牛ひき肉 臭い。 挽き肉が黒く変色、食べれますか?

ひき肉は変色しても大丈夫?色や臭いの見極め方や傷みにくい保存方法

牛ひき肉 臭い

しいたけから出汁とうま味が出るので、ひき肉が入っていなくても十分満足することができます。 もう少し肉の弾力を楽しみたい時は、フードプロセッサーで細かくし、好みの大きさで固めるように握ったら片栗粉をまぶして形を整えます。 あとは、いつも通りに作るだけで、歯応えと弾力のある食感が楽しめます。 畑のお肉と言われる大豆は、よくお肉の代用品として使われています。 納豆もそのひとつ。 粘り気と匂いがありますが、フライパンで炒めてから使うとほとんど気になりません。 今夜のご飯は塩麻婆豆腐。 ひき肉と間違えるほど、しっかりとした食感になります。 代用する際はあく抜きをしてから、1 cm角でに切って炒めてから使うと香ばしさも出るので使いやすいです。 また、切った状態で冷凍をすると、こんにゃくの水分が抜けてスポンジ状になるため、コリコリとしたちがう食感になります。 柵切りだと食べ応えがあり、角切りだとひき肉のように馴染みます。 昨日の晩飯に作った。 豆腐の代わりに下茹でした大根で作った麻婆大根。 いつもの丸美屋の麻婆豆腐の素に挽肉追加。 味を染み込ませるためにとろみをつけずに1日置いておいた。

次の

新鮮な豚肉が臭いんです。。。

牛ひき肉 臭い

スポンサードリンク 変色したひき肉が大丈夫か見分ける目安は? 変色したひき肉が食べられるかの目安1:賞味期限 変色したひき肉が食べられるかの目安の1つ目は、 賞味期限です。 賞味期限は原則として、袋や容器を開けないで冷蔵庫などで正しく保存していた場合、 おいしく食べることのできる期限のことをさします。 なので、異臭がしたり、糸が引いたりしていなければ、鮮度やおいしさは落ちますが 食べられます。 ただし、ひき肉などの生ものに多く表示されているのが、 消費期限。 消費期限の原則は、袋や容器を開けないで冷蔵庫などで正しく保存していた場合、 安全に食べられる期限のことをさします。 なので、 消費期限を過ぎると食べない方がいいですよという目安に。 特に夏場などは、傷んでいる可能性も高くなるため、消費期限を大幅に過ぎてしまった場合は食べない方が無難です。 どちらせよ、 開封せずに保存方法を正しくしていた時の場合の話。 1度開けてしまったひき肉や、冷蔵庫に入れ忘れてしまったひき肉などについては、賞味期限や消費期限関係なくできるだけ早く食べてくださいね。 変色したひき肉が食べられるかの目安2:におい 変色したひき肉が食べられるかの目安の2つ目は、 においです。 傷んでしまったひき肉からは、細菌が繁殖して独特なにおいがします。 ひき肉のにおいをかいだ時に、 酸っぱいにおいや、 硫黄のようなにおいがしたときは 傷んでいる可能性が高いです。 さらにひき肉は、他のブロック肉や細切れなどより、空気に触れている部分が多く、傷みやすいという特徴が。 もったいないのですが、強いにおいがしたら、焼いたりしても意味がないので気を付けてくださいね。 変色したひき肉が食べられるかの目安3:ドリップ 変色したひき肉が食べられるかの目安の3つ目は、 ドリップの有無です。 ひき肉以外でも、他の肉や、魚などを買った時にトレイによくみられる、 血が薄まったような液体をドリップと言います。 ドリップの主な成分は、タンパク質やアミノ酸。 これは、ひき肉などを冷凍したときにできた体内の氷が、ひき肉の栄養と一緒に解けでできているものになります。 なので、 鮮度が落ち、うまみ成分が抜けている証拠。 ドリップが出ているからと言って傷んでいるわけではありません。 ただし、ドリップは水分が多く細菌が繁殖しやすい環境になっています。 ドリップがある場合は、 取り除いて保存することでひき肉の変色や傷みを遅くしますよ。 ただし、できるだけ早く食べた方がいいことには変わりないので、注意が必要です。 スポンサードリンク 変色したひき肉が大丈夫かわからない時は? 上記の目安でも、 どうしても判断がつかない!という時もあるかもしれません。 そんなときは、 少量調理し試食してみて大丈夫そうなら、よく焼いてできるだけ早めに食べましょう。 少しでも変な味がしたり、おいしくないなという場合は、飲み込まずに口から出してください。 残念ですが、残りのひき肉も全て捨ててくださいね。 最近、ひき肉も高く、もったいないなという気持ちもとてもよくわかりますが、ひき肉代と病院代を天秤にかけて賢明な判断を。 ひき肉が変色する原因は? ひき肉が変色している時に、 黒っぽい場合と 茶色っぽい場合の2種類があることは知っていますか。 実は、この2種類にも違いが。 そもそもひき肉には、 ミオグロビンという色素タンパク質があります。 ミオグロビンが酸素に触れていることで、きれいな赤色を保っているんです。 ひき肉に加工されて、酸素に触れなくなるとひき肉が変色してしまいます。 なのでひき肉の中の部分が、黒っぽくなってしまっている場合は酸欠状態になっているだけ。 再度空気に触れることで、元の赤色に戻りますよ。 しかし、茶色っぽくなっている場合は、 鮮度が落ちていることが原因なのがほとんど。 加工されてから時間がたったミオグロビンは酸化し、茶色いメトミオグロビンに変化します。 どちらも、酸欠や酸化による変色なので、 鮮度やうまみは落ちていますが食べても問題はありませんよ。 スポンサードリンク ひき肉が変色せず傷みにくい保存方法は? 傷んでいるかどうかの見分け方はわかりましたが、そもそも ひき肉はできるだけおいしく食べたいですよね。 少し工夫すればひき肉はおいしく食べられる期間が延びるので、ひき肉が変色せず傷みにくい保存方法をご紹介します。 ひき肉は 空気に触れることで酸化し、傷んでいくのでとにかく空気に触れる頻度を減らすことで鮮度を保ちます。 小分けにするのが面倒な場合は、 そのままジップロックに入れて平らにならし、菜箸などで筋を付けておくと取り出す際はパキッと折って使えて便利。 しかし、やはり小分けにしラップをした方が空気に触れにくいので、味や鮮度がよりよく持ちますよ。 ちなみに、ひき肉にも鶏ひき肉や豚ひき肉など種類によって水分量が変わるため、冷凍保存が可能な期間が変わってきます。 基本的には、 鶏ひき肉、豚ひき肉、牛ひき肉の順で傷みやすくなります。 だいたい、 鶏ひき肉が約1~2週間、豚挽き肉が約2週間、牛ひき肉が約2週間~3週間。 合い挽きのひき肉の場合は、約2週間前後になります。 目安を基準に、順番を意識して食べてみてくださいね。 ひき肉は、しょうゆや塩などの 下味をつけることで保存性が上がります。 また、 火を通しておくことで、変色も防ぐことができますよ。 なので、時間を作って ひき肉をそぼろにしたり、ハンバーグの種、肉団子などにして冷凍しておくのがおすすめ。 そぼろは三色丼に、ハンバーグは煮込みハンバーグ、肉団子はスープなどに使えるので時短にもなり便利です。 ひき肉が変色せず傷みにくい保存方法その3:ひき肉を乾燥させ、水分を飛ばす ひき肉が変色せず傷みにくい保存方法3つ目は、 ひき肉を乾燥させ、水分を飛ばすことです。 冷凍した食材は、 解凍して使うのが面倒だったり、 アレンジしにくいなという人におすすめなのが 乾燥そぼろです。 ひき肉をに下味をつけそぼろを作って、出来上がったひき肉のそぼろをキッチンペーパーなどの上に置き余分な脂や水分を飛ばし、乾燥させます。 極力水分を飛ばすことで、ひき肉の持ちをよくするという方法。 パラパラと細かいまま保存できるので、サラダのトッピングや、餃子のタネ、カレー、ふりかけなどどんな料理にも重宝します。 うまみが凝縮されるので、料理のおいしさが一段上がります。 ひき肉の変色や傷みを防ぐおすすめグッズその2は、 ぺちゃんこ密閉容器です。 ひき肉を冷凍保存する際に、小分けにしてラップにくるんだり、ジップロックに入れたりするのは面倒ですよね。 かといって、そのままの状態で冷蔵庫に入れたら変色したり、傷みやすくなってしまいます。 また、せっせとタッパーに入れたとしても、冷蔵庫の中で結構かさばり場所を取るもの・・・ 汁物を入れていたら漏れてしまった!なんて時もショックです。 この密閉容器は、薄型なので一食分ずつ食材を保存するのに役立ちますし、スリムなのでほかの食材の邪魔をしません。 また、密閉できているので汁物を入れても、漏れにくいので安心。 冷蔵庫、冷凍庫どちらでも使えて、電子レンジの使用もOKですよ。 容器も透明で、ラベリングしなくても何が入っているか一目瞭然なので、冷蔵庫の整理整頓に役立てられます。 変色したひき肉が食べられるか見極めよう!.

次の

挽き肉を料理する時、臭いが気になるのですが臭くならない方法があったら教えてください。

牛ひき肉 臭い

見た目で判断する 一般に人は鮮やかな赤色をした牛ひき肉を好みますが、本来の色はそうとも限りません。 茶色の牛肉は売れないため、店側は少々人工的な方法を使ってでも、牛肉を赤色に保とうとあらゆる手を尽くしています。 茶色や灰色に変色しかけた牛肉でも安全性には問題ありません。 X 出典文献 ただし、緑色に変色しているものは処分しましょう。 通常は内側から茶色や灰色に変色し始めます。 これは中心部まで酸素が届かず、ミオグロビンが赤色に発色しないためです。 購入直後にもかかわらず、内部が茶色をした肉を見たことがある人も多いでしょう。 これはごく普通のことなのです。 繰り返しますが、ここで言う「安全」とはあくまでも「腐っていない」という意味です。 肉に大腸菌がいる場合もあり、これは鮮度とはまったく関係ありません。

次の