インテリジェント ハブ。 スイッチの種類

インテリジェントハブとは

インテリジェント ハブ

ルーターとハブは、役割が異なります。 ルーターは、IPアドレスを持っています。 そして、ネットワーク内のすべての機器にIPアドレスの割り当てを行います。 ログインしてインターネットの設定なども行うこともできます。 プログラムが内蔵されている多機能な機器です。 それに対してハブは、LANを分岐するという役割があります。 スイッチングハブという一般的に市販されているハブにIPアドレスはなく、ログインして何か設定することもありません。 ハブは、パソコンとMACアドレスの参照表である MACアドレステーブルを持っており、ケーブルを接続するだけでどのポートに どのパソコンが接続されているか認識してデータの送受信を行っています。 接続方法 ここにルーターがあるとします。 ルーターのLANポートがすべて埋まっている状態。 パソコンやネットワークプリンターで使われています。 ハブの裏側。 LANポートがいくつかあります。 ハブは電源を入れて使用します。 ルーターのLANポートをひとつ空けます。 このLANポートとハブを繋ぐため、1本 LANケーブルが必要になります。 ルーターからのLANケーブルをハブに繋ぎます。 ルーターからのLANケーブルは、必ずこのポートに繋がなければいけないという決まりはありません。 基本的には後で分かるように最も若い番号がいいでしょう。 このようになります。 残りのポートには、先ほどルーターから外したLANケーブルや他のパソコン、ネットワーク機器を繋ぎます。 IPアドレスの割り当てなどはすべてルーターが行うため、特別に何か設定する必要はありません。 リンクが確立するとランプが点灯します。 複数のポートを使って同時にインターネット、ネットワーク共有を行うことができます。 このようにLANポートが足りない時に、ハブを使うことで さらに多くのパソコンや周辺機器を追加することが出来ます。 ポート数 ハブには、筐体がプラスチック製のものと金属製のものがあります。 ハブは使用すると多少発熱があります。 一般的に金属製のハブのほうが、プラスチック製のものに比べると 熱を効果的に排出することができます。 接続機器が多かったり、ネットワーク内でのデータのやりとりが多い場合は、金属製のものにしたほうが適切です。 ハブを販売しているメーカーには バッファロー、NETGEARなどがあります。 どこのメーカーもLANケーブルが1本付属品として入っていることがほとんどです。 事業所などではハブが使われていることが多く、インターネットの速度やデータ転送速度が遅いという場合に、とハブがギガビットに対応しているかどうか確認するというのが一般的な対処法です。 サイドバー.

次の

【特別企画】スマートスイッチとは何か? セキュリティ対策や運用管理は万全?

インテリジェント ハブ

8 索引 最近更新された用語 5月22日• 5月15日• 5月8日• 5月1日• 4月27日• 4月20日• 4月10日• 4月3日• インテリジェントハブ 【英】 インテリジェントハブとは、にエージェントの機能を付加した製品のことである。 インテリジェントハブは、マネージャと組み合わせることによって、や上にある インテリジェントハブをで集中管理することが可能になる。 インテリジェントハブはこのほかに、ポート単位でのトラフィック量を把握したり、大規模なでフロア毎に設置することによって障害時の問題発生箇所の迅速な切り分けを容易にする、といった目的で使われる。 では、用語辞典に加えて、 やなど、ITに関連したコンテンツを提供しております。 また、では、より詳しい「」の解説をご覧いただけます。 分野別用語辞典• ご連絡は「」のページよりお願い致します。 気になる用語 シャープが製造・販売する不織布マスク。 Microsoftが販売するデタッチャブルPC。 Microsoftが発表した2in1 PC。 ・ ・ ・ ・ 話題の人物 LISPの開発者 人工知能の研究分野における第一人者。 Appleの共同創設者 「Mac」や「iPhone」を生み出した経営者。 C言語、UNIXの開発者 C言語の設計、UNIXの開発に携わった人物。 XML形式となっている。 アクセストップテン 2020年6月28日現在 (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典).

次の

【特別企画】スマートスイッチとは何か? セキュリティ対策や運用管理は万全?

インテリジェント ハブ

中小規模の環境で、企業ITの足回りを支えるネットワーク機器の置き換えが進んでいる。 もちろん、この言い方は正しくない。 きちんと言い換えるとすれば、「『単純な』スイッチから『賢い(=スマート)』スイッチへ」、という表現が正確だ。 ネットワークを構成するのに欠かせない「ハブ」は、ネットワークケーブルが接続されたすべてのポートにデータを流す単純な「ハブ(リピーターハブ)」から、ポートごとに接続された端末を学習し、あて先の端末が接続されたポートにのみデータを流す「スイッチ」へと進化してきた。 しかし、しくみが違っても、このハブとスイッチの役割は、そう大きく変わってこなかった。 ハブもスイッチも、複数の端末に接続されたネットワークケーブルを束ね、端末同士が通信可能なLANを構築するためのものであることは同じだ。 ただ、社内のいろいろな部門でネットワーク上のサーバーやNASを利用したり、IP電話などの端末もLANに接続されるようになったりと、ネットワークの構成や使い方が複雑化するにつれ、単純にネットワークケーブルを束ねるだけの役割では、企業のニーズに応えることが難しくなってきている。 「機密情報を含む経営層向けのサーバーや開発部門のサーバーを一般社員・ユーザーのネットワークから切り離したい」、「障害に備えてネットワーク機器の状態を把握したい」、「IP電話の音声が途切れないように通信を安定させたい」といったニーズがあっても、単純なスイッチでは対応できないケースが多かった。 そこで登場したのが、「インテリジェントスイッチ」と呼ばれる製品だ。 ひとつのスイッチに物理的に接続された複数の端末をポート単位などに論理的に分割する「VLAN(Virtual LAN)」、管理端末などにインストールしたソフトウェアから各ポートの接続状況を監視できる「SNMP(Simple Network Management Protocol)」、音声や映像などのデータを優先的に処理させることで遅延を押さえる「QoS(Quality of Service)」などの機能を搭載したスイッチだ。 しかし、これまでの「インテリジェントスイッチ」は、十数万円~数十万円と高額なうえ、設定もコマンドベース(CLI:Command Line Interface)なのが一般的で、大企業向けの製品となっていた。 これに対して、最近、注目を集めているのが「スマートスイッチ」だ。 数万円という中小企業でも手軽に購入できる価格を実現しながら、初めてでも手軽に設定できるGUI設定画面を搭載しており、前述したインテリジェントスイッチの機能をより身近に活用できる製品として注目を集めている。 16ポートの「BS-GS2016」でも2万4800円(税別)と非常にリーズナブルな価格を実現したスマートスイッチとなっており、中小企業の中核を担うスイッチとしてはもちろんのこと、大企業の末端に設置されていた単純なスイッチを置き換えることで、オールスマートスイッチを実現する製品として注目されている。 ネットワークの"健康"をSNMPで監視しよう 続いてSNMPを利用して管理端末から状態を確認できるようにしたり、万が一、ネットワークに障害が発生した場合に通知を受信できるようにしてみよう。 SNMPによる監視には、管理ソフトが必要になる。 「TWSNMP()」などのフリーウェアも利用可能だが、今回は同社が販売している「WLS-ADT()」を利用する。 60日試用版が同ページからダウンロードできるので、導入前に試してみるといいだろう。 まずは、BS-GS2016でSNMPを有効化する。 「基本設定」の「SNMP」にある「SNMPコミュニティテーブル」を開き、「public」の「Get」と「Trap」にチェックを付ける。 これで、管理ソフトからBS-GS2016の状態を取得したり、BS-GS2016で発生したエラー(後述)を管理端末向けにTrapとして送信できる。 もう単純なスイッチはいらない 以上、バッファローから新たに登場したスマートスイッチ「BS-GSシリーズ」を実際に利用してみたが、価格からは考えられないほど多機能なスイッチとなっている。 GUI画面で設定が簡単なうえ、事例集なども充実しており、初めてでも手軽に扱えるのも大きなメリットだ。 中小企業が導入する初めてのスイッチとしてはもちろんのこと、大規模な企業の末端に残っているスイッチを置き換えるのにも適しているだろう。 もちろん、小規模なオフィスや個人事務所でも十分に使いこなすことができる。 この価格で、ここまでできることを知ってしまうと、もはや単純なスイッチを購入することに躊躇してしまうほどだ。 BS-GSシリーズの登場を機にネットワーク環境を見直してみることを強くおすすめする。 *** なお、このたび、インプレスとバッファローは共同で、モニター企画「オフィスの有線ネットワークをまるごと交換『スマートスイッチにスイッチ』キャンペーン」を実施する。 この企画では、スマートスイッチのBS-GSシリーズを含む有線ネットワーク関連機器一式(機器費用合計 上限50万円程度を目安)と、これらの施工・設定に関わる工事費用を両社が負担するため、この範囲内であれば、負担なしでネットワーク機器を導入することが可能だ。 詳細は、をご覧いただきたい。 応募は、2015年2月23日(月)午前9時まで受け付けている。

次の