ヤマハ ファイン テック。 ヤマハファインテック株式会社

ヤマハ

ヤマハ ファイン テック

本社所在地:静岡県浜松市南区青屋町283 会社沿革• 1987年(昭和62年) ヤマハ(株)生技事業部金型部が(株)ワイエスケーとして分離独立• 1989年(平成元年) プラスチック成形事業開始(ヤマハ(株)射出成形部門移管)• 1993年(平成5年) メカトロ事業開始(ヤマハ(株)専用機部門移管)• 1997年(平成9年) 会社移転(ヤマハ(株)西山工場より同天竜工場へ移転)マグネシウム成形事業開始• 2000年(平成12年) FA事業開始(ヤマハ(株)FA部門移管、FA部門とメカトロ部門を統合)• 2002年(平成14年) ファナック株式会社とFA仕上げロボット分野にて業務提携• 2007年(平成19年) カーパーツ事業部開始(ヤマハ(株)カーパーツ部門受入)• 2010年(平成22年) 金型事業・マグネシウム成形事業終了 事業内容• 【カーパーツ事業部】自動車用本杢内装部品の製造・販売• 【FA事業部】プレジションマシン、リークテスタ、ロボットおよび専用機の設計製作・販売 外部リンク.

次の

静岡県内の製造子会社の工場移転について

ヤマハ ファイン テック

本社所在地:静岡県浜松市南区青屋町283 会社沿革• 1987年(昭和62年) ヤマハ(株)生技事業部金型部が(株)ワイエスケーとして分離独立• 1989年(平成元年) プラスチック成形事業開始(ヤマハ(株)射出成形部門移管)• 1993年(平成5年) メカトロ事業開始(ヤマハ(株)専用機部門移管)• 1997年(平成9年) 会社移転(ヤマハ(株)西山工場より同天竜工場へ移転)マグネシウム成形事業開始• 2000年(平成12年) FA事業開始(ヤマハ(株)FA部門移管、FA部門とメカトロ部門を統合)• 2002年(平成14年) ファナック株式会社とFA仕上げロボット分野にて業務提携• 2007年(平成19年) カーパーツ事業部開始(ヤマハ(株)カーパーツ部門受入)• 2010年(平成22年) 金型事業・マグネシウム成形事業終了 事業内容• 【カーパーツ事業部】自動車用本杢内装部品の製造・販売• 【FA事業部】プレジションマシン、リークテスタ、ロボットおよび専用機の設計製作・販売 外部リンク.

次の

『ヘリウム式リークテスター』

ヤマハ ファイン テック

本社所在地 〒430-8650 中沢町10番1号 : 設立 (30年) (創業 : (明治20年)) 事業内容 楽器・AV機器・半導体・自動車関連部品の製造 レクリエーション事業 楽曲配信 など 代表者 (兼) 資本金 285億3,400万円 売上高 連結:4,329億6,700万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:488億3,300万円 (2018年3月期) 純利益 連結:543億7,800万円 (2018年3月期) 純資産 連結:3,883億4,500万円 (2018年3月期) 総資産 連結:5,601億8,400万円 (2018年3月期) 従業員数 連結:20,175人 (2017年3月末時点) 決算期 主要株主 :12. 会社概要 [ ] に創業して以来の事業である製造をはじめとする伝統的な では国内トップ。 ピアノ生産量で世界シェア1位である。 楽器は機械的な面での質のよさから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。 (明治30年)に日本楽器製造株式会社(日楽・ニチガク)として発足し、 ヤマハ・ YAMAHAのブランド名で展開した。 創業90周年にあたる(昭和62年)に社名をヤマハ株式会社に改称した。 1960年代から、などのを開発・製造しており、電子的な音源を開発してなどの規格で制定企業のひとつとなるなど、高い技術力を持つ。 これらの電子機器の開発から得られた技術力を活かし、等の電子部品、などのネットワーク機器、機器などの製造を行う AV・IT事業でも知られる。 これらの楽器製造から派生した事業として、ピアノの加工、などのノウハウを活かし、高級車用の木工パネル製造などの 自動車部品事業を展開した。 一方、楽器・音楽の普及を目的とした音楽教室や楽譜・楽曲データ類の出版・ダウンロード販売、の発掘やそれに付随するなどの 音楽関連事業、生活に彩りを与える事業として手がけられたリゾート施設などの 事業、を製造する ゴルフ・スポーツ用品事業などを本社および関連会社で行っている。 国内のアコースティックピアノにおけるシェアは約6割、が同4割で長らくこの比率は変わっていない。 市場は1980年前後の約30万台をピークに縮小を続け、今や2万台を切るまでに縮小した。 で世界シェアで5割と圧倒的な競争力を誇り、管楽器においても世界シェアで3割を占める。 フルート、サクソフォン、トランペット、ホルンなど楽器ごとにそれぞれ競合メーカーは異なるが、ヤマハは特にトランペットに強く、近年は米国向けに引き合いが強いが、管楽器は検品など生産に時間を要すため需要を満たしていない。 2017年(平成29年)11月7日にヤマハ発動機とヤマハは、産業用ロボットの遠隔管理システムパッケージを共同開発して2018年度内の発売を目指す と発表し、ヤマハ発動機はのビジネスへ本格的に参入する。 製造大手の は(昭和30年)に日本楽器の二輪製造部門が独立して設立されたものである。 (平成29年)時点においてはブランド名を共通とする関連会社である。 社章・商標・ロゴマーク [ ] ヤマハの前身である日本楽器製造株式会社が設立した翌年の(明治31年)、として 「3本のを交叉させたマーク」(音叉マーク)が定められた。 3本の音叉は次の意味が込められている。 「技術」「製造」「販売」の3部門の強い協力体制• 音叉に象徴される、音および音楽を中心に世界(外円)にのびゆくたくましい生命力• 音楽の基本である「メロディー」「ハーモニー」「リズム」の調和 社章の制定と同時に、として 「音叉をくわえた」が定められた。 以後、企業の成長とともにこの音叉マークもさまざまな形を経て、(昭和42年)に統一された。 この音叉マークの統一にあわせ、音叉マークとヤマハを組み合わせた 「ヤマハロゴマーク」が制定された(ロゴタイプは大文字英字で YAMAHA)。 現在使われているロゴマークは(平成28年)にマイナーチェンジされたもので、外円と音叉が 白地に黒で表現される1種類のみが使用されている。 これ以前までには、デザイン自体は現在と同じであるものの、 白地に黒と 黒地に白抜きの2種類があり、おもに使用する 「標準型」と、補助的に用いるもの( 「裏図形」や 「特殊型」の呼称)として定められており、年代によって両者を入れ替えて使用されていた。 直近では(平成10年)に、外円と音叉が 黒地に白抜きで表現されるものを 「標準形」、現在のもの(外円と音叉が 白地に黒で表現されるもの)を 「特殊形」とする2種類を制定し使用されていた。 日本楽器製造の時代はと共通のカタカナ表記の「 ヤマハ」ロゴも使われたが、日本企業各社でが盛んであった(昭和62年)の社名改称時にカタカナロゴは廃止された。 ヤマハ発動機との違い [ ] (昭和30年)、日本楽器製造から二輪車製造部門が独立・分離する形でが設立された。 それ以降、現在においてもヤマハとヤマハ発動機は関連会社とはいえ完全に別会社であるが、音叉マークやロゴマークはヤマハ発動機設立当時に日本楽器製造から引き継がれ、現在も使用している。 見た目はほぼ同じ図案であるが、両者は細部に下記の違いがある。 異なる点 ヤマハ ヤマハ発動機 音叉マーク 音叉の先端が外円の 内側に収まる 音叉の先端が外円に 重なる 「YAMAHA」ロゴ "M"の文字の中央部分が 下(ベースライン)についていない "M"の文字の中央部分が 下についている 各の文字の形がごくわずかだが 左右非対称 各アルファベットの文字の形が完全に 左右対称 カラー表示 () ( 薄紫色) 赤色 沿革 [ ] 創業 [ ] ヤマハの源流は(明治20年)、が浜松尋常小学校(現・)でオルガンを修理したことがきっかけである。 (明治21年)にで日本最初の本格的の製造に成功した。 2番目のオルガン試作品がで認められると、(東京・竹川町)の白井錬一、大阪開成館(現・)の三木佐助の両者と販売契約を結んだ。 寅楠は(明治22年)に 山葉風琴製造所を設立(「」ふうきん)。 (明治24年)に出資引き揚げによりいったんは会社を解散するが、 と共同で 山葉楽器製造所を設立した。 (明治30年)10月に 日本楽器製造株式会社に改組した。 当時の資本金は10万円であった。 (明治36年)に共益商社楽器店代表の白井銈造(白井錬一の婿養子、長女・直の夫)が亡くなったのをきっかけに、寅楠は共益商社が持つ東日本での直売権の取得を画策した。 当初は合併を目指したが共益商社に拒否されたために、(明治43年)に共益商社楽器店を買収し、自社の東京支店(現・ヤマハ銀座店)とした。 (大正5年)の寅楠の死後は2代目社長にが就任し、ピアノ製造は一族の らがあたった。 (大正10年)にの要請により、の木製の製造を、に金属製プロペラの製造を開始した。 同年8月に西川楽器(西川オルガン)を合併。 西川オルガンは(明治23年)の第3回でもヤマハに次ぐ2等賞を得るなど評価が高く、合併後も「Nishikawa」のブランドで製造が続けられていた。 この(大正10年)にの製作を開始する。 (大正11年)にそれまで西日本での販売契約を結んでいたに対抗する形で大阪支店を開設した。 1926年4月に大規模な労働争議が発生する。 社外の労働運動家が多く加わり105日間のが実行され、会社役員宅が爆破されるなどの暴力的な騒動となる。 争議の責任から翌(昭和2年)に天野が辞任し、の取締役であったが3代目社長に就任した。 (昭和5年)に釧路工場をへ売却し負債を整理し、嘉市は財閥の支援も受け、経営の合理化と技術革新でヤマハの再建を果たしたと評されるが、のちに「非オーナーでありながら経営者を世襲」して川上親子が経営を続ける。 経営の好転後、(昭和10年)にヤマハ初の電気楽器「マグナオルガン」を製作し、(昭和12年)に製造をする日本管楽器株式会社( ニッカン)の経営を援助し、嘉市がとなるなど実質的にグループ化して総合楽器製造企業へ成長しつつあった。 しかし時勢は戦時の雰囲気を強めつつあり、(昭和13年)に陸軍管理下の軍需工場となり、金属プロペラおよび木製プロペラ(小型用)の生産を行い大工場になる。 中にはやなど、多くの陸軍機のプロペラを生産した。 (昭和19年)11月に楽器類の生産は完全休止し、1945年7月にイギリスの戦艦のでの工場が全壊するなどの被害を受け()、終戦を迎えた。 多角化経営へ [ ] 終戦2か月後の(昭和20年)10月に、の製造を再開し、(昭和22年)4月にピアノの製造を再開した。 (昭和24年)5月に第1部にする。 (昭和25年)に嘉市の息子であるが38歳で第4代社長に就任する。 源一は伝統の楽器事業を充実させ、社有の技術を応用して経営の多角化を図り、戦後の経済復興とともに音楽を手始めに生活に彩りを加えることを目指した。 源一のかけ声は「日本にエピキュロス を」であった。 エレクトーンC-35 日本の狭い住宅環境で鍵盤楽器を親しむことを目指し、製品・サービスを開発した。 1954年、ヤマハ銀座ビルで実験的な音楽教室を開始。 1956年にはその名称を「」に変更、さらに1959年「ヤマハ音楽教室」に名称変更した。 同じく(昭和34年)、12月にはD-1を発売した。 ピアノ、エレクトーンの販売のために会社のヤマハクレジットを設立する。 (昭和40年)に管楽器、打楽器の製造を開始する。 (昭和41年)に財団法人を発足し、(昭和42年)に第1回全日本LMC(ライトミュージックコンテスト)、(昭和44年)11月に第1回作曲コンクール(のちの)を開催するなど、手軽に購入できる楽器と音楽教室、コンクール開催で『趣味としての音楽演奏』の普及を図った。 1960年代はから管楽器、、まで幅広く製造する総合楽器メーカーとしての基礎を固め、(昭和43年)11月にピアノ・弦楽器製造の天竜楽器を、(昭和45年)5月に日本管楽器を吸収合併する。 YA-1 楽器以外の分野で(昭和29年)に(愛称は赤トンボ)の製造を開始し、(昭和30年)7月に二輪車部門を独立し株式会社とした。 初のスポーツ用品であるは(昭和34年)に開発する。 アーチェリーの素材であるの開発が、(昭和36年)の、住宅用の発売につながる。 (昭和50年)に高級家具の製造を開始する。 (昭和39年)にをオープンし事業に参入する。 以降(昭和42年)にに、(昭和49年)にに「」、(昭和53年)にに大正風の「葛城北の丸」、(昭和54年)にに「」をそれぞれ開業した。 余暇産業へ多角化を図る源一の経営方針は、1960年代から1970年代の日本の行楽・観光市場拡大と合致して業績が成長した。 浜松ののが昭和30年代の新入社員時代に、飲み屋で「つけといてくれ。 スズキの社員だ」と言うと「日本楽器(製造)さんならいいけど」 、と応えられるほどに浜松でヤマハの評判は大きくなった。 源一は「ヤマハ中興の祖」と言われたが強い性格と強引な経営傾向も指摘された。 (昭和52年)1月に「足元の明るいうちにグッドバイ」と第5代社長をに譲るが、意見の対立から(昭和55年)6月に第6代社長に復帰している。 ハイテク企業への成長 [ ] エレクトーンの核となる をと共同開発 [ ]して得た技術が発展して、1971年(昭和46年)には工場を建設。 ICや、やがてはLSIの開発製造と、やエレクトーン、電子ピアノなどの電子楽器への応用をはじめ、その他の機器へも進出した。 1981年(昭和56年)になど5社共同で規格をまとめる。 MIDI規格は、準拠した入出力を備えた1983年(昭和58年)5月に発売されたが「バンドブーム」 と重なりヒット商品となったほか、その後も業界標準として定着し今日に至っている。 MSXパソコン YIS503II 1983年(昭和58年)10月に規格のパソコンを発売する。 1985年(昭和60年)の規格、1988年(昭和63年)の規格、1990年(平成2年)の規格でヤマハの開発したやが採用される。 turboRのパソコンは開発しなかったなど、ヤマハはMSXからは距離を取ったものの、その後の多種多様なバーソナルコンピュータの音源カード類や一部ではゲーム専用機など「音源チップのヤマハ」は定番となった。 その後、バーソナルコンピュータのCPUの性能が向上し、各種処理がハードウェアにオフロードされなくなったあとは、バーソナルコンピュータでは音源チップの存在感は薄くなったものの、2000年前後の高機能携帯電話への搭載チップをはじめ、2018年現在も各種の組み込み機器などで使われている。 1984年(昭和59年)にに用いる薄膜磁気ヘッドの開発を開始し、ハードディスクの普及にともない急成長した。 混迷・低迷から再構築へ [ ] 源一は(昭和58年)に長男のを第7代社長に指名して自らは会長に就いたものの、の招集権限は会長が有するなどの傾向があった。 源一はのちに社長となる上島清介を社長に推すが、上島は固辞した。 源一は「浩が(甲斐武田氏が滅亡した)になりはしないか。 身内として非常に心配だ」と浩の社長就任の際に語った。 浩は社長就任後に組織を21の事業部制に変更する。 創業90周年を迎えた(昭和62年)に山葉寅楠のオルガン修理から100周年を記念し、社名を日本楽器製造株式会社(ニチガク)から商標で知名度が高い ヤマハ株式会社へ変更した。 伝統的な楽器事業のピアノは(昭和55年)、エレクトーンは(昭和56年)にそれぞれの出荷台数がピークを迎えて以降は減少傾向が続いた。 新規事業を育むためにAV機器事業で従来の高級機から普及機への進出を図るなどしたが結果は残せなかった。 半導体・電子部品事業も競争は激しく、楽器事業の余剰人員を吸収することはできなかった。 後半は期であるが社内要因から経営が振るわぬ一方で、「」の開発に着手した。 (平成4年)2月にが浩へ「出処進退申入書」を提出して浩は社長退任を表明し、上島清介が第8代社長に就く。 川上家の経営からの退場はなどを巻き込み1年後まで混乱が続く。 上島は社内組織を再構築するとともに、半導体・電子部品事業によって経営を立て直しを図る。 折しもによる景気の後退が始まっており、リゾート事業の不振に加えて、音源チップが主力であった半導体も需要が急変するなど難しい舵取りとなった。 (平成9年)6月に第9代社長に半導体・電子部品事業出身の石村和清が就任する。 開催間際にスキー板・用品およびテニスラケットの製造とスキー「ヤマハスキーチーム」を担っていたスポーツ事業部を廃止し、電子部品分野の事業強化を図ったが、(平成10年)に増設した半導体工場をわずか1年後の(平成11年)にに売却する。 同年3月期は上場以来初の営業赤字に転落した。 この不振からの脱出のため、(平成12年)に稼ぎ頭だった磁気ヘッド製造事業も売却した。 レクリエーション事業は(平成5年)に全面開業した「」の会員制・会員制の会員権販売が不振に陥り、(平成7年)にヤマハ北海道リゾート開発を解散し149億円の負債を整理するとともに支援を継続。 (平成14年)3月31日にレクリエーション施設を管掌していた(旧社)を吸収合併し、不動産評価損で生じた129億円のをヤマハ本体が処理した。 これらの事業の再構築が功を奏し、(平成14年)以降は業績が回復。 特に(平成16年)以降はの用の半導体の需要が堅調である。 日本国内はへ移行しているが、などの成長市場においてはヤマハ製の音源チップ内蔵の携帯電話の需要が継続した。 (平成12年)4月に就任した第10代社長のは、今後の経営方針のキーワードを『音楽のヤマハ』・『大人市場』・『中国』としている。 楽器レンタル、楽譜のオンライン販売、大人向け音楽教室の展開などにより大人の音楽市場をさらに開拓するとした。 中国をはじめとするアジアの成長市場においてもピアノ市場は年間販売台数が15万台から20万台と見込まれており、(平成16年)からでの現地生産を開始した。 (平成17年)10月にで音楽教室を開始する。 (平成17年)にドイツの音楽ソフトウェア会社であるを買収し、(平成20年)にの老舗ピアノメーカーであるを傘下に収める。 2009年にはイギリスのピアノメーカーであるを完全子会社化し、ピアノ生産をアジアに移転した。 これによりイギリスでのピアノ生産に幕が下ろされた。 (平成21年)期決算においては、を起因とした消費萎縮により大幅減益となり、でのが206億円に膨れ上がった。 このため、国内の楽器製造工場を集約化(日本管楽器の流れをくむ埼玉工場を閉鎖し、豊岡工場へ移転させるなど)させ、部品事業と部門を売却により事業撤退するリストラを決定。 住宅設備部門子会社のヤマハリビングテックは(平成22年)中に株式持分85. (平成26年)、により国内における楽器・音響機器の生産事業を子会社3社に承継した。 この子会社3社は、(平成29年)4月1日までに順次合併し、2019年8月現在、株式会社ヤマハミュージックマニュファクチュアリングとなっている。 2018年(平成30年)1月17日の年頭記者会見で、欧州などで自動車への搭載義務化が進む緊急通報システムの機能を持つ車載通話モジュール(複合部品)を新たに開発し、車載関連機器市場に本格参入することを明らかにした。 ヤマハの製品は、複数のメーカーで採用の内定を得ているとのこと。 本社構内のセンター1階に2018年7月3日、歴代製品などを展示した企業ミュージアム「イノベーションロード」を開設した。 見学は予約制。 主要な製品 [ ] ピアノ [ ] ヤマハ グランドピアノ• - 、、エレクトリックピアノ(電気ピアノ)、サイレントピアノ(電子ピアノ) ヤマハのは、1960年代以前から国内で高い認知度と市場占有率であったが、海外では認知されていなかった。 ヤマハは前にから技術導入したピアノ製造方法を踏襲し、海外で主流となったと音質や音量が異なっていたことによる。 1960年代中期より、グランドピアノの研究対象をからに変更し、大ホールでの使用に適する豊かな音量と煌びやかな高音を持つことを目的としたフルコンサートピアノFCシリーズを開発したが、十分な評価が得られなかった。 このため、スタインウェイピアノをさらに徹底的に研究するとともに、イタリアより技術者タローネを招聘し、材質・加工製造方法・精度・強度・剛性などを改良し、フルコンサートピアノCFシリーズを開発した。 普及型グランドピアノも、放射状支柱、およびコレクターを後框および金属フレームに結合させ、を取り入れ、アクションをエルツ式としたCシリーズを投入した。 さらに、ピアノの調律・整調・整音技術の研修のために、松山乾次らをやのとして派遣し、コンサート前調律のノウハウや演奏家の要求を学び、コンサートチューナーとして信頼を得るとともに、その技術を国内にもフィードバックした。 数年後に多くの一流のピアニストにCFシリーズを紹介する機会が訪れ、欧米でもCFシリーズが次第に使われた。 晩年のがCFシリーズを愛用するなど優秀性が認知され、現在は国際的なピアノコンクールでスタインウェイに次いで多く使用されるピアノとなっている。 に新型フルコンサートピアノCFXを使用したが第16回で優勝した。 アップライトピアノについても、1970年代から研究対象をベヒシュタインからスタインウェイ、およびスタインウェイと同じ起源を持つドイツのとし、UXシリーズなどの高品質なピアノを生産した。 しかし、国内のピアノ需要は少子化、生活スタイルの変化、住宅問題や騒音問題などにより初頭の年産20万台をピークに減少を続け、現在は輸出が有力となっている。 海外で精度や耐久性が優れたヤマハピアノの評価は高く、国内よりも高価格で流通し、国内で1970年代から1980年代に生産された多くの中古ヤマハピアノが輸出されている。 アコースティックに電子技術を結合して高度な自動演奏や通信を持つディスクラビアシリーズやDGPシリーズを出荷している。 消音可能なサイレント仕様を多くのモデルに用意している。 電子ピアノの分野でも、アコースティックピアノのアクションを電子ピアノに搭載したシリーズやDGPシリーズを出荷している。 そのデザイン力も高く評価されており、P-140シリーズはのを受賞している。 各種打楽器 [ ] SGシリーズ• AESシリーズ• RGXシリーズ - かつてはやに通じる型コンポーネントスタイルのシリーズ(同様のシリーズでRGZシリーズも存在した)だったが、2000年ごろよりその路線をPACIFICAに吸収させ、6半音(増4度)下げ前提の "Drop 6" やといった先鋭的なモデルに特化している。 - 、らのシグネチャーモデルも存在した。 BJシリーズ - 独自モデル。 SXシリーズ• MGシリーズ - ・ - MG-Mはシグネチャーモデル(数種ある)、MG-KENはMG-Mベースに製作されたシグネチャーモデル、は北島独自のシグネチャーモデルである。 ・ - MOTION BASSシリーズ。 MBはモデル。 TRBシリーズ• RBXシリーズ• エレクトリックギターおよびエレクトリックベースはモデルライフが短いものが多く、定番となっているモデル以外は生産終了となるものが多い。 近年は発売されている種類が大幅に整理されている。 管楽器 [ ]• その他管楽器• は伝統的なウィーン式の管楽器を使用し、それが同楽団の音の特徴のひとつにもなっているが、1970年代になると欧州は市場の限られたウィーン式の管楽器を製作する業者は深刻な後継者難に陥る。 第一トランペット奏者のヴァルター・ジンガーが1973年のウィーン・フィル来日公演時にヤマハ銀座店を訪れてトランペットの製作を依頼したことをきっかけに、同楽団の奏者たちと伝統的なウィーン式の管楽器を共同開発する。 以降、ウィーン・フィルのオーボエ、ホルン、フルートなどはヤマハが制作している。 教育楽器 [ ]• 商品名:ピアニカ• 教育用 防音室 [ ]• アビテックス 各種アクセサリー [ ]• Tyros 業務用音響機器 [ ] NS-2000 かつて、からOEM供給で(カセットテープ)を発売していた。 システム• アンプ• 楽器メーカーとして木材の加工ノウハウを持っていたことから、スピーカーは定評があった。 特に銘機として名高いは、一般家庭のみならずやの音質評価(モニター)用にも使われ、(昭和49年)の発売から(平成9年)の生産完了までに20万組以上が出荷された。 Hi-Fiコンポーネント• レーザーディスクプレイヤー (昭和60年)に発売されたLV-X1は10万円を切る価格で水平解像度400本とコストパフォーマンスに優れ、パイオニアが寡占していたLDプレーヤー市場で好評を博した。 なお、かつてはも販売していたが、ヤマハの販売店でしか買えなかったこと、しかも価格は他社の同等品に比べるとかなり高かったことから 、現在では撤退している。 情報通信機器・電子部品 [ ] かつてはやドライブといったおよび関連製品を製造していたが、現在は撤退している。 ・ 電子楽器の開発で培われた高度な信号処理技術を生かし、(昭和62年)にアナログ回線用を発売して通信機器業界に参入した。 当初は国内の販売実績が低かったが、米国で月当たりの販売数が20万となり通信用デバイスのヤマハの印象が定着した。 その後、機能性の高いのRT100i、RTA50i、などを数多く世に送り出し、国内で中規模ネットワーク向けの販売数が高いシェアを占める。 に発売されたはRTX1000の後継にあたり、定番とされていたが、最大セッション数が4096と少なくWebアプリケーションの普及などから端末毎の消費セッション数の増大もあり、に発売されたが後継した。 RTシリーズ• SRTシリーズ• RTXシリーズ• FWXシリーズ (ファイアウォール)• RTVシリーズ• NetVolanteシリーズ• SWXシリーズ• WLXシリーズ• 同メーカーの持つ音声技術と技術を組み合わせることによって、高品質な音声による会議システムを提供することを目玉とした製品群。 PJPシリーズ 半導体 [ ] YMF744(YMF724の後継) 用のフォーマット対応サウンド制御用LSI(ヤマハMAシリーズ。 向け端末は製の一部機種に限られる)シリーズを開発している。 かつてはを実用化し、数多くのパソコン、やなどのゲーム機に搭載されたことで知られている。 (平成10年)にパソコンのバス用音源チップ、YMF724を開発して発売し、半ハードウェアXG対応MIDI音源が搭載されて安価であることから自作パソコンマニアを中心に爆発的に普及した。 現在は撤退している。 モバイルオーディオ• 画像LSI• 通信LSI• LEDドライバ(アミューズメント機器向け) コンテンツ配信 [ ]• ヤマハが提唱した規格 [ ]• おもな使用ミュージシャン [ ] 国内• (グランドピアノ、MIDIピアノ)• (グランドピアノ)• (グランドピアノ、MIDIピアノ)• (MIDIピアノ、シンセサイザー)MIDIピアノの開発に協力• (シンセサイザー)• (シンセサイザー)• (キーボード)• (アコースティックギター LJ66custom)• (アコースティックギター)• (アコースティックギター)• (アコースティックギター、S-51KOHSETSU-SPECIALほか)• (アコースティックギター、サイレントギター)• (アコースティックギター)• (アコースティックギター The FG Custom)• (アコースティックギター)• (アコースティックギター)• (アコースティックギター、エレキギターVG Custom)• (アコースティックギター、エレキギターMG-Mシリーズ)• (エレキギターHRシリーズ)• (エレキギターIN-1)• (エレキギターKK-1、アコースティックピアノ)• (エレキギター)• 古川望(エレキギター)• (エレキベース BB2024カメダバージョン等)• (エレキベース RBX4A2)• (エレキベース、アップライトベース、アコースティックギター、シンセサイザー、エレキピアノ)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (サックス)• (サックス) 海外• (グランドピアノ)• (グランドピアノ)• (グランドピアノ)ホールによりスタインウェイと使い分けている• (エレキベースATTITUDE)• (エレキベースTRBJP, TRBJP2)• (エレキベースBBNE, BBNE2)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム) かつて使用していたミュージシャン [ ]• (エレキギター)• (エレキギター)• (エレキギター)• (エレキベース)• (シンセサイザー)• (シンセサイザー)• (エレキギター)• (エレキギターMG-K、PACIFICA)• (エレキギター)• (エレキベース)• (エレキギター)• (グランドピアノ、シンセサイザー)• (ギター、ベース)• (エレキベース)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (ドラム)• (田中裕美子・海江田ろまん・土居慶子)(シンセサイザー・エレクトーン)• (エレキギター)• (グランドピアノ)• (グランドピアノ)遺作のはヤマハで録音されている) レクリエーション事業 [ ] 「」を参照 音楽教室 [ ]• が「 」の名称でカリキュラムを定めて運営しており、ヤマハ完全子会社のヤマハミュージックリテイリング店舗や約1,400店ある特約店で実施されている。 (平成16年)時点での生徒数は50万人。 中国、韓国で直営による音楽教室を開設している。 コンサートホール [ ]• 7丁目のヤマハ銀座ビル(ヤマハミュージックリテイリングが運営するヤマハ銀座店が核テナント)に「」が設置されている。 音楽事業 [ ]• (大正14年)に横浜工場が「パイオニヤレコード」のレーベルで短期間レコード制作を行ったあと、音楽ソフト事業からいったん撤退した。 戦後は、によりアーティスト発掘と原盤制作が行われ、様々なレコード会社へ原盤供給を行っていた。 (平成19年)6月に音楽ソフト事業を統括する子会社のを設立し、各音楽ソフト事業子会社を統括会社の傘下に移す。 傘下のレコード会社(YMC)に、らが所属している。 リビング事業 [ ] ピアノ製造の木材加工のノウハウから高級家具を製造したことからはじまり、(平成3年)に(YLT)を設立し分社化。 、等の製品を製造販売していた。 家具については(平成4年)にシステム家具の販売取り止めを決定、品目の絞り込みを行った末に受注・生産を終了した。 (平成22年)にリストラの一環でヤマハはYLT持株85. この時点でYAMAHAブランドおよび社名は継続されたが、実質的に経営から撤退。 その後、YLTによるヤマハおよび投資ファンドの出資分についての実施、付の社名変更 により、名実ともに住宅機器事業から撤退した。 自動車関連 [ ]• おもに(も含む)向けのの内装木工パネルを製造している。 の室内エンジンサウンド開発をとともに共同参画し、内装カーボンパネルも納入した。 スポーツ用品 [ ] 用具の開発から始まり、FRP成形技術を活かして、を製造していた。 (平成9年)にスポーツ事業部を廃止し、スキー板・スキー用品・テニスラケットから撤退。 (平成14年)にアーチェリー用具からも撤退。 現在はゴルフHS事業推進室によるクラブのみとなっている。 マリンスポーツは系列外のが管掌している。 アナウンス・発車メロディー [ ]• 1989年3月に従来の発車ベルを代替し、ヤマハ製のがとそれぞれで導入された。 (平成2年)にで、で4番目に発車メロディが採用され、ののでも採用された。 渋谷と新宿はや、などの音色であった。 現在使われている(8番線を除く)と金沢駅はの音色である。 その後放送機器の老朽化を理由に順次製への置き換えが行われ、現在は水戸駅(8番線を除く)と金沢駅である。 2014年9月に音のユニバーサルデザイン化支援システム「」を発表する。 規格を活用し、対応するアナウンス音声がのにより多言語文字で表示される。 2015年5月の日本館で公式採用され、全国の空港、鉄道会社、バス会社、商業施設、観光施設で導入されている。 2016年6月に自治体初の連携をとと行なった。 2016年12月に「平成28年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」で「内閣府特命担当 大臣奨励賞」を受賞した。 不祥事・事件 [ ] 役員のパワーハラスメントによる社員の自殺 [ ] 1月、ヤマハの研究開発部門に所属する30代の男性社員が、上司にあたる50代の執行役員のによりした。 ヤマハや関係者によると、男性社員は4月に課長に昇任。 同年6月ごろから執行役員による厳しい指導が目立ち始め、男性社員は体調を崩して11月からして療養していたが、2020年1月に自殺した。 2019年末、社内の通報窓口に執行役員がパワハラ行為をしているとの情報が寄せられ、ヤマハは調査を開始。 その直後に男性社員が自殺したため、外部のも交えた調査の結果 、執行役員の行為はパワハラに該当し、自殺の原因になったと認定された。 ヤマハは遺族に謝罪し、執行役員を2020年3月末で退任扱いにした。 関連会社・法人 [ ]• 株式会社- (平成23年)に株式会社と株式会社が合併して誕生、旧・ヤマハリゾートは(平成14年)にヤマハ本体に吸収合併され解散。 株式会社()• 株式会社()• ライン6• 株式会社()• 株式会社(浜松市中区)• 株式会社(磐田市)• 株式会社(磐田市) - 敵対的買収防止のため出資比率を下げた代わりに、株式の相互持合いを開始、現在信託分・自己保有を除いた上での当社筆頭株主• 株式会社(浜松市中区)• 株式会社(浜松市中区)• 株式会社(浜松市)• 株式会社(:出版事業、音楽配信事業、音楽プロダクション事業、音楽出版事業、レーベル事業)• 株式会社(渋谷区:音声・映像ソフトの企画・制作・製造・販売)• 株式会社(:楽器販売、音楽教室等)• 株式会社(磐田市)• 株式会社(港区:国内における楽器・音響機器販売および教室事業)• 株式会社()• 株式会社(浜松市中区)• 財団法人 おもな工場 [ ]• 天竜工場(南区)(自動車用内装部品等の製造、ヤマハファインテック株式会社が運営)• 掛川工場(静岡県)(グランドピアノ・アップライトピアノの製造、株式会社ヤマハミュージックマニュファクチュアリングが運営)• 豊岡工場(静岡県)(電子楽器・管楽器・音響機器の製造および研究開発、株式会社ヤマハミュージックマニュファクチュアリングが運営)• 磐田工場(静岡県磐田市)(ピアノフレームの製造、株式会社ヤマハミュージックマニュファクチュアリングが運営) 関連項目 [ ]• - ヤマハ音楽教室・各種コンクールの企画・主催• ヤマハグレード• (番組)• - 中本輝美(アコースティックギターマスタービルダー)• (サッカー) - 「ヤマハ」グループの一員として出資 し、スポンサーも務める 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• などを参照のこと。 両社間でデザイン交換の試みも為されている。 YOMIURI ONLINE. 2015年2月26日. の2015年3月7日時点におけるアーカイブ。 2017年5月19日閲覧。 カザリ職人。 技術のみならず、金銭的にも寅楠を援助をした。 創業者一族とは無関係。 寅楠の姉の婿。 西川オルガンの創設者の西川寅吉は(明治17年)頃に風琴の試作に成功したとされ、これが事実であれば寅楠より先に製造していたことになる。 現在のヤマハによる沿革紹介でも自らが「日本初」であったとは明記していない。 のに由来する言葉であり、直訳では「快楽主義(者)」となるが趣旨としては余暇を楽しむ思想をもとうという意味であろう。 例えばのデビューは1983年(昭和58年)9月である。 や通信カラオケ等• ただし、価格はTDKのものより高かった。 価格は高いものの、出来は他社同等品と比べると大きく劣る。 とりわけの頃は、他社同等品のみならず、の高性能化・多機能化(いわゆるバブルラジカセ)も大きく進んだため、余計に見劣りがした。 撤退した最大の理由は、いわゆるガラケーやパソコンに取って代わる形でが普及したため。 出典 [ ]• 2018年5月1日閲覧。 出典:日経リサーチが実施した(平成18年)企業ブランド調査、(平成18年)、• (2016年11月18日、東洋経済オンライン)• , pp. 44-45, 共益商社. , pp. 121-123. , p. 75, 共益商社の買収. i:Engineer 〜だからエンジニアっていいよね〜. パーソルテクノロジースタッフ. 2020年6月25日閲覧。 , p. 110, ヤマハ、大阪支店を開設する. 参考文献:大庭伸介著『浜松・日本楽器争議の研究』、五月社、1980年• 出典:1992年5月14日 日本経済新聞• 出典:1992年5月13日付け日本経済新聞• 出典:1992年1月16日、日本経済新聞• 出典:1992年2月25日、日経産業新聞• 1995年6月11日、日本経済新聞• ヤマハ ニュースリリース(2018年6月19日)2018年7月12日閲覧。 ヤマハ• (2013年02月01日、東洋経済オンライン)• (2004年12月24日、ヤマハリビングテック・ニュースリリース)• (2013年6月28日、ヤマハリビングテック・ニュースリリース)• (2013年6月28日、日本経済新聞)• 2020年3月21日. 2020年3月21日閲覧。 2020年3月20日. 2020年3月21日閲覧。 ヤマハ株式会社. 2018年1月1日閲覧。 株式会社ジュビロ. 2018年1月1日閲覧。 株式会社ジュビロ. 2018年1月1日閲覧。 参考文献 [ ]• 『オルガンの文化史』、1995年。 『ピアノの近代史 : 技術革新、世界市場、日本の発展』、2020年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 公式サイト: 、• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の