大阪 国技 館 寿司。 大阪府にも実は存在した「東照宮」「銀座」「国技館」はなぜなくなった?

地図 : 国技館寿司

大阪 国技 館 寿司

川崎東照宮跡地は現在小学校になっており、校門前に石碑と立て札がみられる もともと京と大坂で始まった「銀座」 東京の数ある繁華街の中でも長い歴史と風格を持つ高級商店街・銀座。 もとは江戸時代に貨幣の鋳造所が置かれた区域で、丁銀や豆板銀などの銀貨を鋳造していた「銀座役所」に由来するというのは、多くの人が知っているだろう。 実はこの「銀座」、江戸に置かれるよりも前の1601年、京都・伏見に設けられた銀貨鋳造所が始まりとされている。 伏見銀座は1608年に京の室町と烏丸の中間地点辺りに移され、時を同じくして大坂にも銀座が設けられる。 大坂銀座は銀貨鋳造所ではなく、生野銀山や石見銀山からの銀を集積して京の銀座に送ること、そして大坂の商人の間でやり取りされ古くなった銀貨を回収して、新しい銀貨と交換することなどが主な役割であった。 その後、京や大坂の銀座は1801年頃には廃止され、江戸の銀座のみが機能を一手に担うこととなる。 現在、京都市の中京区御池通から両替町を上がってすぐのところ、そして伏見区銀座1丁目に、それぞれ銀座跡の石碑が立っている。 また、大坂の銀座跡碑は大阪市中央区高麗橋のビジネスビルの前で見ることができる。 明治以降、ショッピング街として発展していった東京・銀座 大阪銀座のあった辺りは現在ビジネス街となっている 大阪相撲協会が造営した国技館 さて、「国技館」と言えば、言わずと知れた日本相撲協会が管理運営する興行施設・両国国技館のこと。 しかし、かつては大阪にも国技館が存在したのをご存じだろうか。 その昔、江戸以外にも、京や大坂にそれぞれ相撲の興行団体が存在していた。 そして明治になると、東京相撲協会と大阪相撲協会がそれぞれ成立する。 東京では明治42年 1909 、初の常設相撲場として両国国技館 初代 が完成。 すると、大阪相撲協会も負けじと大正8年 1919 に現在の大阪市浪速区、通天閣の近くに両国と同規模の国技館を建てた。 これが「大阪国技館」である。 通天閣を擁する当時の遊園地「ルナパーク」南側にあった大阪国技館 しかしこの頃、すでに大阪相撲は衰退期に入っており、大阪国技館完成を持ってしても勢いを盛り返すことはできず、大正14年 1925 、大阪相撲は興行を停止。 国技館は劇場として活用されることとなり、やがて戦時の大阪大空襲で焼失した。 当時の両国国技館をも凌ぐ規模の大国技館 昭和2年 1927 、東京、大阪それぞれの相撲協会がいったん解消し、大日本相撲協会が発足。 その後、昭和の大横綱・双葉山の登場などもあって相撲人気はさらに高まっていく。 この盛り上がりを受け、今度は大日本相撲協会の興行施設として、昭和12年 1937 に再び大阪に国技館が造られる。 場所は現在の大阪市城東区。 その規模は、建坪3,000坪、鉄筋コンクリート4階建てドーム式、収容人員2万5,000人で当時の両国国技館をも上回り、「大阪大国技館」などと呼ばれていた。 ところが、不運にも完成間もない昭和16年 1941 、戦局の悪化から相撲興行は中断。 戦中は倉庫として転用され、戦後は進駐軍によって接収。 大相撲大阪場所が再開された昭和28年 1953 には、既に建物は解体されてしまっていた。

次の

国技館すし(地図/大東・四條畷/寿司屋)

大阪 国技 館 寿司

概要 [ ] 大阪国技館は、(8年)、現在の大阪市の・ルナパーク南側にを中心とした興行開催を目的にオープンした。 建坪500坪、収容人員10,000人(あくまで公称であり、実際はこれより少なかった)で、丸屋根の優美な洋風建築の外観を持った建物であった。 大阪相撲協会が本拠を構え、オープン翌日から大阪・東京合同による大相撲が行われるなど、大阪相撲の発信拠点として機能したが、既に大阪相撲の衰退期を迎えており、次第に大きすぎるキャパシティを持て余すようになった。 (大正14年)の本場所を最後に、大阪相撲は相撲興行を中断。 (2年)に大阪相撲協会は解散し、に合流する。 (3年)にはの 松映として再出発をはかり、以降、の映画とのレビューを主として興行した。 建物は(昭和20年)ので焼失し、現在は跡地(北側の階段付近)に石碑が残るのみである。 大阪大国技館 [ ] 大阪大国技館復元模型 (昭和12年)3月、東西の相撲興行が統一、の登場により相撲人気が高まった背景を受け、大阪市(1943年以降は)古市に完成した施設。 コンクリート4階建ての洋風ドーム建築で建坪3,000坪、敷地6,000坪、収容人員25,000人の規模であった。 これは大阪相撲が使っていた国技館どころか、当時のよりも大きい施設であり、 大阪大国技館とも 大阪関目国技館とも呼ばれ、従前の大阪国技館と区別されている。 しかし、オープン間もない(昭和16年)には戦局の悪化から相撲興行が中断。 結果的に4年で7回の準本場所を開催しただけで戦時中には建物は倉庫として転用された。 こうした背景もあり戦後はが接収、(昭和28年)に大阪場所として興行が再開された頃には既に建物は解体されていたという。 現在、大阪大国技館があった場所は住宅地となっており、案内板を除いて往時を窺えるものは残されていない。 付近にあったの建物ももう取り壊されている。 12月に200分の1スケールの復元模型が城東区役所に寄贈された。 脚注 [ ] [].

次の

国技館すし(地図/大東・四條畷/寿司屋)

大阪 国技 館 寿司

周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の