ブラボ パイル ハンマー。 【ブラボ攻略】黒獣パールの倒し方と古狩人デュラの会話イベントのやり方 : ダークソウル3/ブラッドボーン攻略サイト

モーション値

ブラボ パイル ハンマー

欠点は 内臓攻撃の弱さ。 武器の当てにくさも含めて、敵対ゲストにどう対処するか。 血質と神秘、どちらを7にするかお好みで 重い深淵血晶のおかげで、 扱える武器は多種多様です。 最前線で戦いつつ、ルドウイークの長銃で敵対ゲストへのけん制もこなします。 ホストやゲストなど状況を選ばず活躍できます。 血晶石は3デブ産の物理血晶石で構成します。 リーチやスタミナ消費の観点から、 複数の敵を同時に殲滅する力に乏しいため、攻略ではしっかりと回避中心のプレイを心がける必要があります。 1周目攻略はノコギリ槍と仕込み杖で頑張ります。 遺骨は攻略単体では使い勝手が悪いため、持久力30と併せて 対人用です。 この特徴を最も生かせるのはやはり 侵入ゲストやタイマンでしょう。 そして何より、 銃デブ マラソンが大変です。 上記理由につき、建前上はオススメしません。 対人はゴースの寄生虫の変形後ステップ攻撃とL2爆発が主戦力になります。 血の弾生成と脈動血晶石による自給自足スタイル。 やはりといいますか、体力10では 協力マルチプレイが厳しいです。 ソロ or 侵入オンリーしか生きる道はないでしょうか。 最後はノコや寄生虫で攻撃しなければならないため、持久力を少しでも高くすることができる過去『過酷な運命』を選びます。 単純に 脳筋ビルドや 神秘ビルドとして使えるのもよいところです。 欠点といえば、 内臓攻撃が弱いこと、レベルが高くなること。 協力ゲストでは内臓攻撃をする機会が少ないため使い勝手良好です。 月光の聖剣はスタミナ消費が大きいため、持久力を高くします。 1つ上のビルドと比べると、冷たい深淵血晶による強力な属性武器が使えなくなる代わりに、 上質系武器および 内臓攻撃が使えるようになります。 光波技は刀身まできっちり当てましょう。 近接寄りなら技術に振ります。 1発の火力は高いものの、攻略で扱うには 燃費が悪いです。 瞬間火力&範囲攻撃に優れていることから、ホスト・協力ゲストもろとも吹き飛ばす 侵入ゲストで使う方針がベストであると考えます。 モブを援護するガトリング銃、角待ち瀉血L2など嫌がらせ要素?も満載です。 人型には内臓攻撃、獣・眷属には属性武器 と徹底した攻略スタイルが可能なホスト向きでしょうか。 炎落葉にしてマリア様コスも可能です。 欠点は体力の低さ、2属性武器を効率よく強くできないこと。 上質以外の2種ビルドは総じてコストパフォーマンスが悪いです。 神秘は 40で止めずに 50まできっちり上げたいところです。 マラソンも大変です。 レベル24はレベル4ホストに呼ばれる最大のレベルであるため、低レベルお助けゲストキャラという立ち位置です。 ゲスト用として愛用していますが、 安定感抜群です。 惜しむらくはこのレベル帯は 周回攻略に恵まれないこと。 聖杯探索、 ボス練習などに重宝します。 器用貧乏キャラとしてお蔵入りした ファーストキャラの救済にオススメです。 持久力は40以降の伸びが極端に悪くなります。 対人は苦手。 【上質】 万能職。 コストパフォーマンス最大。 低レベルにもよい。 【技量】 やや 対人向き。 マラソンが容易。 【血質】 対人向き。 凶悪な攻撃多し。 マラソンが大変。 【神秘】 攻略向き。 寄生虫は対人も強い。 マラソンが大変。 体力30くらいが目安でしょうか。 火力とトレードオフになることから、 「1周目の協力マルチプレイを想定し、力強いゲストとして活躍したい」 というときには、協力ゲストであっても攻撃ステータスを優先します。 一方、周回では 体力40~50は欲しいところです。 「ホストもしたい。 ゲストもしたい。 周回するかもしれないし、周回ホストに呼ばれても戦えるようにしたい。 」 と プレイスタイルは定まっていないけれど長期的に使っていきたい場合は、とりあえずの体力40~50がオススメです。 高倍率のカウンターでどうせ即死するなら体力は低くていいのでは? A. 即死する攻撃の種類を減らすことに意義があります。 高体力でも即死する敵や攻撃は存在しますが、 そこらの雑魚敵の攻撃で即死しないことがはるかに重要です。 あまりの少なさに「持久力は初期値で十分」と言われるほど。 とはいえ、一族の末裔の持久力8ではカツカツです スタミナ残量の読み合い、追撃・追いかけっこなどで差が出ることから、 対人ビルドで重要視される傾向が強いです。 左回り2コ目以降はコストパフォーマンスが悪いため省略します。 【メリット】 ・緊急回避や銃撃など、次の行動に即移行できる。 ・無駄が少ない。 【デメリット】 ・ブンブンするのでなければ不要である。 ・代表的なモーションしか考慮していない。 ・スタミナがわずかに残るため、振りすぎると不応期が長い。 ・血晶石のデメリットのスタミナ-分を考慮していない。 ローリング攻撃も同様です。 したがって 「ステップR1から始動し、通常R1をブンブンして離脱する」 という動作を想定する場合でも、 中段・下段を選択すればOKです。

次の

古狩人デュラ

ブラボ パイル ハンマー

ダクソ3発売も目前、今更武器記事書いたところで需要があるのか、多分ないな。 それでもやります。 自己満足の最後の武器語り。 全武器強いモーションや、強くないけど使わざるを得ないモーションを解説し、最後に総評という形になっているので詳しく読みたい方は初めから、ざっくり武器性能を知りたい方は総評から入ってください。 ノコギリ鉈 R1の初段性能はかなり優秀。 振りは最速クラス、範囲は広く、火力も十分。 当てた時に相手にのめりこむような状態ならその後に相手の動きを見てステ狩りなどにも移項できるので初段当て様子見も強い。 その後のラッシュ性能も回転が速く、範囲も広く、火力も高い。 ブンブンは全武器最強でしょう。 更にディレイをかければ2段目なら相手の左ステップが、三段目なら右ステップがかれる。 ただしディレイ撃ちは食らい即銃撃されるとパリィされるので注意。 ステップ攻撃は可もなく不可もなく、相手に密着して振るタイプとしては及第点な性能。 弱くはないが強いともいえないが、密着してからのブンブンが強いため総合的に見れば優秀な部類。 最後の削りより差込用のモーションといえる。 ダッシュ攻撃はそれなり、ゲーム自体がダッシュ攻撃が弱いので使わなくてもいいかも。 変形攻撃は発生が早い上にリーチが長く、モーション値130と非常に強力。 ステップからの後ろステ狩り、ブンブンからの後ろステ狩り、どちらにも運用できる。 やや銃撃パリィに弱いがリターンも相応なので強い。 変形後は正直使い道が見つからないが、前ステ攻撃だけは優秀で、変形攻撃を当てたあとのトドメには使っていける。 とにかく接近戦でアホみたいに強く、片手が空くなど汎用性が非常に高く、ほとんどのキャラでメイン、サブ、どちらにも運用できる。 ブラボは基本、ノコギリ鉈を使う、使われることを前提にゲームが出来ているので、もし他の武器を使う場合はノコギリ鉈との相性や、ノコギリ鉈を使わない場合はなぜ使わないかが大事になる。 ノコギリ鉈と相性がいい武器は、ノコギリの得意なぶんぶん以外が得意な武器。 逆にノコギリ鉈を使わないという場合は使わないだけの理由がほしい。 ブラボは前ステップが非常に強く、密着戦をしないという選択肢はまずないので接近戦が最低限は出来る武器を選ばないとジリ貧になる。 総評としてはブラボを象徴するような武器。 接近のブンブンがとにかく強く、片手が空くため銃パンゲーとも相性がいい。 メイン、サブ、どちらにもかなりの汎用性を持ち、まずノコギリ鉈を使う、使わない、使われたときどうするかを考えるのがブラボの対人戦の基本となる。 どのキャラでも運用できるがノコギリ鉈を最高火力で運用するなら筋力より上質が一番。 重い深淵と物理27.2二つで内臓攻撃が1000ダメージを超えるので、実質的にアプテ後は槍より鉈のほうが強い。 また基本火力が槍より高いため、神秘キャラなら補正が一緒な分こちらのが強くなる。 非常に強い武器ですが、結局振る必要がある時点で事故る、というかこのシステムでコイツが最強じゃない時点で何かがおかしい。 やっぱ銃パンはあかん。 ノコギリ槍 ノコギリ部分は完全に鉈と被る、変形後は鉈よりも使いやすいが変形後の槍を使う場面がまずない。 ダッシュ攻撃の突きはそこそこ優秀だが、ダッシュ攻撃が出来るくらい余裕があるなら曲刀や慈悲とか、もっと削りに向いた武器がある。 ステップ攻撃も普通に使える部類だが、正直鉈のが強い。 総評としては重い深淵で鉈に全ての面で負けてしまった。 火力も負けて、内臓攻撃ダメもかわらず、武器の選択肢も重い深淵採用筋力上質のが多くて、悲しい。 もし採用するなら技血マンや技神マンあたり限定になりそう。 獣狩りの斧 変形前はやや遅めの範囲広いぶんぶん。 振りが遅い割りに火力はノコギリ級で、特に使い道が見つからない。 ただし、弱いわけではない。 もし獣狩りの斧だけで戦うなら変形前も十分使っていける性能。 ディレイをかければ横ステはガンガン狩りにいける、後ろステも変形攻撃である程度狙えるためそれなりに戦えるレベルはある。 変形後はステップ攻撃、R2チャージ、L2が強力で、R1もアーマー頼みで触れなくもない性能。 ステップ攻撃は突き、発生が早く、火力も十分で立ち回りの要。 これだけで勝ちに行く武器ではないが、他のモーションが強烈すぎて警戒されまくるので案外通るし、前ステ攻撃を警戒させることで他のモーションが当てやすくなる。 R2チャージはホストすらワンパン可能な超高火力攻撃。 2段技な上に回転攻撃なので範囲も広く、非常に強力。 獣狩りの斧を使うならこれを当てることが最終目標になる。 ただし、強力すぎるゆえに警戒され、最大じゃないR2はただの縦切りで使いにくいのが欠点。 当て方を工夫する必要がる。 L2は横への範囲の広い振り回し。 発生は遅めだが範囲、火力、アーマーともに強く獣狩りの斧の第2の主力。 獣狩りの斧自体がリゲイン量が多めなのか、囲まれてる状況でもリゲイン込みで案外振り回せる 総評としては変形後のリーチのあるそこそこ使いやすいモーションで立ち回りながらR2チャージを当てる武器。 もちろん立ち回りを完全にノコギリに任せて最大チャージのみを狙う武器として運用してもいい。 重い深淵、物理27.2、物理27.2でもR2チャージでホストに即死を期待できる1500級ダメが出るようになったので重打ではなく物理で突きも使っていけるようになったのでアプデでかなり使いやすくなった。 獣狩りの曲刀 変形前はダッシュ攻撃、変形攻撃が優秀。 変形前ダッシュは踏み込みが長く、武器自体が長いのでかなりの差込性能になる。 変形攻撃はやや溜めてから一気に踏み込む攻撃。 武器チェン直後用のステ狩りモーションで、このモーションがなかったら少し評価が落ちていたかもしれないくらい便利。 変形後は全てのモーションがステ狩り用という、ステップを狩る鬼。 R1はやや溜めてから一気に踏み込む。 相手の後ろステップを見てから狩れて、横ステも結構引っかかる。 ダッシュ攻撃は非常に発生が早く、踏み込みも早い攻撃。 範囲はそこまでだが発生と踏み込み速度だけでガンガン当てにいける。 ステップ攻撃は発生が早く、踏み込みもある攻撃。 これも発生と踏み込みで無理やり当てにいく。 非常に優秀。 ブンブンは範囲はそれなりだが、ラッシュが早く火力もある。 差込性能自体がクッソ優秀なので使う場面が多い。 変形攻撃はモーション的には中々優秀だが、詰めに使う曲刀で自分から下がっていくのはどうなんだろうか。 火力も普通で中々使い道がない。 総評としてはステ狩り用武器。 変形後のステ狩り性能が非常に高く、相手に当てる性能もとにかく高いので相手が待ちを固めてる状況を崩すときや、最後の一発用とあると便利な武器。 武器チェン直後でも変形攻撃やダッシュ攻撃でミリ削りは得意で、自分の役割を忘れないクッソ有能な武器。 ノコギリのサブとしては最有力候補。 曲刀からしても近距離戦が苦手なのでノコギリはパートナーとして非常にうれしい。 ちなみに筋力補正が元からDもあるので重い深淵で筋力上質のが技量上質より火力が出る。 仕込み杖 変形前は振りは早いが火力、範囲に足りないモーションが多め。 使いやすいがやや力不足といった形。 R1は振りがノコより実はやや遅め、範囲も狭く、相手に前ステで潜られると2段目がまず当たらなかったりするので密着戦はそこまで得意じゃない。 変形後はR1は思ったよりも範囲もリーチもない。 案外振りが速いが強いとはいえない。 ダッシュ攻撃、ステップ攻撃は変形前にリーチを継ぎ足した形になっていて範囲、リーチともに優秀で使いやすい。 基本的には優秀なステップ攻撃を軸に戦うことになる。 R2は発生はそれなりで、範囲、リーチともにかなり優秀。 範囲は正面と右側にかなり広い。 モーション値もそこそこでステ狩りで当てられれば勝ち筋に直結する。 前ステ攻撃、ダッシュ攻撃からディレイをかけて右の回転するあたりを相手のステ方向に向けてやれば中々引っ掛けやすい。 総評としては小さくまとまった武器。 使いやすい、ちょっとへんなことも出来る。 けどなんか地味。 そんな武器。 変形後のみを運用してメインはノコという形も、変形前で接近戦を何とか誤魔化して、変形後で強みを見せつつ、足りない火力を裏で補ったりとイロイロ考えてるうちは楽しいタイプ。 実際使うとやや物足りない性能で、一番の勝ち筋がステ攻撃で削って輸血パリィだったり。 もし変形攻撃が強ければ変形前と変形後をガンガン入れ替えて戦うテクニカルな武器になっていたかもしれない。 獣肉断ち 変形前はややリーチがあるが火力が落ちた獣狩りの斧の変形前といった印象。 割と戦えんこともないが、特徴もない。 変形後は振りが非常に遅い範囲攻撃武器。 R1は正面へのリーチは大したことはないが範囲自体は広め、ただし誘導が切れるのが早いので横ステ狩りはノーロックでステ方向にあわす必要がある。 ノーロックでステ方向あわすならノコでも結構狩れるのに火力も大したことなく、振りが遅いこいつでなぜそんなことをしなければいけないのか。 R2は正面へのリーチは長いが、火力はそれなりで範囲がクッソ激烈に狭い。 後ろステ狩り用のモーションっぽいのに後ろ斜めステやら軸が少しでもズレるだけで当たらない。 その上にモーションが非常に遅い。 振るまでも遅く、後ろステ一点読みでも間に合ってないときがある。 その上に硬直がかなり長い、実は密着時に当てると相手がノコのR1が反確する。 ステ攻撃はそれなりに使いやすい、気がする。 あくまで獣肉断ちの中では使いやすいだけで別に強くない。 何より当てたあとの状況が接近戦が非常に弱いのでよろしくない。 総評としては武器単品で運用するなら変形前がそれなりなので使えるかも。 変形後は範囲の広い武器としては仕込み杖、アメン腕と比べると利点がほとんどない。 一応重打属性なので重い深淵、重打で火力は出せるが、範囲攻撃って火力より最後のミリ削りなどの当てやすさが重要なのに当てにくいモーションばかりなのもマイナス。 個人的にはカレル付きの獣の爪と並ぶ産廃。 葬送の刃 変形前はR1はやや発生こそ遅いものの、範囲、火力ともに優秀で二段目の発生も早く、出てしまえば強いモーション。 リーチもあって、結構引っ掛け性能も高く、本当に振ることさえできれば強い。 ダッシュ攻撃はデモンズの直剣ダッシュを鋭くしたような非常に優秀なモーション。 範囲も広く、当てたあとの状況もよろしい。 前ステ攻撃は範囲こそ狭いものの、発生とリーチに優れ、火力あって優秀。 R1がやや使いにくいためこちらが主力になりやすい。 変形後はダッシュ攻撃と変形攻撃とR2チャージが優秀、あと横ステ攻撃が優秀だが横ステからの突撃モーション自体がやや使いにくいので出番が少ない。 ダッシュ攻撃は範囲、リーチ、発生、踏み込み、火力、どれもが優秀。 パリィ判定が長いくらいしか弱点がない。 当てたあとはディレイ変形攻撃でステ狩り狙ってみたり、変形前で戦ったり、あえていきなりR2を溜め始めたりと状況有利を押し付けられる。 変形攻撃はそこそこ発生が早く、範囲に非常に優れた攻撃。 被パリィ判定が長いのでリスクは高いが強いモーションなのは間違いなく、当てた後の状況も変形前の前ステ攻撃あたりを押し付けにいけるので強い。 R2チャージは火力こそそれなりだが範囲が非常に広く、当てたあとに吹っ飛ばすために状況もよい。 壁に隠れて貫通を狙ったり、ダッシュ攻撃などを当てたあとや、前ステから唐突に狙ったりと範囲を利用した運用が楽しい。 またR2はためなしもそれなりに使える性能なので早漏ぶっぱも視野に入れる必要がある。 総評としては特化した強みはないものの、総合力では非常に高い武器。 葬送一つで差込、ぶんぶん、ワンチャン、このゲームの武器振りに求められるものが全部そろったいい武器。 欠点としてはぶんぶんをノコギリ、差込を曲刀、ワンチャンを聖剣に区分けして運用したほうが強いってこと。 総合力では間違いなくかなり強い武器ではあるものの、武器重量などの制限がないブラボじゃ総合的に強い武器はどうしても目立たない。 慈悲の刃 変形前のR1は振りが早く、範囲が狭い、火力が低い、といった調整。 振っていける性能ではあるが、妙に被パリィ判定が長いのもあって主力にはならない。 ステップ攻撃は中々に高性能。 鋭い横振りもモーション値も高く、主力として使っていける。 また、後ろステ、横ステからも踏み込みが早くカウンター狙いもいける。 ダッシュ攻撃も高性能。 鋭い突きモーションでこちらもモーション値が高い。 変形後は変形前の特徴を更に特化したような性能になる。 R1は火力が更に落ち、範囲も狭いが4段目以降は全て永パになる。 まぁブラボで4発以上も当てる状況がまずないから利点にはならないけど。 さすがに火力が低すぎて、あくまで近距離の補助的な形で使うことになる。 ステップ攻撃は更に鋭く、非常に強力。 ガンガン振っていけるがステップ攻撃は来るのがわかっていれば散弾銃でパリィが簡単に狙えるので相手が狙ってきてるときは読み会いになる。 ダッシュ攻撃も更に強くなる。 ただしステップ攻撃も火力は変形前とは変わらないので注意。 ダッシュR2攻撃も強力。 やや溜めつつ踏み込んで放つ回転切りで怯み時間が長く、R1が確定、怯み時間が長いので前ステを押し付けて有利な読み会いや更にダッシュR2を狙ってもよい。 ちなみに全武器中、恐らく唯一のダッシュL2持ち。 踏み込みつつ攻撃時は下がるというちょっと面白いモーション。 総評としてはステップ攻撃を軸としたすばやい展開が可能な武器。 いかにステップ攻撃を当てていくかが重要になる。 R1は火力は低く、範囲も狭いが振りが速いので密着戦の補助には十分な性能で、ステップ攻撃を当てた後の状況でも擦る相手に強気に振れる。 メインの軸となるモーションが大体刺突なので刺突血晶でも結構強い。 けどステップ攻撃だけで戦うのではなく、他のモーションも使ってこそな部分もあるので物理乗算のが個人的にはオススメ。 ステ攻撃だけで戦うなら車輪のほうが強い。 葬送の刃と同じく総合的に高性能な武器だが、ノコと曲刀で振り分けたほうが強いタイプの武器。 更に葬送よりもやや力不足感がある。 ちなみに珍しい重い深淵物理乗算で筋力50、技量25の筋力上質より技量特化のほうが出る武器。 教会の杭 変形前のR1はやや遅めな突きモーション。 リーチが長く、後ろステを見てから食えるのが他にない特徴。 2段目は発生の早い横なぎ、3段目は逆手に持ち直してからの横突き、2段目の横薙ぎは発生が早く、初段を前ステで潜ってきた相手を狩るのには十分な性能。 ステップ攻撃はR1のような突き。 こちらも後ろステ狩りが可能。 ステから出せるので狩りに向いている。 変形攻撃は発生も早く範囲も広め、モーション値も高めで優秀なモーション。 ただキャンセルタイミングがかなり短いので連携では使いにくい。 突きからディレイでステ狩りなんか出来たら面白かったのに。 変形後は劣化葬送の刃といった印象。 R2の最大チャージが二段チェインで即死するあたりが特徴か? L2はモーションだけならかなり引っ掛けやすく高性能。 ただ火力があまりにも低すぎるのが残念。 総評としてはこちらも高性能にまとまった武器。 後ろステ狩りを軸に立ち回る、ちょっと他とは違う武器。 ただ初段が突きで発生が遅いため、接近戦は結構苦手。 優秀な初段をリーチを活かして立ち回ろうとすると今度は軸が合って銃撃でパリィがガンガン取られたりする、難しい。 基本性能は高いのだがラッシュ力、リーチを活かした立ち回りなど丁寧な部分がブラボに噛み合ってないタイプ。 教会の石槌 変形前は振りがそこそこ、範囲もそこそこ、リーチもそれなりで火力がやや低めのバランス型。 どのモーションもそれなりに使えるが、低性能。 武器単品運用などでもしなければ出番はないだろう。 変形後も強いモーションはない。 R1は判定も狭く、発生も遅い、衝撃波が一応出るがダメージは低く保険程度にしか運用できない。 R2も微妙、最大チャージからの追撃は確定ですごいダメージが出るが当てにくい。 L2のぶん回しはそれなりに使える。 降り始めと振り終わりに判定がないため見た目より狭いが、高火力で広範囲モーションなために主力になる。 重い深淵重打ならカウンター込みで青を即死させられることもある。 しかし発生も遅い上に判定持続がそれなりなので被パリィ判定が非常に長く、振ること自体がリスキーではある。 ダッシュR2もぶん回し、発生こそ遅いものの広範囲高火力モーション、それなりに有用。 総評としては使い道がない、ブラボにある両手持ち高火力路線の武器なのだがただぶん回すなら聖剣が、チャージワンパン狙いなら斧が、イロイロするなら丸ノコが、他にも瀉血や月光など両手持ち高火力武器は銃が使えないだけのデメリットを抱えても使いたいだけの強さがある武器が多いのだが、石槌はどうにも使いにくい。 というかどのモーションも当てるつもりがない。 使いやすいワンパンモーションがないわりに、常用しやすいモーションもないため立ち回りもワンパン狙いも微妙。 火力も補正の関係で聖剣に劣るためただぶん回すのも聖剣に劣る。 というかステップ攻撃が叩きつけってどうなん? ルドウイークの聖剣 変形前は石槌と一緒なので割愛、一応補正の関係でこちらのほうが数字はでる。 変形後は振りが遅めの広範囲高火力武器。 重打なら筋力50技量25などの上質ステがワンパン500超えをたたき出す。 特に使いやすいモーションというのもないがL2は判定こそ狭いものの発生はそこそこでアーマー強度と火力がかなり高い。 相手がアーマーや鉛頼りに殴ってくるからカウンターに入れてやればかなり強い。 変形中攻撃はR1が2チェインする。 1200近いダメージがでるのでゲスト相手ならワンコンが狙える。 聖剣の主力。 総評としては使いやすい高火力枠。 振りは遅いため基本はノコで立ち回り、狙える状況や事故らせたいときに変形中攻撃R1の2チェインワンコンをゲストへ当てることがメインの運用になる。 普通に使っても火力、範囲ともに申し分ないためそこそこ強い。 火力は正義。 聖剣自体は筋力上質の重い深淵重打が最高打点になり、ノコも同じステが最高打点になるためステータス的にもサブ武器含めて無駄がない。 基礎火力が高い上に神秘補正も高いため神秘キャラでも火力目当てで使っていける。 月光の聖剣 変形前は振りが遅いもののややリーチに優れた武器。 パリィも取られやすく、火力もノコ以下なので使う必要はないが、もし武器単品運用するならR2がそこそこ後ろステが狩りやすかったり、R1も横ステは狩れるだけの範囲はある。 変形前はそこそこ戦える弱武器といったところ。 変形後もR1はかなり微妙性能。 振りが遅く、範囲も斜めぶりで狭い上に火力もでない。 おまけに非常に被パリィ判定が長く、振るだけで死ぬ。 当てられる状況でも相手の銃暴れを考えると振らないほうがマシなほど。 R2の光波は最大チャージ、チャージなし、どちらもかなり優秀。 溜めなしは筋力50、技量25、神秘25、全強化血晶で刀身と光波同時ヒットで800台が叩きだせる。 光波だけでも300は出るため刀身ヒットが狙えない状況でも十分な火力になる。 溜めありは刀身込みでワンパン1000超え、更に二段目まで任意で出せるためワンパン系モーションの中ではかなり使いやすい。 光波だけでも600は出る上に光波の怯み時間が非常に長いため当てると事故らせやすい。 L2はかなり微妙な性能。 アーマーの発生が遅い、出が非常に遅い、判定が非常に狭い、火力が大して高くない、アーマーの持続が長い。 いいところがまったくない。 似たような運用が出来る光波が非常に優秀なので使う必要はない。 事故の原因になる。 総評としては光波一点特化型武器。 R2の光波はためなし、ためありともに優秀でかなり強い。 それ以外はゴミクズハゲステロイドなのでまったく使う必要はない。 振るだけでパリィを食らって死ぬ可能性が高まる。 ちなみに物理乗算なら通常振りが、全強化は刀身込みの直撃が、神秘乗算で光波だけが高くなる。 個人的には光波はあくまで刀身込みヒットのワンパン能力が強みであり光波だけでは飛び道具としては性能が低いため、どうせ月光を使うならステ運用が近いトニトルスあたりと同時に採用して全強化で光波と刀身込みのワンパン狙い武器として運用が一番輝くと思われる。 シモンの弓剣 変形前はやや小ぶりな葬送の刃みたいな性能。 ちょっと使いやすくなったけど、その分鋭いダッシュ攻撃やステップ攻撃もなくなってしまった。 一応技量補正Sなのでそれなりに火力はでる。 ダッシュR2なんかは振りが横振りで発生が早く、モーション値も高いため割と優秀。 変形後は弓として遠距離でガンガン戦える。 立ちR1,歩きR1が非常に性能が高く、弾速が非常に早い上にリーチも長いため遠距離戦では他の追随を許さない。 ステップ攻撃、ダッシュ攻撃だとやや射角が狭くなる。 基本的にはR1、歩きR1で運用すべし。 火力も血質50、血質特化血晶で300程度でるため非常に強い。 R2はチャージをし始めた直後の正面45度くらいしか射角がないため使い道がほぼない。 火力自体はそこそこ伸びる、遠距離からバクスタ状態に出来るのでたまには使えるかもしれない。 ちなみに矢は銃弾と違い、非常に弾速が早いため判定が一瞬で抜けていってしまうためステップなどの硬直に刺しにくい。 近距離で使えるモーションもなく、ステップ攻撃、ダッシュ攻撃の性能も低いため近距離ではかなり弱い。 相手に近づかれたら素直にレイパラか千景に切り替えるべき。 総評としては血質の遠距離ガン待ち用武器。 弾速が非常に早く、リーチも長いため遠距離でガンガン運用でき、火力も300と十分すぎる。 レイパラと違い崩し、処理などには向いておらず、あくまで相手のガン待ちに付き合うための武器。 弓でチクチクすることで相手に攻めを強要できる。 待ち続けるなら打ち続けてジリ貧にしてやればいい、こっちは輸血一つで弾5発は確保できるのだから。 レイテルパラッシュ 変形前は使いにくい突きモーション。 振りも早くなく、判定も狭い。 R2が横振りだがやや溜めるためやはり使いにくい。 基本的には変形後で戦う武器。 変形後は振りの速いR1を主軸にするか、R2の銃撃を主軸にするかでキャラステから運用まで全てが違う。 R1を主軸にするなら技量50血質25程度、もしくは40ほど振った技血マンで運用することになる。 R1は振りが速く、ラッシュも速い。 火力こそ低いもののエンチャ込みなら180から200近いダメはでるため速さで押し切る形になる。 R2を主軸にするなら血質50の特化型運用。 血晶も物理も血も伸びる物理乗算ではなく、血特化血晶になるため武器振りは完全にあきらめる形になる。 血質特化レイパラは左手に灰連装のワンパンをチラつかせながら右手の銃撃で戦うことになる。 銃撃は前ステ、後ろステを見てから狩れるため相手を銃撃で動かし、攻めにくる相手、下がる相手を銃撃で狩り、輸血を銃パリィを取って灰連装でトドメ、もし刺しきれなかったらレイパラの追撃が基本の流れになる。 これで1500は出るためホストですら近づかずに倒せる。 非常に強い。 ちなみに立ち銃撃、歩き銃撃よりダッシュ銃撃、ステップ銃撃のほうが銃口補正が強い。 相手を追い詰めるときは出来るだけダッシュ銃撃を意識して使うと命中率があがる。 総評としては振りの速い短剣として運用するか、灰連装と2丁拳銃運用をするかによって大きく顔を変える武器。 振り武器としてみるならリーチ、範囲は狭いため本当に振りの速さだけで戦う武器として運用する。 銃として見るなら非常に高威力な銃と灰連装の同時運用で、銃撃だけでリスクを減らしながら戦える。 武器を振るだけで死ぬリスクを常に抱えるブラボで銃撃だけで戦えるというのは非常に強い。 個人的には技血マンより血質特化運用のが圧倒的に強い武器だと思う。 千景 変形前は非常に特徴のない武器。 やや振りが遅め、判定も縦斬りで広くもないが使いにくいレベルではない。 ダッシュR2の突きだけは中々鋭い。 変形後は両手持ちになる。 補正が血になり、火力もやや高め。 振りは初段だけやや遅く、振り始めさえすればラッシュは速く、縦斬りだが誘導が強いためラッシュ自体は強め。 適当にぶんぶんするだけでも横ステは狩れて、のめりこんでいれば初段で後ろステが狩れたりとモーションの割りにステ狩り性能は高い。 ダッシュR2は非常にすばやいが血質補正が乗らないのが残念。 当てるだけなら非常に性能がいい。 一番の目玉は変形中R1による居合い。 非常に発生が早く、判定も広い。 誘導は余り強くないが範囲の広さでごまかしが利く。 何より火力が非常に高い。 モーション値132は元の数字が高い千景ではとんでもないことになり、居合いのみで600から800、相手の血質防御が低く、更にカウンターなら4桁ダメージで即死もありえる。 変形中にしか使えないため、ステップから運用などは無理なため基本的にはロリ狩り、ステ狩り、ダメージを活かした輸血狩りなどがメインの運用になるが判定と発生を活かして常用しても十分強い。 総評としてはレイパラで動かし、削った相手を狩るための武器。 そこそこ使えるモーションもあり、武器単品で評価しても火力と誘導だけで十分戦えるだけの自力はある。 しかし一番の運用方法はやはり立ち回り最強のレイパラで削り、分断をして、狩り性能が非常に高い千景の居合いで狩る。 これになる。 レイパラは立ち回りこそ強いものの灰がないと狩り性能が低く、千景は立ち回り性能が低め。 組み合わせることで互いの弱点をガッツリ補填しつつ非常に高いレベルで戦うことができる。 レイパラと千景、ブラボは武器を組み合わせることで単品運用より非常に魅力を増す武器が多くあるが、この二つはその中でも一番の組み合わせであろう。 落葉 変形前はやや特徴のない武器。 振りがやや遅め、ラッシュは早いタイプ。 ダッシュ攻撃、ステップ攻撃もそこそこで本当に特徴がない。 聖剣の変形前の銀剣モードよりは強い。 変形後はよく言えば万能、悪く言えば器用貧乏な性能。 R1は初段はやや遅いがラッシュは速い性能。 火力はそれなりだがラッシュは非常に速く横振りなんで振りまわしてるだけでも結構あたるが、ステ狩りなどに使えるモーションがないため考えなしでブンブンするようになる。 R2は非常に早い突き。 短剣だが踏み込むためリーチもそれなりで差込、後ろステ狩りに運用できる。 ただ火力がやや低く、技量50の物理乗算でも300を割ることも多く、当てたあとの状態も五分五分程度なので攻めに行きづらい。 L2はアーマー突きの回転切り。 2チェイン確定だが一振りの火力は300程度でエンチャありでも700割ることが多い。 アーマーの発生は仕込み杖のR1程度でノコギリやパイルハンマーなど非常に発生が早い武器振りにはアーマーが間に合わないこともある。 アーマー強度も低く、聖剣などには殴りあいで負けてしまう。 前進しながらの回転斬りなので引っ掛けやすく、後ろステ狩り、ノーロックで横ステ狩りなどにも運用できるが硬直、スタミナ消費が非常に長く、スカってしまうと攻めが途切れる上に被パリィ判定も長いのでリスキー。 どうしても事故らせたい時くらいしか狙えない。 R1からのL2,R2からのL2で通常のL2とは違う特殊モーションが出るが、どちらも使い道はない。 R1からのL2は二刀を重ねての大降りだが発生が遅く、その割りに判定が狭く火力も微妙で、振りが遅いモーションにある横ステ狩りなどにも運用できない。 R2からのL2は二刀での突きだがやはり発生が遅く、後ろステ狩りに間に合わない。 ステ攻撃は素直な横振り。 使いやすいモーションだが差込に特別強いわけでもない。 ステからのR2もキャンセルで出せるため使い分けていくのもいい。 ダッシュR2はやや火力の高い突き。 結構踏み込んでリーチも長いためカウンターで刺さればかなり痛い。 ダクソの刀などのような素直なモーションじゃなく振る直前で踏み込みが失速するので非常に当てやすいわけではない。 総評としては非常に微妙な武器。 万能武器といえば聞こえはいいが、実際のところは差込するなら曲刀が、牽制するなら杭が、暴れるなら聖剣なんかが、万能武器としてはノコギリが、全てにおいて強い武器がある。 色々出来る武器ではあるが、どれも中途半端。 何をしても強い武器ではない。 武器単品運用などでは輝くが、色々組み合わせるとなると強みが一切ない。 そんな武器。 余談だが、ぱっと見色々出来る武器なので中級者くらいの人が非常に好む武器。 ブラボの対人戦は中級者くらいが一番弱いので落葉持ちが居るとそれだけで一枚落ち、もしくは簡単に落とせる枠として考えられるので相手に落葉が居ると侵入の勝率が上がる。 銃槍 変形前は使いやすい突きモーション。 火力はやや低いがリーチが長く振りも早め。 武器が細く、横に判定が一切無い割りに誘導も強くないので正面にしか殴れないのがネックになる。 ステップ攻撃はノコ槍の変形後と同じ斜め振り。 それなりに使えるが主力にはならん感じ。 変形後はR1はやや溜めのある斜めぶり。 発生の遅さの割りに火力が低く使いにくい。 ステ攻撃は突きになる。 発生がやや遅めで余りリーチもないがそこそこ使いやすい程度にはなっている。 R2は溜めることで非常に大きく踏み込む突きになる。 ワンパンで即死させられるほどの火力が出るため銃槍の貴重な勝ち筋となる。 踏み込み中も攻撃判定があり非常に強力だがパリィが死ぬほど入るため基本的には不意打ち、角待ち運用になる。 L2で散弾が撃てるが散弾銃としての性能はそれなり。 発生が遅く、リーチが長い、長銃と散弾銃の合いの子くらいの性能。 密着で当てれば200程度は出るのでR1が性能低いのもあってたまには使える。 総評としては非常に特徴に薄い武器。 突きによる後ろステ狩りを主軸にするなら教会の杭が強く、変形後のワンパン狙いでは他にもいい武器がいっぱいある。 銃としての性能も大したものではなく、本当に特徴がない。 そこそこ戦えるだけの性能はあるが、範囲が微妙、火力が微妙、軸になるモーションがないと本当にちょっと弱いって感じ。 R2溜めの一発屋運用が正直一番強いと思う。 パイルハンマー 変形前は振りの早い横ぶり。 範囲こそ狭いものの正面の相手に当てる程度には困らない程度の範囲とノコクラスの発生とラッシュ性能。 火力もノコくらいでるため近距離戦は得意。 ステ攻撃やダッシュ攻撃も使いやすく、接近戦ではかなり強い。 ノコギリがいなければなぁ・・・ 変形後は突きモーションになるがリーチよりも発生重視の性能であり、横からのフックのようなモーションなので範囲もそれなり、というか変形前とほぼ同じ使用感になる。 他のモーションも突きモーションがメインになるものの割と誘導が強いため判定の狭さが気にならない。 R2の溜めはパイルハンマー最大の特徴であり、ぶっちゃけ微妙。 当たれば間違いなく死ぬ。 それだけの火力は出るのだが判定が狭い。 火花が散るような爆発自体には判定がなく、割と武器の見た目通りの判定。 溜め時間も非常に長く、最大チャージじゃなければ火力も低いため妥協してのお漏らしのリターンが少ない。 総評としてはノコギリとワンパン武器の組み合わせで役割分けたほうがどう見ても強い武器。 接近戦は火力が高く振りが速いため強いほうだが、更に範囲も広く色々出来るノコのが強く、ワンパン狙いなら獣狩りの斧の溜めR2だったり、聖剣の2チェインだったりのが強い。 モーション自体にロマンはあるが、現実的なラインで考えるなら違う武器を使ったほうがいい。 爆発金槌 変形により一発限りのエンチャントをする面白い機構を持った武器。 ただしエンチャしても火力が大して伸びず、おまけにモーションがやや遅くなったり硬直が長くなるが、R2の範囲が伸びたりもするので基本的にはエンチャ状態で戦うことになる。 モーションは全体的に緩慢。 横にしっかり振るためリーチも範囲もあるので発生の割りに使いやすい。 R2は地面を擦りながら炎をぶっ掛ける。 発生はそれなりで後ろステが狩れる。 火力は微妙だが大事なモーション。 R2溜めは叩きつけて爆発させる。 武器をたたきつけたところから爆発に合わせて円形の判定なので密着してる相手に当たりにくかったりするが、チャージ時間が短いためそこそこ使いやすい。 ただし火力がやや低いためリターンが少ないのが欠点。 変形攻撃はちょっと遅めの突き。 この武器では特に使いやすく、更にエンチャ状態にしてくれるので中々に使いやすい。 ただし火力は低め。 総評としては火力があと2割高ければ使っていたかな?って武器。 全体的にモーションは強くはないものの当てられないことはないレベルには使いやすく、片手が空くため銃撃でサポートも出来る。 しかしどうにも火力が低い、エンチャ前でノコクラス、エンチャしてもエンチャノコくらいでトニトルスには及ばないレベル。 その割りにモーションはラッシュをかける感じではなく、一発一発大事に当てるようなタイプ。 どうにも噛み合ってない。 回転ノコギリ 変形前は聖剣の変形前のようなややリーチにすぐれ、振りは早くないが素直なモーション。 割と範囲が広く、ステ攻撃が横振り、ダッシュが突きと重要な部分を押さえている上にほとんどのモーションが重打なので重打で変形前のみで戦うのも面白いかもしれない。 変形後はアーマーが付かない分火力に振り分けましたといわんばかりのクソ火力武器。 ステ攻撃は車輪をコンパクトにしたような突き。 見た目は多段っぽいが1段ヒット。 変形後の中では非常に使いやすいモーションで、これを主軸にクソ火力モーションを当てにいくことになる。 ダッシュR2は踏み込みながら放つ振り上げ。 発生は早くないが踏み込みながらするため発生の遅さをごまかしやすく、持続が長い、リーチが長いため後ろステに引っ掛けやすい。 しかし一番の特徴は火力。 モーション値140というトンでもない数字を誇り、直撃で700から800、カウンターで入ればゲストなら即死もありえるクソ火力である。 L2はぐっと溜めながら相手に回転したノコギリを押し付ける。 すごい勢いで連続ヒットするため食らった後に回避に失敗すると死ぬまで引っかかったりする。 押し付ける瞬間は硬直もあり、パリィも食らうが、押し付け後は被パリィ判定がなくいつでもキャンセルできるためリスクもそれなり。 押し続けでずっと判定を出し続けられるので相手の前回避や差込を読んで先においておく、という使い方が出来る。 判定を出し続けながら自由に振り向けるという特徴は他になく、色々と応用が利くので割と適当に振っていける。 ジャンプ攻撃は判定も狭く、アーマーもないがモーション値が30、30、150の3ヒット技。 エンチャ後なら重い深淵物理27.2二つ、筋力50、技量25で1100ダメくらい出たりする。 相手は死ぬ。 当てにくいが当たればゲストはまず死ぬ上にジャンプ攻撃はパリィされないため狙うだけの価値はある。 総評としてはどこからでもクソ火力によるワンパンを狙える超ワンチャン型武器。 変形後のダッシュR2,ジャンプ攻撃、L2はあたり方によってはゲストワンパンが起きるトンでもモーションでありながら溜めなどが必要ではなく、いつ飛んでくるかわからない。 どれも当てやすいモーションでこそないが、当てられないほど厳しいモーションではないのでどこかで引っ掛けられる瞬間が来る。 聖剣や斧とは一味違う、色んなモーションからワンチャンが狙える武器ながらステップ攻撃で立ち回りも出来るため、結構面白い。 ただ何か当たれば死ぬという慢心からか、使っていると火力に取り憑かれてしまうときがある。 要注意。 トニトルス エンチャすることで武器に電撃をまとって火力を増やすことが出来る珍しい武器。 モーション的にはどのモーションも特徴はない。 振りがやや遅めで範囲が広い、獣狩りの斧の変形前をちょっと使いやすくした程度のモーション。 範囲は広いため横ステ狩り自体は実は得意。 リーチがかなり短く、その割りに振りが遅いため接近戦ながらやや置きを意識しないと厳しかったりと接近戦しか出来ないのに密着時の振り合いは苦手。 ステップ攻撃は突き。 ただし武器が短いのでリーチもなく、後ろステ狩りなども出来ない。 変形攻撃はエンチャしながらの突き。 発生が遅いがよく誘導しながら踏み込むので案外当たる。 ただし非常に被パリィ判定が長いので注意。 正直モーション的には強い部分は一切ないが、トニトルスには一つだけ強みがある。 火力がある。 重い深淵重打重打で筋力50、神秘25ならエンチャまで370、エンチャに430程度をR1一発でたたき出す。 カウンターが入ればエンチャ後なら600程度も簡単に出る。 変形攻撃ならモーション値120でありながら700程度の数字もたたき出す。 総評としては火力、火力である。 モーションだけ見れば特長のない、使いやすいが使う利点も見つからない武器でしがないが、火力はとにかく目を見張るものがある。 ワンパン400、カウンターで600、ゲストならワンパン当てたあとのステ狩りで2発で死ぬことも珍しくない。 その上で片手が空くため銃撃も出来る。 これは他にない強みである。 とにかく火力以外強い部分が一切ないが、火力だけで全てをぶっ壊せるだけの力がある。 エンチャ後でしか火力が出ない割りにモーションが緩慢なのでメインにもサブにもやや使いにくいが、火力がぶっ飛んでるのでメイン運用して何とか相手に攻撃を当てたい。 使いにくさは愛でカバー、当たれば殺せる火力でとにかく勝ち筋が作れる。 ワンパン当てて火力に相手がびびってくれればこっちのもの。 あとはパリィさえ食らわなければガンガン殺しにいける。 火力!火力である。 瀉血の槌 変形前は小ぶりな槌。 振りもそれなりだが火力もそれなりでリーチはゴミ。 そこそこ戦えるものの強いわけではない。 ただし変形攻撃の切腹攻撃は発生が早くモーション値も高め、ダウンもさせられると中々優秀。 変形後はかなりの大型武器になるが、そこそこ振りが速い、面白い武器。 R1は振りはやや遅めだがリーチ、範囲が広く、二段目の出が早いのが特徴。 初段引っ掛けからの2段目追い討ちで結構な火力が出せる。 ダッシュ攻撃は葬送の刃の変形後と同じモーション。 武器が大きいため葬送よりも広く、火力も血質武器なため高い。 かなり強い。 ステップ攻撃の突きも使いやすい。 リーチが長く、火力も出るため優秀。 変形攻撃は葬送の変形後変形攻撃のような範囲の広いモーション。 強いのだが変形にHP2割を使うため多様しづらい。 最大の特徴はL2。 地面に槌を突き刺して衝撃波を起こす。 自身に179の発狂値のデメリット効果があるが、自信の発狂耐性が180あれば一回は耐えられる。 もし使うなら発狂耐性を180以上にしよう。 衝撃波は直撃で4桁ダメージが出る上に持続もそれなりのとんでもないワンチャン性能を誇る。 中々に当てやすいものの相手に攻めてきてもらわないと当たらない程度には発生が遅いため、L2をいかに当てるかが瀉血のキモになる。 総評としては変形後のL2を当てることを最終目標に戦う武器。 他のモーションも中々有用なものが多く、逆にL2を見せつつほかのモーションで戦っていくのもいい。 性能自体はかなり高い武器なのだが、血質キャラは遠距離弓、中距離近距離レイパラ、狩り用の千景で使う場面がない。 もし使うなら相手がガン攻めしてきたときのワンチャン用だが血質キャラでそんな状態になってること事態がプレイングミスなので出番がない。 性能は高いのだが使い道がないというやや可愛そうなポジション。 小アメンの腕 変形前は叩きつけばかりのネタモーション。 一応R2はためなしが横振りで溜めに入ってしまえばそこそこの速さで出る。 溜めありが範囲の広い叩きつけ、任意入力でカチ上げの二段技でそこそこ使える、気がする。 一応変形攻撃は結構使いやすい。 ちょっと遅めだが範囲が非常に広く、モーション値が高め。 変形後のステ攻撃と違い、後ろステや横ステからも使えるため後ろステからのカウンターで差し込めたりする。 変形後は大きく性能が変わり、仕込み杖のような範囲攻撃がメインになる。 特に使いやすいのが前ステ攻撃。 ノコクラスの発生でありながら非常に広い範囲攻撃。 横ステ、後ろステを同時に狩れるステ攻撃は他にない強み。 R2はリーチの長い2段技。 後ろステくらいなら狩れる上に2段で700は出るため中々強い。 最大ためはチェインしない上に火力も大したことないので溜めなしで運用したほうがいい。 総評としては変形後のステ攻撃などの範囲攻撃により削りやトドメのみに限定した運用をする武器。 武器単品で運用しようとすれば血反吐を吐いて獣肉断ちとどちらが最弱武器か頭を悩ますことになるが、ノコのサブとしてみるとかなり使いやすい。 神秘属性はほとんどおまけなので筋力50で重い深淵物理乗算で運用すれば前ステ攻撃で300、変形攻撃で430程度は期待できる。 R2も700くらいでて、その上で銃が撃てるため非常に有用になる。 ローゲリウスの車輪 変形前、変形後ともに非常に使いにくいモーションばかり。 リーチも狭く、範囲が特に広いわけではない。 強みは変形後前ステ攻撃、この一点のみにある武器といって過言ではないが、この前ステ攻撃がとんでもない性能。 車輪を横にしながら相手に回転させて押し付けるモーションなのだが、発生が早く、車輪を横に押し付けるので範囲とリーチが広く、多段ヒットするため持続が長く、硬直は短い上に火力は神秘加算で500は超える。 ナニコレ 所詮はステップ攻撃なので見てから対処できるのだが、遺骨と組み合わせると手に負えなくなる。 見えない上にクッソ早いステップから見てから反応できない非常に判定の強いダメージ500超えの武器振りをガンガン押し付けてくる。 近づかれた状態で対処法など一切なく、とにかくブンブンして事故にお願いする、引っかからないことを祈って下がる、棒立ちして散弾銃でパリィが取れることをお願いするなどとにかくお祈りゲーをするしかなくなる。 ちなみにブンブンはスカったのを見てから殴れるだけの機動力と武器振りの速さがあるので良くて相打ちが限界。 それも火力が高い車輪ではまず殴り負ける。 後ろ下がるのもステを見てから狩れる上にダッシュより早いスピードで突っ込んでくるので対処は不可能。 ラグで避けられるのをお祈りするしかない。 銃撃でパリィ狙いも悪手。 銃を撃ったのを見てから殴れるので銃撃を狙っているのが見え透いた時点で車輪側が有利すぎる読み会いになる。 総評としては遺骨中は最強武器。 暴力としかいいようがない。 恐らくほとんどの人が同意するブラボ最強の武器。 遺骨車輪に対策などなく、三人相手に突っ込んでも勝つこともある暴力。 個人的にこのシリーズで対策という対策がない武器はこの遺骨車輪くらいしか思いつかない。 それくらい強い。 しいて弱点を言えば遺骨がなければ強武器程度しかないこと、横ステ攻撃などは強くはないため間違えて出してしまうと負け筋になることでしょうか。 獣の爪(カレルなし) 変形前はソコソコ振りが速いR1と軽い使い心地のダッシュ攻撃とステ攻撃が強み。 R1は振りが速いが判定は狭く、火力が低い。 使いやすいモーションだが火力が低いパイルハンマーみたいなもので特に強いわけでもない。 ステ攻撃、ダッシュ攻撃はどちらも中々発生が早く、差込に向いている。 火力は低いが当てやすいため軸になる。 変形後は使いやすかったステ攻撃やダッシュ攻撃が使いにくくなる代わりにR1が非常にラッシュ力に優れるようになる。 R1は火力は低く、範囲も狭いものの回転が非常に速く、相手をハメることが出来れば一気に削りきることが出来る。 しかし被パリィ判定が長く、更に手数武器でぶんぶん振ることになるので更に引っかかりやすい。 しかし他武器にない強みはコレくらいしかないのが悩ましい。 総評としてはノコギリに食われている弱武器。 強みとしては変形後のラッシュだが、それも特に強いわけではなく、変形前で堅実に戦ったほうが正直強いが、それならノコでいいやって性能。 もし本気で獣の爪で戦うなら変形前でダッシュ攻撃やステ攻撃で地道に削り、輸血パリィワンパンを狙うのが一番勝てると思われる。 獣の爪(カレル付き) 変形前、変形後ともに使いにくい。 というか特徴なく弱いため何もいうことがない。 変形前、変形後ともに振りの前に妙な溜めが入るため振りが遅く、範囲、リーチは武器自体が小さいため狭く短い。 火力も低く強い部分が一切ない。 変形後のダッシュ攻撃は2段技でソコソコ強そうだが、被パリィ判定も二倍で火力は据え置きなのでリスクが増えただけ。 ダッシュR2は交差させながらの振り上げだが、どちらとも当たってやっと普通の威力という調整。 片方だけなら当然ダメージは半減する。 ジャンプ攻撃は空中で溜めて突撃する面白いモーションだが、面白いだけ。 なんと着地際にしか判定はなく、移動中に当たってもダメージ判定がない。 着地際の判定も狭く、当てにくい。 一応背後から当てられればスタブは取れる。 L2の咆哮はダメージがないが獣性はたまる。 発生はそれなりだが判定事態は広いためモブをけしかけて咆哮し続ければ割と強いかも知れない。 総評としては特徴のない弱武器。 強い部分が一切見つからない上に特徴もないというとんでもない武器。 強いて言えば獣性がたまることが特徴なんだろうが、獣性が溜まりきるくらい殴れるなら他の武器なら既に倒せている。 獣肉断ちと並んで最底辺の武器だが、あちらと違って特徴も薄いためどうしようもない。 ゴースの寄生虫 変形前はやや使いにくい。 基本的に触手に振り回されるようなモーションが多く、火力の割りに硬直が長い。 しいて使い道がありそうなのがステップ攻撃で、多段ヒット。 変形後のL2用に加算多めの血晶なら結構な火力がでるはず。 変形後も使いにくいモーションが主なのは換わらず。 しかしステ攻撃が非常に強い。 前ステ攻撃は触手を思いっきり伸ばす攻撃。 やや発生に溜めが入るもののリーチが非常に長く、見た目以上に横の判定もあるためかなり強力。 他の武器と違い、横ステ、後ろステからも踏み込まずに攻撃できる。 見た目はほぼ前ステ攻撃と一緒だが、前ステ攻撃はステップ一回分程度のリーチだが後ろステ、横ステではステップ一回半くらいのリーチがある。 更に当てた時の怯み時間が非常に長く、こちらに引き寄せる効果まで付いている。 乗算なら一発300上を期待できるので非常に強力。 基本的に寄生虫は後ろ斜めステ、横ステで相手と軸をずらして銃撃も食らわない位置から一方的にステ攻撃でなぶるのが基本戦術になる。 もしくは遺骨からの強襲もいい。 車輪ほどの火力や押し付け性能はないが、後ろステからも攻撃できるので柔軟性に勝る。 L2の爆発も非常に強力。 小さいダメージの多段ヒットから最後の爆発の大ダメージという4ヒット構成になっており、加算血晶のがダメージがでるが、元の数字が大きいため乗算でも十分なダメージにはなる。 勝ち筋としては非常に太く、ステ攻撃で堅実に立ち回りつつL2の爆発を当てる、もしくは当てないのがゴースの勝ち筋の作り方になる。 総評としては立ち回り重視の強武器。 立ち回りは非常に強く、銃撃に大してすら軸をずらすことで強気に立ち回っていける。 ガチ神秘キャラでしか運用できない武器だが、これ一本で十分戦えるだけの性能がある。 夜空の瞳で遠距離ガン待ちをごまかし、中距離戦はゴースの独壇場。 相手の無理攻めも遺骨と後ろステ攻撃でどうにでもなる。 相手の動きに合わせて常に自分が有利に立ち回ることが出来るのが強みである。 DLCでさまざまな武器が追加され、また久々にブラボの侵入をガッツリやったことで自分の中でのブラボの侵入に対する見方と少しだけ変わりました。 特に大きかったのが、ブラボにおいて万能な武器は使い道が少なく、特化型武器を複数用いることで万能な立ち回りすることが大事だということですね。 システム上重量制限が実質ないためメイン、サブの括りも他シリーズと比べると少なく、メインはゲーム上よく起こる接近用武器、サブはメイン武器の穴を埋めるか、使いにくくても勝ち筋に直結する武器を選ぶことが侵入において大事だと思います。 そこらへんを意識した上で最後に武器ランキングを置いて、この侵入目線で語るブロマガをしめようと思います。 Sランク(最強、ゲームシステムを超越してる) ローゲリウスの車輪(遺骨車輪) レイテルパラッシュ(レイパラ灰連装)千景(レイパラのお供)ゴースの寄生虫 Aランク(ブラッドボーンをしてる中では最強) ノコギリ鉈、ノコギリ槍 Bランク(強いけどノコギリに勝てない。 ノコギリにはない強みを持つ中で特に強い) シモンの弓剣 獣狩りの曲刀 ルドウイークの聖剣 葬送の刃 教会の杭 慈悲の刃 Cランク(それなりに強いが勝ち筋が薄い、やや使いにくいが勝ち筋が濃い) 小アメンの腕 トニトルス 仕込み杖 レイテルパラッシュ(技血マン)瀉血の槌 回転ノコギリ 獣狩りの斧 落葉 月光の聖剣 Dランク(汎用性が低い割りに勝ち筋も弱い、使いにくい上に勝ち筋が作りにくい) パイルハンマー 爆発金槌 銃槍 獣の爪 教会の石槌 Eランク(単純に使い道が見出せない) 獣の爪(カレル付き)獣肉断ち.

次の

【ブラッドボーン】ビルド別おすすめのステ振り : そうるずにっき

ブラボ パイル ハンマー

Bloodborneにおいて、武器を属性派生させるときの自分用メモ。 基本的に属性という場合は炎、雷光、神秘の3つを指し、物理、刺突、重打などの属性はその都度明記する。 基本的な仕様 ・属性派生は血晶によって行われる。 属性には3種、炎と雷光、そして「神秘」がある。 神秘という単語は、このゲームにおいて属性を指す場合とステータスを指す場合があり、それぞれ単語の後ろに攻撃力と補正、という語句を付け足すことでわかりやすくなる ・血は物理に含まれる属性であるが、その一方で特殊な仕様となっており、3種の神秘属性、あるいは神秘補正とは無縁である。 ・属性はカテゴリ内1種類のみが発揮される。 よって、乗算と加算の属性が違う場合は注意するべし。 このあたり曖昧、優先順位があったような気がする ・ただし、物理属性と3属性は両立する。 ・これらの属性のほかに、武器、あるいはモーションに別途特性が適用されることがある。 ノコギリ、教会、etc... これらは属性にも適用される 未検証 ・属性派生させた場合、補正値は武器の神秘補正を参照する。 つまり、必要能力値さえ満たせていれば、どの武器を降ろうが神秘補正だけを見ればよい。 勿論、モーション値とスタミナ消費を考慮する必要がある ・もともと、武器が物理と3属性の2属性が両立している場合、属性派生は不可。 もともとついている属性の強化は可能 これらの仕様から、属性派生させることに向いている武器種の条件は以下のようになる。 ・属性と武器特性が両立することから、各種特性を持つ武器。 ・神秘補正は冷たい深淵血晶で底上げが可能なため、攻撃力をみるのであればモーション値が高い武器が有利となる。 加えてスタミナ消費が少なければ良い。 ・神秘補正の仕様によって基本的に好きな武器を扱える。 つまるところ好み。 ・2属性武器以外。 例えば、ヒートパイルが注目されるのは、その溜めのモーション値の高さに由来する。 もっとも、一点集中のなため、向いているとはいいがたいが… 1. ノコギリ鉈 ノコギリ槍 ノコギリ属性が効く相手は基本的に獣であるため、同時に炎の通りもよく、炎ノコとして重宝されている。 神秘補正は低いため冷たい深淵は必須。 また、モーションとスタミナ消費の低さも優秀でいうことなし。 このため、基本的に炎派生する武器はノコ以上の価値を見出す必要がある。 斧 特性はないが、量が多く変形後のリーチは長く、縦にも横にも振って良しで扱いやすい。 神秘99振りなどで筋技が初期値の場合は、雷光派生で重宝すると思われる。 エブの頭やアメンの頭、の使者 大 には強靭削りが光る。 とはいえ、筋神であれば優先度は低めか。 攻略に使いやすい斧は、神秘派生をさせて聖杯攻略に使ってもいいかもしれない。 で輸血の節約、溜め攻撃で集団の一掃など、攻撃力よりは立ち回りの面で頼もしい。 ルド剣と立ち位置がるのが難点か… 3. 杖 炎派生であれば、変形後の鞭状態が獣に対して有効。 変形前の教会特攻は…難しい。 教会特攻が効くカインの敵は、炎に弱いものと雷光に弱いものが混在しているし、教会特攻を生かすのは考えない方が良い。 神秘派生は、地底の亡者を鞭でしばくのに便利だろう。 石槌 やはり、変形前の直剣、教会特攻を生かすのは難しい。 モーション値も低いので変形後にを求めなければならない。 とはいえ、補正の関係からルド剣に負けがちなので、趣味武器でしかないだろうというのが本音。 ルド剣 雷光派生の本命だろうか。 もともとの神秘補正が高く、モーション値もあり、モーション自体も使いやすいために、どんな派生をさせてもよい。 とはいえ、炎では取り回しの面などでノコに軍配があがるため、神秘あるいは雷光派生がよいだろう。 斧のように高、広範囲攻撃、強靭削りなどハイレベルな一品。 パマー 他の武器と比べるとどうしても劣ってしまうが、単体でみれば悪くない…単刀直入にいって趣味武器。 とはいえ、油壷からのヒートパイルは他にはない。 獣の爪 獣性が属性に乗らない以上、趣味の範囲を超えない。 曲刀 個人的にプッシュしたい武器。 というのも、取り回しの良さに加えて、変形前は意外とモーション値が高い。 炎はノコ系に負けてしまうので、雷光、あるいは神秘補正させてぜひとも使いたいところ。 獣肉断ち ノコギリ特性を持つことから炎派生一択だろう。 とはいえ、スタミナ消費が激しく、隙も大きいことから、立ち回りとしてはノコ鉈槍との差別化が求められる。 協力プレイ向き? 10. 杭 刺突のイメージが強く、雷光派生させたくなるが、 おそらく 属性派生させてしまうと刺突という属性が消えるため、特性の獣、血族特攻を生かしたいところ。 しかし、特攻は本来の刺突モーションにのみついているために、変形後がメインになってしまう。 また、炎派生はノコ鉈槍という強力なライバルがいるため、属性派生においては凡武器になり下がってしまう…。 落葉 とりたてていうこともなく趣味武器。 回転ノコ 炎派生させてもノコ鉈槍に負けない良さがあると思われる。 扱いやすいモーションや、ノコ特攻、高神秘補正など。 しかし、モーションのいくつかは多段ヒットなために、高乗算を生かせない可能性がある。 低神秘の加算炎派生ならばよさそうだが…派生させる必要性が見いだせない。 杭のような獣特攻と並んで眷属特攻が付く武器があれば、雷光派生での武器種間にコントラストが付いたと思う。 そして、それらのどちらもつかない武器は神秘派生で、地底専用…という妄想。 とりまとめると、炎以外はすべて好き好んで派生させていいかもしれない。 というオチですねえー、まあ自分用のメモなのでそれでよし。 nokt.

次の