みずほwallet for android。 【みずほWallet for Android】JCBデビットカードを使ったみずほ銀行のアプリが素晴らしい。

みずほWallet for Android

みずほwallet for android

みずほ銀行は、iPhoneアプリの「みずほWallet」において、29日からバーチャルデビット「Smart Debit」を開始する。 みずほWalletから即時に発行でき、みずほ銀行の口座から即時に支払い デビット払い できる決済サービス。 みずほWallet for iOSは、2018年8月にサービス開始。 口座の残高や入出金明細表示などの機能に加え、Mizuho Suicaにも対応したスマホ決済・ウォレットアプリとなる。 ここにデビット払いの機能として「Smart Debit」が追加された。 Apple Payにおけるデビット対応は、みずほWalletが日本初となる。 なお、AndroidのみずほWalletにおいては、すでにSmart Debit機能が提供されている。 iOSにおいてはみずほWalletが初のデビット対応事例となる。 パートナーとの関係もあり、詳細は明きらかにしていないが、みずほWalletのトランザクション量や、Suica対応などの取り組みなどの実績を積んできたことから、日本初のApple Payによるデビット対応を実現できたという。 みずほWalletの利用者数は非公開だが、みずほWallet全体 AndroidやSuica、デビット含む のトランザクションは「月間100万件を超えている」 みずほ銀行 リテールデジタル開発部 デジタルチャネルチーム 次長 若宮太郎氏 という。

次の

Android10 みずほWallet Smart Debitが復旧! でも設定が消えていた!!

みずほwallet for android

2019-10-03 07:00 以下は過去情報として、参考にしてください。 おはようございます。 GoogleのスマホPixel3を使っているので、さっそく最新のAndroid10へアップデートした管理人ケイです! 2019年9月6日現在• 利用限度額が変更できない。 QUIC Payのメインカード変更ができない。 電話で確認したところ、現在のところ1~2カ月程度はかかる見込みとのことです。 このページの目次• 画面が真っ暗! Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。 Android10へのアップデート後、みずほWallet Smart Debitを使おうとしたら、いきなり画面が真っ暗です。 何もできません。 あれっ? と、急いで調べると、Google Playに、記載があります。 【重要なお知らせ】Android OS 10でのご利用について Android OS 10にアップデートした場合、正常に起動しない場合があります。 ・すでにご利用いただいているお客さま:みずほWalletのアプリ起動ができませんが、決済についてはご利用いただけます。 また決済ご利用時の通知メールについてもお受け取りいただけます。 ・新しくご利用されるお客さま:みずほWalletの新規登録がご利用いただけません。 本事象への対応予定時期については、決定次第、改めてご案内します。 みずほWallet Smart Debitとは みずほWallet Smart Debitとは いくら使ったかきちんと管理しながら利用できます、口座直結のデビット決済アプリ。 つまりデビットカードを持っていなくても、デビットカードと同様のことができるのです。 といっても、みずほWallet Smart Debitを、ボクは使い始めたばかりです。 なので、いろいろと試していました。 しかしAndroid10へのアップデートしたため、約1週間で、このようにアプリが起動しない状態になってしましました。 決済は可能• メール「みずほWallet Smart Debitご利用のお知らせ」は届く。 なので、メールで「いつ? どの店舗で? いくら使ったか? 」は確認できる。 通帳・かんたん残高照会(インターネット残高照会)には「SMART DEBIT」と記帳されるので、「いつ? いくら使ったか? 」は確認できる。 次に、みずほWallet Smart Debitアプリが 使えないと、できないことは、以下の機能です。 利用限度額が変更できない。 QUIC Payのメインカード変更ができない。 なお、電話で確認したところ、現在のところ1~2カ月程度はかかる見込みとのことです。 今回はボクが利用している中では、みずほWallet Smart Debitアプリだけでしたが、すべてのスマホ決済アプリで、可能性があるわけです。 QRコード決済の~Pay系でも、可能性があるわけです。 AndroidOSを、簡単にダウングレードする方法はあるのでしょうか? ところでAndroidOSを、簡単にダウングレードする方法はあるのでしょうか? スマホ決済は、官民で推進しているキャッシュレス決済普及にむけて重要な役割を担っている1つのハズです。 せっかくみんなが『使おうかなぁ』と思っているところに、このようなことが発生すると、水を差すことになります。 とはいっても、OSのアップデートでは、必ずアプリのバグは発生することなので、今回のような問題は、やむを得ないことです。 であるからこそ、簡単にスマホのOSをダウングレードする方法を提供してもらいたいと、思うのはボクだけでしょうか? いずれにしても、皆さん、お気をつけください。 復旧したらまたご報告しますね。 しかし、復旧までに、現在のところ1~2カ月程度はかかる見込みとは、、、ちょっと長すぎです。 どうすべきか… それでは!

次の

みずほWallet(ウォレット)の特徴と便利な使い方

みずほwallet for android

QUIC Payを Google payで使っていました。 同じようなことをしている人が多いと思います。 で、 みずほ銀行のJCBデビットカードではなく、みずほWalletアプリで Mizuho Smart Debitを使おうと考えていたのですが、 Mizuho Smart Debitは結局のところQUIC Payで支払うものです。 今現在はGoogle PayでQUIC Payを使っているので、1台のスマホにふたつのQUIC Payを入れておく状態になるわけです。 なので、みずほWalletに切り換えるためには、Google Payの中でカードを切り換えた時とは違う操作をしなければなりません。 その方法です。 やること: QUIC PayをGoogle Pay使用からみずほWallet使用に変える 前提: みずほWallet fot AndroidをインストールしてSmart Debitで使う銀行口座を設定済み みずほWalletアプリのインストールと設定は簡単なので、ここ見てやってください。 では、切り換え手順を 確認:Google PayのクイペとみずほWalletのクイペは別モノ どちらも QUIC Payでひとつのスマホに入っていても、ふたつは別々に動いているもので、 みずほ銀行口座から引き落とすスマートデビットのクイックペイ決済はGoogle Payではできませんし、逆もできません。 実はそれぞれに固有の番号が振られています。 どこに書いてあるのかを下に説明していますが、そんなことはいいから早くみずほからGペイに変える方法教えろという方は、 へ飛んで下さい。 GooglePay、みずほWalletそれぞれ固有のQUICPayナンバー Googleペイの QUICPayバーチャルアカウント番号は、 GペイホームからQUIC Payをタップして「 最近のアクティビティ」の下の方へスクロールすると出ている「 バーチャルアカウント番号」です。 みずほWalletでは、 ウォレットホームに表示される カード画像右上の i アイコンをタップすると出る「 カード詳細」の一番上にある「 QUICPay番号」です。 ひとつのスマホ端末に複数のQUIC Payが入っていても、 アクティブな状態にしておけるのはひとつだけなので、G Payからみずほに変える等の場合にもG Payを削除する必要はありません。 両方入れっぱなしで大丈夫。 最初に Google PayのQUIC Payのメインカード設定をはずして、 みずほWalletをメインに設定することになります。 Google Payでの作業 G Payホームからクイックペイをタップすると現在設定しているメインカードが表示されます。 カード画像の下にある「 QUICPayのメインカード」をタップしてください。 選択肢の中に「 なし」というのがあります。 そこをタップ これでGoogle Payのクイペは非アクティブな状態になりました。 下のように 「QUICPayのメインカード」がグレーになっていればOKです。 みずほWalletでの作業 今度は みずほWalletアプリで Mizuho Smart Debitをメインカードに設定します。 こちらはアプリを立ち上げると赤くでかでかと「 メインカード設定」という帯状ボタンがあるので、そこをタップします。 「メインカードに設定しますか?」と聞かれるので「 設定」をタップ 「少し時間がかかりますよ」というガイドが消えたら、 みずほWalletがメインカードに設定されています。 店頭では「クイックペイで支払います」と言えばOK。 「みずほWalletで」とか「Mizuho スマートデビットで」とかは言う必要ないです。 というよりお店の人が混乱するかもしれないので「クイックペイで」とだけ言う方がいいです。 端末にかざすスマホは、みずほのほうのクイペを使うように設定済みなので、 Google Payを使っていた時とまったく同じ支払い手順で、今後はみずほWalletが使用されます。 20%還元キャンペーンへのエントリーを忘れずに! みずほWalletの20%還元キャンペーンはエントリーしないと適用されません。 必ずエントリーしてください。 ちゃんとエントリーしたかどうか確認するのもここで。 追加情報:みずほWalletはみずほ銀行「うれしい特典」条件変更後のランクA条件です みずほマイレージクラブの「 うれしい特典」、みずほ銀行の利用度によって振込手数料やATM利用手数料が優遇されるアレは、 2020年から条件が変更されます。 みずほWalletの利用はAステージの条件に入っています。 みずほWalletでの決済があると翌月はAステージになります。 とりあえずお伝えしたいのはみずほWallet利用は、Aステージ条件ですよということです。 QUICPayをみずほWalletのMizuho Smart DebitからGoogle PayのJCBカード払いに変える手順は まずみずほWalletのメインカード設定をはずします。 みずほWalletでの作業 みずほWalletアプリで カード画像の右上にある i のアイコンをタップ 「 メインカード解除」をタップ GooglePayでの作業 続いて GooglePayアプリを立ち上げて「 QUICPayのメインカード」をタップ 支払元として使おうとしているカードが表示されてメインカードボタンがアクティブになっていればOKです。 Gペイに表示されているカードとは違うカードを使う場合は、アクティブの状態で もう一度「QUICPayのメインカード」をタップすると登録しているカードがすべて表示されるので、使用するカードを選んで下さい。 店頭では「クイックペイで支払います」で。 「Googleペイで」と言うとお店の人が混乱するかもしれません。 「クイックペイ」と言った方がいいです。 スマホでGペイ側のクイペを使うように設定してあるので、みずほWalletの時と同じようにリーダーにかざせばGペイのクイペが使われて、セットしているカードからの支払いになります。 じぶん銀行スマホデビットをQUICPayに設定する手順はこちらに.

次の