インスタ コミュニティを守るため一部のコンテンツ。 ソーシャルメディアとメンタルヘルスの関係。精神衛生上SNSはよろしくないのか?

インスタグラムでコメントの送信をした所、「コメントがブロックさ...

インスタ コミュニティを守るため一部のコンテンツ

SNSの広がりとともに、「自分のアップした画像が勝手に使われていた!」といった著作権をめぐるトラブルも発生しています。 では、他人の画像や文章の転載は、どこまでがOKでどこからがNGなのでしょうか?きちんとしたルールを知っておかないと、あなたも知らない間に法律違反をしている可能性があります。 また、勝手に自分のアップした画像を転載されていたら、どう対処したらいいのでしょうか。 今回は、そんな知っているようで知らない「著作権」について詳しくご紹介していきます。 著作権ってなに?どんな問題があるの? 著作権とは 著作権とは、「人間の思想や感情を創造的に表現した文化的な創造物を保護」するもので、著作権法という法律によって守られています。 文化的な創造物には、文芸、芸術、音楽などのジャンルが含まれており、インスタで投稿されている写真や文章、音楽なども対象となります。 特に著作権を得るために手続きなどはなく、著作物を創造した時点で権利が発生し、原則として著作者の死後50年まで保護されます。 画像の無断転載は著作権法違反!加工もダメ 当たり前ですが、他人が撮った画像を自分のインスタに勝手に投稿した場合、著作権法違反となります。 では、例えば誰かがアップしたカラーの画像をモノクロに加工して、その上に文字を加えたらどうでしょうか?元の画像とはイメージも異なってみえ、一見オリジナリティがあるように見えますが、これももちろんNG!著作者には、著作物を自分の意に反して勝手に改変されない「同一性保持権」という権利があるため、他人が勝手に加工することはできません。 ただし、個人的に好きな画像をダウンロードしたり、スクショをとって個人のデバイスで保存したりしているだけでは著作権法違反とはなりません。 それをネット上に限らず、何かしらの形で転載したり複製したりすると違反となります。 ただ、一部例外もあり利用が許可されている場合などもありますので、詳しくは以下をご確認ください。 著作権を侵害するとどうなる? 著作権を侵害した場合、訴訟や損害賠償に発展する可能性もあります。 また著作者が刑事告訴を出せば、刑事罰もありえます。 ただ、いきなり訴えられるわけではなく、その前に「あなたが著作権を侵害している」と伝えてきてくれるはずです。 もし著作権侵害の事実が認められる場合には、著作者を表示したり、転載した画像を削除したりするなど、相手の要望に誠意を持って対応しましょう。 インスタの画像転載のタイプ インスタで画像転載というと、いくつかのパターンが考えられ、それぞれ違法性も異なります。 ではどのようなパターンがあるのでしょうか。 他人の画像を保存して、自分のアカウントに投稿する これは完全にアウト!インスタ以外のブログなどから転載するのもNGですし、投稿文章を変えたり、加工したりしていたとしても著作権侵害となります。 また、画像に限らず、文章など創作物と認められるものは同様です。 リポスト(リグラム)する インスタで他人の投稿を自分のアカウントでシェアすることを「リポスト」といいます。 通常、リポスト専用のアプリを使ってリポストを行いますが、その場合、以下のようにリポストしたことがわかるマークが画像に表示されます。 これにより、転載ではなく引用の範囲と判断される可能性が高くなります。 また、リポスト元の投稿のキャプションもそのまま入れたり、リポストしていいかどうか許可を取るとさらに安心です。 インスタの埋め込み機能でブログなどに埋め込む 3つ目のパターンはインスタの埋め込み機能を使い、サイトやブログ上で投稿を表示するやり方です。 以下は埋め込み機能を使って表示させています。 こういった引用方法は、ブログやまとめサイトなどでもよく見かけますよね。 ただし、埋め込んだ元の投稿がもし著作権法に違反している場合は、著作権侵害の幇助とみなされるため注意が必要です。 そのため、埋め込みの場合も、著作者に許可を取るのが最適といえます。 インスタで著作権侵害をしないために気を付けるべきこと 基本的には、自分の撮った画像しか載せない、他人の著作物を無断で利用しないというのが大原則です。 少しでも不安な場合は利用しないのが無難です。 ただし、SNSやサイト上で気に入った画像を個人的にスマホなどに保存するのは法律上問題はありません。 それを不特定多数の人の目に触れる可能性がある場所で利用すると違反になってしまうため、どうしても他人の著作物を利用したい場合は、著作者に必ず許可を取り、決められたルールの中で利用するようにしましょう。 インスタで著作権侵害をされないために気を付けるべきこと では、自分の著作権を守るためにできることはあるのでしょうか?対処法をご紹介します。 透かし(ウォーターマーク)を入れる サインやアカウント名など、自分の著作物であることを識別できるようなマークを投稿画像に入れます。 そのマークのことをウォーターマークと呼びます。 今回は Phontoという文字入れアプリで、ウォーターマークを入れてみます。 ダウンロード: ios: Android: 1. 画面のカメラマークから自分のアルバムにアクセスして好きな画像を選びます。 表示された画像の上(どこでもOK)を触ると「文字を追加」というアイコンが出てくるのでそれをタップします。 好きな文字を入力します。 文字のフォント・色・サイズなどは調整できます。 画像の邪魔をしない程度にしつつも、トリミングなどで消されにくい場所にいれるようにしましょう。 実際に出来上がったものです。 左下にウォーターマークが入っています。 無断転載を禁止する旨をプロフィール欄に明記 無断転載をしてほしくない場合は、その旨をプロフィールに明記しましょう。 法的な拘束力はありませんが、一定の抑止効果はあるでしょう。 無断転載をされたときの対処法 では実際に無断転載をされてしまった場合はどうすればいいのでしょうか? 1. 無断転載者にメッセージを送る 無断転載をやめてほしいことを伝え、削除要請するか、もしくはタグ付けや引用元表記追加など、あなたが必要だと思うことをお願いしましょう。 ただし、必ずしも対処してもらえるとは限らないのも現状です。 インスタに削除要請する インスタに削除の要請をする方法もあります。 要請が認められれば、相手の無断転載の投稿写真が表示されなくなります。 では実際のやり方を解説します。 無断転載している投稿の右上「…」をクリックし、「報告する」を選ぶ。 「不適切である」を選ぶ。 「知的財産権の侵害」を選ぶ。 報告をするかどうか確認文がでるので、「詳しくはこちら」をクリック。 「詳しくは、著作権侵害の報告をご覧ください」をクリック。 「こちらのフォーム」をクリックする。 侵害されている権利で「著作権」を選び、次に「著作権の報告で続行」を選ぶ。 報告フォームがでてくるので、「私の著作権を侵害していると思われるコンテンツがある」を選ぶ。 著作権の説明が出てきたら、「著作権侵害の報告を進める」をクリックし、必要事項を入力していく。 連絡先を入力。 ただし、ここで入力した情報が著作権を侵害している相手に通知されてしまうので要注意!プライベートとは別の仕事用メールなどを使う方がいいでしょう。 報告するコンテンツについて入力。 コンテンツの種類や報告理由を選び、自分の著作物を提出。 自分のインスタの投稿のURLを入れたり、添付ファイルでも申請可能です。 宣誓を確認の上、同意したら署名を入力して送信します。 まとめ インスタグラマーとして活躍するにあたり、信用はとても重要です。 ルールを知らないばかりに、無断転載をしてしまうことは、著作者に迷惑をかけるだけでなく、自分のファンからの信用も失ってしまう可能性もあり、その代償は小さくありません。 ただ、どこまでを独創性のある創造物と判断するかも専門家ではない限り正確に判断するのは難しいところでもあります。 基本的には、他人のものを使いたい時は許可を取るようにすれば、大きなトラブルに発展する前に対処できる場合がほとんどでしょう。 逆に、無断転載をされてしまった場合は、まずは相手への連絡やインスタへの削除要請を地道に行うしかないのが現状ですが、よほど悪質でない限りは対応してもらえるはず。 冷静に対処していきましょう!.

次の

インスタグラムのアカウント追加方法(複数アカウントの作り方)まとめ。サブ垢を増やすことができないときの3つの原因と対策も紹介!【Instagram】

インスタ コミュニティを守るため一部のコンテンツ

個人アカウントとして、もしくは企業アカウントとしてInstagramを利用することは、「」、そして「」に同意したことになります。 利用者の皆様にこの素晴らしいコミュニティを育て、守っていただくためのコミュニティガイドラインを作成しました。 Instagramを利用することで、これらのガイドラインと利用規約に同意したことになります。 それでは何のために利用規約が存在するのでしょうか。 利用規約の冒頭を一部抜粋します。 本規約の条項は、利用者の法的な権利および義務に影響をおよぼすものです。 本規約のすべての条項に同意できない場合には、本サービスへのアクセスまたは本サービスの利用をおやめください。 Instagramの利用は上記の規約を守るという同意です。 利用規約はInstagramを利用する上での基本的なルールとなるので一度は目を通すべきでしょう。 一方でコミュニティガイドラインはその存在意義を下記のように記載しています。 利用者の皆様にこの素晴らしいコミュニティを育て、守っていただくためのコミュニティガイドラインを作成しました。 Instagramを利用することで、これらのガイドラインと利用規約に同意したことになります。 Instagramは、このガイドラインに従った場であり続けるよう努め、皆様にもそうしていただきたいと考えています。 これらの規定範囲従わない行為は、コンテンツの削除、アカウントの停止、またはその他の制限につながる可能性があります。 「利用=同意」についての記述は利用規約と同様。 またこちらにはコンテンツの削除やアカウントの停止、その他の制限について、より踏み込んで記載をしています。 利用規約よりも具体的なケースを挙げながら、やっていいこと、やってはいけないことを説明しています。 投稿写真の所有権 利用規約とコミュニティガイドラインは一度目を通すべきです。 ただし、内容も多岐にわたっているため企業のアカウント運用において注意すべきポイントを説明します。 Instagramは画像や動画を中心とするSNSであり、多くの企業もビジュアルでの訴求を意図してアカウントを開設するかと思います。 また、特定のテーマで利用者から写真を集めるキャンペーンを実施するなど、企業とユーザーとの交流も画像を中心に回っています。 それでは、あなたがInstagramに投稿した写真の権利は誰のものになるのでしょうか。 Instagramの利用規約において、写真の所有権は投稿者のものであることを明記しています。 ただし、一方で利用者は、非独占的かつ無料で、譲渡可能で、再許諾権付きの世界的使用許諾をInstagram社に付与することも記載されています。 かなり噛み砕いて説明するのならば、写真の所有権は投稿者のものだが、Instagram社は使用料を支払わずに写真の利用権を他社に提供することが可能としています。 また、同時に利用者は自分の写真の公開範囲を設定することが可能であることも明記されています。 以上はInstagram社と利用者の写真にまつわる権利のお話です。 それでは利用者と企業の場合はどうなるのでしょうか。 例えば、特定のハッシュタグ( )を用いてユーザーから写真を集めるコンテスト型のキャンペーンを実施するかもしれません。 さらに集めた写真をウェブサイトに掲載したり、その他のメディアに利用することもあると思います。 その際にはキャンペーン実施にあたって、写真の利用方法を明記して、キャンペーンへの参加は同意であることを伝える必要があるかと思います。 Instagramはこのようなキャンペーンを禁止していませんが、同時に関与することもありません。 InstagramのNG画像 企業がInstagramを活用していく上で気にすべきは、画像のルールを遵守すること。 Instagram社は、「投稿すべきでない画像」を明確に定義しています。 Instagramのコミュニティガイドラインによると、ヌード画像はたとえ芸術作品であったとしてもNG。 例外として乳房切除術後の瘢痕や授乳をしている女性の写真、ヌードの絵画や彫刻の写真について記載があります。 Instagramに対して利用者は芸術的な雰囲気を求める傾向があることから、ヌードなどの表現が無関係とも言い切れません。 無意識にNG画像を投稿してしまわないように注意する必要がありそうです。 その他、犯罪行為、違法薬物、性的サービスの呼びかけ、また差別的表現に対してのガイドラインを詳しく記載しています。 やはりコミュニティガイドラインはコンテンツ作成の上で、一度目を通すべきですね。 では、禁止事項に触れるページ運用をした場合にどのようになるのでしょうか。 Instagramには利用者による通報機能があります。 通報されてからアカウントやコンテンツを即削除されるわけではありませんが、運営の調査対象となる可能性は否定できません。 Instagramに限った話ではありませんが、他社のSNSを利用していく以上、守るべきルールの把握に努めたいところです。 アディッシュのサービス アディッシュではInstagramのような投稿画像の監視サービス「」を提供しています。 お気軽にお問い合わせください。

次の

Instagramの利用規約とコミュニティガイドライン!投稿写真は誰のもの?

インスタ コミュニティを守るため一部のコンテンツ

【もくじ (タップすると各章に飛べます)】• 3つ目でもok!インスタのアカウント追加方法【複数アカウントの作り方・増やし方】 さっそく実際にインスタの2つ目・3つ目のアカウントを追加してみましょう。 以下の順番で、増やす手順を紹介していきますね。 まずは「アカウントの登録画面」まで移動!【サブ垢の作り方】 スマホでインスタのアプリを立ち上げたら、まず 画面の右下の小さな「自分のプロフィール画像のアイコン」をタップしてください。 「オプション」の画面になったら、下の方に移動してみてください。 その名の通り「アカウントを追加」という項目があります。 「アカウントを追加」の項目をタップすると、登録画面に入っていきますよ! 「ログイン情報を保存」だけは登録。 とりあえず他は全部スキップ!(後で設定・変更できるから) 上記をスキップしまくって右上の「完了」をタップした後も「フォローする人を見つけよう」とか聞かれますが、とりあえずキャンセルしてしまってokです。 さぁ、これでついに・・・ 「インスタのアカウント追加」が完成です! お疲れ様でした〜。 この操作を繰り返せばアカウントを増やしていくことができます! アプリには5つまでしか追加できませんが、で作成・利用するなら6つ目も持つことは可能ですよ。 エラー発生!アカウント追加できない場合の原因と3つの対策【Instagram】 インスタの新しいアカウントの作り方がわかったところで、お次はエラーについてです。 複数アカウント・サブ垢を作ろうとすると、しばしばが発生します。 ここからは、インスタアカウントを追加できない・追加されないときの原因と3つの対策を紹介しますね。 以下のようなメッセージが出てしまった場合は、残念ながら失敗です。 エラー 登録できませんでした。 インターネット接続をご確認のうえ、後ほどもう一度実行してください。 登録エラー 登録でエラーが発生しました。 後ほどもう一度実行してください。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 こういった感じでインスタアカウントを増やせない場合は、以下のようなことが原因ですよ。 アプリの不具合のときに試す2つのこと• スマホを再起動• アプリを削除(アンインストール)して、再インストール そしてインスタアカウント追加を同じ電話番号や同じメールアドレス・fbアカウントでしようとしてダメなときは、 まだ登録していない方法でアカウント作成してください。 例えば、一つ目を「フェイスブック」で登録した人は、二つ目は「電話番号」、三つ目は「メールアドレス」で登録するといった具合ですね。 (僕はまさにそれで3つを登録してます!) インスタグラムの新しいアカウント追加は誰かにバレないの? 「新しいアカウント追加は誰かにバレないの?」という点も紹介しておきますね。 やっぱこれ、気になりますよね〜。 結論から言うと、「 絶対にバレない」です! 新しいアカウントを追加作成した時も、切り替えてログインしたタイミングでも、誰かに通知が行くことはありません。 3つもアカウントを増やすことに成功した僕が実験・検証済みです(笑)絶対に大丈夫! 誰にもバレないので、安心して裏垢・サブアカを作りましょう。 まとめ:インスタのアカウントを増やすやり方はかんたんです! 最後に、今回の「インスタのアカウント追加の方法」のポイントをまとめておきますね。

次の