三平式rci 勝てない。 三平式RCI 勝てない→聖杯発見!!: 豆知識ブログ

三平式RCI 勝てない→聖杯発見!!: 豆知識ブログ

三平式rci 勝てない

【FXの情報商材】詐欺商品の見破り方! FX業界の情報商材は9割が詐欺商品と言われています! 私もいろいろな情報商材を見てきました。 その中で、私がこういうFXの情報商材は詐欺の可能性が高いと考えているものを紹介していきます! MT4を使っている。 リアルタイムではない リアルタイムじゃない時も注意が必要です! よくあるのは、昔一時的に買っている時の売買明細を見せて、この手法なら勝てますと言っている情報商材をよく見ます! 確かにその手法は、昔勝てていたかもしれませんが、今では通用しなくなっている可能性が高いので、気を付けたほうが良いです! 常に最新の情報を紹介している方を信じましょう! すべての売買明細を公開していない すべての売買履歴を公開していない。 よくある業者の手口として、 勝っている売買明細を載せて、負けている売買明細を隠すという手口があります。 また、エクセルでmt4の売買明細と同じような明細書を作れるらしいので、売買明細で勝っているからと言って、すぐに信用しないほうが良いです! 誇大広告している 誇大広告をしている方もかなり怪しいですね。 Twitterでやっている方は分かるかもしれませんが、勝率100%・85%とか言っている人たちは大抵詐欺業者の可能性が高いです! 理由は、FXとかトレードをやっていれば分かると思いますが、 本当に勝っている人の勝率は3~5割ぐらいと言われています!一時的に勝率100%とかになる時はありますが、 長期的にはあり得ないと考えておいたほうが良いと思います。 それに、もし勝率100%ならば、情報商材として売らずに自分で稼いだほうが儲かりますからね 笑 波動乗りジョニーさんが言うには、 勝率100%ということは、その時の相場にあっているだけ、少し相場が変われば負け率100%になる可能性があると言っています。 なので、勝率50%ぐらいが理想的なのだと前に言っていました! 良い情報商材の確立が高い条件• 本当に勝っているトレーダーである• 口座明細をしっかり出しいる(利食い・損切り)• リアルタイムで勝てている証明がある(ライブトレード等)• 誇大広告をしていない(勝率100%とか言っていない)• ノウハウ・インディケーターを無料で配布とか言っていない 以上が私が思う良い情報商材の条件ですね。 まず、Twitterで多いのが口座明細を勝てている所しか出してなかったり、昔の勝てていた部分だけを切り取って公開してるので、リアルタイムの口座を公開していない場合があります。 なので、 リアルタイムで勝てているトレーダーはかなり信頼が出来ます。 特にライブトレードをしていて、利食いも損切も包み隠さず出しているトレーダーの情報商材は、かなり信頼ができると思います! インディケーター・ノウハウをわざわざ無料で配布している人は、勝てているトレーダーにはいないと思います。 今のところ、この人ほど信用できる勝ちトレーダーは私の中ではいません。 ポンド円ロング。 押し目はここでひと段落したかもかも。 に期待して上昇期待。 一つは早めの利確。 もう一つは欲張りポジ。 だからコンビニはTポイントを使うために極力ファミマに行くが全く追いつかない。 Ver1. 2になりました。 DMでの質問が多かったエントリー1000本ノック、スキャルピングについてかなり詳細に追記しました。 ご購入者の方はご覧になってください。 注意:情報商材を買ったから勝てるようになるわけではない 最後に、勝っている人の情報商材を買ったからと言って、勝ちトレーダーになるわけではありません! 相場師朗さんも口癖のように言っていますが、大事なのは 鍛錬です! 手法を知ってもその手法の確立の高い場所が分からなければ、勝てるようになりません! なので、勝っているトレーダーさんは口をそろえて 経験を積んで試行錯誤を繰り返せと言っています! 波動乗りジョニーさんは、少額でもよいので実践から学べと言っています。 しかし、相場師朗さんは練習ソフトでひたすら練習してから、実践に行きなさいと言っています。 私は、どちらかというと相場師朗さん側です。 練習ソフトで経験を積んでから、実践に向かったほうが良いと考えています!.

次の

【FXエントリー1000本ノック】三平式RCIトレード手法実践記 1〜2日目

三平式rci 勝てない

RCI 三平式RCIトレード手法• 移動平均線 SMA• RCIはそれほど有名なインジケーターではありませんし、一部では「日本人しか使っていないのではないか?」とも噂されています。 RCIを使ったトレード手法はいくつかありますが、私はその中でも 「三平式RCIトレード手法」 を使っています。 この手法は、 三平 FX為替さん がnoteで販売されている手法です。 私が三平式RCIトレードに切り替えてから、勝率が70%以上をキープするようになりました。 三平式RCIトレード手法の教科書から何が学べるか? 三平式RCIトレード手法の教科書から学べるものは次の通り。 勝率の高いエントリーパータン• ナンピンの極意• 損切りの極意• 資金管理術 私は典型的な損切貧乏でしたが、教科書の手法を実践するようになってから不要な損切りが無くなりました。 Twitterで三平師匠 がエントリーしているポイントは、ある程度公開してくれていますが、教科書を読むことによって 「なぜ、その位置でエントリーしたのか?」 「根拠はなんだったのか?」 「なぜ損切りしたのか?」 を深く理解することができます。 ちゃんとルールに沿ったエントリーをすることで、すぐに含み益になります。 逆に、自分に都合の良い解釈でのエントリーは、速攻含み損です。 なぜなら、指標や要人発言を除いて相場は硬い動きをしないから。 …抽象的すぎました。 — en. uuzzzz gmail. com demedeme1031 三平式RCIトレード手法を使っても勝てない人は? たまにTwitterで見かけるのが 「評判は良かったけど、実際には全然勝てない」 「速攻含み損になった」 といったコメントですが、それは単に教科書をしっかりと読み込んでないだけです。 実際にトレードをやってみると分かりますが、含み損になる時はなにかしらのルール違反をしています。 ・「どこが悪かったのか?」 ・「なぜ含み損になってしまったのか?」 答えはすべて教科書に書いてあります。 移動平均線の本数・設定値 私の場合、SMAを3本使って環境認識をします。 この設定値には意味があります。 移動平均線とRCIをリンクさせています 移動平均線とRCIはリンクさせることができます。 以下のチャートを見てください。 実際に私が表示させているチャートです。 パッと見て分かりやすいように、色分けしています。 短期線=オレンジ 中期線=緑 長期線=青 画像をみて分かる通り、 SMAが上昇すれば、各期間に対応するRCI線も上昇するように設定しています。 この数値設定のカラクリは、この記事を見ていただくのが一番早いです。 どのように売買目線を判断するのか? 売買目線の判断は単純です。 短中期SMA 4,10 は補助的に使っており、トレンド反転を見極めるのに必要になります。 トレンド反転時は、中期SMA 10 に支えられながら反転することが多いです。 及川さんはオージードルも加えた計10通貨ペアを監視していますが、私は10通貨も見れないので、オージードルを外した計6通貨ペアを監視しています。 優位性があるトレードをするために、6通貨ペアの中で最強・最弱を常に探しています。 移動平均線+RCI+通貨強弱を絡めたトレード手法 実際に私がトレードする時の手順を紹介します。 通貨強弱で優位性のある通貨を選ぶ• 移動平均線を使って環境認識する• 通貨強弱の確認で優位性のある通貨ペアを見つけたら、強い通貨を買い、弱い通貨を売る方向を再確認します。 方向が定まったら、20SMAの上下どちらにいるのか?を確認します。 ロングエントリーするのであれば、20SMAの上にロウソク足が位置していればOKです。 20SMAの下にいても、深押ししているような感じで、20SMAが上方向に傾いていれば問題なしと判断します。 エントリーしようとしている方向に、三平式RCIトレード手法の教科書通りのエントリーパターンがでているか確認します。 エントリーパターンが出ていれば、ここでエントリーを決めます。 実際のエントリータイミングは….. 三平式RCI教科書ネタバレになるので、ここには記載できません。 すみません… 20SMAに乗せてエントリーしていますので、長期RCIにも載せていることになります。 通貨強弱で優位性がある通貨ペアを選択しているので、そのままトレンドになるケースがほとんどです。 実際に勝てるのか?月間獲得pipsは? この3つの根拠をそろえてトレードした日は、トータルプラスで必ず終えられています。 ただし、ルール通りに実践していない日は、トントンもしくは微益でその日のトレードを終えることが多いです。 長期RCI線の波に乗せているはずなのに、短期RCI線をみて利確をしてしまいます… ほとんどの場合、10pips以内で利確してしまいますが、決済した後にさらに20pips伸びることがザラにあります。 「よし、次のトレードは指値決済まで待つ!」 と決めても、いざトレードすると決済ボタンにマウスカーソルを合わせたまま、ドキドキしながらチャートを凝視してしまいます。 現在、チキン利確を克服するために「エントリーと同時に+20pipsの指値注文を出す」ようにしています。 指値まで伸びるか?建値決済になるか?の2択しかない状況を作り出して、チキン利確をしないように心がけています。 みなさんは、 ぜひ長期足が伸びきるまで利確を我慢してみてください。 リスクリワードがとても良いトレードができますよ。 まとめ おさらいになりますが、• RCI 三平式RCIトレード手法• 移動平均線 SMA• 通貨強弱 FXism 及川式 私はこの3つを使ったトレードを始めてから、劇的に勝率が向上しました。 トレーダーが10人いれば、10通りのトレード手法があります。 最終的には、自分にしっくりくる手法でトレードをすれば良いですが、やっぱりトレードをするからには利益を取りたいですよね。 今回の記事で紹介した私の手法 根拠 の中で、1つでも参考になるものがあれば、ぜひあなたのトレードに取り入れてみてください。 FXの勉強をするなら、本とブログがおすすめですよ.

次の

実はRCIの手法だけでは勝てない?: 豆知識ブログ

三平式rci 勝てない

現在のFXにおいて、トレードでの損失は「13万円」くらいで、あとは書籍代金で「10万円」ほどです。 損失23万ですね。 僕がアフィリを始めたときは、初日で20万を溶かしたので、FXは順調かもです。 とりあえず、500万くらい溶かしたら、本気で継続するかどうかを検討しますが、今のところは問題なし😌 上記を深堀りします。 なお、僕は「FXの雑魚トレーダー」なので、聞き流しくらいでどうぞ。 僕がFXで勝てない理由【戦略がありません】 結論は「勝てる戦略を確立できていないから」だと思っています。 勝っているトレーダーは、戦略がある Twitterをみていると、優秀なトレーダーさんが多いです。 いつも参考にしており大感謝なのですが、例えば下記のメンツです。 :短期スキャとスイングがメイン。 スキャではナンピンの使い方がうまく、勝率が9割くらい。 大きな利益はスイングで生み出している。 :スイング投資。 戦略が明確で、かなりゆったりとトレードしている方。 利益公開していないけど、かなり稼いでるはず。 :RCIを使ったスキャやデイトレがメイン。 旅をしながらスマホだけで稼いでおり、なんか発言全般がカッコイイ。 ざっくり上記のとおりです。 あくまで僕の解釈なので、間違っていたらスイマセン。 あと、他にも素晴らしい方が多いですが、僕は上記3名を特に参考にしています。 そして、皆さん戦略が明確です。 僕の問題点:戦略がブレている 一方で雑魚トレーダーの僕ですが、FXをやりつつ「あ、こっちの戦略なら勝てるかな…」と思い、右往左往していました。 そして、負けまくりました。 そこでの気付きです。 大切なこと:戦略は25回くらい検証すること 投資の本に書いてあったのですが、それが「戦略の検証」です。 当たり前すぎることですが、、僕はここが抜けていました。 新しい戦略に飛びついては負け。 そして2〜3回ほど負けたら別の戦略、、、という繰り返しです。 これじゃあ、勝てるわけないですね。 ちなみに「戦略の検証」に関しては、下記の本で学びました。 投資の定番本なので、読んでも損はないはず。 現在の状況:戦略の調査中です 現在の僕は「まずは自分なりの戦略を確立しよう」と思って、日々奮闘しています。 下記の感じです。 さて、オフィス(スタバ)に着いたので、ブログ書く😌 なお、朝からチャートを見ていたのですが、やっと綺麗な形になってきたので、来週からが楽しみです。 マイルールに沿ってトレードしつつ、土日はじっくりFX学習に励みます。 コツコツと上達。 まずはブログを書きます — マナブ バンコク manabubannai 上記のとおりで、チャネルラインを引き、そのチャネル内で売買するという、圧倒的にシンプルな戦略です。 現在はギリギリプラス収支という感じなので、もう少し継続します。 この戦略で25回ほど検証し、勝てない感じだったら、さらにカスタマイズします。 具体的には「MA」を考慮するか、もしくは「RCI」を使ってみようかなと思っています。 とはいえ、戦略がシンプルすぎることは悪くないと思っています。 ここは「タートルズ」の本で学びましたが、超絶シンプルな戦略でも、勝てるデータがあります。 補足:戦略検証のために、記録が必須 自分の戦略を検証するために、過去トレードの振り返りは必須だと思っています。 なので、僕は下記のようにトレードノートを作っています。 よし、FXの分析ノートを作りました😌 わりと膨大な入力作業だったので、消耗。 しかし、トレード成績を可視化できたので、上達が早まるはず。 FXをやっていると、ついつい「トレード楽しい」と思ってしまいますが、大切なのは「分析して、改善していくこと」ですよね。 さて、仕事を終えたのでワイン飲む — マナブ バンコク manabubannai ノートの作り方は人それぞれなので、自分が見やすい形で問題ないかなと思っています。 戦略が明確なら、損切りもできる FXの情報をみていると、よく「損切りが大切」と書かれています。 そして、過去の僕も「損切りできずに、大損失」とかを経験したのですが、根本的な問題は「戦略がなかったから」だと思っています。 当時の僕は「なんとなくエントリーして、なんとなく利確&損切り」という感じだったので、チャートが急降下とかすると「ぐふ・・・どうしよう・・・」となるんですよね。 そこでしっかり「逆指値の損切り注文」を入れておけば良かったのですが、とはいえ、戦略のない僕にとっては「逆指値ってなにそれ・・・?」という感じなので、これじゃあ大火傷は必須です。 つまり、戦略が明確なら「損切りできない・・・」といった問題は解決するように思いました。 なお、戦略があるのに損切りできない人は、いったん心を鍛えた方がいいのかもです。 僕は「デイトレード」という本を読み、心理を学びました。 FXは勝てないけど、わりと普通ですよね 負けまくりの僕ですが、、、わりとポジティブです。 質問:椅子に座っている人は誰ですか? 僕が取引しているのは、基本的には「ドル円、ユーロ円、ポンド円」という感じです。 そしてFXはゼロサムゲームなので、僕が損失を出したら、そのお金は「稼いでるトレーダー」と「システム提供している会社」に流れます。 つまり、対戦相手は億トレです 先ほどに「僕が尊敬する3名」を掲載しました。 下記のとおりです。 Akiさん(億トレ)• 蜂屋すばるさん(収益非公開)• 三平さん(億トレ) Akiさんは1年で数億とかを稼いでおり、三平さんはFXで2億近くを稼いでいるらしく、、、ヤバすぎです。 そして、僕が戦っているのは、ある意味で、こういったメンツです。 そりゃあ、負けますよね。 唯一の希望は、忍耐期間 というわけで、事実として「FXは無理ゲー」という感じですが、とはいえ、1つだけ希望があります。 それが「忍耐期間」ですね。 有名トレーダーの経験年数• Akiさん:10年以上(2008年から株をスタート)• 蜂屋すばるさん:5年(20歳から開始して、23歳で専業)• 三平さん:10年以上(最近は旅が多いとのこと)• HATさん:5年以上? (より推測)• 2500円さん:1年半? (すでに億トレなので、爆速成長) 例えば上記です。 皆さんベテランですよね。 勝手な推測ですが、最初の3年間は勝ったり負けたりだったのでは、、と思ったりです。 とはいえ「2500円さん」だけは別枠かもです。 1年とかで億トレなので、ちょっと異常な速度ですね。 天才なら可能かもですが、僕は無理そうです。 つまり、僕が伝えたいことは「耐えつつ、上達しましょう」ということです。 FXするより、労働した方がいい というわけで、日々トレードを頑張っている僕ですが、基本的に「FXはやらない方がいい」と思っています。 当てはまる人は少ない — マナブ バンコク manabubannai 結論は上記のとおりで、 貯金が余りまくりなら、ありかも、、という感じです。 たぶん1年後とかにこの記事を見返したら「自分はアホだったな」と思うかもです。 なので、本記事の内容は鵜呑みにしないでください。 僕は完全に未熟なので、もっと有益な方が多いですからね。 なお、最後に1つだけあり、それは「最悪を想定してトレードする」です。 例えばですが、いつ暴落が起きるか分かりませんし、そしたらFXは全てロスカットされます。 FXに参加する以上、こういった事態を想定していかないとなので、仮に「FXのお金が飛んだら、人生に重大な影響が出る」とかなら、今すぐにお金を抜くべきだと思います。 もっと少額で練習したらいいですし、もしくはペーパートレード(デモトレード)でもいいですよね。 ぜひ、FXというギャンブルは、ほどほどにお楽しみください。 Archive•

次の