あぶり 出す 類語。 分析とは?|分析の意味と【分析力を鍛える】9個の方法を解説

季語/蚊帳(かや/かちょう)を使った俳句

あぶり 出す 類語

1です。 大勢は「餅は餅屋」に収斂しつつあるようですが, あえて論駁(笑)を試みます。 「餅は餅屋」の意味するところは 「餅は餅屋で食え」ないし「餅は餅屋に任せろ」であって, 「ものごとにはそれぞれ専門があるのだから,専門家に任せるのが良い」 と解せます。 これに対し「蛇の道は蛇」は 「蛇の道は蛇が知る」ないし「蛇の道は蛇に訊け」であって, 「あるものについて知りたければ,その同類に訊ねるのが良い」 という意味ですから, ご質問内容により近いように思ったわけです。 もっとも「蛇の道は・・・」において 「蛇」が意味するのは「同類の者」や「同業者」であって, 必ずしも「専門家」を意味しません。 また,再三指摘があるように, 「悪事」のニュアンスがつきまとうことも否定できません。 いずれがしっくり来るかは質問者さん自身が判断なさってください。 A ベストアンサー #1です。 丁寧にお礼を頂き有り難うございました。 あれから私なり探してみましたので、参考までに補足します。 また、未熟な者が他人のことをあれこれ言う愚かさのたとえ。 解説としては、熟した柿が落ちたのを、まだ青い柿が弔う。 青柿もやがて熟して落ちていくことから転じたことわざです。 中国の戦国時代、孟子が梁の恵王に、「戦上で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病だと笑ったが、共に逃げたことに変わりはない。 あなたの政治も、隣国の政治とあまり変わりがない」と言ったという故事から、成った四字熟語です。 「目糞鼻糞」と四字熟語でもあります。 丁寧にお礼を頂き有り難うございました。 あれから私なり探してみましたので、参考までに補足します。 また、未熟な者が他人のことをあれこれ言う愚かさのたとえ。 解説としては、熟した柿が落ちたのを、まだ青い柿が弔う。 青柿もやがて熟して落ちていくことから転じたことわざです。 中国の戦国時代、孟子が梁の...

次の

アンチ・バベルの塔 (The Tower of Anti

あぶり 出す 類語

何か具体的なものを削除する、持ち上げる、押すこと、あるいは切り離すことなどにより、あるいは何か抽象的なものを削除する の意• 取りはずす• 取りはらう• 取りのぞく• 引退ける• 取りさる• 奪い去る• 抜きさる• 奪取る• 取りすてる• 取りあげる• 含まれる、考慮される、または受け入れられることを防ぐ の意• 抜きさる• 取りすてる• 撥除ける• とり捨てる• 案内される、または別の場所に送信される の意• さし立てる• 送届ける• 発しる• 送りとどける• 寄こす• 転送 の意• 送出す• 送付ける• 送届ける• 送込む• 送りとどける 作り上げて、発行する の意• 提供する(通常食物だが、必ずしもそうではない) の意• 食物を手にとる; 食べモノと飲物をとる の意• 食物として提供する の意• 示された目標に向けて送り出す の意• 送出す• さし立てる• さし遣わす• 送りだす• 送りこむ• 差し遣す• 差遣す• 発しる• 使わす• 仕向る 表示のために出す の意• 市場に持ち込むか、販売する の意• 生みだす• 産出す• 産みだす• 生出す• 支払いを申し出る の意• 申しでる• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

提起(ていき)の類語・言い換え

あぶり 出す 類語

1です。 大勢は「餅は餅屋」に収斂しつつあるようですが, あえて論駁(笑)を試みます。 「餅は餅屋」の意味するところは 「餅は餅屋で食え」ないし「餅は餅屋に任せろ」であって, 「ものごとにはそれぞれ専門があるのだから,専門家に任せるのが良い」 と解せます。 これに対し「蛇の道は蛇」は 「蛇の道は蛇が知る」ないし「蛇の道は蛇に訊け」であって, 「あるものについて知りたければ,その同類に訊ねるのが良い」 という意味ですから, ご質問内容により近いように思ったわけです。 もっとも「蛇の道は・・・」において 「蛇」が意味するのは「同類の者」や「同業者」であって, 必ずしも「専門家」を意味しません。 また,再三指摘があるように, 「悪事」のニュアンスがつきまとうことも否定できません。 いずれがしっくり来るかは質問者さん自身が判断なさってください。 A ベストアンサー #1です。 丁寧にお礼を頂き有り難うございました。 あれから私なり探してみましたので、参考までに補足します。 また、未熟な者が他人のことをあれこれ言う愚かさのたとえ。 解説としては、熟した柿が落ちたのを、まだ青い柿が弔う。 青柿もやがて熟して落ちていくことから転じたことわざです。 中国の戦国時代、孟子が梁の恵王に、「戦上で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病だと笑ったが、共に逃げたことに変わりはない。 あなたの政治も、隣国の政治とあまり変わりがない」と言ったという故事から、成った四字熟語です。 「目糞鼻糞」と四字熟語でもあります。 丁寧にお礼を頂き有り難うございました。 あれから私なり探してみましたので、参考までに補足します。 また、未熟な者が他人のことをあれこれ言う愚かさのたとえ。 解説としては、熟した柿が落ちたのを、まだ青い柿が弔う。 青柿もやがて熟して落ちていくことから転じたことわざです。 中国の戦国時代、孟子が梁の...

次の