コンビニ 24 時間 営業 デメリット。 コンビニの24時間営業の廃止に賛成?反対?色々討論ディベート!?

コンビニ経営のメリット・デメリットとは?オーナーの仕事、成功のポイントは?

コンビニ 24 時間 営業 デメリット

24時間営業が当たり前だったセブンイレブンも方針転換を迫られるのか。 限られた店舗ではあるが、営業時間短縮の実験も始めている。 撮影:今村拓馬 セブンの店舗の98%を占めるFC(フランチャイズチェーン)店との契約では「年中無休、連日24時間開店」が定められ、加盟店主に営業時間の裁量がない。 そうした状況に対し、2月27日、セブンの店主らでつくる「コンビニ加盟店ユニオン」はセブン本部に営業時間の柔軟化を求める交渉申し入れ書を出した。 セブン本部は3月4日、24時間営業の見直しに向けた実証実験を本部直営の10店舗で実施することを表明。 だが、FC店の参加なしではデータの客観性に欠けるとの批判を受け、FC店も加える方向で検討に入るなど、後手後手感が否めない。 3月6日にもセブン本部に交渉の申し入れをしたコンビニ加盟店ユニオンの酒井孝典委員長は、記者会見で店舗の現状をこう語った。 「コンビニは住民票や印鑑証明などの発行や緊急災害時の相談を含めて、社会インフラとしてなくてはならない存在になっています。 サービスが増える一方で、アルバイトの人件費や水道代などの経費は加盟費負担となっている。 アルバイトの時給も高騰し、本部にも相応の分担をしてもらわないとやっていけない。 店主の多くは精神的、肉体的、経済的にも限界に達している。 現行のコンビニのシステムを変えていかないとコンビニ自体が継続できない状況なってしまいます」 深夜営業は利用客が少なければ、利益が出ず、むしろマイナスになってしまう(写真はイメージです)。 本部が受け取る粗利益の割合は4~6割で、本部が土地・店舗を用意する場合は6割程度となる。 24時間営業する加盟店は、深夜にお客が少ないとアルバイトの人件費などに持っていかれ、その時間帯は下手をするとマイナスになりかねない。 酒井委員長自身、ファミリーマートの現役の加盟店主だが、2018年の1年間の営業利益は295万円。 そこから諸々の経費を引いたら手取りが269万円だったという。 酒井氏の労働時間も半端ではない。 直近の3カ月では2018年12月が367時間、1月353時間、2月322時間。 会社員が1日8時間、週40時間働いて月160時間。 過労死認定基準の残業1カ月100時間を足した260時間をはるかに超えている。 実際に2018年2月、福井県のセブンの加盟店では豪雪で店員が出勤できなくなり、夫婦で2日続けて50時間以上働き、妻が過労で倒れて救急搬送されたことが大きく報道された。 4割以下が営業利益400万円以下 人材不足でアルバイトの獲得が困難な今、アルバイトの時給も高騰。 コンビニオーナーは長時間労働に加え、利益を伸ばせない構造にも苦しんでいるという。 Bloomberg Creative Photos 精神・肉体的疲弊にとどまらず経済的にも苦境に立たされている。 前出の記者会見に同席した土屋直樹武蔵大学教授の調査によると、大手チェーンの加盟店の営業利益(加盟店の家族の給料などに当てられる)は400万円以下が全体の4割だという。 特に加盟店の多くを占める、本部が土地・店舗を用意する単店経営の場合、300~600万円台の収入が典型的だと指摘している。 比較的高い600万円だとしても、夫婦2人で割ると1人300万円にすぎない。 この土屋教授の調査対象時期は2015年当時。 近年はアルバイトの時給が高騰し、売上高が変わらない中で加盟店主の利益を圧迫している。 しかもコンビニの時給では人を集めにくくなり、店主自ら長時間労働を強いられる実態が続いている。 24時間営業の見直しは、これまで続いてきたコンビニのビジネスモデルが曲がり角にきていることを示している。 酒井氏は、こう危惧した。 「今の状態が続けばコンビニが半分になる危険もある。 社会インフラとしての機能が失われれば国民、都民、町民が困ることになる」 コンビニ本部と加盟店主が営業時間も含めた現行の経営モデルについて話し合い、持続可能なビジネスモデルを再構築すべき時期にきているのだろうが、3月6日にコンビニ加盟店ユニオンがセブンの本部に交渉を申し入れたが、拒絶されている。 その理由として酒井氏は、「我々は労働組合として認めていない。 したがって要望書という形で受け取るが、回答は出せない」と言われたという。 撮影:今村拓馬 これを聞いて、やはりそうなのか、と思った。 というのはセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業の人事部長の言葉を思い出したからだ。 かつで彼はこう語っていた。 「加盟店の店長が労働者だという、とんでもない動きが進んでいる。 もしそんなことを認めたらコンビニというビジネスモデルが崩壊してしまう。 絶対にあってはならないことだ」 興奮気味に語る口調には危機感が滲み出ていた。 人事部長(当時)が言う「加盟店主の労働者問題」とは約10年前に遡る。 2010年3月。 コンビニ加盟店ユニオンがセブンの団交拒絶を理由に岡山県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。 もともと、コンビニ加盟店主たちは経営のあり方をめぐり本部との話し合いを求めたが、拒否され、やむなく労働組合を結成した。 それでも交渉に応じなかったために労働委員会に対して不当労働行為の救済申し立てをした。 2014年3月、岡山県労委はコンビニ加盟店主は労働組合法の労働者であるとして、セブンに団体交渉に応じるようにという救済命令を出した。 続いてファミリーマート加盟店ユニオンも同様の趣旨の救済申し立てを東京都労働委員会に対して行い、2015年4月に都労委は団交応諾命令を下している。 しかし、2社は命令を不服として行政機関の最終審にあたる中央労働委員会に再審査を申し立て、その結果は近く示されることになっている。 大きな災害が起きると、コンビニはそのライフラインとしての存在感が際立つ。 Reuters コンビニのようなフランチャイズ契約など、業務委託契約を結んでいる自営業者がなぜ労働者なのかと疑問に思う人も少なくないだろう。 ファミリーマート加盟店ユニオンが都労委に救済申立を行ったきっかけは、10年ごとに行われる再契約の可否に関する具体的判断基準についての交渉を本部が拒否したからだ。 再契約するかどうかは契約上、基本的に本部の判断であり、仮に再契約できなければ路頭に迷ってしまうという不安を加盟店は抱いていた。 都労委の命令書を読むと、• 全国どこのファミリーマート店でも同様のサービスを提供している。 「加盟店は、会社の事業の不可欠な中核部分を担い、加盟者は不可欠な労働力を担う者として会社の事業組織に組み入れられている」• 契約内容の一方的・定型的契約についても、加盟者の要望や意向を反映することなく、会社独自の判断で細部を定め、変更できる。 フランチャイズ契約の内容は、「会社の優越的地位のもとで、一方的・定型的に会社により決定されている」• コンビニの働き方の実態にも着目しており、興味深い。 FC契約締結前に加盟店主と配偶者は会社所定の様式の健康診断書の提出」を求められる。 病院の担当者に充てた文書には日常業務の支障の有無の記載項目がある。 日常業務については「ファミリーマート店長業務全般という意味。 1日当たりの就業時間は10時間以上、週1日程度の休日が基本」と説明している。 実際の店舗での就業時間は、加盟店主の1人は1週間84時間、月平均287時間。 配偶者との合計で月平均506時間以上にのぼる。 さらに加盟者は売上金を毎日会社に送金し、本部フィー(ロイヤリティ)などを除いた、加盟者が受け取る「営業利益」に当たる金銭は会社が管理し、自由に引き出すことはできない。 こうした事実から「利益は労務に対する報酬としての性格を有する」と認定している。 上記などの理由で、「加盟者には、独自の経営判断に基づいてその業務内容を差配して収益管理を行う機会が実態として確保されているとは認め難く、加盟者がその実態として顕著な事業性を備えているとはいえない」(命令書)と述べている。 加盟店主の自由度を認めることはできないのか 働き方改革の流れの中で、コンビニのビジネスも変化せざるを得ない時代を迎えている。 d3sign 一方、コンビニ本部側は、当初FC契約書の中には「加盟店主は独立した事業者と書いてあるから労働者ではない」と主張してきた。 加盟店がいろいろ工夫すればもっと売れるはずだと強調したが、自己の才覚で売り上げを増やせる余地が少ないとして認められなかった。 近く結論が出る中労委の決定で、再び労働者であると認定されたらどうなるのか。 セブン、ファミマ双方は「フランチャイズシステムというビジネスモデルを真っ向から否定するもの」として受け止め、徹底して戦う覚悟である。 そうなると今度は司法の場に移る。 本部側が地裁、高裁、最高裁まで争うとすれば、決着まであと5~6年はかかる可能性もある。 都労委判断の原告代理人の宮里邦雄弁護士は当時こう語っていた。 「フランチャイズ方式が否定されるというのはちょっとオーバーではないか。 今よりも加盟店主の自由度を認めれば労働者ではないという判断に至る可能性もあるのです。 しかも、ユニオンや都労委の命令が求めているのは交渉のテーブルにつくということ。 双方が話し合って良い解決策を探ることが必要ではないでしょうか」 長引けば長引くほど、加盟店主に限らず本部側も含めて双方が痛みを伴う。 何よりも憂うべきはコンビニのビジネスモデル自体が社会環境の変化によって機能不全に陥ってしまうことである。 争うよりも双方が納得する解決策を早急に見出すことが必要ではないか。

次の

24時間営業じゃないコンビニの戦略を利用者目線で考えた!

コンビニ 24 時間 営業 デメリット

少し前に「ワンオペ」というキーワードが話題になりましたが、少ないコストで売上を出すためには人の手ではどうしようもなくなってきていることもその背景と考えることができるでしょう。 加えて24時間営業に慣れた日本人が、果たしてそのライフスタイルの変化に対応できるのかという話もあります。 今回はそんな日本における24時間営業見直しに関する動きや、今後24時間営業というスタイルはどのように変化していくのかについてご紹介したいと思います。 【目次】• コンビニやファミレスでの24時間営業見直しへの動き 2017年の秋、大手コンビニエンスストアのファミリーマートは実験的に深夜営業の停止、つまり 24時間営業の見直しに着手していることを発表しました。 ただし全店舗での深夜営業を停止してしまうのではなく、一部の店舗のみで実施することにより、維持コストや売上など、様々なデータを集めながら経営への影響を測っていく狙いがあるということで、業界を問わず多くの関心を集めています。 実験的な取り組みである見直し ここにきて24時間営業の見直しに踏み切った理由としては、様々な要素が組み合わさったことが考えられます。 一つは 働き手の減少です。 少子高齢化の最も大きな余波としてあげられる人手不足ですが、深夜帯は時給こそ比較的良いものの、やはり負担が大きいぶんなかなか人が集まりにくいこともあって、その時間に働いてくれる人を探すためには相当時給を上げなければいけないタイミングに差し掛かっているのでしょう。 深夜帯の働き手がいなくなったということは、 その時間にコンビニやファミレスを利用する人も少なくなってきたとも考えられます。 たとえ日中に比べて少ないとはいえ、少しでも利用者を確保するために営業していたのにもかかわらず、そもそも利用する人間がいなければ高いコストをかけて営業しておくメリットもありません。 人手不足の影響で深夜に活動する人の母数が減少していることも理由として大きいでしょう。 そもそも長い間の景気低迷が続いたせいで、バブル期のように夜中に遊びに出かける人が少なくなったから、という意見もあるようです。 なぜ今なのか 逆にこれまで深夜営業の見直しに踏み切れなかった原因として挙げられるのは、 フライチャイズ加盟店と本部の関係も大きかったという話もあります。 とにかく売上さえ出せば本部は黒字になるものの、24時間営業廃止によって商品の売れる数が減ってしまうと、本部の収益は落ち込んでしまうという仕組みが構築されていたから、という記事も出ています。 nikkeibp. 今回の24時間営業見直しはこういった背景を理解しておくと、どれだけ大きな決断であったのかが理解できるようになるでしょう。 セブン-イレブン・ジャパンでは、2019年3月中旬から東京、愛知、福岡など全国各地の直営店10店舗で営業時間を「午前7時~午後11時」に変更する実証実験を行うと発表しています。 これまでセブン-イレブンでは、出店場所が駅構内やオフィスビルなどでは時短営業を行うこともありましたが、原則的に直営店、FC店は24時間営業を行ってきました。 商品の製造システムや物流システムなど、サプライチェーン全体が24時間体制で構築されているため、24時間営業の経営方針は変わらないということです。 また、ローソンではFC加盟店の要望には個別に対応しているとのことで、全国約500店で時短営業を行っています。 ryutsuu. html 24時間営業の見直しが及ぼす影響 コンビニやファミレスでは当たり前だった24時間営業が仮に停止するとなると、私たちの生活にはどのような影響を及ぼすようになるのでしょうか。 もし24時間営業がなくなったら 深夜帯の働き手、あるいは働く場所がなくなるということは、その時間の活動はある程度制限されることはまず一つあります。 例え深夜に突然電池やバッテリーが切れたとしても、次の日の開店時間まで待たなければなりません。 夜勤の人が夜中に食事をとるにも事前に準備しておかなければ、空腹のまま朝を迎えることもあり得ます。 夜中の活動が主体であるという人は、少なくともサービスを利用する機会が著しく減ってしまうことになりますから、サービス提供者は費用対効果は置いておくとしても、 丸ごと売上のチャンスを潰してしまうことになるのは間違いありません。 ライフスタイルの変化が及ぼす影響 一方で、24時間営業のないライフスタイルが定着すれば、夜間の飲食サービスなどは今ほど必要にならなくなるのでは、という考え方もあります。 夜の活動に制限がかかれば多くの人は深夜の活動を控え、なるべく早い時間にやるべきことを終える習慣となり、今以上に夜は静かになって深夜の売り上げは重要度が低くなる、という流れです。 もちろんインフラ工事など、人気の少ない深夜にしか業務を遂行できない業種もありますが、それでも24時間至る所で店を開けておく必要があるかどうかは難しいところです。 あるいは活動時間の変化を余儀なくされたことで、ただでさえ人の密度の高い都心では日中の人口密度がこれまで以上に高まることも懸念されます。 深夜の活動が可能になるということは、 過剰な人口を時間によって分散させることに大きな役割を果たしていることも忘れてはなりません。 24時間営業の見直しは、これまでに培われてきた日本のライフスタイルを大きく変容させる可能性があることは注目しておくべきポイントです。 24時間営業はこれからも残り続けるのか それでは費用対効果や人員の負担を考えて、活発に議論されている24時間営業の見直しはどのようになっていくのでしょうか。 濃厚なのは次世代テクノロジーを応用した24時間営業の復活、あるいは継続という未来です。 つまり24時間営業は一時的には停滞するかもしれませんが、たとえ停止したとしてもいずれ復活するという流れです。 見直しがあるから24時間営業がなくなるとは限らない アメリカや中国ではAmazon GOのように、実験的とはいえすでに 無人コンビニが実用レベルにまで達しようとしていますが、こういった人の手が要らないサービスが今よりも安価になれば、間違いなくコンビニやレストランは 無人での24時間営業へとスイッチしていくでしょう。 24時間営業見直しの意義 前述の通り、単純に24時間営業をやめてしまうだけでは売上のチャンスをみすみす逃してしまうだけになってしまい、結果的には企業の衰退を招いてしまうことにもなりかねません。 一方で意味のない深夜営業を続けている店舗が存在していることも事実ですし、深夜営業を続けるにしても何らかの解決方法の導入は免れません。 ファミリーマートやセブン-イレブンにおける24時間営業の見直しは、深夜営業を完全にストップさせるというよりもむしろ 効率よく深夜営業を行うための実験であるとも考えられます。 これまでニーズがあったからこそ24時間営業を続けて来たのですから、営業をいきなりやめてしまったところでそのニーズが消滅するわけではありません。 効率の良い24時間営業を続けていくためには何を捨て、何を新たに取り入れるべきかを調べようとしている動きであると考えるのが現実的と言えるでしょう。 デジベルで業務効率化!お願いごとを通知するブロック型デバイス.

次の

コンビニの24時間営業について

コンビニ 24 時間 営業 デメリット

コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパンが24時間営業の短縮実験を行うことになった。 同社は基本的に24時間営業の堅持を望んでいると思われるが、実証実験の結果次第では方針が見直される可能性も出てきた。 セブンをはじめとするコンビニ各社が24時間営業にこだわってきた理由や今後の展開について考えてみたい。 フランチャイズと本部が対立 セブンは3月中旬から全国の直営店10店舗で営業時間を16時間に短縮した店舗運営の実験を開始する(その後、直営店以外も対象に加える方針を決定)。 実験は数ヶ月間行われ、売上高や客単価の動向などを分析する。 同社はオフィスや駅構内など一部の店舗を除いて24時間営業を原則としている。 近年、人手不足が社会問題となっているが、それでも同社は24時間営業を堅持する方針を貫いてきた。 そんな同社が実証実験に踏み切るきっかけとなったのが、大阪府内で営業する加盟店オーナーとの対立である。 東大阪市で営業する加盟店オーナーが人手不足を理由に営業時間を2月から19時間に短縮したが、セブンは契約違反であるとしてオーナーと対立。 この問題を受けて全国のフランチャイズ(FC)オーナーで組織する「コンビニ加盟店ユニオン」はセブンに対して団体交渉の申し入れを行ったが、セブン側は拒否する姿勢を示している。 〔PHOTO〕iStock 24時間営業をやめた加盟店に対しては、1700万円の違約金支払いと契約解除を通告するなどセブン側は厳しい姿勢を示しているとされるが、そうした中での短縮実験開始というニュースに業界では様々な噂が飛び交っている。 セブンがいよいよ24時間営業の見直しに動く可能性について指摘する声もある一方、今回の実験は単なるガス抜きのポーズに過ぎないという声や、逆に24時間営業の妥当性を示すための施策であるとの見方もある。 本当のところは分からないが、これまで頑なに24時間営業にこだわってきた同社が、実証実験に踏み切ったのは大きな変化といってよい。 競合のファミリーマートも同様の実験を開始しているほか、ローソンは一部店舗の営業時間短縮を実施している。 フランチャイズ本部とオーナーの力関係が変化してきたのは間違いないだろう。 ではセブンをはじめコンビニ各社はなぜ24時間営業にこだわってきたのだろうか。 意外に思うかもしれないが、それは昼間の時間帯の売上高を伸ばしたいからである。

次の