神戸 国際 会館 こ くさい ホール アクセス。 神戸国際会館こくさいホール への行き方、アクセス

神戸国際会館 こくさいホールのアクセス・キャパ・座席・駐車場・スケジュール等の会場情報

神戸 国際 会館 こ くさい ホール アクセス

施設概要 神戸国際会議場は、6ヶ国対応の同時通訳設備や音響・照明調整設備を完備した692名収容のメインホールのほか、 国連や政府間会議の開催実績もある格調高い360名収容(シアター形式)の国際会議室や、可動式のパーテーションで、隣接する国際会議室の利用用途を更に広げるレセプションホール、最大200名収容の会議室を含む全21室の中小会議室を備えています。 また、各階にはゆったりとスペースをとったラウンジ、ロビーがあり、フロアー貸し切りでのご利用の場合は専用フロアーとして、展示やポスターセッション等にもご利用いただけます。 全施設で高速無線LAN(Wi-Fi)を完備しておりますので、各室間LAN・インターネットを活用した会議を開催することができます。 また、会議・会合の開催に必要な音響設備や調光設備、各種サイズのスクリーン、プロジェクター、多回線マイクシステムなど、会議機能を向上させる最新の設備・機器()をご用意しております。 7 (吊り) 有線16 WL8 ステージ:396㎡ 高さ:6m 奥行:12m 間口:18. 7 184 244 66 89 2. 4 (自立) 有線4 WL3 立食:150 66 2. 4 有線4 WL3 99 2. 4 有線4 WL3 229 2. 4 有線4 WL3 100 2. 7 60 104 36 35 2. 8 (吊り) 有線4 WL3 62 2. 7 39 52 24 19 2. 5 (自立) 有線1 WL2 64 2. 7 39 52 24 20 2. 5 (自立) 有線1 WL2 64 2. 7 39 52 24 20 2. 5 (自立) 有線1 WL2 42 2. 7 24 34 18 13 2. 5 (自立) 有線1 WL2 233 2. 4 (吊り) 有線4 WL3 233 2. 4 (吊り) 有線4 WL3 82 2. 6 42 84 30 40 2. 4 (吊り) 有線4 WL3 90 2. 6 42 84 36 40 2. 4 (自立) 有線1 WL2 95 2. 6 51 100 36 41 2. 4 (吊り) 有線4 WL3 185 2. 6 114 186 66 78 2.

次の

神戸国際会館こくさいホール

神戸 国際 会館 こ くさい ホール アクセス

, こくさいホールのあらまし 地上22階建ての雑居ビル神戸国際会館のホール棟にある2階から6階を占めている施設(ホール部分は3階から6階の四層吹き抜け)。 国際ホールの他、シネコンの神戸国際松竹、ショッピングモール、を持つホール棟の中にある。 大阪まで出かけなくとも、神戸・三宮で「ミュージカル、エンタテナーショー、歌謡ショウ」が楽しめる便利スポット。 国際ホールの他、シネコンの神戸国際松竹、ショッピングモール、又高層のオフィス棟には兵庫県旅券事務所の本所、等が入居している、屋上には屋上庭園「 KOKOMIC garden」、地下は、お隣の神戸そごう、「さんちか」と繋がっており、阪神、阪急、JRの三宮駅と繋がっている。 こくさいホールのロケーション 所在地 兵庫県神戸市中央区御幸通八丁目1番6号 神戸の一等地三宮駅前にあり、神戸市民にとっては非常に交通至便な繁華街にある。 新神戸駅、三宮駅、フェリー埠頭を結ぶ神戸の目抜き道路「フラワーロード」に面しており,神戸市役所、アーバンライフ神戸3の宮ザタワー、 D'グラフォート神戸三宮タワー、ミント神戸 等の高層ビルが建ち、港神戸復興のシンボルエリアとなっている。 建築音響工学から眺めた『こくさいホール』 () 馬蹄形オペラハウススタイル 馬蹄形のオペラハウス風、4層吹き抜け収容人員2,112名の神戸有数のスケール持つ誇り、プロモーターには受けが良いホールである。 当てにならない事で有名な音痴揃いの評議員の先生方が選んだ「優良ホール100選?」にも選ばれている。 3スロープ4層構造のプロセニアム形式多目的ホール 平土間部分から連なる緩やかなメインフロアーと両翼から前方に伸びたサイドテラス席を持つ2・3階バルコニー席と、中2階にもサイドテラス席を設けた3スロープ4層構造のオペラハウス風の馬蹄形客席配置を特徴とするホール。 木質の壁面 ふんだんに木材を使った壁面は、音響拡散体として多数の山形横リブを持った。 セグメント構造で、対向面との「・」に配慮したデザイン。 丁寧なバルコニー&テラス処理 バルコニー・テラス軒先はラウンドした合板で表装され、残響創出を十二分に意識したデザイン。 連続山形天井&中央部の大型照明フード 天井反響板は山形に折り曲げた屏風構造で中央部の大型凸形状のアクリル製フードをもつ照明器具と共に散乱波を創出し「後期残響」に寄与している。 側壁、客席背後壁、プロセニアム前縁と繋がる部分はセグメント型のコーナー反響板で、直角コーナーを無くす配慮にも怠りはない。 所見・総評 細部まで入念に設えられた総じて素晴らしい容器ではあるが...。 商業ホールの限界か?、ここでも収容人員を欲張りすぎている。 「3階バルコニー大向うに座る連中は上客ではないから、どうでもよい」といった風なオーナーの経営本心?のようなものが見えてくる。 商業ホールの限界?、惜しまれる点 神戸文化ホール(同様「プロモーター側の強い要望」に答えオーバー2000人の収容人員に拘ったためか、音響的配慮が成されていながら、窮屈間は否めない! 天井が迫った2・3階バルコニー大向こう席は補助席? 1・2・3階ともホール最後列「大向こう」は通路とした点は評価できるが、3階後部両翼はいかんせん天井が迫りすぎている! この部分1.2列は音響的には「補助席扱い」であろう! 1階フロアー壁際は補助席? 更に1階フロアー両側壁際までビッシリ詰まった客席配置はいた抱けない、この部分は「音の通り道」ではなく「神様(お客様)の通路」とすべきであった! いくら反響に配慮した木質壁でも「壁面反射」は免れ得ない! YAMAHAさんも頑張ったようだが、「泣く子と地頭(施主)には勝たれぬ」の例え通り、折れたのであろう...。 (と思いたいところだが銀座YAMAHAホールでも同様な手法とられている。 ) この部分「通路設置予定部?」だった壁際席も音響的には「補助席扱い」 惜しい「迷ホール」の仲間? と言う訳で、このホールは 狸穴総研銘ホール選定基準どこに座っても全てプレミアムシートであること、つまり「壁際(に一番近い)席、大向こう席でも優れた音響で有ること。 」には該当せず、 「迷ホール」扱いとさせていただく。 コンサートを鑑賞される方は以上の点をご承知の上で「補助席」以外の「ベストリスニングシート」をお選び願いたい。 8mの範囲内)の設えで評価する。 但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。 こくさいホールの施設データ Official Website• 所属施設/所有者 株式会社神戸国際会館。 指定管理者/運営団体 株式会社神戸国際会館。 開館 (初代1954年)1999年• ホール様式 『馬蹄形』プロセニアム型式多目的ホール。 客席 三層(二層バルコニー・3重テラス) 2,112名 固定席 :2,022名 1階席 :1,338名 中2階席 :32名 2階 :326名 3階 :326名 立見 :90名 その他 :車椅子スペース 1階平土間中央部千鳥配列、ロールバックシステム、可動床、客席可変残響装置、仮設本花道、あゆみ板、• 舞台設備 可動プロセニアム、 間口 :21. 6m 奥行 :18. 0m 高さ :9. 5m~12. 6m 可動プロセニアム方式 舞台迫 :1. 2m 3分割 花道迫 :1. 8m オーケストラボックス:約80㎡ 3分割 可動床 、脇花道、反響版、 各種図面,• 客席配置図・座席表はこちら(、、、) 付属施設• 施設利用(利用料金等)案内。 設計 日建設計、神戸市都市整備公社• ゼネコン 竹中工務店• 内装(音響マジック) ヤマハ(株) こくさいホールが得意のジャンル 主にポップス関係のコンサートやエンタテイナーのワンマンショウ、歌謡スターの歌謡ショー、ミュージカル、演芸など、ジャンルを選ばない、幅広い興業を行っている。 こくさいホールの公演チケット情報 デジタヌの豆知識 座りたくない席 1F10~31列の壁際席26席、2F2~5列の両端関8席、3F2~5列の両端関8席と6列の9番~13番と42番~46番の10席、最後列7列の9~11番と44~46番の6席、都合64席は、カラヤンが彼の世から帰って来でもしない限りは、座りたくない席! こくさいホールへのアクセス JR 三ノ宮駅 徒歩5分 阪急 神戸三宮駅 徒歩6分 阪神 神戸三宮駅 徒歩3分 神戸市営地下鉄西神・山手線 三宮駅 徒歩7分 神戸市営地下鉄海岸線 三宮・花時計前駅 徒歩1分 ポートライナー 三宮駅 徒歩5分 こくさいホールこれまでの歩み 1956年、進駐軍イーストキャンプ跡の遊休地に、コンサートホールとして開館。 1995年 阪神・淡路大震災で、全壊。 1999年 新装オープン。

次の

神戸国際会館こくさいホール

神戸 国際 会館 こ くさい ホール アクセス

, こくさいホールのあらまし 地上22階建ての雑居ビル神戸国際会館のホール棟にある2階から6階を占めている施設(ホール部分は3階から6階の四層吹き抜け)。 国際ホールの他、シネコンの神戸国際松竹、ショッピングモール、を持つホール棟の中にある。 大阪まで出かけなくとも、神戸・三宮で「ミュージカル、エンタテナーショー、歌謡ショウ」が楽しめる便利スポット。 国際ホールの他、シネコンの神戸国際松竹、ショッピングモール、又高層のオフィス棟には兵庫県旅券事務所の本所、等が入居している、屋上には屋上庭園「 KOKOMIC garden」、地下は、お隣の神戸そごう、「さんちか」と繋がっており、阪神、阪急、JRの三宮駅と繋がっている。 こくさいホールのロケーション 所在地 兵庫県神戸市中央区御幸通八丁目1番6号 神戸の一等地三宮駅前にあり、神戸市民にとっては非常に交通至便な繁華街にある。 新神戸駅、三宮駅、フェリー埠頭を結ぶ神戸の目抜き道路「フラワーロード」に面しており,神戸市役所、アーバンライフ神戸3の宮ザタワー、 D'グラフォート神戸三宮タワー、ミント神戸 等の高層ビルが建ち、港神戸復興のシンボルエリアとなっている。 建築音響工学から眺めた『こくさいホール』 () 馬蹄形オペラハウススタイル 馬蹄形のオペラハウス風、4層吹き抜け収容人員2,112名の神戸有数のスケール持つ誇り、プロモーターには受けが良いホールである。 当てにならない事で有名な音痴揃いの評議員の先生方が選んだ「優良ホール100選?」にも選ばれている。 3スロープ4層構造のプロセニアム形式多目的ホール 平土間部分から連なる緩やかなメインフロアーと両翼から前方に伸びたサイドテラス席を持つ2・3階バルコニー席と、中2階にもサイドテラス席を設けた3スロープ4層構造のオペラハウス風の馬蹄形客席配置を特徴とするホール。 木質の壁面 ふんだんに木材を使った壁面は、音響拡散体として多数の山形横リブを持った。 セグメント構造で、対向面との「・」に配慮したデザイン。 丁寧なバルコニー&テラス処理 バルコニー・テラス軒先はラウンドした合板で表装され、残響創出を十二分に意識したデザイン。 連続山形天井&中央部の大型照明フード 天井反響板は山形に折り曲げた屏風構造で中央部の大型凸形状のアクリル製フードをもつ照明器具と共に散乱波を創出し「後期残響」に寄与している。 側壁、客席背後壁、プロセニアム前縁と繋がる部分はセグメント型のコーナー反響板で、直角コーナーを無くす配慮にも怠りはない。 所見・総評 細部まで入念に設えられた総じて素晴らしい容器ではあるが...。 商業ホールの限界か?、ここでも収容人員を欲張りすぎている。 「3階バルコニー大向うに座る連中は上客ではないから、どうでもよい」といった風なオーナーの経営本心?のようなものが見えてくる。 商業ホールの限界?、惜しまれる点 神戸文化ホール(同様「プロモーター側の強い要望」に答えオーバー2000人の収容人員に拘ったためか、音響的配慮が成されていながら、窮屈間は否めない! 天井が迫った2・3階バルコニー大向こう席は補助席? 1・2・3階ともホール最後列「大向こう」は通路とした点は評価できるが、3階後部両翼はいかんせん天井が迫りすぎている! この部分1.2列は音響的には「補助席扱い」であろう! 1階フロアー壁際は補助席? 更に1階フロアー両側壁際までビッシリ詰まった客席配置はいた抱けない、この部分は「音の通り道」ではなく「神様(お客様)の通路」とすべきであった! いくら反響に配慮した木質壁でも「壁面反射」は免れ得ない! YAMAHAさんも頑張ったようだが、「泣く子と地頭(施主)には勝たれぬ」の例え通り、折れたのであろう...。 (と思いたいところだが銀座YAMAHAホールでも同様な手法とられている。 ) この部分「通路設置予定部?」だった壁際席も音響的には「補助席扱い」 惜しい「迷ホール」の仲間? と言う訳で、このホールは 狸穴総研銘ホール選定基準どこに座っても全てプレミアムシートであること、つまり「壁際(に一番近い)席、大向こう席でも優れた音響で有ること。 」には該当せず、 「迷ホール」扱いとさせていただく。 コンサートを鑑賞される方は以上の点をご承知の上で「補助席」以外の「ベストリスニングシート」をお選び願いたい。 8mの範囲内)の設えで評価する。 但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。 こくさいホールの施設データ Official Website• 所属施設/所有者 株式会社神戸国際会館。 指定管理者/運営団体 株式会社神戸国際会館。 開館 (初代1954年)1999年• ホール様式 『馬蹄形』プロセニアム型式多目的ホール。 客席 三層(二層バルコニー・3重テラス) 2,112名 固定席 :2,022名 1階席 :1,338名 中2階席 :32名 2階 :326名 3階 :326名 立見 :90名 その他 :車椅子スペース 1階平土間中央部千鳥配列、ロールバックシステム、可動床、客席可変残響装置、仮設本花道、あゆみ板、• 舞台設備 可動プロセニアム、 間口 :21. 6m 奥行 :18. 0m 高さ :9. 5m~12. 6m 可動プロセニアム方式 舞台迫 :1. 2m 3分割 花道迫 :1. 8m オーケストラボックス:約80㎡ 3分割 可動床 、脇花道、反響版、 各種図面,• 客席配置図・座席表はこちら(、、、) 付属施設• 施設利用(利用料金等)案内。 設計 日建設計、神戸市都市整備公社• ゼネコン 竹中工務店• 内装(音響マジック) ヤマハ(株) こくさいホールが得意のジャンル 主にポップス関係のコンサートやエンタテイナーのワンマンショウ、歌謡スターの歌謡ショー、ミュージカル、演芸など、ジャンルを選ばない、幅広い興業を行っている。 こくさいホールの公演チケット情報 デジタヌの豆知識 座りたくない席 1F10~31列の壁際席26席、2F2~5列の両端関8席、3F2~5列の両端関8席と6列の9番~13番と42番~46番の10席、最後列7列の9~11番と44~46番の6席、都合64席は、カラヤンが彼の世から帰って来でもしない限りは、座りたくない席! こくさいホールへのアクセス JR 三ノ宮駅 徒歩5分 阪急 神戸三宮駅 徒歩6分 阪神 神戸三宮駅 徒歩3分 神戸市営地下鉄西神・山手線 三宮駅 徒歩7分 神戸市営地下鉄海岸線 三宮・花時計前駅 徒歩1分 ポートライナー 三宮駅 徒歩5分 こくさいホールこれまでの歩み 1956年、進駐軍イーストキャンプ跡の遊休地に、コンサートホールとして開館。 1995年 阪神・淡路大震災で、全壊。 1999年 新装オープン。

次の