ビル ライアン。 ビル・ライアン氏へのインタビュー:「地球の支配者とはどんな人々?」 : Kazumoto Iguchi's blog

フラットアイアンビルディング

ビル ライアン

2010年に公開されたビル・ライアンの動画、「ミッション」では、すでに中国に肺炎を併発させるウィルスが撒かれる計画が、2005年にの()の会議で決められていたことが述べられていて話題になっている。 この動画の興味深いことは、まずビル・ライアンがこの会議に出席した英国軍人の会員の話によると、まず中東で戦術核を使用した中規模核戦争を勃発させ、を持たないイラン政権を叩き潰したのちに中国で、中国人の遺伝子をターゲットにした、肺炎を併発させるウィルスが撒かれる予定だったという計画を暴露していることだ。 その理由は、自分たちが「非白人国家のくせに世界のの20%を独占してしまい、古代以来の年間GDP16%成長という新記録を打ち立てた日本」を叩き潰すために支援し育成した中国が経済のみならず軍事的にも欧米を凌駕する想定外の躍進をしていたからだという。 このままでは中国がカバールのとして利用していたカを軍事的にも追い抜いてしまう。 ライアンが言っていたことは、「上級にとっては核を使用したが起こって欲しいのだ。 その為に彼らは巨大な地下シェルターに10年分の食料や生活物資、あらゆるや植物の種子すら保管している。 面白いのが、何故上級メーソン()がそのような人類滅亡計画のにこだわるのかというと、「彼らは一様に近い将来ポールシフト(地軸変動)が起こることを信じている。 1万5千年ごとにそれは起こるのであり、による人口削減はそれに備えたものだ」と。 このポールシフトを言い出したのは世界的に有名な予言者であるだ。 「21世紀を境にポールシフトが起こり、大規模な気候変動が起こる」と。 これは私もケイシー・リーディングの本で確認したし、地軸が30度傾けば、下手するとヨーロッパは北極の位置に来て、はオーストラリアの位置に来る。 こうなると、カバールの本拠地ヨーロッパ諸国は凍土に閉じ込められ、人の住めない位置に来る。 だからこそ彼らは氏が再三言っていたように、南極に地下基地を建造して数(10)年分の食料や生活用品の備蓄を行っているのだ、と考えれば納得が行く。 問題は、何故このビル・ライアンの言っていたの計画、イランとを中心とした中東核戦争、中国人の遺伝子構造に合わせたの散布、その後に起こるの勃発という計画が、15年以上遅れていたかだ。 これはライアン氏によると、の予想に反し、軍部が動かなかったことにあるようだ。 は核弾頭を積んだB52を中東に派遣したものの、途中で給油か整備に立ちよった基地の4人の工兵が軍上層部へ密告して中止になったらしい。 ライアンは言っている。 「軍人は元々国家を守るという名目で軍と契約しているのであって、のを実行するために軍と契約しているわけではない」 さて、この動画が公開された6~7年後に何が起こったかは、誰もが知っているだろう。 や将軍をバックにつけた反ディープステート(カバール)のトランプ政権の誕生だ。 私のブログを読んでくれている方なら分かるだろうが、私のブログのメインテーマは1963年11月22日のをきっかけとして、トランプとインテリジェンス軍事政権が誕生し、暗殺を企画実行したグローバル金融ロビーと彼らを中心としたとCIA、MI6、、ら国際犯罪秘密結社と全面戦争を開始しているというものだ。 きっかけは2018年に、まだ多くの人がQを知らない時点で、政治アナリストのK氏が対談方式でに上げた動画だった。 K氏はカ在中の政治アナリストで、カのメディアでQという匿名の発信者が話題を呼んでいる件について触れていた。 カにはグローバル財閥によって統制されたメインストリームメディアの他に、地方でしかやっていないローカルラジオや、のようなメディアにも、いい動画を上げた場合は寄付金を募れるようなシステムがあり、そこではかなりの市民ジャーナリストがQの投稿を追いかけている現象について語っていた。 Qの投稿はサウジで起きたカショギ「顔面皮剥ぎ」暗殺事件の2日前にそれを予言するような投稿が出されていたり、トランプが演説する前日にその内容を示唆するなど、非常に政治的信憑性が高く、この、8chanに期に投稿されるドロップを集めて分析するQmapという団体すらできている(今は日本もあるのは言わずもがなだ)ことを語った上で、K氏はある州のローカルラジオ番組では、毎回軍人OBたちが対談するコーナーがあり、そこでまだ全国的には無名に近かったQに対し、元情報将校で、各情報機関の暗号を解読して大統領に届ける役目を行っていた元中佐の発言を上げていた。 しかもこの発信者はかなり大統領に近い。 トランプの周辺にいる人物か、トランプ本人ではないのか?」 元暗号解読の専門家で、大統領にそれの解読分を届けていた軍人がこう言っているのだ。 そして当のトランプは、大統領選挙において「両氏は犯罪者であり、国際金融資本家の仲間であり、1%の富裕層のためにカを世界に売り渡して食い物にしている。 その最も強力な武器は企業メディア(メインストリームメディア)の報道だ!」と宣言し、の国有化、中国優遇の解体、、全世界からの米軍の撤退、犯罪の撲滅、麻薬のルートとなっているメキシコ国境の封鎖を公約として、なんと大統領になってしまった。 その後の財閥配下のCNNやABCなど大手メインストリームメディアのトランプへの激しい攻撃、ソロス財団によるトランプ支持者を攻撃するための「アンティファ」のテロまがいの活動を見れば、彼らがどれだけ泡を食っていたかわかるだろう。 しかも、トランプはカンファーストに基づく中国への関税強化や、TPP離脱、中東からの米軍撤退など次々に公約を守っている。 さらには、大手メディアが「インターネット上の」と決めつけたピザゲート…夫妻や各界のセレブたちによる幼児人身売買、性的暴行、拷問、殺人がでないことが、ジェフリー・エプスタイン島の神殿での儀式や、付近の海域から発見された子供の骨、夥しい血痕や体液の発見、さらにはこのロリータ島にが26回も通っていたことや、ヒラリーも島へのフライト記録に残っていたことも、英国王室のチャールズの弟、アンドリュー王子も常連だったことまでもバレてしまった。 (氏によると、このジェフリー・エプスタインはのだと言う。 事実、パートナーのギレイン・マックスウェルの父親ロバートはなどを発行する英国メディア王だったが、の英雄としてに埋葬されている。 つまり、ピザゲートはのオペレーションだったとも言える) さらには、CIAが直接映画製作に指示を出し、国民洗脳を行っていた工作までバレているハリウッドの悍しい子役へのも明るみに出て、ケビン・スペーシーやの逮捕で正にハリウッドも陥落寸前だ。 そして子供を拷問し、脳のから分泌されるアドレナリンの酸化物であるアドレナクロムという脳内麻薬を虐待された子供の目に注射針を刺して血液ごと抜き取るという、許されざる行為を組織的に行って来た財団と、その傘下の女性の中絶を助けるという。 このをQがAnonたちに辿らせた(誘導した)ところ、このの女理事長は中絶の定義について、相談者を装ったAnonに対し「出産の直前までは女性の人権に配慮して中絶が認められる」とほざいた。 出産の直前といったら、立派な乳児ではないか!?このの女は中絶した乳児をどこに売るのか?彼女いわく、の為に被験体として売るのだそうだ。 歴史を紐解けばわかるが、女子供へのレイプ、虐殺などは幾多の反乱の直接的きっかけとなってきた。 も、イタリアマフィア、コーサ・ノストラの結成も元を辿ればここから来ている。 或いはによる秘密結社の結成もそうだ。 こういうことをやる人間に対し、常識を持った人々にはある種のがかかる。 「こういうことをする者はもはや人間ではない。 人間じゃないんだから虐殺しようが実験台にしようが、牛や馬を切り刻むのと何ら変わりはない」と。 もうトランプ軍事政権が誕生した以上、元来正義感の強い軍人たちに皆殺しにされても全くおかしくない。 だからディープステートはをでっち上げ、、、ヒラリーの選対本部長、ジョー・ポデスタがコメット・ピンポンというの血を引くジェームズ・ァンティスという男が経営するピザ屋で、施設や人権団体から誘拐されてきた幼児の少年少女と性交を繰り返し、拷問や食人を行っていたというピザゲートをもみ消そうとしたが、トランプはこれを無傷で乗り切ってしまった。 でジョー・ポデスタのメールが公開され、そこには「シカゴからNYまで65,000ドルかけてホットドッグを運んで来た」というのコメントが載せられ、これをヒラリーが「長距離でホットドッグを運ぶことは感心しない。 破滅につながりかけない。 馴染みの店で食事は行うべきだ。 今後気を付けて欲しい」と注意した旨の文書が公開された。 ??何で700万円近くかけてホットドッグをシカゴからNYに運ぶんだ?それで何で破滅するのか? …実はホットドッグは男娼を表す暗号だ。 ピザは幼児を意味する。 ヒラリーやポデスタのメール問題には、このようなやり取りが山ほど出てくるからだ。 ちなみにこのEメールの宛先には、ヒラリー、、ポデスタの他に、米下院議長のも入っている! さて、ここで今起こっているコロナに戻ろう。 トランプがを無傷で乗り切った以上、CNNやなど大手メディアがインターネット上のの一言で片づけようとしたピザゲートが蒸し返されないはずはない。 そうなると、夫妻と極めて親しい間柄だったエブリン・ド・夫妻(英国)にもメスが入る。 だから、この段階での裏政府カバールは、15年間棚上げされていた遺伝子操作を加えた、をバラまいたのだ。 宇野正美さんや大物時事評論家M田氏も言っていたが、今年1月の時点では(まだコロナが表面化していなかったとき)、トランプは議長のパウエルを飼い犬にし、世論の反発を起こすような戦争も起こしてない。 さらにカバールの砦である中国に高関税をかけたことで国内に産業が戻り、失業率も大幅に低下した。 2020年の大統領選はトランプ圧勝で決まりであり、そうなると彼はいかなる手段を取っても、解体に突き進むだろう、と言っていた。 だからディープステートはどんな手段を使っても株価を暴落させ、トランプ落選に走るだろう、と。 その直後に起きたのが、発のコロナである。 これはカバールのクロスカウンターと言っていいものだ。 私は前回のブログでのP4研究所がであるの発信源で、流出に絡んだのはトランプ側のではないか?と書いたが、これは違うようだ。 初報の多くはだ。 お詫びし訂正する。 以前とフランスの間でに最先端の研究所が建設されたが、はその図面を盗み、密かにいくつか(二つ)の研究所を作り、これがフランスサイドに漏れてフランスが起こり手を引いたと書いた。 川添恵子さんによるとはこの二つの盗まれた図面から作られた研究所の一つから流出したらしい。 そして、この研究所にはジョージソロスが出資を行っていたことが明らかになってきている。 ある1枚の写真には、ソロス、、、アン・ファウチ(現在のコロナ対策の広報官だ)が一緒に写っている。 思い切りカバール勢ぞろいではないか? (さんが言っておられたが、トランプの政治手法はまず敵を引き寄せて手元に置くことだ。 も安倍もそうだが、敵を手元に引き寄せれば懐柔も脅迫も可能だ。 コロナの特許を持ち、ワクチン接種の人体実験でインドやアフリカの人々を麻痺や死亡に至らせた-によるの脅威を2~3年前にアピールしていたのもこいつだ-の盟友ファウチは協力者になるか殺されるかの選択を迫られるだろう) 初期のQAnon現象を解説したアナリストK氏は言っていた。 「Qのメッセージを読むと、ディープステートとはのことなんですよ。 総本家の当主のジェイコブ・の乗った自家用ヘリが墜落した事故がありましたよね?Qは、あれをやったのは自分たちだ、と言ってるんです。 それに気づいた警護担当が、高度が上がる前にセスナ機を発射させてジェイコブの乗ったヘリにさせて墜落させた。 高度が低いうちに墜落したからジェイコブは一命を取り留めたというんです。 でも、Qは、こんなものじゃ済まさないと、をぶっ潰すと言ってるんです」。 またK氏は「Qが言うには、カで最も勢力を持っているのは3つのファミリーだそうです。 、ソロス、サウド(サウジ)家。 ソロスはのであって、ロックフェラーはその下に位置すると」 また、カで軍産企業のをやっていた大物時事評論家M氏も言っている。 「カ経済を支配しているのは独占資本。 そのがジョージソロスを筆頭とした系左派…」 そしてQも世界中のの(所有者)はだとドロップでリストを公開している。 BIS()から全てだ。 …こいつは驚いた。 金の生る木である、あらゆる国のを手中にし、20世紀にあらゆる戦争を誘発させて、1929年のを人々から実態資産を押収するために引き起こし、を建国するためにドイツに莫大な資金を提供して同胞である一般人を虐殺させ、ルシファー信仰のを結成し、収容所国家を建国した一族が人類最大の敵であることが白日の下に晒されているのだ。 確かにカバール=、ソロス、金融インターナショナルは発のコロナを炸裂させ、トランプの支持率を押し上げていた失業率の低下を破壊した。 これは1929年のの再現を意図したものだ。 しかし問題は、Qが言ったように現在のが建国以来の息のかかっていない4人の大統領の一人であるトランプであり(他の3人は、、だそうだ)、彼はに400兆ものコロナ対策費を準備させた。 これは2020年11月の大統領選挙までの株価の維持、による失業者へのケアには十分な金額だ。 ドルの裏付けとなっていたの暴落を受けてもだ。 が米にされたという情報があるが、これはディープステートのカ支配の力の源泉である、通貨を米政府に利子付きで売りつけ、米国民に1400兆の借金を強いていたグローバルの私企業がトランプとQ、インテリジェンス軍事政権にのっとられたことを意味する。 トランプ政権の意図は、時事評論家M氏が言った、ドルを刷らせるだけ刷らせて最後は軍隊を派遣し連邦準備理事会に債務を放棄させるデフォルトだろう。 それだけでカの債務の70%は消え、後は国家紙幣の発行によって残りの債務はチャラにすることが可能なのだから。 そしてトランプはドルをに戻すと言っているが、実際にやグローバル財閥の恐れるのは、鉱物などの資源だけでなく、人口、国土、技術力、軍事力に守られた政治的安定性、工業力に裏付けられた国家紙幣の発行だ。 代にロンドンタイム誌が紙面でぶちまけたように、「そんなものを発行されたら、カは世界一繁栄する国家になってしまう!」という論説通りだ。 つまり、これがだ。 そして世界一の経済大国がこれをやったら、やグローバル財閥の築いた制度は崩壊する。 そしてトランプはそれを行おうとしているから資本の配下にあるマスメディアやハリウッドから目の敵にされているのだ。 実際今、カは下にあると言っていい。 外出禁止令を破ったら罰金や逮捕が行われることをというのだ。 そしてこの間、トランプとインテリジェンス軍事政権はついに、かねてから言われていたや財団に通じる地下基地に囚われていた虐待、虐殺用児童の救出、地下基地への戦闘、爆破をタスクフォースを送り込んで実行している。 つまり、もうは勃発しているのだ。 70年前の時と違う所は、国家の陰に隠れていた世界大戦の真の戦犯の正体がバレていることだ。 、モルガン、ロックフェラー、彼らがグローバル財閥の始祖となったマイアー・アムシェル・以来、表看板として彼らと共同戦線を組んできた欧州の黒い貴族たち、、幹部、長老会サンヘドリンなどの罪状と氏名が白日の下に晒され、ターゲットが特定されれば、世論の後押しによる物理的抹殺、投獄、で組織が壊滅に追い込まれることは、カで特権階級の地位を手にし、司法や政治家を抱き込んで絶対に潰されることがないと言われたイタリア系組織犯罪秘密結社、コーサ・ノストラが10年もしないうちに壊滅状態に陥ってしまったことからもわかる。 すでには、の結社とトランプインテリジェンス軍事政権、そしてのQとの間で、2020年に開戦しているということだ! 9. 11の首謀者ともいえるジェイ・ロックフェラーが当主の下部組織CFR配下の、米の政治家、ソロス、仏の指令通り動く安倍、麻生、竹中、小泉親子(進次郎はバーグのホモの相手だ)、さらにはバイデンや米の政治家やジョージソロス、、ユーチューブの元CEOで広報官と非常に親しい中国に媚び、備蓄用マスク100万枚、防護服12万5千着を送った二階や小池のようなクソッタレや、のを何とかしなければ、日本はなどを担う根幹企業にカから関税100%かけられて本当に滅亡するぞ!! 最後に、最近まともに戻った氏は、スイスのとが陥落したら、戦後のハザールマフィアの支配体制は終わると言っている。 そうなると、のマグナBSPをの管理にあて、核によると爆破による汚染をきっかけとしたの崩壊の恩恵にあやかった安倍と麻生は終わりだ。 もう大半の国民にバレているんだから、お前らの亡命先は共産中国しかないぞ!! あともう一つ、主流派と組んで、橋本政権以来、累計12万人の国民を自殺に追い込んだ消費10%をやった安倍と麻生、もし次の選挙で自民が大敗したら、殺されることはわかっているだろう? 許されたことではないが、竹下も橋本も、消費税を上げて選挙で大敗した後に変死しているではないか? 国民を侮ってはいけない。 あなたたちはもう死んでいる。

次の

ついに人類最大の敵ロスチャイルド一族と、トランプ大統領、チームQ、インテリジェンス軍事政権の間で第三次世界大戦が勃発!

ビル ライアン

皆様こんにちわ!連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆様予防や対策は出来ておりますでしょうか?マスクや消毒液の高騰で容易に手に入れられない事と思われますが、手洗いうがいを徹底してできる限り予防を徹底して頂きたいです。 さて、今回はそのコロナウイルスについてかなり衝撃的な動画を見つけましたのでご紹介したいと思います。 今回の内容はかなり衝撃的で都市伝説の域を超えているものの為、苦手な方は読むことをおすすめ致しませんが、現在の世界情勢や今後の生活を考えるうえで考えさせられる動画でしたので、出来る限り見て頂きたいです。 ビル・ライアン氏が語るアングロサクソン・ミッション まず、何より動画を見ていたくのが速いと思いますのでまずは、ビル・ライアン氏の 1時間弱の動画をご覧ください。 ビルの元に訪れた、一人のイギリス人から聞いた話について語り始めます。 (仮に Xとしましょう) Xは長年イギリス軍に勤務し、退役後は シティ・オブ・ロンドンで高い地位にいた人物で上級の 等が多く出席する会議に同席した。 2005年6月いつもの経済会議だと思い出席した会議でいつもと違う議題である事に気づき、自分がここにいるべきではないと察するも、この会議で何が話し合われるのかを聞いていたというのだ。 その会議には25~30名の上級が出席しており、その出席者の多くが著名な政治家や警察本部長、教会の代表者などであったという。 この会議で話されていた内容と言うのが、 アングロサクソン・ミッションの進捗状況についてだったという。 ・イスラエルは今すぐイランを攻撃する準備が出来ているのか。 ・中国の経済成長、軍事レベルの強化が脅威となっている。 ・金融崩壊について 2008年10月からの事(リーマンショックの事?) イスラエルのイラン攻撃で始まり、イラン又は中国に報復するような動きとなるという。 長年軍隊に所属していた Xは公けになっていないがイランが核兵器を所有していると確信を持っており、中国から内密に核を渡されていると言います。 しかしながら、支配勢力にとってイランが核兵器を持っている事については重要ではなく、むしろその核を切っ掛けに、イランか中国に報復する流れを作りたい。 などの会議内容であったという。

次の

プロジェクト・アバロン

ビル ライアン

皆様こんにちわ!連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆様予防や対策は出来ておりますでしょうか?マスクや消毒液の高騰で容易に手に入れられない事と思われますが、手洗いうがいを徹底してできる限り予防を徹底して頂きたいです。 さて、今回はそのコロナウイルスについてかなり衝撃的な動画を見つけましたのでご紹介したいと思います。 今回の内容はかなり衝撃的で都市伝説の域を超えているものの為、苦手な方は読むことをおすすめ致しませんが、現在の世界情勢や今後の生活を考えるうえで考えさせられる動画でしたので、出来る限り見て頂きたいです。 ビル・ライアン氏が語るアングロサクソン・ミッション まず、何より動画を見ていたくのが速いと思いますのでまずは、ビル・ライアン氏の 1時間弱の動画をご覧ください。 ビルの元に訪れた、一人のイギリス人から聞いた話について語り始めます。 (仮に Xとしましょう) Xは長年イギリス軍に勤務し、退役後は シティ・オブ・ロンドンで高い地位にいた人物で上級の 等が多く出席する会議に同席した。 2005年6月いつもの経済会議だと思い出席した会議でいつもと違う議題である事に気づき、自分がここにいるべきではないと察するも、この会議で何が話し合われるのかを聞いていたというのだ。 その会議には25~30名の上級が出席しており、その出席者の多くが著名な政治家や警察本部長、教会の代表者などであったという。 この会議で話されていた内容と言うのが、 アングロサクソン・ミッションの進捗状況についてだったという。 ・イスラエルは今すぐイランを攻撃する準備が出来ているのか。 ・中国の経済成長、軍事レベルの強化が脅威となっている。 ・金融崩壊について 2008年10月からの事(リーマンショックの事?) イスラエルのイラン攻撃で始まり、イラン又は中国に報復するような動きとなるという。 長年軍隊に所属していた Xは公けになっていないがイランが核兵器を所有していると確信を持っており、中国から内密に核を渡されていると言います。 しかしながら、支配勢力にとってイランが核兵器を持っている事については重要ではなく、むしろその核を切っ掛けに、イランか中国に報復する流れを作りたい。 などの会議内容であったという。

次の