パソコン で できること。 iPhoneをパソコンに接続する方法とできる機能

求人の応募条件「基本的なPC(パソコン)スキル」って、どのレベルやねん! / 求人・ライターTの「どないやねんブログ」 / マイナビ転職

パソコン で できること

いきなりスタート! ナニワの街からお届けします はじめまして。 大阪在住の求人・ライターTです。 求人原稿を書く側がこんなこと言うのもなんですが 求人に書かれていることって、 細かいニュアンスは受け取る側(求職者の皆さん。 つまりア・ナ・タ!) の解釈に任されているコトって結構多いと思うんですよ。 で、そのニュアンスとか、 取材時や執筆時に感じたもろもろを あくまで私の視点で勝手に書きつらねていくのが「どないやねんブログ」です。 どうぞよろしくお願いします! 悩むやん。 すると 「文字入力ができる人」「ワード、エクセルを仕事で使ったことがある人」 「グラフとかの機能を使ったことがあれば」 というぼやーっとした回答だったり、 なかには 「ん~、まぁ、最低限パソコンの起動・終了やメールの送受信ができれば」 という、軽い感じで返事される場合も結構あったり。 (もちろん、企業によってそうじゃない場合もあるけど) じゃあネットで仕事を探している人なら ほとんどの人ができそうなレベルやん、って正直ホッとするのがいつもの流れ。 【1】「PCを使う仕事だ」という理解のもと応募すれば良し 私の場合、もし取材で 「エクセルのVLOOKUP関数や、ピボットテーブルができる人が欲しい」とか、 特定の操作スキルを言われた時は、しっかり表記するようにしている。 業務上必要であることがハッキリしているからだ。 仕事の内容、その会社の仕事の仕方によって よく使う機能や操作って違うもの。 だから、求人情報の仕事内容と照らし合わせて 「自分ができそうか」で判断するのも一つの方法。 あとはもう、面接で聞いたり、実際働いてみないと分からんレベル。 ……って関西の人しか分からん例えやん。 だから特に詳細なスキルについて応募条件に書かれていない場合、 「PCを使う仕事だ」ということが分かったうえで応募していれば、まずは良いと思う。 【2】PCスキルのみで合否が決まる訳ではない これも私の経験と感覚から言うけど、 「基本的なPCスキルのアリ・ナシ」だけで 採用・不採用が決まる訳じゃない場合が多い。 よー頑張ってくれてんねん!」 なんて話を聞くことも多々。 PCスキル以外の応募条件や 人柄が社風に合うか、とか いろんな要素を元に、企業さんは採用・不採用を判定している。 「応募条件の全部が満点!」みたいな人ってあんまりおらん気するし。 難しく考える必要ナシ。 それにもし業務中に分からないことが出てきても Google大先生という力強い味方にいつでも頼れる。 (検索したら、分かりやすい解説がすぐに出てくるで!) 書店にも関連書籍はアホほどあるし。 先輩に積極的に質問するのもあり。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

【初心者向け】Pythonでできることは?具体例8選と学習方法を紹介

パソコン で できること

例えば次のようなことができます。 文書作成ソフトを使った配布資料の作成• 文書作成ソフトを使った大学のレポート作成• 表計算ソフトを使った家計簿管理• 個人で仕事をしていれば表計算ソフトを使った会計管理• 体重やスポーツ成績といった日々のデータ管理• 競馬、FX、ロト6といったデータの管理と数値予測• 報告会や提案といったプレゼンテーション資料の作成 これらが実現できるソフトウェアとして有名なのがマイクロソフトのWord、Excel、PowerPointです。 大学の授業でも課題提出はパソコンで作ったレポートが当然となってきますし、キーボード入力は社会人の当たり前のスキルとなりつつあります。 慣れてくれば、手で書くよりも、パソコンで打つほうが早くなりますので、手書きよりもパソコンで作る方がはるかに早く・便利になります。 もちろん性能の良いパソコンを選べばソフトの起動、終了も早くなります。 ・『ネットサーフィン』インターネットを使って情報収集、サイトめぐり、オンラインショッピング。 インターネット上には、みなさんの興味のあることが宇宙の星々のように無数に点在しています。 私もインターネット閲覧(ネットサーフィンとも言いますが)をしているうちに何時間も経過していたなんとことがあります。 インターネット上を散歩できることがパソコンの醍醐味です。 インターネット閲覧やメールやり取りでしたら、 どんなパソコンでも可能です。 売りきれや、在庫切れも存在しません。 さらに、わざわざ足を運んで買いにいくよりも安いものもあります。 もうCDショップで音楽やアルバムを購入したり借りたりする時代は終わったのかもしれません。 音楽をダウンロードして、iPodなどの音楽プレーヤーに入れてで持ち出しましょう。 音楽の再生にはそれほどのスペックは必要ありませんが、 音楽を録音して編集してみたいなら、 スペックの検討が必要だと思います。 家庭用ゲーム機とは違い、色々な地域の人間が相手なので、より楽しいゲームの世界が楽しめます。 ハイスペックゲームには専用パソコンが存在するほど高性能を必要とする場合があります。 まずは、ゲームの必要スペックの確認を! 人気高画質ゲーム「ファイナルファンタジーXIV」(スクリーンショット) 人気高画質ゲーム「モンスターハンター フロンティア G」(スクリーンショット) パソコンでできることは無限大です パソコン向けに発売されているエクセルなどのソフトウェア、デジタルカメラなどの周辺機器(ハードウェア)これらを使って、パソコンの楽しみはさらに広がります。

次の

パソコンでできること|初心者にオススメの内容大公開中

パソコン で できること

パソコンの使い道と出来る事一覧 パソコンを使って取り組んでみたいのは、どのようなことでしょうか。 パソコンを使ってできることは、たくさんあります。 Word(ワード)、Excel(エクセル)などのソフトも、随時バージョンアップされており、使いやすく改良されています。 このため、「パソコンをやってみたいけど、難しそうだ…」と二の足を踏んでいても、いざパソコンを使ってみると、意外に簡単だったという方も多いと思います。 野球の試合結果が知りたい• 釣りの情報が知りたい• 絵を描くことが出来る• 美空ひばりにあえる• 高倉健にあえる• カラオケも出来る• 健康管理が出来る• 職場で仕事が速くなる• 自分で何でも作れる• 計算が出来る• 表が出来る などなど。 あげればきりがないですが。 基本的に出来ないことは無いです。 実際にパソコンを操作する前に知っておくと上達への近道になりますよ。 詳しくは別の記事で説明しています。 まずは下記項目のポイントをチェックしてみましょう。 こちらからご覧ください。 調べたいことを検索する(ネット検索) さあ、文字を入力できるようになったら、色々なことに挑戦してみましょう。 もし、インターネット環境があれば、できることは大きく広がります。 ネットを利用してできることをご紹介しましょう。 自宅にネット環境がなくても、カフェや店舗によっては「無料Wifi(ワイファイ)」という無線のインターネットサービスを利用することもできます。 GoogleやYahoo! などの検索エンジンを開いて、検索欄に「花火大会 おすすめ」「回鍋肉 作り方」「盲導犬」など、調べたいことのキーワードを入力するだけです。 さまざまな情報を得ることができます。 インターネットには沢山の情報があります。 Googleなどで検索すると日本ばかりでなく海外から情報を得ることができます。 例えば何か買い物がしたくなった場合は、買いたい商品を紹介しているホームページで価格や口コミの記事を調べれば商品の情報がすぐ手に入ります。 また行きたいお店探したくなれば、お店の名前や電話番号で検索することにより地図や航空写真が表示され、経路や交通の手段、そして到着する時間まで表紙されます。 加えて株価など投資の情報から家庭料理の作り方まで幅広い情報が手に入ります。 ネットショッピング ネットショッピングは実店舗よりも品揃えが豊富です。 欲しい時いつでも購入できるので実店舗の少ない地方に住んでいても不自由を感じることはありません。 また実店舗よりネットショッピングの方が安く手に入れることも可能です。 インターネットだと価格を比較しているサイトもあるため購入先の情報を比べることもできます。 さらにネットショッピングはパソコン上で手続をするため簡単に買い物が出来ます。 配送によっては着日の指定もできることがあり自宅に商品を届けてもらえます。 ただししネットショッピングでは商品を実際に見ることが出来ないので注意が必要です 映像を観る(YoutubeやNetflixなどの動画鑑賞) 映像を視聴することも、上のネット検索と同様です。 キーワードの後に「映像」「動画」を入力すればOK。 「オーロラ 映像」「メダカの飼い方 動画」「回鍋肉の作り方 動画」など、関心のあるキーワードで検索して、閲覧してみましょう。 Youtubeを始めとする動画サイトは無数にあり、そのサービスの数は増加しています。 有料、無料といろいろな動画サイトがあるので自分に合ったサイトを選び楽しみましょう。 ゲーム用パソコンを使ってオンラインゲームを楽しむことができます。 しかもプレステなどの家庭用ゲーム機に比べ高品質なためゲーム用パソコンならではの楽しみ方ができます。 ただしゲーム用パソコンでオンラインゲームを楽しむ際はグラフィックボードと呼ばれるパーツが必要となるのでパソコンは高額となります。 パソコンに関しても詳しい知識が必要となるのでインターネットで調べたり詳しい人から情報を得る必要があります。 文章作成や表計算 プライベートから仕事まで文書を作成したり表計算で集計をかけるためのソフトウエアをパソコンで使用します。 パソコンですと画面が大きいので操作しやすいです。 文書を作りながら表計算をしたりなどの作業にはパソコンが向いています。 Windowsのofficeは利用者も多いため、仕事でもofficeの操作能力を問われることがあります。 仕事をする際はパソコンを使ったofficeの操作能力が必要です。 写真加工・デジタル写真を整理する デジカメやスマートフォン、携帯での写真は、ついつい撮りすぎてしまいますね。 途方もない枚数を撮りためたまま…という方も多いでしょう。 大切な写真はパソコンに取り込んで、フォルダに分けて整理しておきましょう。 オリジナルのイラストを作成したり、撮影した写真を加工することができます。 その場合は専用のソフトウエアが必要となります。 専用のソフトウエアは無償のものもありますので、まずはそちらを利用してみてください。 またイラストや画像の編集には処理能力の高いパソコンが必要となります。 動画編集 ビデオカメラやスマホで撮った動画のファイルを編集することができます。 しかし動画の編集には性能の高いパソコンが必要となり性能の低いパソコンだと動画の編集が困難になることもあります。 また動画編集ソフトも必要となり、動画編集を始めるまでに多くの準備をしなければなりません。 ブログを作成する ブログは、「日記」のネット版。 日々の出来事や、ニュースについての意見など、自分の思いを、匿名で手軽に発信することができます。 あなたのブログを閲覧した人から、コメントをもらうこともできますよ。 通販を利用する・自作の物を販売する インターネット通販の魅力は、選択肢の豊富さです。 さまざまな商品の中から、好みに合う商品を選ぶことができます。 また、自分の作品を販売できるWebサイトも数多く登場しています。 在宅で仕事をする インターネットを通じて仕事を請け負う「クラウドソーシング」というサービスも、ここ数年で増えています。 自宅、カフェ、旅先など、ネット環境のある場所ならどこでも取り組むことができます。 育児や介護などで、勤務条件が制限される方にもおすすめです。 ハガキ・イベントのチラシを作る(Word) 今年の年賀状は、パソコンで作ってみませんか? 家族の写真を入れたり、干支のイラストを配置して、あなただけのオリジナルの1枚が出来上がりますよ。 イベントのチラシ作りも簡単です。 ワードは文字を入力するだけではありません。 絵や写真を希望の場所に配置して、ここに文字を入れて・・・等々 年賀状やチラシも自分の希望通りのオリジナルが作れますよ。 地図を追加した招待状も思いのまま。 文字と図や写真の組み合わせが思い通りにできるのがワードです。 ワードを独学で学ぶ方法とテキスト選びのコツは別の記事で紹介しています。 詳しくはこちらからご覧ください。 名簿を作る(Excel) 会社、学校、地域の集まりなどで、名簿が必要な場合は、表作りに最適なExcelを活用すれば、たやすく作成できます。 周りの方にも喜ばれると思いますよ。 エクセルと聞くと「仕事で使う」イメージが強いかもしれません。 実は、日常生活でも役に立つ味方がエクセルです。 先述したとおり、名簿や家計簿が自分で簡単に作れたら便利ですよね。 でも操作が難しそう・・・・と思いますか? 別の記事では、エクセルを勉強するために良いテキストってあるの?テキストを進めるコツは?など、独学で学ぶ人に役立つ情報をお伝えしています。 詳しくはこちらをご覧ください。 家計簿をつける(Excel) 家計簿ソフトも流通していますが、Excelの表計算を利用すれば、簡単に家計簿をつけることができますよ。 別の記事では、エクセルを勉強するために良いテキストってあるの?テキストを進めるコツは?など、独学で学ぶ人に役立つ情報をお伝えしています。 詳しくはこちらをご覧ください。 パソコンとスマホの違い スマホはパソコンを小型化したものですが違いもあります。 その違いをお伝えします。 パソコンはスマホより画面が大きく見やすい パソコンは画面が大きいため沢山の調べものや動画を見たりするとき便利です。 また表計算では沢山の情報を操作するため大型の画面が必要となります。 さらに目の疲れ等を軽減するにはパソコンの方が有利です。 パソコンはキーボードとマウスを使うので入力しやすい パソコンはキーボードとマウスを使うのでスマホよりデータの入力がしやすく操作の処理も早くなります。 ですのでスマホよりパソコンの方が長時間の入力作業や処理量の多い作業に向いています。 パソコンはスマホより持ち運びが不便 小型のノートパソコンも販売されていますがスマホの方が小型で利便性に優れています。 持ち運びに関してはパソコンより筐体の小さいスマホの方が便利です。 まとめ パソコンでできることと、その使い道や楽しみ方、スマホとの違いについてお伝えしました。 パソコンにはショッピングや動画鑑賞、画像処理、動画編集、そして仕事など様々な使い道があります。 それらの使い道をよく理解してパソコンを上手に使い便利な生活を楽しんでみてください。 普段の生活に役立つことを中心に、パソコンでできることをご紹介しました。 この中に、あなたが取り組んでみたいことは、ありましたか? パソコンの操作は、思っているよりも簡単です。 ぜひ思い切って踏み出してみましょう。 あなたの暮らしを豊かにするパソコンの活用方法が、見付かりますように。 ワードのやり方が知りたい方は別記事に書きました。 エクセルの使い方を知りたい方は別記事に書きました。

次の