リクルート ホールディングス 株価。 モーニングスター [ PTS価格 株式会社リクルートホールディングス ]

リクルートホールディングス(6098)

リクルート ホールディングス 株価

Contents• 人材系大手のリクルートホールディングスとは? ここでは求人広告でおなじみのリクルートホールディングスの業務内容を見ていきたいと思います。 1のオンライン求人情報専門検索サイトである「Indeed」の運用。 リクルートホールディングスの過去10年の業績推移(PL) ここではリクルートホールディングスの上場来の業績推移を見ていきます。 売上高は1,049,224百万円から2,310,756百万円と、およそ倍に増加していることがわかります。 また本業の成績を示す営業利益ですが、こちらは2016年まで4年間横ばいで推移していました。 2017年に上抜けて以降は順調に推移していることがわかります。 よって、リクルートホールディングスの業績は好調であるということができます。 リクルートホールディングスが5月14日に発表した決算によると、 19年3月期の連結税引き前利益は前の期比20. 4%増の2398億円、20年3月期の業績見通しについては非開示としています。 リクルートホールディングスの中期戦略 ここでは躍進を続けるリクルートホールディングスの中期戦略をセグメント別にご紹介しています。 Indeedの拡大 求人情報サイトIndeedの米国及びグローバル市場での拡大。 Glassdoorを子会社化 2018年にアメリカの求人サイトであるGlassdoorを子会社化。 今後はIndeedと協働させることで、さらなる事業の拡大を目指しています。 リクルートホールディングスの中期戦略は具体的でわかりやすい印象を受けました。 リクルートホールディングスの ROEと ROA リクルートのROEとROAについて見ていきたいと思います。 上場後からROEとROAは下降して推移してきましたが、2016年に底打ち後は上昇に転じています。 そして現在は高い数値を保ちながら横ばいで推移していることがわかります。 ROEは8. またROAも5. よってリクルートホールディングスのROEとROAは好調に推移しているといえます。 リクルートホールディングスのファンダメンタルは良好であり、「買い」であると判断することができます。 リクルートホールディングスのテクニカル分析 ここではリクルートホールディングスは買いか売りかをテクニカル的な側面から分析していきたいと思います。 リクルートホールディングスの上場来の株価推移 リクルートホールディングスの株価は2014年に上場しています。 2年にわたる持合い相場でパワーを充てんした後、とてもきれいな上昇相場を形成しています。 リクルートホールディングスのテクニカル分析 上記は中期(3か月~1年)の展望を表す週足チャートです。 直近2019年6月の変化日に株価は上抜けています。 また次の変化日である2019年11月と狭い期間に変化日が2回存在していることがわかります。 おそらく次の変化日あたりに直近高値である3,845円に挑戦する感じで株価が推移すると考えられます。 3,845円を抜けない場合はWトップが確定してしまうため、Wトップを否定(強い買いサイン)点灯後にインするのがリスクの少ない投資方法であるといえます。 テクニカルから見たリクルートホールディングス 現在はWトップ懸念のリスクがある位置ですので「様子見」です。 Wトップを否定したら「買い」、Wトップを形成してしまったら「売り」という判断になります。 リクルートへの競合他社比較 リクルートホールディングス(6098)を同業であるトレンドマイクロ(4704)、、電通(4324)と比較検討していきます。 リクルートH トレンドマイクロ ヤフー 電通 PER - 倍 23. 9 倍 19. 2 倍 17. 2 倍 PBR 5. 84 倍 4. 13 倍 1. 85 倍 0. 99 倍 配当利回り 0. よって情報通信セクターは割高であるといえます。 よって電通・ヤフーは割安、リクルートホールディングスとトレンドマイクロは割高ということができます。 リクルートホールディングス 19年3月期の連結税引き前利益は前の期比20. 4%増の2398億円、20年3月期の業績見通しについては非開示。 トレンドマイクロ 18年12月期の連結経常利益は前の期比0. 4%増の371億円、19年12月期も前期比2. 7%増の382億円に伸びを見込み、12期ぶりに過去最高益を更新する見通し。 ヤフー 19年3月期の連結最終利益は前の期比40. 0%減の786億円、20年3月期は前期比4. 2%増の820億円に伸びる見通し。 電通 18年12月期の連結最終利益は前の期比14. 4%減の903億円、19年12月期も前期比32. 0%減の614億円に落ち込む見通し。 業績に関しては、トレンドマイクロが7期連続増収、4期連続増益と安定しています。 リクルートホールディングスも好業績ですが、20年3月期の業績見通しについては非開示である点が気がかりです。 一方で、短期の利ザヤ取りであれば、上値の軽いリクルートホールディングスのほうが良いということができます。 まとめ 今回はファンダメンタルとテクニカル両面からリクルートホールディングスの今後の株価推移を分析してきました。 リクルートホールディングスはファンダメンタル的には「買い」、テクニカル的には中期で「様子見」の状態です。 直近高値3,845円を抜けるのか否かを見極めてから購入すると、投資リスクが低くなるためおすすめです。 4%増の2398億円と好業績をキープしていること。 上抜けた場合、5,000円を目指す展開になる。 以上、【6098】急落から復調中のリクルートホールディングス(HD)の今後の株価推移を予想!…でした。

次の

リクルートホールディングス(6098)の株価分析|全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!

リクルート ホールディングス 株価

次に藤村哲也氏の株価予想を確認してみましょう。 株価予想の期間は、下記の5日間です。 外国人投資家や年金関連の機関投資家からの注目も高く、高値を抜いてきた事から「買」推奨です。 たった5日間の短期売買を業績情報のみで行う事に対して不安を感じる所です。 短期的な値動きは、業績以外の要因でも簡単に動くものです。 実際に、高値更新が失敗して暴落したようですね。 高値更新の突破を狙ってエントリーする場合には、損切り撤退する水準を決めてから資金投入するべきです。 多くの株価予想の記事を見ていると、高値更新中の非常に株価が高い位置でのエントリーが多いと感じます。 株価が上がれば、上がるほど下落する確率は非常に高まります。 思惑と逆に動いた事を想定し損切り水準を決めた上で、エントリーしないと大損する事になるでしょう。 損切り水準を決める事自体も、投資判断です。 自分自身で判断が出来ると感じる戦略を利用する事をお勧め致します。 、など、シンプルに投資判断が可能な方法を参考にしてみて下さい。 管理人が感じたリクルートホールディングスの株価見通し 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) リクルートホールディングス (6098) 上場市場 東証1部 業種 サービス業 株価 3,970円 単元株数と最低購入単価 100株:39万7,000円 高いです 時価総額 2兆2,443億円 資本金 100億円 発行済株式数 5億6,532万株 大型株 浮動株数 2,430万株 利益剰余金 5,583億円 有利子負債 300億円 保有者比率 外国 12. 2012年度から売上自体は右肩上がりですが利益は横ばいであり、営業利益率が14%から9%まで下落し続けている状況が気になります。 上場間もないのですが、株価の動きはイマイチですね。 力強く上昇しているというより停滞している感の方が強いのではないでしょうか?今後の値動きに注目したいですね。 紺色線:リクルートホールディングス ピンク色線:日経平均株価指数 2015年12月時点で管理人がチェックしたサービス業 銘柄.

次の

リクルートホールディングス(6098)の株価分析|全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!

リクルート ホールディングス 株価

本日の日経平均・TOPIXは、大幅に上昇しました。 日経平均は約240円高、TOPIXは約21. 69ポイントの上昇でした。 マザーズ・JASDAQに関しても、大幅に上昇しました。 マザーズが約16. 99ポイントの上昇、JASDAQは約1. 96ポイントの上昇で取引を終了しました。 米中貿易摩擦懸念が一旦、弱まり買い戻されたようですね。 まぁ、全然安心感はありませんが笑 本日の銘柄分析は株式コード6098、リクルートホールディングスという会社の株式銘柄分析 今後の株価の分析 を行っていきたいと思います。 約1年ぶりの分析になります。 本日、08月30日の今現在の株価は「3,219円」です。 単元株数は100株からなので現時点で購入するには 321,900円必要という事になります。 株としてみれば、まぁ、普通のお値段ですかね。 こちらの銘柄は、月足で見ると2018年の10月くらいから一度大幅に下落しましたが再び盛り返していますね。 それではリクルートホールディングスの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。 もし宜しければご参考になさってください。 一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。 0円 株価高値:3,221. 0円 株価安値:3,156. 0円 株価終値:3,219. 56倍 PER:28. 31倍 ROE:19. 04円 2019年3月期 参考:500. 20円 2018年3月期 参考:1,384. 16円 2017年3月期 自己資本率:55. 割高な株価が必ず見直されると思っています。 個人的には2,000円を割ってきたところで監視を始める程度かなって思います。 今後の成長性に期待出来るかと言われると個人的には?って感じがするので過度の期待は禁物だと思います。 たしかに四季報を見る限りは「インディード」が絶好調のようですがこの先もグングン伸びていくかなぁっとちょっと半信半疑です。 人材派遣は、アメリカ・日本ともに今後苦戦すると個人的には思います。 」と書いて、現時点での私の買いたい度:10%としました。 今現在、3,219円です。 2018年08月14日の終値は3,254円です。 ほぼ変わっていないですね。 まぁ、この1年の間に1,000円以上、株価は動いていますが笑 スポンサーリンク リクルートホールディングス 株式銘柄分析まとめ 今現在、同社株主による大量の売り出しが話題になっていますね。 個人的にはこの話題は一過性で株価にはそれほど影響しないと思っています。 今後の業績予想も増収増益でROE・ROAも優秀なので3,000円でしっかり踏ん張れば短期的には面白い銘柄ではないかなって思います。 ただし、1年前にも書きましたが今後の成長性には?って感じなのであくまでも短期売買かなって思います。 時価総額が5兆円を超える大企業なのでここから株価が10倍とかになる可能性は低いと思いますので大きく下落した時のリバウンド狙いかなって思います。 まぁ、1,000円台まで落ちてくればちょっと買ってみたい気もしますけどね笑 投資はすべて 自己責任でお願いします。 当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 現時点での私の買いたい度:20% のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。 スポンサーリンク - - 【いままでの投資経験】 某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。 数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。 なので、かなり慎重派な投資スタイルです。 2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。 正直、投資をもう止めようと思いました。 2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。 今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。 やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。 なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。 専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。 日本株は特に中小型株が中心です。 大型株はあまりトレードしません。 非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。 宜しければ、投資のご参考になさって下さい。 いつも当サイトを見てくださって有難うございます。 いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。 YOUTUBEで競馬予想チャンネルもやっています。 もし宜しければ、チャンネル登録、なにとぞ、よろしくお願いします。

次の