立花 nhk 裁判。 【NHK】イラネッチケー受信料裁判

NHK、“NHKから国民を守る党”の立花孝志党首を、受信料未払いで提訴

立花 nhk 裁判

代表・立花孝志からの挨拶 我が社の経営理念は、会社としての活動を行うことを通じて、社会に貢献をすること。 愛の心を持ち、感謝の気持ちを忘れないことである。 なぜならば、そこから素晴らしい人間関係という財産が生まれるからである。 財産とはお金やモノや不動産だけではない。 人間関係や知恵という掛け替えのないものこそ一番の財産なのだ。 そのためには株主の利益を守ること、 従業員に快適な労働の場を提供すること、 顧客の皆様に喜んでいただくこと。 以上をもって社会に貢献していくことを経営理念とする。 これらの経営理念は、放送事業を通して、視聴者、国民の方々に喜んでいただくための 放送をお送りしていくことで、皆様にお伝えして参ります。 視聴者の皆様のありとあらゆるご要望に応え、社会の役に立つ事業を目指し、 これからも私どもは、常に視聴者の皆様のためになる放送を追求して参ります。 皆様方には、今後ともより一層のご期待とご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 立花孝志ひとり放送局 株 代表取締役社長 立花孝志 あなたのNHK受信料不払い・NHK受信料拒否をサポートします。

次の

NHKが裁判に移行する基準

立花 nhk 裁判

代表・立花孝志からの挨拶 我が社の経営理念は、会社としての活動を行うことを通じて、社会に貢献をすること。 愛の心を持ち、感謝の気持ちを忘れないことである。 なぜならば、そこから素晴らしい人間関係という財産が生まれるからである。 財産とはお金やモノや不動産だけではない。 人間関係や知恵という掛け替えのないものこそ一番の財産なのだ。 そのためには株主の利益を守ること、 従業員に快適な労働の場を提供すること、 顧客の皆様に喜んでいただくこと。 以上をもって社会に貢献していくことを経営理念とする。 これらの経営理念は、放送事業を通して、視聴者、国民の方々に喜んでいただくための 放送をお送りしていくことで、皆様にお伝えして参ります。 視聴者の皆様のありとあらゆるご要望に応え、社会の役に立つ事業を目指し、 これからも私どもは、常に視聴者の皆様のためになる放送を追求して参ります。 皆様方には、今後ともより一層のご期待とご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 立花孝志ひとり放送局 株 代表取締役社長 立花孝志 あなたのNHK受信料不払い・NHK受信料拒否をサポートします。

次の

裁判なら俺に任せろ。NHKの受信料ハラスメントを完全撃退する方法=立花孝志

立花 nhk 裁判

ちょっと立花さんの色んな動画を見すぎて、あやふやな記憶ですが(最近は選挙活動動画が多くて記憶がごっちゃに)、B-CASカード番号を教えたとは、現在のテレビには1台ごとにテレビの横とかにB-CASカードが刺さっています。 このB-CASカードには番号か何かが書かれているのですが、これをNHKに伝えた人が、1%の確率で裁判になるようです。 なぜNHKに伝えたのか?ですが、BSを見ようとすると、未契約の場合、画面いっぱいに文字が出てきて視聴の邪魔になるみたいなんです。 これが嫌だ!と思った人が、NHKに文字を消して!と電話して、B-CAS番号を教えたことで、テレビを持っている証拠となり裁判される確率が上がるそうです。 (もしNHKに裁判された場合、立花さんに電話すれば裁判費用は立花さんが負担してくれますので、裁判になっても怖くありません。 ただ裁判に負けた場合のNHK受信料は払わなくてはならないようです。 立花さん曰く、NHK受信料とは、裁判で負けてから初めて支払えばいいんです。 一人でも多くNHK受信料を不払いして、このNHK受信料制度をやめさせましょうということです。 ) そして、NHK受信料を支払わない方法は、契約しちゃったけど払わないという不払い方法(クレジットカードで契約してしまった人は自動引き落とし出来ない、預金なしのすっからかんの銀行口座などに変更するといいらしいです確か。 )と、そもそも契約しない未契約の方法があります。 実は、契約したけど払わない不払いの人は裁判の可能性が少し上がりますが、5年以上不払いをしていれば、5年で確か時効になります。 ただしNHK側は一応20年分までは請求できるらしいんです。 でも払う側は5年時効ですから、5年以上払う必要はありません。 どういうことかというと、NHKには最大20年分まで払って!と発言・要求する権利はあるけれど、払う方は了承せず5年分だけ払うということでいいそうです。 例えば、NHK受信料不払い歴17年のAさんがいるとして、NHKが17年分払いなさい!といって裁判してきて、Aさんが立花さんに依頼すると裁判費用は立花さんが負担してくれます。 (裁判資料も立花さんが作ってくれます。 )そして、Aさんが裁判に勝って払わなくてもいいとなったら払わなくてもいいし、裁判に負けた場合、5年時効という判決になるはずなので、NHKは17年分払って!と主張してくるけど、Aさんは5年分だけ払えばいいということになります。 私の記憶があやふやなのと、裁判を繰り返すことによって、最新の情報が少しずつ変わることがあるので、立花さんの動画を見たりして、最新の情報を確認した方が良いと思いますが。 最近の情報だと、NHKが30年分の支払いを要求してきたとかで???となっています。 やっぱり記憶があやふやなのかしら私・・・。 あ、思い出しました。 このニュースです。 <2019年8月20日追記> 「放送受信料支払い期間指定書」の書類を書いて、残高0の銀行口座でも良いから教えてくれれば、一括請求されなくなる。 という、嘘(かな?)を吹き込んできた集金人がいたそうです。 例えば、契約してずっと受信料を不払いしていた人が、この書類を書くと、「私は受信料を支払います」と意思表示していることになるそうです。 仮に20年不払いしていれば、5年で時効となるため、裁判で負けたとしても、5年以上前の残り15年分は請求されませんが、この書類を書いてしまうと、それが無効になるんだそうです。 つまり20年全部払わないといけなくなるようです。 不払い派の人は、「放送受信料支払い期間指定書」の書類は書かないように、ご注意ください。 <追記ここまで> NHK受信料は、みんな支払っているから自分だけ支払わないのは不公平だと思っているから支払っている、という人も多いと思いますが、今のテレビはB-CASカードがあるので、スクランブル放送ができます。 スクランブル放送すれば、NHKを視聴している人のみが払うというシステムが行えます。 本当に公平な支払いというのは、スクランブル放送だと思うんですね。 裁判で負けて、それから支払っている人や、仕方なく支払っている人などもいると思いますが、立花さんが代表を務める「NHKから国民を守る党」の勢力が増して、議員も増えたりして、政治への影響力も増せば、NHKに対抗できるようになり、スクランブル放送の主張ができるようになります。 この「NHKから国民を守る党」は、勢力が増していて、現在12人の議員がいます。 どんどん増えていて、参議院選挙にも出る予定だそうです。 対NHKをかかげた金儲けと思う人もいるかもしれませんが、立花さんは何年も前、巨大組織のNHKに対抗するのは無謀だと言われていたころから、コツコツ活動してここまで大きな政党になるのを見てきました。 (私はYoutube動画くらいしか確認できていませんが)今の立花さんの年収は3000万くらいらしいですが、いい事をしている人なら、どんどん稼いでいいと思うんですよね。 大きな巨大組織に忖度するより、いい事したり信念を貫いたら稼げるんだ!と、そういう世の中になったらいいですよね・・・。 なので、間違ってるかもしれないのです・・・。

次の