と くだ しげ お。 池原しげと

食彩和牛 しげ吉 戸塚(戸塚・東戸塚/焼肉)

と くだ しげ お

略歴 [ ] 本名、 池原成利(いけはら しげとし)。 本名の他、 池あや子(いけ あやこ)、 原成(はら しげる)名義でも執筆している。 血液型。 中学の時にの『』に感動したのがきっかけで漫画を描き始める。 に入社して営業職を2ヶ月務めた後、友人の誘いでにに入社、手塚治虫のを1年半ほど行う。 その後、手塚プロでは『』『』での補佐としてアニメ制作にも携わる。 その際、に絵コンテの描き方などを教わった。 手塚治虫と絵柄が似ているという理由で起用された手塚原作の『ふしぎなメルモ』()の代筆で、に漫画家デビュー。 前半には、手塚治虫のアシスタントなど関係者で設立した企画者集団のひろみプロに参加して、『』『』といったテレビアニメの企画に関与した。 以後、『』『』などにて執筆。 主になどのコミカライズものや関連の作品を多く描く。 『コミックボンボン』のマスコットキャラクターの爆弾マークは、池原がデザインしたものである。 特にを多数執筆しており、作品を重ねるごとに池原なりのキャラクターの掘り下げを行ったり、オリジナルストーリー(「甦るブルース」)を執筆したこともある。 池原が描くロックマンのデザインは、初期は鉄腕アトムに似せていたが、のキャラクターイメージの共通化の意向により、シリーズ第7作『ロックマン Dr. ワイリーの陰謀』以降は元のゲームと同じ意匠に変更された。 ロックマンシリーズを執筆する際は、必ずプレイして攻略法を確認している。 単行本の巻末によれば、ゲーム自体は得意ではないらしく、先に自身の息子が攻略していることがあるという。 作品リスト [ ] 漫画 [ ]• 氷上のプリンセス(子供の光 1972年)• ちぎれ雲の詩(中二時代)• (小学一年生 1972年1月号-1973年3月号連載)、(虫プロ商事「月刊れお」での「ふしぎなメルモ」の代筆も)。 (小学三年生 1972年7月号)• (小学館BOOK、小学一年生 1972年11月号-1973年3月号〈原成 名義〉、小学三年生 1972年11月号-1973年3月号、小学四年生 1972年11月号-1973年3月号連載)• (小学六年生 1972年5月号 - 1973年3月号連載〈原成 名義〉)• (おともだち 1972年 - 1973年)• (小学一年生、小学三年生 1973年連載)• (小学二年生 1973年1月号-8月号連載)• (小学四年生 1973年4月号-12月号連載〈4月号のみ原成 名義〉)• (小学館BOOK 1973年連載)• わんぱくミューたん(小学一年生1973年連載)• (小学二年生1973年5月号-9月号連載、小学三年生1973年5月号-9月号連載)• (よいこ )• (小学四年生 1974年10月号-1975年3月号連載)• (、小学館学年誌 1975年連載)• (小学二年生 1976年4月号-8月号連載)• (原作:手塚治虫、 1976年連載)• (連載)• (冒険王 1979年連載)• (小学三年生 1976年4月号-1977年3月号連載)• (小学三年生 1977年4月号-1978年3月号連載)• (小学三年生 1978年4月号-1979年3月号連載)• (小学三年生 1979年4月号-1980年3月号連載)• ( 1979年4月号-1980年3月号連載)• (テレビランド 1979年11月号-1980年4月号連載)• (テレビマガジン 1980年4月号-1981年4月号連載)• 白馬の王子(テレビランド 1980年6月号-9月号連載)• ( 1980年9月号-11月号連載)• ねこのちっぽくん(1970年代前半の「」連載)• (冒険王連載)• ファミコン風雲児 対 ファミ拳リュウ - との合作、『』との• プロゴルファー一条一也• ロックマン Dr. ワイリーの陰謀(の漫画化)• 君がいた夏 〜沖縄高校野球物語〜 2001年 原作:• コミック版 液晶 執念の対決〈瀬戸際のリーダー〉大勝負• コミック版 ミステリー大化改新• ハンノッキの冒険 2003年• 武藤俊憲のシンキングゴルフ(構:坂本静児)• なんにもするな()• (背景担当、2020年13、20号) Webコミック [ ]• ムッシュAKASHI(原案:森田清) アニメ [ ]• (絵コンテ、演出)• (絵コンテ)• (原作、キャラクター原案) 参考文献 [ ]• 『魔女っ子大全集 東映動画篇』、1993年 脚注 [ ] [].

次の

絵本が全ページ1回だけ試し読みできます

と くだ しげ お

来歴 [ ] 宮城県出身。 実家は。 気仙沼実科高等女学校(、統合され現 )卒業。 10代からやを書き始め、卒業後、としてに勤務してから短歌と詩の投稿をはじめる。 1952年 校歌を作詞。 1953年に(者で、のち教授)と結婚した。 1959年に 第一詩集『生と死のうた』を出版し、2011年までに十六の詩集を残す。 95歳で生涯を閉じるまで、一貫して、生と死をテーマにした詩を紡ぎ、その詩は何カ国語にも訳され、20世紀芸術世界賞をはじめとして海外でも数々の賞を受け、・・等よりとして認定される。 略歴 [ ]• 1920年(大正 09年)4月23日 唐桑村宿()に、二男七女、9人兄弟の末っ子として生まれる• 1927年(昭和 02年) 唐桑尋常小学校入学• 1933年(昭和 08年) 唐桑高等小学校入学• 1935年(昭和10年) 気仙沼実科高等女学校入学。 短歌、詩を書き始める• 1939年(昭和14年) 津山町柳津小学校に勤務。 短歌、詩の投稿を始める• 1942年(昭和17年) 唐桑国民学校に勤務• 1944年(昭和19年) 入隊、勤務• 1946年(昭和21年) 立新川中学校に勤務• 1952年(昭和27年)唐桑小学校校歌を作詞(作曲 )• 1953年(昭和28年) フランス文学者の(のちの東京都立大教授)と結婚。 に転居• 1959年(昭和34年• に転居• 第一詩集『生と死のうた』(書肆ユリイカ)• 1963年(昭和38年) 第二詩集『連絡船』(氾濫社)• 1965年(昭和40年) 第三詩集『鎮魂歌』(中央公論事業出版)• 1968年(昭和43年) 第四詩集『樹木』(思潮社)• 1971年(昭和46年) 第五詩集『消えてゆく森について』(思潮社)• 1975年(昭和50年) 第六詩集『流れのなかで』(詩学社)• 1979年(昭和54年) 第七詩集『残照』(思潮社)• 1983年(昭和58年) 第八詩集『ある場所から』(思潮社)• 1985年(昭和60年) 第九詩集『海』(思潮社)• 1986年(昭和61年) 『女たちの名詩集』(思潮社・編者新川和江)• 1988年(昭和63年) に転居• 1990年(平成 02年) 第十詩集『再会』(書肆山田)• 1996年(平成 08年) 第十一詩集『いつも 何かとともに』(詩学社)• 1998年(平成10年) 夫、髙村智 死去• 2001年(平成13年) 第十二詩集『旅立ち』(詩学社)• 2004年(平成16年) 第十三詩集『まひるの月』(美研インターナショナル)• 2005年(平成17年) 第十四詩集『私は門もとびらも持っていない』(美研インターナショナル)• 2006年(平成18年) 第十五詩集『夕映えの旅びと』(美研インターナショナル)• 2011年(平成23年) 第十六詩集『ゆうぐれの野路』(美研インターナショナル)• 2015年(平成27年)11月8日、95歳で生涯を閉じる 栄誉• アルバ・ガッタ・芸術家協会名誉会員• ヌーベル・認定名誉作家• ACEA芸術国際サロン正会員• 文化協会正会員• 国際芸術協会認定作家• 市名誉芸術家認定作家• 国際芸術文化親善名誉作家• 文化親善認定名誉作家 作品 [ ]• 第一詩集『生と死のうた』(1959年、書肆ユリイカ)。 第二詩集『連絡船』(1963年、氾濫社)• 第三詩集『鎮魂歌』(1965年、中央公論事業出版)• 第四詩集『樹木』(1968年、思潮社)• 第五詩集『消えてゆく森について』(1971年、思潮社)• 第六詩集『流れのなかで』(1975年、詩学社)• 第七詩集『残照』(1979年、思潮社)• 第八詩集『ある場所から』(1983年、思潮社)• 第九詩集『海』(1985年、思潮社)• 第十詩集『再会』(1990年、書肆山田)• 第十一詩集『いつも 何かとともに』(1996年、詩学社)• 第十二詩集『旅立ち』(2001年、詩学社)• 第十三詩集『まひるの月』(2004年、美研インターナショナル)• 第十四詩集『私は門もとびらも持っていない』(2005年、美研インターナショナル)• 第十五詩集『夕映えの旅びと』(2006年、美研インターナショナル)• 第十六詩集『ゆうぐれの野路』(2011年、美研インターナショナル): 、。 関連作品 [ ]• 『梶原しげよ 秀作選集-な瞬間』 株式会社ICプランニング、2015年• 『女たちの名詞集-編』第2巻 、1986年 外部リンク [ ]•

次の

美の壺 「悠久を染める 和更紗(わさらさ)」 <File506>工房はドコ?出演者情報もお見逃しなく!NHK美の壺

と くだ しげ お

略歴 [ ] 本名、 池原成利(いけはら しげとし)。 本名の他、 池あや子(いけ あやこ)、 原成(はら しげる)名義でも執筆している。 血液型。 中学の時にの『』に感動したのがきっかけで漫画を描き始める。 に入社して営業職を2ヶ月務めた後、友人の誘いでにに入社、手塚治虫のを1年半ほど行う。 その後、手塚プロでは『』『』での補佐としてアニメ制作にも携わる。 その際、に絵コンテの描き方などを教わった。 手塚治虫と絵柄が似ているという理由で起用された手塚原作の『ふしぎなメルモ』()の代筆で、に漫画家デビュー。 前半には、手塚治虫のアシスタントなど関係者で設立した企画者集団のひろみプロに参加して、『』『』といったテレビアニメの企画に関与した。 以後、『』『』などにて執筆。 主になどのコミカライズものや関連の作品を多く描く。 『コミックボンボン』のマスコットキャラクターの爆弾マークは、池原がデザインしたものである。 特にを多数執筆しており、作品を重ねるごとに池原なりのキャラクターの掘り下げを行ったり、オリジナルストーリー(「甦るブルース」)を執筆したこともある。 池原が描くロックマンのデザインは、初期は鉄腕アトムに似せていたが、のキャラクターイメージの共通化の意向により、シリーズ第7作『ロックマン Dr. ワイリーの陰謀』以降は元のゲームと同じ意匠に変更された。 ロックマンシリーズを執筆する際は、必ずプレイして攻略法を確認している。 単行本の巻末によれば、ゲーム自体は得意ではないらしく、先に自身の息子が攻略していることがあるという。 作品リスト [ ] 漫画 [ ]• 氷上のプリンセス(子供の光 1972年)• ちぎれ雲の詩(中二時代)• (小学一年生 1972年1月号-1973年3月号連載)、(虫プロ商事「月刊れお」での「ふしぎなメルモ」の代筆も)。 (小学三年生 1972年7月号)• (小学館BOOK、小学一年生 1972年11月号-1973年3月号〈原成 名義〉、小学三年生 1972年11月号-1973年3月号、小学四年生 1972年11月号-1973年3月号連載)• (小学六年生 1972年5月号 - 1973年3月号連載〈原成 名義〉)• (おともだち 1972年 - 1973年)• (小学一年生、小学三年生 1973年連載)• (小学二年生 1973年1月号-8月号連載)• (小学四年生 1973年4月号-12月号連載〈4月号のみ原成 名義〉)• (小学館BOOK 1973年連載)• わんぱくミューたん(小学一年生1973年連載)• (小学二年生1973年5月号-9月号連載、小学三年生1973年5月号-9月号連載)• (よいこ )• (小学四年生 1974年10月号-1975年3月号連載)• (、小学館学年誌 1975年連載)• (小学二年生 1976年4月号-8月号連載)• (原作:手塚治虫、 1976年連載)• (連載)• (冒険王 1979年連載)• (小学三年生 1976年4月号-1977年3月号連載)• (小学三年生 1977年4月号-1978年3月号連載)• (小学三年生 1978年4月号-1979年3月号連載)• (小学三年生 1979年4月号-1980年3月号連載)• ( 1979年4月号-1980年3月号連載)• (テレビランド 1979年11月号-1980年4月号連載)• (テレビマガジン 1980年4月号-1981年4月号連載)• 白馬の王子(テレビランド 1980年6月号-9月号連載)• ( 1980年9月号-11月号連載)• ねこのちっぽくん(1970年代前半の「」連載)• (冒険王連載)• ファミコン風雲児 対 ファミ拳リュウ - との合作、『』との• プロゴルファー一条一也• ロックマン Dr. ワイリーの陰謀(の漫画化)• 君がいた夏 〜沖縄高校野球物語〜 2001年 原作:• コミック版 液晶 執念の対決〈瀬戸際のリーダー〉大勝負• コミック版 ミステリー大化改新• ハンノッキの冒険 2003年• 武藤俊憲のシンキングゴルフ(構:坂本静児)• なんにもするな()• (背景担当、2020年13、20号) Webコミック [ ]• ムッシュAKASHI(原案:森田清) アニメ [ ]• (絵コンテ、演出)• (絵コンテ)• (原作、キャラクター原案) 参考文献 [ ]• 『魔女っ子大全集 東映動画篇』、1993年 脚注 [ ] [].

次の