豊田 市 原田 市議。 原田隆司市議のWiki風プロフィール!顔画像や経歴などを調査してみた

豊田市議会議員選挙2019の候補者と結果速報!当選・落選情報!

豊田 市 原田 市議

気になる愛知県豊田市・原田隆司市議の画像はこちら! 「ガラケー女」こと、喜本奈津子容疑者とは別の女性を「ガラケー女」としてデマを拡散してしまった原田隆司市議。 被害女性は知らないうちにネット上で誹謗中傷を受け、多大なる精神的苦痛を受けたことは容易に想像がつきます。 そんなデマを拡散してしまった、メディアリテラシーに欠ける被害者がまさか市議会議員だったとは驚きです。 ガラケー女のデマを拡散した原田隆司市議の画像はこちら。 原田隆司市議が自らFacebookに投稿した画像で、小学校の卒業式で祝辞を述べたと説明されています。 原田隆司 関係ない一般人を犯罪者呼ばわりして拡散した悪魔 表向きは一応議員らしい — Shun Shun18520033 ガラケー女のデマを拡散してしまったことを考えると、メディアリテラシーは小学生以下かもしれません… 立派な大人の男性が不適切な行動をしてしまった事例と言えば、ラグビーワールドカップで警備員の大学生を殴って逮捕されたの記事もよろしければご覧ください。 続いて原田隆司市議のプロフィールをWikipedia風にご紹介します。 原田隆司市議の読み方は「はらだ たかし」。 愛知県豊田市出身の57歳です。 豊田市の市議会議員の当選回数は2回で、市議会の中では地域生活委員会、予算決算委員会、定住促進対策特別委員会 に所属しています。 豊田市議になる前は、日本商工会議所青年部の平成19年度会長を務めていたこともあるそう。 画像を見る限り、ベテランの貫禄もあり、ガラケー女のデマを拡散してしまうような失態を犯すようには見えないのですが… スポンサーリンク 原田隆司市議のFacebook炎上で画像や投稿を非公開に!? 原田隆司市議は宮崎文夫容疑者によるあおり運転が起きた8月に、 自らのFacebookに事件とは無関係だった被害者女性と宮崎容疑者の写真を容疑者として掲載し、「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだと言われています。 原田市議はFacebookにガラケー女のデマを投稿した後、知人から被害者女性は無関係と指摘され、数時間後にはFacebookの投稿を削除したと言います。 しかし、原田市議による投稿はみるみるうちに拡散し、罪のない女性がガラケー女として叩かれることになってしまったのです。 Facebookの投稿内容は宮崎容疑者の車の画像が掲載されたニュースの引用で、「(宮崎容疑者の車の車種は)BMWだったんですね」というものでした。 原田市議は「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」と釈明。 デマの被害者女性側からの慰謝料100万円を求める通知には謝罪の手紙を送ったそうですが、被害者女性からしたら、100万円でも気が済まないのではないでしょうか。 原田市議はFacebookの自己紹介欄に以下のように掲載し、ガラケー女としてデマを拡散された被害者女性に謝罪しています。 豊田市議会議員原田たかしでございます。 間違った情報をシェア拡散した事お詫びします ただ、ここに 被害者女性の本名を掲載してしまうと、被害者女性の本名が永遠に公開され続けることになるので、被害者女性にとっては不快ではないのでしょうか。 今は無実が明らかになったとはいえ、無関係なことで本名が公表され続けるのは、私だったらイヤですね。 やはり、原田市議の被害者女性に対する配慮が足りないように感じてしまいます。 (お詫び)あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者、ガラケーを持った女性と間違われた会社女性とは全く無関係です。 間違った情報をシェア拡散した事お詫び致します。 スポンサーリンク まとめ 今年8月、常磐自動車道で起きたあおり運転事件で、宮崎文夫容疑者の車に同乗していた「ガラケー女」として、別の女性の情報を拡散してしまった愛知県豊田市の原田隆司市議のWikipedia風プロフィール、画像やFacebookの投稿をご紹介しました。 原田隆司市議は 愛知県豊田市出身の57歳で、 豊田市の市議会議員の当選回数は2回です。 原田市議は自らのFacebookの自己紹介欄に被害者女性への謝罪を記載していますが、そこに被害者女性の本名を載せており、やはり被害者女性への配慮が足りないのではないかと思わざるをえません。 来賓として小学校の卒業式で挨拶することもあるということですから、適切な振る舞いをしていただきたいものです。

次の

「ガラケー女」デマ流された女性、豊田市議を提訴 百件単位の匿名投稿も特定進める

豊田 市 原田 市議

茨城県の常磐自動車道で今年8月、会社員男性があおり運転を受け殴られた事件をめぐり、加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、 東京の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司市議(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。 提訴は21日付。 訴状によると、原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 「公的な立場で積極的な拡散を試みた行為は悪質」と訴えている。 原田市議は取材に対し 「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」と釈明。 知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。 女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。 出典: 事件の詳細 犯行動機 拡散した動機については次のように釈明しています。

次の

原田隆司市議の顔画像!Facebookや経歴・プロフィールは?ガラケー女デマ拡散!

豊田 市 原田 市議

原田隆司 豊田市議 がガラケー女拡散で裁判沙汰に 今回の件について、朝日新聞などは以下のように報じています。 茨城県の常磐自動車道で今年8月、会社員男性があおり運転を受け殴られた事件をめぐり、加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、東京の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司市議(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。 提訴は21日付。 訴状によると、原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 「公的な立場で積極的な拡散を試みた行為は悪質」と訴えている。 原田市議は取材に対し 「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」と釈明。 知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。 女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。 出典: 報道によると、愛知県豊田市で市議会議員を務める原田隆司氏は、自身のFacebookでデマ情報を拡散した疑いが持たれています。 拡散した情報自体は自らが流したわけではなく、Facebook上で流れていた容疑者情報を、原田氏が拡散したという経緯です。 近年、SNSの広がりとともに、デマ情報や誹謗中傷などの拡散炎上が大きな問題となっています。 流れてきた情報を拡散しただけだったとしても、その情報がデマ情報であった場合、 拡散した人にも名誉毀損罪は成立するとした判例もあります。 細かい状況によって司法の判断は分かれるところではありますが、今回の原田氏の件については、公職にあるものとしての自覚の欠如なども問われそうで、 慰謝料の支払いは必須と見られています。 世論からは辞任を求める声が殺到 今回の事件によってデマ情報を拡散された被害女性の立場からすれば、訴えて当然の事案といえるでしょう。 ただ、実際にネット上で情報を拡散した人物を全員提訴することは、現実問題としてなかなか難しいと思われます。 今回、原田市議が提訴されたのは、公職にある政治家という職業であるという点は非常に大きいと思われます。 実際、世論からは 『原田市議への処分をきっちりとすることが、今後の抑止力につながるはず』という声も多く上がっており、厳罰を求める声も出てきています。 法的な責任だけでなく、市議の即時辞任を求める声も上がるなど、ネットでは半炎上状態となっており、今後の裁判と原田氏の発言に注目が集まるとこです。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 人を疑うことには一定の責任が生じます。 また当事者ではなく、信用するに足る確固たる証拠もないのにそれを不特定多数の人に拡散するのは一般人でもダメです。 更にそれが発言に影響力のある市議だとすれば大問題だと思います。 それこそ謝罪で済むなら警察も司法も世の中に必要ありません。 デマの被害にあったこの女性、本当に大変だったみたいですね。 裏付けも取らず、軽い気持ちで拡散するとこうなるといういい例でしょう。 今後の抑止力になってほしいです。 しかし市議ともあろう者が軽率すぎますね。 真実なのかそうじゃないのか判断するのは自分自身。 その情報を拡散するのかしないのかもその人の判断で、この原田市議がとった行動ですからご自身は責任をしっかり負うべきだと思います。

次の