってもいいからやめさせたいのだがそうもいかないらしい。 あきらめ気分で液晶画面を観ていると80年代ぐらいからの名曲がかかっていた。 近くのテーブル席に座った男二人組はたぶん30才ぐらいだろう。 話しぶりからすると東京でテレビ関係の仕事をしているらしい。 あと サイケデリック・ミカ・バンドとか。 みんな同じ感じで。 」 と言っていた。 ツッコみたい点がありすぎて頭の中が痒くなった。 で、そのあと画面に 「金曜日の妻たちへ」 の主題歌 「恋におちて」 を、スマスマで歌う女性歌手の姿が映った時。 カウンターに座ったカップルの女性(20代後半から30か)が 「 このひとってこうやって何年も経ってからテレビに出てもキレイだよね。 小坂明子 だっけ」 と言っていた。 小林と小坂の2曲はもう何年も経てば 「どっちも似たような感じ」 にされてしまうのかも知れない。 2人自体もか。

次の