法事 の お金。 法事で包むお金の相場はいくら?法事・法要に関するお金について

法事の香典袋ってどんなのがいいの?種類は?書き方は?

法事 の お金

お布施とは お布施とは、従来「見返りを求めずに施されるもの」という意味ですが、現在では「読経して頂いた謝礼としてお坊さんに金銭をお渡しすること」を指すようになっています。 ご親族が亡くなられた後に行う葬儀のほか、初七日・四十九日・命日などの法事のたびにお布施をお渡しします。 法事は故人を供養する仏教ならではの行事ですが、神道やキリスト教でも命日にあたる日にゆかりの人々が集って祈りをささげる場合があり、神官や牧師・神父へ儀式に協力いただいた場合は、お布施に該当するお礼の金銭をお渡しします。 お布施の相場 法事でお渡しするお布施の相場は「お気持ち」という言葉で表現されてわかりにくい上、寺院の格がどのぐらい高いか、同じ寺院であってもどれぐらい関係が深いか、世帯収入がいくらか、などの条件で変わってきますので、できれば同じ寺院にお世話になっているご親族に相談されることをおすすめします。 なお、法事の一般的なお布施の金額の目安は次のとおりです。 ・祥月命日のお布施:5千円から1万円程度 ・初盆のお布施:3万円から5万円程度 ・2回目以降のお盆のお布施:5千円から1万円程度 ・その他:3万円から5万円程度 夫の7回忌と妻の3回忌を一緒に行うなど複数の法事を一度に行う場合は、合計の金額が目安となります。 また葬儀より後に法事のタイミングで戒名を授与してもらう場合は、戒名代として3万円前後多く包みます。 御車代と御膳料の相場 法事の際は、お布施のほかに御車代や御膳料を用意する場合が多くあります。 御車代は、お寺の本堂ではなく式場や自宅、お寺以外の墓地にお呼びした場合にお渡しします。 御車代の相場は5千円から1万円前後です。 法事のあとには通常お斎(お食事)をお出ししますが、ご住職がお斎に同席されない場合は「御膳料」を別途お渡しします。 御膳料の相場も5千円から1万円前後とされます。 地方にもよりますが、ご住職はお斎には同席されないことのほうが多いので、御膳料は事前に用意しておくことをおすすめします。 御車代と御膳料をそれぞれ別に1万円を用意する場合、両方を合わせて1万円としてお渡しする場合がありますが、金額をあわせる場合も別の封筒で用意します。 法事のお布施の封筒 表書き お布施は仏教の風習ですが、異なる宗教でも法事と類似の儀式がある場合は、宗教に応じた表書きを用います。 仏教:「御布施」「御礼」 神道:「御祭祀料」「御神饌料」 キリスト教:「献金」「御礼」 表書きの下には施主の名前を書きます。 裏書き 必須ではありませんが、封筒やのし袋の裏に住所・電話番号を縦書きで記入するとより丁寧です。 縦書きなので、住所や電話番号の数字は通常の漢数字を使い、「ゼロ」は「0」、「-」は「1」とします。 金額欄が印刷されていれば「金+金額」を大字(古い漢数字)で記入しますが、本来の意味からすれば金額は記入しないのがマナーです。 大字は次のように書きます。 伍の字を五、阡の字を千、圓の字を円としても失礼にはあたりません。 また金額の終わりの「也」は、円未満のお金が流通していた時代の表記方法ですので、つけてもつけなくても構いません。 薄墨か黒墨か お渡しする寺院などに不幸があったわけではないので、どの宗教でも薄墨ではなく普通の黒墨で書きます。 ボールペンや鉛筆類はマナー違反となりますので避け、筆もしくは筆ペンを使います。 法事のお布施の渡し方.

次の

法事 香典の金額相場は? 香典袋の包み方・表書きなどについて

法事 の お金

SponsoredLink 法事に参加した際というのはたとえ 身内の法事であったとしても ご仏前と言って香典を包むというのが一般的になっています。 身内とは言っても 同じ世帯として住んでいる息子などの場合であれば必要ありません。 では、法事の場合の香典というのは どのくらいの金額を包むものなのでしょうか。 一般的に法事の際の香典というのは1万円が相場 だとされています。 そしての金額については故人との関係などによって上下するわけなのですが、 身内であれば、相場より高めの金額を包むというのが一般的なようです。 ですから 2万円から3万円程度を包むというのが無難 ではないでしょうか。 金額については 少なすぎると恥をかくことにもなりかねませんし、 逆に多すぎても気を遣わせるのであまり良くはありませんね。 身内ならあまりそういった心配はないかもしれませんが、 常識の範囲で用意しましょう。 法事と言っても初七日から四十九日、 そして一周忌、三回忌、七回忌などと何度も行われるわけですが、 基本的にその度に香典も包むことになります。 これは法事の際にはお斎と呼ばれる食事会が行われるため、 その 食事代と、引き出物としていただく手土産の分だとされています。 ですから 身内とは言ってもその代金として毎回支払うというわけですね。 この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。 SponsoredLink 法事の際というのは一般的に香典、あるいは御供物料として ある程度の金額を包んで持っていきますよね。 法事というのは行う側にしても参加する側にしてもいろいろと用意にそれなりの金額がかかるものですよね。 参列する場合というのは手ぶらではいけないので、御供えというものが必要となります。 法事に招かれた際というのは香典を持っていくことになりますね。 お葬式の際にある程度の金額を持参する事を香典といいますが、 法事の際にも同様に香典を持参します。 法事の際の香典はご仏前とも呼ばれ、 のし袋にも『御仏前』と書くことになります。 お葬式や法事をすると参列者から香典が渡されますよね。 そうすると受け取った側というのはいただいた方々に香典返しとして返礼品を用意しなければいけません。

次の

法事・法要での香典(御供物料)の金額や香典袋のマナー

法事 の お金

SponsoredLink 法事に参加した際というのはたとえ 身内の法事であったとしても ご仏前と言って香典を包むというのが一般的になっています。 身内とは言っても 同じ世帯として住んでいる息子などの場合であれば必要ありません。 では、法事の場合の香典というのは どのくらいの金額を包むものなのでしょうか。 一般的に法事の際の香典というのは1万円が相場 だとされています。 そしての金額については故人との関係などによって上下するわけなのですが、 身内であれば、相場より高めの金額を包むというのが一般的なようです。 ですから 2万円から3万円程度を包むというのが無難 ではないでしょうか。 金額については 少なすぎると恥をかくことにもなりかねませんし、 逆に多すぎても気を遣わせるのであまり良くはありませんね。 身内ならあまりそういった心配はないかもしれませんが、 常識の範囲で用意しましょう。 法事と言っても初七日から四十九日、 そして一周忌、三回忌、七回忌などと何度も行われるわけですが、 基本的にその度に香典も包むことになります。 これは法事の際にはお斎と呼ばれる食事会が行われるため、 その 食事代と、引き出物としていただく手土産の分だとされています。 ですから 身内とは言ってもその代金として毎回支払うというわけですね。 この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。 SponsoredLink 法事の際というのは一般的に香典、あるいは御供物料として ある程度の金額を包んで持っていきますよね。 法事というのは行う側にしても参加する側にしてもいろいろと用意にそれなりの金額がかかるものですよね。 参列する場合というのは手ぶらではいけないので、御供えというものが必要となります。 法事に招かれた際というのは香典を持っていくことになりますね。 お葬式の際にある程度の金額を持参する事を香典といいますが、 法事の際にも同様に香典を持参します。 法事の際の香典はご仏前とも呼ばれ、 のし袋にも『御仏前』と書くことになります。 お葬式や法事をすると参列者から香典が渡されますよね。 そうすると受け取った側というのはいただいた方々に香典返しとして返礼品を用意しなければいけません。

次の