ブロンコ ビリー 蒲郡。 クリント・イーストウッドにとって『ブロンコ・ビリー』はあまりにも過小評価され、忸怩たる作品となった。本作はカウボーイの誇りと友情、反戦、そして愛を描いている

【ブロンコ・ビリー豊川店】三河・ステーキ・ハンバーグ・カレー

ブロンコ ビリー 蒲郡

クリント・イーストウッド曰く「自分のキャリアの中で最も魅力的な作品の一つ」と言い切る。 自身のキャラクターにも近い 悔しさが以後のバネになった この作品はイーストウッドにとって今現在でも忸怩たる思いを寄せる作品だそうだ。 彼自身を知るには最も分かり易い作品と言われている。 しかし興行的にもさほどヒットせず、批評家からの評価も芳しくなかった。 おまけにアカデミー賞をもじったラジー賞なるものでソンドラ・ロック最低女優賞を獲得するなど散々たるものだった。 西部劇の時代は終わった。 それは認めるが最後に意地を見せたかった 時代は最早、西部劇ではない。 そのことをクリント・イーストウッドはわかっていた。 インディオを殺しまくる映画は終わっている。 しかしイーストウッドにも意地があった。 何とか原題風の西部劇を作りたかったのだ。 一種の懐古だ。 だから映画の中でやたら早撃ちだと訴えたり、列車強盗の真似をしたりする。 80年代から新しい時代が到来している。 行こか、戻ろか。 時代に取り残されているのがありありと見えてくる。 これはアメリカに住んでいないから何とも言えないが、旅芸人のような仕事は今もあるのだろうか。 本作は 1980 年に作られているが、ひょっとしたら 80 年を境に旅芸人の仕事も減っていったのではあるまいか。 つまり旅芸人も時代に取り残されているのである。 そう考えると良く出来ていると思う。 ソンドラの演技は爆竹のようだ、素晴らしい、可愛い 伏線はまだある。 ソンドラ演じるアントワネットのキャラクターだ。 私から見ると典型的なアメリカ娘に見える。 わがまま放題だ。 気が強く生意気で人の指図を受けない。 こういった女性ももう歓迎されない時代だったのかもしれない(アメリカに住んでいないのでわからない)この映画でのソンドラが良い。 のあの控えめでお淑やかな雰囲気から一気に成長した感じがする。 もちろん『ガントレット』の娼婦役も板に付いているが、本作での演技は最高だ(こんなアメリカ娘と接したくないと思わせてくれる) 強気をくじき、弱きを助けるクリント・イーストウッドの人間像 イーストウッド演じるビリーも親方体質で古くなっているのかもしれない。 金はないが、エネルギーはある。 そして訳ありの団員を養っている。 もちろん強い者には毅然とし、弱き者には優しくする。 理想的な男だ。 そして最後には愛を手にいれる。 良い話だと思うのだけど評価が低い、、、。 もう一つ、付け加えると本作にイーストウッドの息子のカイルが出演している。 どこに出ているか見つけるのも楽しい。 しかし、イーストウッドの凄いところは、まだ離婚せず、愛人であるソンドラをキャスティングし続け、しかも息子も共演させると言った離れ業をやってしまうところだ。 現在なら NG だろう。 これも古き良き時代だったのだろう。

次の

クリント・イーストウッドにとって『ブロンコ・ビリー』はあまりにも過小評価され、忸怩たる作品となった。本作はカウボーイの誇りと友情、反戦、そして愛を描いている

ブロンコ ビリー 蒲郡

製作総指揮はロバート・デイリー、製作はデニス・ハッキンとニール・ドブロフスキー、製作協力はフリッツ・マーネイズ、監督は「ガントレット」のクリント・イーストウッド、脚本はデニス・ハッキン、撮影はデイヴィッド・ワース、音楽はスティーヴ・ドーフが各々担当。 出演はクリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック、ジョフリー・ルイス、スキャットマン・クロザース、シェラ・ペシャー、ダン・バディス、サム・ボトムス、ビル・マッキニーなど。 日本語版監修は高瀬鎮夫。 デラックスカラー、バナビジョン。 1980年作品。 これは、西部男たちの向う見ずの荒っぽさを活劇ショーに仕立てて披露する旅まわりのショーだ。 花形スターの彼の他には、司会役のドック・リンチ(スキャットマン・クロザース)、インディアン混血の中年美人ロレーン(シェラ・ペシャー)、彼女の夫でインディアン・ダンスや曲芸をこなすチーフ・ビック・イーグル(ダン・バディス)、投げ縄の名人レオナード(サム・ボトムス)、左きき2丁拳銃のル・バウ(ビル・マッキニー)、それに愛馬バスターなどがメンバーのメインだ。 彼らはアメリカの中南部を巡業し、時には慈善公演もかって出るが、経済的にはいつも苦しかった。 一座の移動は車で行なわれ、その日もカンサス州のジャンクション・シティに意気盛んに乗り込むと、ビリーは早速興業の許可をもらうために市の役所に出かけた。 窓口で、ビリーはジョン・アーリントン(ジョフリー・ルイス)とリリー(ソンドラ・ロック)という金持ちのカップルを見かけた。 彼らは結婚許可書をもらいに来ていたのだが、遺産相続のためにいやいやジョンと結婚するリリーは、欲ばりの母親をうらみつつも、はるばるニューヨークからカンサスに結婚式をあげる為に来ていたのだ。 結婚式を済ませて、あるモーテルで初夜を迎えることになったリリーは、しかしどうしてもジョンに抱かれる気になれず、拒み通した。 怒ったジョンは、リリーの持ちもの全てを奪い、町から姿を消してしまった。 翌朝目ざめて、仰天したリリーはニューヨークの母親に連絡するために隣りのガソリン・スタンドにとびこむが、1セントのお金もない。 困っているところに出くわしたのがビリーだ。 彼に10セントを借りることにしたリリーは、その金を返すために、ビリーの一座に加わり危険なナイフ投げの的などの役をひきうけるはめになる。 一方、ニューヨークでは、行方知れずになったリリーに、アイリンは大あわて。 殺されたのかも知れないと思った彼女は、弁護士に相談した。 それから間もなくジョンは警官につかまりニューヨークヘ護送されてきた。 弁護士は、ジョンのところへやってきて、ある相談をもちかけた。 ジョンがリリーを殺したことにすれば、アイリンに入り込んでくる遺産のうち、50万ドルは分け前としてジョンにあげるというものだった。 弁護士の甘い言葉に乗ったジョンはすぐにその計画に賛成した。 一方、リリーは、生れも育ちも違うビリーと何かにつけて衝突していた。 しかし、時がたつうちにビリーのみんなに対するやさしさや、子供達から英雄視されている姿に少しずつ惹かれるものを感じるようになっていった。 そして、ビリーが、かつて浮気をした妻を殺して投獄された過去を持っていること、それでも今は過去を忘れて、団員を家族のように愛していることをメンバーから聞き、深い感動を覚えた。 ある夜、リリーは地元のカウボーイたちにつかまり暴行されそうになるが、そこへ現われたビリーやレナートに助けられる。 しかし、レナートが保安官につかまり、その釈放のために、ビリーはせっかくためた貯金を悪徳保安官の前にさし出した。 さらに突然の火事で残りの貯金や道具を失ったビリーは、やけになり列車強盗を計画するが、それも惨めな結果に終った。 ある鉱泉サナトリュームで何とか幕をあけることが可能になった頃、リリー殺しの罪を引き受けて精神病院送りになっていたジョンがそのサナトリュームに来ていた。 彼の口からアイリンらの陰謀の全てを知ったリリーは、事実を明白にするためニューヨークヘ帰っていった。 リリーを失ったビリーの芸は精彩に欠け、一座のメンバーたちを心配させた。 そんなある夜、アビリーンの町でショーの幕を開いたビリーは演技者入場口で衣裳をまとい艶然と微笑むリリーの姿を目にするのだった。 (ワーナー・ブラサース映画配給*1時間56分) 総合60点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:65点 ) 西部劇の人気がなくなっていった時代にイーストウッドが作ったのは、カントリーの流れる時代遅れな西部劇風の見世物一座の物語。 その見世物の水準が寒いし盛り上がらないし登場人物たちは貧乏だしで、観ているこちらもかなり盛り下がった。 金持ちだが家庭がひどくて不幸で性格がねじまがった女が加入した紆余曲折の後での前向きな彼らは、同じことをやっていてもずいぶんと雰囲気が変わって、生きることの喜びも将来の希望も見いだせていた。 不幸を共有している彼らは幸せも作り出して共有していけるはずだ。 イーストウッドは西部劇でその成功への第一歩を踏み出した。 その後は西部劇はどんどんと下火になって製作本数を減少していくが、この作品を観ていると彼の西部劇や西部開拓民への思い入れ、アメリカを作った人々の歴史への愛情が感じられた。 「星条旗よ永遠なれ」が流れて全てアメリカ国旗で出来たテントの下での演目は、時代が変わっても西部開拓魂は死なないと宣言しているようだ。 売れない貧乏旅芸人の生活を観ていると辛そうで自分も気が重くなるので個人的にあまり好きな主題ではないのだが、イーストウッドの愛情や思い入れが伝わってきた。 ネタバレ! クリックして本文を読む 80年の映画なのにイーストウッドがもうかなりおじいちゃんぽかったので、この人は人生の大半をおじいちゃんで過ごしているのかと思った。 そんなイーストウッドがサーカス団のような見世物組織のリーダーで、団員はみな刑務所の仲間しかもみんな経歴を偽っているというのがとても面白かった。 またお金や何かと引き換えに、魂の自由を謳歌している感じがとてもよかった。 イーストウッドのショーは女を円盤に貼り付けてグルグル回して、目隠しをして銃を撃って、女の周りの風船を割るというものだった。 銃で風船を割った後は、ナイフで股間の風船を割っていた。 果たしてトリックなのか、本当に凄腕なのか分からず、そのうち失敗して殺してしまうのではないかとハラハラした。 全体的に風通しのいい雰囲気がとてもよかった。

次の

「STEAK HOUSE BRONCO BILLY(ステーキ ハウス ブロンコ ビリー) 蒲郡店」(蒲郡市

ブロンコ ビリー 蒲郡

まるごとアボカドてりやきビリーハンバーグセット 200g:1,814円~• 極み炭焼きブロンコハンバーグセット 190g:1,663円~• 炭焼き極選リブロースステーキコンビセット 340g:3,218円• 炭焼きUS赤身ステーキコンビセット 290g:2,570円• 炭焼きローストサーロインステーキコンビセット 340g:2,689円• ガーリックビーフライスセット 190g:1,879円• カットステーキセット 290g:2,138円• チキンステーキセット 290g:2,030円• 好きなだけ食べられるので野菜不足な人にも嬉しいですね。 内容は季節によって異なり、旬の野菜が食べられるようです。 きゅうりのアボカドディップ• なすのピーナッツ和えサラダ• 豆腐の和風カプレーゼ ほか <常時>• パクチーとチキンのアジアンサラダ• ロメインレタス• やわらかキャベツ• オニオンスライス• トマト• ポテトサラダ• ツナマヨショートパスタ• できたてえびせん• フライドポテト• コーヒーゼリー• フォンデュ風とろ〜りチーズソース ビリーハンバーグランチ 993円• 炭焼きやわらかカットステーキランチ 160g:950円~• 炭焼きローストサーロインステーキランチ 150g:1,598円~• ビリーハンバーグランチ 200g:777円• 炭焼きチキンステーキランチ 777円• 炭焼きチキンステーキとビリーハンバーグランチ 885円• 和風おろしビリーハンバーグランチ 200g:885円• エッグビリーハンバーグランチ 885円• 炭焼きやわらかカットステーキとビリーハンバーグランチ 993円 【サラダバー、大かまどごはん、ランチスープ付きメニュー】• 極み炭焼きブロンコハンバーグランチ 190g:1,188円~• 極み炭焼きブロンコハンバーグとカットステーキランチ 290g:1,620円~• 極み炭焼きブロンコハンバーグとチキンステーキランチ 290g:1,490円~• 極み炭焼きブロンコハンバーグミックスグリルランチ 390g:1,728円• 炭焼きやわらかランチステーキ 160g:1,490円• 極み炭焼きブロンコハンバーグとガーリックビーフライスランチ 190g:1,382円~ ランチメニューの時間帯について お得なランチは 平日限定! 時間は オープンから16時までとなっています。 見た目も喜ばれる人気メニューです。 おこさまからあげセット 410円• おこさまハンバーグ セット 626円• おこさまスパゲティー セット 626円• おこさまステーキ セット 950円• サイドメニューの種類と値段はこちら ちょっとデザートが欲しい時やドリンクバーを頼みたい時はセットメニューからどうぞ!• 大人のからあげ(3個) 410円• ジェラート&ドリンクバー 291円~• ドリンクバー 194円~• 単品アイス、ジェラート 162円~ スポンサーリンク お得なクーポン情報はこちら 公式ホームページでは 不定期で「WEBクーポン」を発行しています。 他にも 無料アプリではスタンプが溜まるとクーポンがもらえるお得なサービスを実施しています。 ぜひダウンロードしてスタンプを集めましょう! ブロンコビリーの店舗について ブロンコビリーは 関東・中部・関西を中心に店舗を展開しています。 また座席数も多いので比較的スムーズに入店できるようです。 クレジットカードは使える? 各種クレジットカードの利用は可能ですが、 一部カードはご利用頂けないようです。 レジに表示されていますが、一度お店で確認しておくといいかもしれませんね。 bronco. ラストオーダーは22時30分。 一部店舗では異なる場合があります。 来店前にホームページで確認しておくようにしましょう。 店舗情報の調べ方について 店舗検索は公式ホームページから行えます。

次の