太もも 付け根 痩せ ない。 太ももの付け根が太い…出っ張りをなくして脚を細くするにはどうしたらいい?

太ももの付け根が太い原因と効果的なダイエット法!原因別の対策で太もも痩せを目指そう|Style Up

太もも 付け根 痩せ ない

内ももを痩せさせるために鍛えるべき筋肉 「内ももを痩せさせてスキマを作りたい」という方が鍛えるべき 筋肉は太ももの内側にある「内転筋(ないてんきん) 」です。 内転筋を鍛えれば内ももが引き締まるので、太ももの間にスキマができやすくなるでしょう。 内転筋は足を「閉じる」ときに使われる筋肉です。 また、「立ったり、座ったり、歩いたりするときに骨盤を安定させる」役割も担っています。 そのため、内転筋が鍛えられている方は姿勢がよく、動きもしなやかです。 さらに、内転筋が鍛えられていれば体勢が安定するため、疲れにくいというメリットもあります。 【自重編】内転筋の筋トレ法 ここからは内転筋を効果的に鍛えられる筋トレ法を「自重編」と「ジム編」に分けて紹介します。 まずは「自重編」から。 上でも紹介したように、内転筋は足を閉じるときに使われる筋肉です。 トレーニング中もそのことを念頭に置き、内転筋を意識しながら「足を閉じる」動作をおこなってください。 内転筋の筋トレ法1. ワイドスクワット ワイドスクワットは、通常のスクワットよりも足を大きく開いておこないます。 これにより、通常のスクワットでは鍛えにくい内転筋を効果的に鍛えられます。 【豆知識】「アダクションマシン」と「アブダクションマシン」の違い• アダクションマシン:太ももの 内側を鍛えるマシン• アブダクションマシン:太ももの 外側を鍛えるマシン まとめ 今回は内もも痩せに効果的な「内転筋」のトレーニング法を紹介しました。 内もも痩せのために鍛えるべき筋肉 効果的な筋トレ法• 内転筋• ワイドスクワット• ボールスクイーズキープ• レッグアダクション• マシンレッグアダクション 筋トレで重要なのは「鍛える部位を意識する」ことです。 「どの筋肉に効いているか」ということやフォームの正確性にこだわることなく、やみくもに回数を重ねるばかりでは成果は出にくいので、内転筋に負荷がかかっていることを確認しながら筋トレをおこなってください。 内転筋の動かし方や効果的なトレーニング法、動作の癖や骨格、筋肉のつき方を分析して目的や課題に即した最適なトレーニングを考えていきましょう。 お住まいの地域にあるパーソナルトレーニングジムを探す 「 ブヨブヨのお腹周りをどうにかしたい……」「 毎日のデスクワークが原因の運動不足を解消したい」「 肩こりや腰痛を解消してラクになりたい」などカラダの悩みを抱えているあなたにおすすめしたいのが、トレーナーと1対1でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」です。 パーソナルトレーニングの魅力は• カラダの専門家であるトレーナーから、あなたの悩みや目的、カラダの状態に合ったオーダーメイドのプログラムを提案してもらえる• 1対1で丁寧に指導してもらえる• 食事と運動の両面からサポートしてもらえる など、自己流でのダイエットや筋トレでは得られないものばかり。 とはいえ、すぐに入会を決めなくても大丈夫です。 まずは、 トレーニングの体験や無料カウンセリングに足を運び、「このジム(トレーナー)であれば、ダイエットやカラダ作りを成功させられそう」というジムを探しましょう。 TOREMOでは、 全国のパーソナルトレーニングジムを紹介しています。 下記のリンクより、お住まいの地域を選択してください。

次の

太もも痩せダイエット短期間で即効性のある正しいやり方!

太もも 付け根 痩せ ない

「え?これだけ?他に原因あるよね?」 って思うかもしれませんが、結局太もも痩せしない原因はこの2つに集約されるんです。 言われてみれば当たり前。 ダイエットの基本的なことですよね。 だからこそ筋力をつけて脂肪を減らすために 「毎日ストレッチやマッサージ、スクワットだってしているわ」っていう人もいると思います。 では、なぜ太ももは痩せないのでしょうか? 下半身の筋力低下が諸悪の根源 下半身の筋力が足りないというのも、タイプは2つあります。 1.太もも痩せするために筋トレや運動をしている!という方 太ももが脂肪燃焼するような筋力レベルまで達していない。 2.太ももが太くなるのが怖くて筋トレはしない…という方。 筋力が無いせいで、何をしても太もも痩せの効果が発揮できない あなたは太もも痩せのためにどれくらい筋トレやマッサージをしているでしょうか? 想像してみてください。 脚やせ動画を紹介してくれている美脚モデルは、1日何時間、美脚のことを考え、美脚のための習慣をしてるでしょうか? 厳しいですが、太もも痩ができない根本的な理由は、 下半身の筋肉量と動かしている量が足りていないからなんです。 上半身ばかり痩せるのは下半身(太もも)への刺激不足 ダイエットすると 上半身ばかり痩せるんだけど! 食事制限だけしていても下半身はなかなか痩せません。 なのに上半身ばかり痩せていくのも不思議ですよね。 その理由もシンプル。 上半身は血の巡りが良いから優先して脂肪が燃えるんです。 そもそも脂肪がエネルギーとして燃焼されるには、脂肪を分解してできる 「脂肪酸」を血管に送り込まねばなりません。 上半身は内臓の働きが密集しており、心臓があって血の巡りも良い。 血流が良い部位は、全身にエネルギーを送り込むスピードも速く、優先して脂肪分解が進みます。 一方、上半身と比べて太ももは明らかに血流が悪いですよね。 手首のように脈があるわけでもないし、歩くときだってわざわざ高く上げ下げしたりしません。 仮に太ももの脂肪分解が進んだとしても、血の巡りが悪いために、全身に脂肪酸がめぐっていかないので、また元の脂肪組織に戻ってしまうんです。 「でも、ちゃんと太ももが痩せるように動かしてるよ!」 と言いたくなる気持ちもわかりますが、現に全くサイズダウンしていないのであれば、それはサイズが変わるほど血行が良くなっていないということです。 太もも太りの解決策にタイプ別は関係ない 水太り、筋肉太り、セルライト、むくみなど…よく「太もものタイプ別によって、細くする方法は違う」なんていわれますよね。 確かに誰も正しいし有効な手段だと思います。 しかしですね! これすべて 筋力低下が原因で起こっていることなんですよね。 逆にいうと、タイプ別に太もも痩せの方法を試しても、筋力が無ければ効果は一時的。 または全然改善されません。 ですから、太もも痩せに悩むならば、太ももを鍛える筋トレが有効なんです。 どういうことなのか、原因別に解説しますね。 太ももを鍛えることで、色んな太もも太りが解消される 脂肪を落とすには血行を良くして代謝を上げるしかない 太ももは血行を良くすればいいんだったよね?ならマッサージとかお風呂で温めればOK? いいえ。 一時的に太ももの血行をよくしても、血行の悪い太ももの脂肪はそう簡単に燃えてくれません。 しかも、太ももの脂肪燃焼ができるようにエアロバイクや太ももの上げ下げなど、 とにかく血行を良くした後、ひたすら脚を動かすような運動をする必要があります。 しかし、そもそも筋力をつけないと、太ももを刺激できるような運動すらできません。 一度高速で太ももの上げ下げをやってみたらわかります。 筋力がないと全然できません(笑) 面積の大きい太ももの筋肉を鍛えれば、全体の代謝アップにつながります。 運動によって血の巡りも良くなり、太ももの脂肪が燃えやすい体になります。 それだけでなく、 脂肪がそぎ落とされて、太ももの筋が綺麗に見える引き締まった太ももに生まれ変わるのです! セルライトは脂肪を落とせば目立たなくな セルライトは強めのマッサージでブチブチ潰すっていうよね いいえ。 セルライトはセルフマッサージでは決して治ることはありません。 結論から言うと、セルライトは脂肪を落とせば目立たなくなります。 そもそもセルライトは、脂肪の結合組織が真皮(皮膚の組織の一部)に突き出てしまっていることが原因なんですね。 つまり、セルライトの原因は肥満や老廃物のせいではなく、体質的な問題なんです。 ですから、セルライトは脂肪が少ない人でも見られるものなんです。 余談ですがエステなどでセルライトを撃退しましょう!なんていわれますよね。 その際はちゃんとメニュー内容を見たほうがいいですよ。 ようですが、ハンドマッサージをしてもお金の無駄なのでおすすしません。。 それならば、筋トレして脂肪を落としたほうが、見た目も引き締まるしセルライトも気にならなくなります。 むくみは筋肉が解決してくれる 「むくみって、筋肉と何が関係あるの?関係なくない?」 いいえ。 筋肉さえついていれば、むくみを解消するマッサージ効果もすぐに現れます。 逆に言うと、筋肉が少なければマッサージ効果は得られにくいです。 たしかにマッサージなどで一時的にむくみは解消はされます。 しかし、放っておけばまた太ももはむくみ始めます。 セルライトはリンパの流れの悪さが原因。 なぜリンパの流れが悪くなるのかというと、 筋肉を動かしていないから。 そもそも筋肉は動かさなければ増加しないし、少なければ筋肉の動き自体が少ないのでリンパの流れも悪くなりやすいのです。 筋力があれば、むくみは歩くだけで解消されます。 血液のポンプとなるふくらはぎの筋肉によってリンパは流れるからです。 ですから、むくみで悩んでいる人こそ、マッサージではなく、 ちゃんと筋トレをするべきなんです。 姿勢の悪さ・骨盤の歪みに良いのはヨガやストレッチではない 姿勢が悪くて太く見えるなら、骨盤体操してゆがみを直せばいいでしょ! いいえ。 姿勢の悪さや骨盤のゆがみは、 姿勢を維持する筋肉が衰えることで起こります。 筋肉とは俗語で、本来は骨格筋と呼ばれます。 つまり、姿勢(骨格)を正しく保つ役割を持っているのが筋肉です。 そもそも筋肉がなければ、骨盤体操しても、ヨガをして歪みを整えても、良い状態をキープすることができません。 だから、 いつまでも太いまま。 例えば脚が太く見える原因の1つにO脚がありますが、O脚は内転筋と外旋筋群という、脚を閉じてまっすぐにたもつ役割の筋肉かま衰えることが原因。 その結果、楽に使える無駄な筋肉ばかり発達して筋肉太りも併発。 脚がどんどん開いてO脚になってしまうのです。 ですから、正しい姿勢を保ち、細く見せる太ももを作るためにも、やはり筋肉は必要なのです。 筋肉太りは鍛える筋肉を変えることで解消する じゃあ筋肉太りは?これ以上鍛えてどうするの? って思うかもしれませんよね。 結論から言うと、細く見える太ももの筋肉を使うようになれば、筋肉太りして見える筋肉は使われなくなるので目立たなくなります。 そもそも筋肉太りって、基本的に昔はスポーツをやっていて今はやめてしまった人が悩むことが多いですよね。 スポーツ時代の筋肉は使っていないと思われるかもしれませんが、その当時の歩き方や姿勢が癖になっています。 だから、今でも太く目立つ筋肉を習慣的に使ってしまっているのです。 ですから、筋肉太りの場合は、 正しいフォームで細く見える筋肉を鍛え、習慣的に使うようにします。 すると自然と脂肪も無駄な筋肉も削ぎ落とされ、綺麗な脚のラインが見えてくるのです。 筋肉をつけても太ももが太くなることはない• 脂肪がついたままの状態だから。 太く見える筋肉ばかり鍛えているから。 筋トレそのものは脂肪燃焼をしてくれるわけではありません。 カロリー消費もほんの僅か。 では、筋トレって何のためにするのかというと• 見た目を引き締めて細く見せる• 代謝を上げて脂肪を落としやすくしてくれる ですから、人によっては太ももを鍛えると同時に、脂肪燃焼を狙って食事制限と有酸素運動は必要です。 ですが、筋トレをしたからってムキムキに太くなってしまうことは絶対にありません。 太くなることを気にして筋肉をつけない方が、太ももをさらに太くさせる原因につながります。 ご存知かと思いますが、 基礎代謝は筋肉増加と比例して増えるんです。 (基礎代謝とは何もせずとも消費する必要最低限のエネルギー量です。 ) 筋肉は 体温維持の役割も担っていますから、脂肪燃焼したい部分に筋肉をつけることで、しっかりと体温上昇して、効率よく周辺の脂肪が燃えていくわけです。 脚が太くなることを心配して筋肉をつけないという人は、太もも痩せのためにいくらストレッチやマッサージをしても効果は長続きしません。 その時々しか効果は得られないので、細くなった太ももをキープできない。 脂肪は燃焼できず、下半身がいつも冷えています。 結果的に、脂肪とセルライトがブクブクと太ももについてしまうわけです。 あなたが参考にしている筋トレやマッサージには、1日5分!とか、速攻脚痩せって書いていたかもしれません。 たしかに動画や書籍は間違っていないと思います。 しかし、その本人は絶対にそれ以上の運動をしているはず。 そしてそれが習慣になり、体にとっては必要な筋肉となっています。 そらと比べ、一般人である私たちが見よう見まねで真似をしたくらいじゃ太もも痩せはできません。 それはやっぱり、 「根本的に筋肉が足りず、習慣的に体を動かす機会が足りない」からです。 普段あなたが運動する習慣がないのであれば、もっともっと脚に意識を向けて筋トレの量を増やしていく必要があるというわけです。 だから、筋力の少ない女性こそ、筋肉で太くなるなんて心配せず筋トレをして筋肉をつけてください! 見た目の綺麗さだけでなく、冷え性からくる様々な症状も軽減できますよ。 筋力が低下招くそれぞれの原因まとめ 太くなる原因 筋力不足がすべての理由 脂肪 ひたすら血行を良くして太ももを刺激する有酸素運動 セルライト 脂肪を減らせば目立たなくなる むくみ 筋力が弱くてリンパが滞ったまま 筋肉肥大 太く見える筋肉が発達して、正しい筋肉が衰えている 姿勢が悪い 姿勢を支える筋力が低下 骨盤のゆがみ 骨盤を支える筋力が低下 太ももに何も変化が起きないならば、太ももを鍛える筋トレをして、とにかく脚を動かしてください。 そうすれば、あなたの太もも太りの原因に効く方法で効果がぐんと現れて、 理想の脚に近づけるはずです! 太もも痩せするならどんな方法が効果的? それでは太もも痩せの具体的な方法に入りましょう! 太もも痩せで効果的な方法は以下の通りです。 しかし、スクワットをすると余計に足が太くなる人がいます。 それは、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が発達して太く見えてしまっている人です。 スクワットは鍛えると余計に太くなる人がいる! スクワットはとても万能な筋トレで、同時に3つの部位を鍛えることができます。 blogimg. jpg 下半身の広い部分を鍛えることができるので、全体的な筋力が少ない人が行うと、基礎代謝アップの効果が高いのも事実。 しかし、スクワットを頑張る前に本当に太もも痩せに有効かどうか一度鏡で自分の姿を見てみてください。 スクワットをすると、余計に太く見える脚 上の画像のように、横から見て太ももの前側が突き出ている方は、太く見える筋肉(大腿四頭筋)が発達している証拠です。 前側が発達する人は以下のことに心当たりがあるかもしれないですね。 普段から前かがみで歩いている• 姿勢が悪い• 猫背 当てはまる人は、これ以上スクワットを頑張りすぎると、さらに発達して太く見えてしまいます…。 スクワット自体は筋力アップに有効ですが、 ゴールは太ももが細く見えることですよね? ですから、自分の脚をよく見てスクワットをするかどうか判断してください。 太ももが太く見える人と細く見える人の差は、太ももの前側・裏側の筋肉、どちらが鍛えられているかで変わります。 太ももの裏側のハムストリングを鍛えると、より視覚的にシャープな印象になり、足が細く見えるのです! ハムストリングが重要性はこの書籍から学びました。 効果があると感じたのは• 太ももの上げ下げ(階段の上り下り)• エアロバイク• 大股でウォーキング いろんな方法がありますが、太もも痩せに期待を裏切らないのは大股歩きのウォーキングでした。 1日30分は行えるといいですね。 有酸素運動は20分以上行うと良いと言われますが、最初の約20分は筋肉に蓄えられた糖質エネルギー(グリコーゲン)が使われると言われているからです。 それから脂肪燃焼がスタートするので、20分以上行う必要があるわけです。 筋トレ自体に脂肪燃焼効果はありませんが、脂肪燃焼しやすくする効果はあります。 残念ながら、脂肪が多くついていると筋トレだけではなかなか太ももは細く見えてきません。 中には食事制限はしたくない!といって、ひたすら運動で痩せようとする人がいますが、効率を考えると絶対に食事を減らす方が有効です。 20分のウォーキングでおよそ80キロカロリー消費できると言われていますが、おやつ1つ我慢するだけで100キロカロリーは余裕で抑えることができます。 ただし!間違っても急激なカロリー制限はしないこと。 食事だけ減らしても都合よく太ももだけ細くなるということはありえません。 筋力が衰え太もも太りの無限ループに陥ります。 部分痩せを狙いたいなら、筋トレをしつつ徹底的に 下半身に刺激を与えることが大事です。 ですから、食事制限するなら絶対に自分の消費カロリーは知っておかなければなりません。 とはいえ、いちいち計算するのは面倒ですよね? ですから、消費カロリーはダイエット関連のアプリで管理する方してしまいましょう。 ダイエットアプリはいろいろと使いましたが、私は FINCを使っています。 目標体重に合わせたカロリーを自動で設定してくれるので、オーバーしてしまう心配もありません。 太もも痩せなど目標設定ができて、ダイエット動画や記事が満載• 無料YouTubeでもクオリティの高い動画はありますが、プロが配信しているものはほとんどがダイジェス版。 しかも途中で広告が出てきてイラッとしますよね… ですから、私はYouTubeではなく、「 LEAN BODY」という動画配信サービスを利用しています。 LEAN BODY 太もも痩せができるダイエットDVDを探している方や、 ジムに行きたいけど時間がない方にはかなりおススメ。 「 LEAN BODY」はテレビや雑誌で有名な20名以上のフィットネストレーナーが集結した動画が視聴できるサービスです。 見たときの第一印象は、ものすごく丁寧な解説。 分りやすい。 YouTubeとのクオリティの違いにあなたも驚くはずです。 気になる部位別に探すこともできるし、気に入ったフィットネストレーナーを追って検索することもできます。 もちろん太もも・下半身痩せ動画もあります! YouTubeだと断片的な情報ばかりでなかなか正しいフォームが身に付きませんが、LEAN BODYは1からゴールまできちんとマスターできるようになっています。 プロのフィットネストレーナーの動画だけ視聴できる• ハイクオリティで本格的なジムのような動画で太もも痩せのフォームが学べる• 1つの動画をマスターしたころには、確実に太ももの変化を感じる 登録なしで確認できる動画もありますので詳細を確認してみてください。 書籍との違いは、本人と直接やり取りできること。 この前ちょっと興味が湧いたサービスがあったので利用してみました。 すぐに太もも痩せしたい! 本気で太もも痩せしたいけど続かなくて悩んでいる人には是非オススメしたい内容でした。 こんな方法もあるんだー。 って感じで新しい発見でした。 逆にいうと、だから太もも痩せできない人がいるんだなぁと…。 夏までに痩せたい• 結婚式を控えている…!• どうしても痩せたいんだ…! という方は、プライベートジムを検討するのも一つの手です。 絶対に痩せたい…!と思うならば、費用対効果としては安いもの。 プライベートジムは食事管理からメンタルケアまでトータルでサポートしてくれるので、確実に太もも痩せへと導いてくれます。 しかも、今って「」もあったりするんですよね。 こちらはビーコンセプトという太もも痩せができるというプライベートジム。 筋トレは自己流ほど怖いものはありません…私は何度も腰を痛めたり、やり方が間違っていたことに気付かずにずっと意味のない動きをしていたこともあります。 動画やネットなど自分で行うのも否定しませんが、やはり直接プロに習うと成長は早いですよ! ちなみに、こちらのジムは 圧倒的に料金が安いです。 FINCアプリのメリット• 太もも痩せなど興味のあるダイエット情報・動画の配信が無料• 食事検索でカロリー入力が簡単!• どれくらい筋トレをすれば太もも痩せできるの? 太もも痩せを実感するまでは、その人それぞれの負荷によって変わります。 ですが、 大体3か月を過ぎるころには、太ももに綺麗な縦筋が見えるようになってきます。 たとえ太もものサイズダウンができなくても、 相対的に筋肉が目立つよう引き締まって細く見せることも重要です。 たとえば、今の太ももの脂肪と筋肉の割合で考えるのです。 必ずしも大きくサイズダウンしなくても、「脂肪:筋肉=45:55」でも引き締まって見えてきます。 私の例ですが、一度ダイエットし過ぎで 160㎝で46㎏から35㎏まで痩せた経験があります。 ですが、筋肉も一緒にそぎ落とされているので、ポチャッとした印象はぬぐえませんでした。 しかも、パッと見の太ももの印象は46㎏からあまり変わりません…。 リバウンドした時はもう太ももデブ。 ですから、太もものサイズダウンにこだわりすぎす、食事管理もしつつ見た目をほっそり魅せる引き締め太もも痩せがダンゼン良いです。 桐谷ちゃんとローラちゃんの間を目指すイメージで、今はトレーニングを続けていますよ! 私が紹介したものだけでも太もも痩せも不可能ではありませんが、ここからはもっと効率的に太もも痩せする方法をお伝えします。 まとめ とても長くなりましたが、とにかく 太ももが痩せないのは筋肉が足りない・刺激が足りないことが根本的な原因だということ。 太もも痩せの方法はネットでいろいろ書かれていますが、結局のところタイプ別の太もも太りなんて、本当は関係ないのです。 下半身に筋力が足りないことが諸悪の根源• 日常的に下半身への刺激が足りない• とにかく下半身(特にハムストリング)を鍛えれば太ももが痩せないという悩みは解決できる とにかく太もも痩せしたければ、下半身を中心に筋トレをしましょう。 そして、本気で太もも痩せと向き合うならば、時間を確保して下半身を動かす習慣を作ってください。 せめて目標とする理想の脚になるまでは、です。 とても長くなりましたが、本気で太もも痩せと向き合うならば、時間を確保して下半身を動かす習慣を作ってください。 せめて目標とする理想の脚になるまでは、です。 ネットの記事を読むだけではもったいないです! 太もも痩せのために、何か一つでも行動を起こしてみてくださいね!! このブログでは、他にも太もも痩せのための情報を配信しています。

次の

太ももが痩せない人に共通する特徴!痩せ効果を得る方法はこれだ!│Lifeary

太もも 付け根 痩せ ない

なかには、太ももにできてしまったセルライトについて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 凸凹とした見た目から、だらしない印象も与えかねないセルライトに自己流マッサージやエステの施術を行う方も見られます。 これらと、美容外科での脂肪吸引による除去とはどのような違いがあるのでしょうか。 今回は太ももにできてしまったセルライトの適切な処置方法についてご紹介します。 まずは、セルライトがどのようなものか、ご説明しましょう。 セルライトとは、主に太ももの外側や裏側、腹部、二の腕など皮膚の表面にできる凸凹のことです。 見た目がオレンジの皮に似ていることから、英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれています。 皮下脂肪が溜まってしまい、脂肪細胞に老廃物が付着して大きくなったものが周りの組織を圧迫したことによって、皮膚がつっぱり、凹凸を起こしている状態です。 皮下脂肪の多い部位につきやすいことから、太ももにもできやすくなっています。 また、皮下組織で脂肪細胞が大きくなりセルライトとして皮膚の表面に現れるまでには2〜3年かかります。 現時点でセルライトがない部位でも、体内では着々とセルライトの形成が進んでいる場合があるのです。 次に、セルライトと脂肪の違いについて見てみましょう。 セルライトが皮下脂肪の肥大化によってできる凸凹であるのに対し、脂肪とは脂肪細胞の集合体のことです。 脂肪は2種類に分けられ、内臓の位置を固定するために臓器を囲うようにしてできる脂肪のことを「内臓脂肪」、全身の皮下組織につくもので指でつまめる脂肪のことを「皮下脂肪」と言います。 内臓脂肪は男女ともにつくもので分解が速いのに対し、皮下脂肪は女性につきやすく分解が遅いという性質があります。 そのため、セルライトは皮下脂肪の多い女性にできやすく、成人女性の8〜9割には何らかのセルライトがあります。 また、セルライトがなかなか落ちないと言われるのは、分解が遅いという性質が関係しているためです。 皮下脂肪は体型にかかわらずつくものであるため、痩せている人の中にもセルライトに悩んでいる人が多く見られます。 セルライトができる原因には、運動不足や食生活の乱れ、老化、代謝不良、ストレスなどが挙げられます。 皮下脂肪がつきやすかったり、筋肉や代謝の低下によって脂肪が燃えにくい体質になってしまっていたり、ストレスや老化によって血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなっていたりする人は、注意しましょう。 今日から始められるセルフケアには以下の方法が考えられます。 ・マッサージ マッサージを行うことで、血流やリンパの流れを良くし、老廃物や水分を排出しやすい体をつくりましょう。 マッサージは1日5〜10分行うと良いです。 今回は太もものマサージ法をご紹介します。 太ももは太さがありマッサージをするのが大変な場合は、外側、内側、裏側と分けて行うとやりやすいでしょう。 マッサージクリームを塗った上で行ったり、セルライトローラーと呼ばれるローラー式のマッサージアイテムを使ったりするという方法もあります。 1、両手で片方の太ももを掴み、膝上から足の付け根までを丹念にさすり上げます。 リンパを流すイメージで、太ももが柔らかくなるまで行いましょう。 2、温かくなったら太もも全体を強めに握り、握った手首をひねります。 太ももをつねるような感覚で行ってください。 3、太もも全体を叩いてほぐしたら終了です。 ・バランスのとれた食生活 脂質や糖質の多い食事は血流の悪化や冷え、むくみを引き起こし、セルライトができやすい体質へとつながってしまいます。 規則正しくバランスのとれた食事を心がけましょう。 豚肉やレバー、うなぎ、牛乳に多く含まれるビタミンB、大豆や卵、魚介類に多く含まれるたんぱく質、キムチや唐辛子に多く含まれるカプサイシンなどは、代謝を上げる栄養素としておすすめです。 また、よく噛んで食べることで皮下脂肪を増やさないようにするといった配慮も大切です。 ・ラップでくるんで入浴 血行を良くするためには、入浴をして体を温めることも良いでしょう。 特に下半身は冷えやすいため、積極的に温めることが大切です。 太ももを集中的にケアしたい場合は、太ももにラップを巻いて入浴することで発汗を促し、老廃物の排出につながります。 10分以上の入浴が理想ですが、きつく巻くと逆に血流が悪くなってしまうので注意しましょう。 エステではプロのエスティシャンが老廃物や水分を排出するためのマッサージを行ってくれたり、専用の痩身マシンを用いて施術してくれたりするので、セルフケアよりも結果が得られるはずです。 ただし、一度で結果を得るのは難しいため、繰り返し通う必要があります。 セルライトのケアには上記のような方法がありますが、ケアをする際に注意しておきたいのが、セルライトを潰したとしても痩せないということです。 セルライトのケア方法を調べると、しばしば「セルライトを潰して老廃物を流す」という記載が見られますが、これはむしろ逆効果といえます。 セルライトが老廃物の固まりであることや、エステの施術におけるマッサージから生まれた考えのようですが、潰すことでセルライトが悪化してしまったり、力を入れすぎてマッサージすることであざができてしまったりするケースがあるのです。 セルライトは周りの組織を圧迫することで発生するものなので、圧によって周囲の皮下組織や血管はダメージを受けています。 そこにさらにマッサージで圧を加えることで、ダメージを修復しようとコラーゲンが形成され、脂肪細胞は逆にどんどん頑丈になっていってしまいます。 コラーゲンに包まれた脂肪細胞は、より一層落ちにくい上に通常の2〜3倍の大きさにもなるため、セルライトが目立ちやすくなってしまうのです。 ダメージを受けた筋肉が、筋肉痛を経てより強い筋肉になるのと同じだと考えるとわかりやすいでしょう。 また、セルライトは分裂することがあるため、セルライトを潰そうとすることで分裂させてしまうと、脂肪細胞の数が増えます。 分裂するとそれぞれの脂肪細胞は小さくなりますが、体外に排出されることがないので、再び周囲の組織を巻き込んで新たなセルライトとなっていくのです。 基本的には、一度できてしまったセルライトが消えることはないため、セルフケアやエステのケアに関しては、セルライトを悪化させない・増やさないための方法だと考え取り組むようにしましょう。 セルライトのみをケアする施術はありませんが、以下の方法によって対応することが可能です。 ・脂肪吸引 脂肪細胞を直接吸引することで、サイズダウンをはかる施術です。 特定の部位を細くすることができるため、ボディラインを整えることができます。 施術の際は、局部麻酔あるいは全身麻酔を施し、吸引する部位の目立たない箇所を2〜3ミリ切開します。 切開部にプロテクターを装着したら、脂肪をふやかす薬剤を注入し、脂肪をふやかしていきます。 ふやかした後は、ストローのような形をした専用のカニューレを用いて脂肪細胞を吸引したら完了です。 脂肪細胞を吸引するためリバウンドの心配がなく、脂肪吸引後の脂肪層は血行がよくなっているため、セルライトができづらくというメリットがあります。 ただし、セルライトがある状態で脂肪吸引を受ける場合は、一度に大量の脂肪を吸引するのではなく、数回に分けて施術を受けるようにしましょう。 というのも、セルライトがある部位は、脂肪細胞に老廃物がくっついて固まりになっています。 そのため、一度にごっそりと取り除いてしまうと、周辺の組織や血管を傷つけてしまいかねないのです。 また上記でご紹介した通り、セルライトは皮下脂肪が少ない人にもでき得るものです。 痩せている人がセルライトのために脂肪吸引を受けると、脂肪がさらに少なくなった分、皮膚が引きつれて凹凸がひどくなってしまうケースも考えられます。 脂肪吸引の施術は脂肪が多い人には有効ですが、セルライトによってできた凹凸のみをケアするものとしては、最適の方法とは言いにくいでしょう。 ・脂肪融解注射 太もものセルライトを軽減する施術としてもっともおすすめなのが、脂肪融解注射です。 脂肪吸引と同様にサイズダウンを目的としたものですが、セルライトを軽減したい人にはより適した方法と言えます。 施術の際は麻酔クリームを塗布した上で、サイズダウンしたい部位に注射を打つだけです。 施術時間がわずか10分程度でメスも使いません。 ヴェリテクリニックでは「リポビーン」と呼ばれる薬剤と、「リポルスカルプティング」と呼ばれる薬剤の2種類を用いており、「リポビーン」はサイズダウンが目指せ、「リポルスカルプティング」は植物由来成分で作られており、即効性があるという特徴があります。 脂肪溶解注射の場合はピンポイントで脂肪を除去することができるので、セルライトによって凸凹している部位に注射することで、脂肪を減らしながら滑らかな仕上がりにすることができます。 注射は3〜5回ほど行うことでよりメリットが感じられるでしょう。 また、一度できてしまうとなかなかなくすことができないという点も多くの女性を悩ませている要因と言えるでしょう。 セルライトで悩んでいる人は、セルフケアやエステのケアで体質改善をしながら、美容外科の施術で気になる部位の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

次の