トラディショナルな服。 モーホーム(トラディショナル) /タイ作務衣 通販【MonkeyBanana】

モーホーム(トラディショナル) /タイ農民服 通販【MonkeyBanana】

トラディショナルな服

アメリカントラディショナルとは何か? 【1章】アメトラを紐解く4つの時代区分とアメリカンスタイルの原点 こんにちは。 いつも「洋服屋の一生モノブログ」をご覧いただきありがとうございます。 僕は服飾業界に身を置く33歳です。 この業界でのキャリアは、今年で節目の10年に到達しました。 前回のでは、 日本人の多くが抱いている「アメリカン・トラッド論」がアメリカ服飾史の中の一点を限定的に捉えただけの「時が止まってしまったアメトラ論」であることを説明しました。 そしてそれを、 「日本式ガラパゴス・アイビー」と表現しました。 今回からの「アメリカントラディショナルとは何か?【本章】」では、アメリカン・トラッドの本質をわかりやすくまとめていきます。 どうぞ最後までお付き合いください。 【1】アメリカントラディショナルとは何か?〜4つの時代的分類〜 まず「アメリカントラディショナル」は、アメリカの時代背景に沿って 4つに分類できます。 この4つの分類が非常に重要です。 【1】トラディショナル・アメリカンスタイル(19世紀末〜20世紀初頭) 【2】アイビー・ルック(戦後1954年頃〜1960年代半ば) 【3】ブリティッシュ・アメリカンスタイル(1960年代後半〜1970年代) 【4】プレッピー・ルック(1980年代) 日本人に根付いている「アメトラ論」はこの中の【1】の時代の一部と【2】の時代を限定的に論じたものです。 つまり、かなり「点の話」をしているのですね。 時代区分が全く頭にないため、「ブルックスブラザーズ」と「J. PRESS」・「ポールスチュアート」と「ラルフローレン」を同時代のものとして平然と論じてしまえるのです。 ちなみに各社の創業は、以下の通りです。 ブルックスブラザーズ・・・1818年 J. PRESS・・・1902年 ポールスチュアート・・・1938年 ラルフローレン・・・1967年 ラルフローレンとブルックスブラザーズの間には、約150年の時代差があります。 実に1世紀半です。 日本に置き換えると、ブルックスブラザーズが創業した時日本は「江戸時代後期」で、ラルフローレン創業時の日本は「東京オリンピック直後」です。 これを一括りにして論じるのは、誰がどう考えても無理があると思いませんか? 「アメリカントラディショナル」とは、この4つのアメリカを代表するブランドが、それぞれの時代において、その時々にふさわしい服作り続けた結果生まれた「歴史的産物」というべきでしょう。 それでは、ここからいよいよ「アメリカントラディショナル」を時代背景に沿って順に追いかけていきます。 【2】アメリカンスタイルの原点〜トラディショナル・アメリカンスタイル〜 まずは、「トラディショナル・アメリカンスタイル」です。 時代区分で言うと、19世紀末〜20世紀初頭です。 この時代のキーワードは、「アイビーリーグ」「カスタム・テーラー」です。 19世紀末〜20世紀初頭にかけては「既製品」という考えがほぼなかった時代ですから、洋服は基本的に誂え(あつらえ)ものでした。 その為この時代の立役者は、主にアメリカ北東部のアイビーリーグの名門私立大学の所在地にある、カスタム・テーラーでした。 その代表例が「J. PRESS」です。 PRESS」は1902年、ニューヘイブンにあるアイビー校の名門イエール大学のすぐ近くで、創業者のジャコビー・プレスが、一人一人採寸して仕立てる「カスタム・メイド」の店として歴史をスタートさせています。 その顧客のほとんどがイエール大学の学生かOBで、出入りしていたのは錚々たる面々であったことが知られています。 有名なのは、第41代大統領のジョージ・H・Wブッシュと、その息子で第43代大統領のジョージ・W・ブッシュがそうですし、日本人では昭和天皇の側近で、内閣総理大臣にもなった近衛文麿もイエール大在籍中に出入りしていたといわれています。 【ジョージ・H・W・ブッシュ大統領】 【ジョージ・W・ブッシュ大統領】 【近衛文麿】 その為、当時の店はさながら上流階級のサロンのようだったことが容易に想像できます。 では、明確な「アメリカンモデル」の服が確立していない19世紀末頃、名門大学近郊にあった「カスタム・テーラー・ショップ」では、どのような服が作られていたのでしょうか? 想像するに、この時手本にしたのは英国でしょうから、それは限りなく「ブリティッシュ・モデル」に近いものであったと思われます。 もともとアイビーリーグ自体、英国の名門校(ケンブリッジ大やオックスフォード大)をモデルにしてできた事を考えると、そのスタイルも大いに参考にして取り入れた可能性は高いと言えます。 こうして、当初参考にしたブリティッシュ・モデルが基礎となり、時代が進み20世紀に入ると、そこにアメリカ独自のエッセンスが加えられ、徐々に「アメリカンモデル」の源流が出来上がっていきます。 そして、 最終的にたどり着いたのが、1901年にBrooks Brothersが発表した「No. 1サックモデル」でした。 その特徴はこうです。 1サックモデル】 そして、これがその後につながる「アメリカン・スタイル」のすべての原型です。 こうしてできあがった「アメリカントラディショナルの原型」を元に、時代は「アイビールック」へと進んでいくのです。 〜続く〜 【参考文献】.

次の

【とび森】トラディショナルなアクセサリー・服・靴一覧まとめ

トラディショナルな服

「トラディショナル」の意味と語源 「トラディショナル」の意味は「伝統的」 「トラディショナル」は、「 伝統的」という意味のカタカナ語です。 また、「因襲的」「旧式なさま」という意味合いでも使用されることもあります。 「伝統的」とは、信仰・風習・思想といった様々な分野において古くからのしきたりや、様式・傾向などが受け継がれているということを表現している言葉です。 例えば、日本で言うと「着物」は古くから伝わるものであり、「伝統的な衣服」であると言えます。 このように、古くから伝わっているものを「伝統的」といい、「トラディショナルスタイル」といったように流行に左右されない伝統的なファッションを言い表す時に使用されることが多いです。 「トラディショナルファッション」については、後述しますのでそちらを参考にしてください。 「トラディショナル」の略は「トラッド」 「トラディショナル」は、略して「トラッド」と言います。 例えば、「ドラッドな」という表現は「トラディショナルな」と言っているのと同じで、意味は「伝統的な」という意味になります。 その他にも ・トラッドだ ・・・・「伝統的だ」 ・トラッドスタイル・・・ 「伝統的なスタイル」 というような表現で使用することができます。 「トラディショナル」の語源は英語で、スペルは「traditional」 「トラディショナル」の語源は、英語「traditional」です。 「traditional」は形容詞です。 「traditional」の意味は「慣習に従うこと、または人の集団や社会において長い間変化せずに続いている行動様式」です。 よって、日本語だと「伝統的な」が近いです。 名詞は「tradition」です。 「伝統」という日本語はポジティブな意味合いが強いですが、「traditional」は「古臭い」というニュアンスで使うこともあります。 「トラディショナル」の使い方と例文 「トラディショナル」は良い意味でも悪い意味でも使う 「トラディショナル」は、上述しているように「伝統的」という意味のある言葉で、良く言えば「古き良き」といった表現と同じように「昔の時代の良さがある」「かつての趣がいい味を出している」というニュアンスになります。 しかし、「伝統的である」ということは、昔から続いているものということなので、言いようによっては「時代遅れ」「古臭い」「ダサい」という悪い意味にもなってしまいます。 とくに「若者」のように、流行に乗るのがイケてる!と感じるような若者世代にとっては、古き良き者の良さというものは中々伝わらないものです・・・。 このように、「トラディショナル」は良い意味でも悪い意味でもあるということを頭に入れておきましょう。 「トラディショナルな」の形で使う 「トラディショナル」は、「トラディショナルな」という形で使用されることがほとんです。 例えば、 ・トラディショナルな思考 ・トラディショナルなファッション ・トラディショナルな音楽 ・トラディショナルな部分 といった使われ方をします。 また、「トラディショナルの〜・・・」や、「トラディショナルだ」と言い切る形でも使用されます。 例文 ・彼女は年齢が若いわりに、トラディショナルな思考の持ち主であると感じる ・トラディショナルなファッションがとてもよくに合う顔立ちで羨ましい ・祖母の影響でトラディショナルな音楽に小さな頃から触れてきました。 ・トラディショナルな部分を取り入れてみても面白いものができあがりそうですね。 「トラディショナル」の類語 「クラシック(classic)」の意味は「古典的な、一流の」 「クラシック」の意味は「 古典的な」となります。 これだと「トラディショナル」と「クラシック」の意味の違いが分かりづらいですが、「クラシック」の元の意味は「 第一級の、一流の」であり、「クラシック」は常にポジティブな意味合いを伴います。 一方「トラディショナル」は良くも悪くも「伝統的」という意味合いで、「クラシック」とは微妙にニュアンスが異なります。 「トラディショナル」は、脈々と受け継がれてきたという意味合いが強く、「古臭い」という意味で捉える人もいるので、常にポジティブな意味であるとは言えないという違いがあるということを頭に入れておきましょう。 例文 ・クラシックな雰囲気がとっても素敵な喫茶店を見つけたので、今度紹介します。 ・植物にクラッシク音楽を聞かせると育ちが良いみたいです。 ・クラシック思考なので、生徒には厳しい指導をすることが当たり前だと思っています。 ちなみに英語「classic」と「classical」には意味の違いがあるので注意です。 下記の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてみてください。 「コンベンション(convention)」は「しきたり」 「コンベンション」には ・因習、しきたり、習慣 ・会議、集会、大会、協議会 ・大会参加者、出席者 といった意味があります。 従来から一般化している因習に対して「コンベンション」という言葉が使用されることがありますが、「伝統的」という意味で使用されることはあまりありません。 さらに、「因習」なので、悪いしきたり的な意味で使用されていることがほとんどです。 特に、 「コンベンション」が日本でカタカナ語として使用される場合は、多くの人が集まる学会や会議、ライブといったイベントを指している言葉になります。 例文 ・年配の社員は、部下をコキ使うというコンベンションに囚われている傾向にある。 ・なんとかコンベンションから解放されるべく、時間をかけて賛同者を増やしていくつもりです。 ・コンベンション的な考えから抜け出さない限りは、業績が伸びることはないと思いますよ。 「オーセンティック(authentic)」は「本物」「正統的」 「オーセンティック」は、「authentic」という単語が語源のカタカナ語です。 元々の「オーセンティック」には「 本物の」「 主要な」という意味があり、日本でも同様な意味で使用されます。 日本では、「本物」といったことから「信頼できる」「正統的」というニュアンスも込めて使用されます。 「本格的な〜」や、「正統的」といった意味で使用されることから、「正しく受け継いでいる」ということで「伝統的」という意味のある「トラディショナル」と類語になると言えるでしょう。 例文 ・この作品は、ある意味オーセンティックなものであると言えるでしょう。 ・オーセンティックな中華料理が食べられるお店を知りませんか? ・今回のデザインは、非常にオーセンティックな面が強調されていておしゃれである。 「コンサバティブ(Conservative)」は「保守的な・控えめな」 「コンサバティブ」は、英単語の「Conservative」が語源のカタカナ語です。 「コンサバティブ」は「 保守的な・控えめな」という意味合いで使用される言葉であり、この「コンサバティブ」という言葉を略してコンサバ」と使われています。 「保守的」とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命など急激な改革に反対する思想をもつことをいいます。 日本では、「コンサバファッション」というように「控えめ」という意味合いで使用されることが多いのですが、政治的な意味では「保守的」という意味合いをもって使用されるため、「トラディショナル」の類語であると言えます。 例文 ・彼はコンサバよりの考えをしているので、説得するのは中々難しいかもしれません。 ・コンサバ的な人のほうが、なんとなく親近感を感じるし、馬があいます。 ・この会社はコンサバ系でどんなに結果をだしても結局、年功序列制度だから意味がない。 日本語の類語は「旧習」「仕来り」「習慣」「言い習わし」など 日本語の類語には「旧習」「仕来り」「習慣」「式礼」などがあります。 ・「 旧習」 「旧習(きゅうしゅう)」の意味は、「昔からの習慣・古い習わし」です。 例文 ・祖父は旧習を守って生活をしている人でした。 ・旧習を打破することも、これからの発展のためには必要なことだろう。 ・「 仕来り」 「仕来り(しきたり)」の意味は、「 昔からの習わし」です。 「前々からそのようにしていた」ということを「仕来り」と表現することができます。 例文 ・各家庭それぞれに、何かと独自の仕来りがあって話しを聞いてみると面白いものだ。 ・島にあった古い仕来りも、今はほとんどなくなってきてしまっているようだ。 ・「 習慣」 「習慣(しゅうかん)」の意味は、「 日々の決まった行いのこと」です。 長いあいだ続けることによって、そうすることが当たり前になることを「習慣」と言います。 例文 ・その国の風俗習慣にふれるのも、旅の醍醐味であると言えるだろう。 ・お正月は何が何でも1円もお財布から出さないというのが我が家の習慣です。 ・「 言い習わし(いいならわし)」 「言い習わし」の意味は、「 古く昔から言われ継がれている言葉や習慣」です。 例文 ・「石の上にも三年」という言い習わし通り、最初の三年はしんどくても耐えていました。 ・日本には興味深い言い習わしが沢山あるので、調べて見るとおもしろいですよ! 「トラディショナル」の対義語 「コンテンポラリー」は「現代的な様子」 「コンテンポラリー」は、「 現代的な様・当世風」という意味の言葉です。 元々は「ラテン語」が語源となっているカタカナ語です。 「バレエ」など、古くから伝わる音楽や衣装を使用してもダンスではなく、何にも定義づけない自由な表現をするダンスを「コンテンポラリーダンス」と言ったりします。 また、「インテリア」においても「コンテンポラリースタイル」といって、居心地の良さを重視した自由度の高いインテリアを「コンテンポラリースタイル」というものがあります。 「昔からあるものに縛られない自由な・・・」といううニュアンスが強い言葉です。 例文 ・表現の自由が認められはじめ、反社会性の強いコンテンポラリーな作品も増えてきました。 ・彼女が得意としているのはコンテンポラリーなデザインです。 ・トラディショナルな雰囲気と、コンテンポラリーな雰囲気を上手く調合させてみてはどうだろうか。 「モダン」は「今風でおしゃれであること」 「モダン」の意味は、「 近代的な」「 今風でおしゃれであること」です。 「モダン」と上述した「コンテンポラリー」は非常に意味が似ている言葉ですが、微妙にニュアンスが異なります。 「モダン」のほうが、「近代的」ですので、どちらかというと「今までにない新しいもの」というニュアンスが強い言葉になります。 例文 ・モダンなデザインが気にいって即決で買ってしまったが部屋の雰囲気に合わなかった。 ・全体的にモダンな設計で・・・と注文しているので完成が楽しみです。 ・私の祖母は年齢の割にモダンな女性だったので、外を出るととても目立っていた。 日本語の対義語は「現代的」「今日的」「今めかしい」「革新」など 日本語の対義語には「現代的」「今日的」「今めかしい」「革新」などがあります。 ・「 現代的」 「現代的」の意味は、「 今の時代のものとおして新しさがある様子」です。 例文 ・最近では小学校の授業でプログラミングを習うなど教育も現代的になってきたと言える。 ・日本で現代的な都市と言えば、やっぱり東京なのではないでしょうか。 ・「 今日的」 「今日的(こんにちてき)」の意味は、「 現代に関する様子」「 今の状態にふさわしい様子」です。 例文 ・まったくテレビを見ないので、今日的なことは全然わかりません。 ・父は、古い仕来りばかりを気にするタイプで今日的なことには疎い。 ・「 今めかしい」 「今めかしい」の意味は、「 現代的でしゃれている」です。 例文 ・彼女はいつだって流行を気にしていて、今めかしいファッションをしている女性だ。 ・今めかしいデザインの物は、年配の方には好まれない傾向がある。 ・「 革新」 「革新(かくしん)」の意味は、「 制度や組織、習慣を新しくすること」です。 例文 ・とにかく弊社は技術革新のために資金をつぎ込んでいるといっても過言ではない ・誰でも簡単に作れる革新的スイーツレシピを考案した。 「トラディショナル」の熟語 トラディショナル・スタイル(服) 「トラディショナルスタイル」は、 伝統的なメンズスタイルを指すファッション用語です。 「トラディショナルスタイル」には、「ブリティッシュトラディショナル」と、「アメリカントラディショナル」という2つの種類があります。 「 ブリティッシュトラディショナル」は、イギリスの伝統スタイルです。 ・3つボタン ・3ピース ・肩パット ・ウエスト絞り ・低めのラペル (上襟に続く身頃の折返し部分) が特徴で、スーツスタイルの原点となっているものです。 「 アメリカントラディショナル」は、「ブリティッシュトラディショナル」がアメリカに伝わった際に、アメリカの合理的な考え方を元に生み出されたスタイルのことをいいます。 つまり、「ブリティッシュトラディショナル」のアメリカ版です。 ・段返り三つボタン ・ナチュラルショルダー ・ウエスト絞りのないボックス型 が、特徴のスタイルです。 トラディショナル・アート 「トラディショナルアート」とは、「 伝統的なデザインの絵画」です。 「桜吹雪」や「富士山」など入れ墨として体にいれているような日本を象徴するようなデザインが、日本で言うところの「トラディショナルアート」にあたります。 その他にも、インドだったら「象」など、その国の伝統的なデザインってありますよね。 そういった国の伝統的なデザインの絵画が「トラディショナルアート」です。 トラディショナル・ミュージック 「トラディショナル・ミュージック」は、「 伝統音楽」のことです。 「伝統音楽」とは、その国の人たちが固有に受け継いできた伝統雨滴な音楽のことをいいます。 「トラディショナルミュージック」は、学術用語ではないため、これが「伝統音楽だ」と言える明確な定義がありません。 トラッド・ジャズ 「トラッド・ジャズ」は、「トラディショナルジャズ」を略したものです。 「トラディショナルジャズ」は、 ・デキシーランドジャズ ・ニューオリンズジャズ ・スウイングジャズ ・ブルース ・ラグタイム など、 古くから伝わるジャズの総称です。 「トラディショナルジャズ」は、ジャズの原点であると言えるでしょう。 ベタとは、水を入れたコップの中でも飼育することができるので、観賞魚をしてとても人気の高い熱帯魚です。 「トラディショナルベタ」は、通称「トラベタ」「並ベタ」と呼ばれていて、様々な種類のベタの中の定番中の定番の種類のベタであると言えます。 色彩がとてもシンプルなバランスの良いスタイルをしているる品種です。 とっても体が丈夫で、初心者でも簡単に飼育ができるのも、この「トラディショナルベタ」であるとも言われています。 トラディショナル・タトゥー 「トラディショナルタトゥー」とは、 時代や流行にとらわれないデザインのタトューのことをいいます。 日本の「トラディショナルタトュー」と言えば、「和彫」とも言われていて、「龍」や「鯉」のデザインなどがあります。 「アメリカントラディショナル」と言われているデザインでは、イーグルやパンサーなどの動物をモチーフにしたものや、星などのデザインが多いです。

次の

モーホーム(トラディショナル) /タイ農民服 通販【MonkeyBanana】

トラディショナルな服

アメリカントラディショナルとは何か? 【1章】アメトラを紐解く4つの時代区分とアメリカンスタイルの原点 こんにちは。 いつも「洋服屋の一生モノブログ」をご覧いただきありがとうございます。 僕は服飾業界に身を置く33歳です。 この業界でのキャリアは、今年で節目の10年に到達しました。 前回のでは、 日本人の多くが抱いている「アメリカン・トラッド論」がアメリカ服飾史の中の一点を限定的に捉えただけの「時が止まってしまったアメトラ論」であることを説明しました。 そしてそれを、 「日本式ガラパゴス・アイビー」と表現しました。 今回からの「アメリカントラディショナルとは何か?【本章】」では、アメリカン・トラッドの本質をわかりやすくまとめていきます。 どうぞ最後までお付き合いください。 【1】アメリカントラディショナルとは何か?〜4つの時代的分類〜 まず「アメリカントラディショナル」は、アメリカの時代背景に沿って 4つに分類できます。 この4つの分類が非常に重要です。 【1】トラディショナル・アメリカンスタイル(19世紀末〜20世紀初頭) 【2】アイビー・ルック(戦後1954年頃〜1960年代半ば) 【3】ブリティッシュ・アメリカンスタイル(1960年代後半〜1970年代) 【4】プレッピー・ルック(1980年代) 日本人に根付いている「アメトラ論」はこの中の【1】の時代の一部と【2】の時代を限定的に論じたものです。 つまり、かなり「点の話」をしているのですね。 時代区分が全く頭にないため、「ブルックスブラザーズ」と「J. PRESS」・「ポールスチュアート」と「ラルフローレン」を同時代のものとして平然と論じてしまえるのです。 ちなみに各社の創業は、以下の通りです。 ブルックスブラザーズ・・・1818年 J. PRESS・・・1902年 ポールスチュアート・・・1938年 ラルフローレン・・・1967年 ラルフローレンとブルックスブラザーズの間には、約150年の時代差があります。 実に1世紀半です。 日本に置き換えると、ブルックスブラザーズが創業した時日本は「江戸時代後期」で、ラルフローレン創業時の日本は「東京オリンピック直後」です。 これを一括りにして論じるのは、誰がどう考えても無理があると思いませんか? 「アメリカントラディショナル」とは、この4つのアメリカを代表するブランドが、それぞれの時代において、その時々にふさわしい服作り続けた結果生まれた「歴史的産物」というべきでしょう。 それでは、ここからいよいよ「アメリカントラディショナル」を時代背景に沿って順に追いかけていきます。 【2】アメリカンスタイルの原点〜トラディショナル・アメリカンスタイル〜 まずは、「トラディショナル・アメリカンスタイル」です。 時代区分で言うと、19世紀末〜20世紀初頭です。 この時代のキーワードは、「アイビーリーグ」「カスタム・テーラー」です。 19世紀末〜20世紀初頭にかけては「既製品」という考えがほぼなかった時代ですから、洋服は基本的に誂え(あつらえ)ものでした。 その為この時代の立役者は、主にアメリカ北東部のアイビーリーグの名門私立大学の所在地にある、カスタム・テーラーでした。 その代表例が「J. PRESS」です。 PRESS」は1902年、ニューヘイブンにあるアイビー校の名門イエール大学のすぐ近くで、創業者のジャコビー・プレスが、一人一人採寸して仕立てる「カスタム・メイド」の店として歴史をスタートさせています。 その顧客のほとんどがイエール大学の学生かOBで、出入りしていたのは錚々たる面々であったことが知られています。 有名なのは、第41代大統領のジョージ・H・Wブッシュと、その息子で第43代大統領のジョージ・W・ブッシュがそうですし、日本人では昭和天皇の側近で、内閣総理大臣にもなった近衛文麿もイエール大在籍中に出入りしていたといわれています。 【ジョージ・H・W・ブッシュ大統領】 【ジョージ・W・ブッシュ大統領】 【近衛文麿】 その為、当時の店はさながら上流階級のサロンのようだったことが容易に想像できます。 では、明確な「アメリカンモデル」の服が確立していない19世紀末頃、名門大学近郊にあった「カスタム・テーラー・ショップ」では、どのような服が作られていたのでしょうか? 想像するに、この時手本にしたのは英国でしょうから、それは限りなく「ブリティッシュ・モデル」に近いものであったと思われます。 もともとアイビーリーグ自体、英国の名門校(ケンブリッジ大やオックスフォード大)をモデルにしてできた事を考えると、そのスタイルも大いに参考にして取り入れた可能性は高いと言えます。 こうして、当初参考にしたブリティッシュ・モデルが基礎となり、時代が進み20世紀に入ると、そこにアメリカ独自のエッセンスが加えられ、徐々に「アメリカンモデル」の源流が出来上がっていきます。 そして、 最終的にたどり着いたのが、1901年にBrooks Brothersが発表した「No. 1サックモデル」でした。 その特徴はこうです。 1サックモデル】 そして、これがその後につながる「アメリカン・スタイル」のすべての原型です。 こうしてできあがった「アメリカントラディショナルの原型」を元に、時代は「アイビールック」へと進んでいくのです。 〜続く〜 【参考文献】.

次の