ボクシング ヘビー 級 チャンピオン。 ボクシング・ファイトマネーの最高額は?日本人やヘビー級の場合など

【ボクシング】現役限定!ヘビー級最強チャンピオンは誰だ!

ボクシング ヘビー 級 チャンピオン

【生い立ち】 東大阪生まれ、淀川区育ち。 小学校までは野球が好きで、プロ野球選手を夢みてた。 中学に上がる頃までよく女の子に間違われていた。 中学に入り、兄が柔道をして強くなっていくことに憧れを抱き柔道をすることに。 そこから格闘技が好きになった。 大人になり、格闘技をしたいと思っている時、バイク事故を起こし、重傷を負い格闘技が出来ない体になる。 24歳の時に動けるようになってきて、 ヘビー級ボクサーを目指す。 当時80kgの体を大きく鍛えるために、日本人では最初で最後のボディビル世界チャンピオン杉田茂氏のいる大阪京橋ワールドジムで鍛えて体重100kgに。 そして25歳でデビュー。 【好きな言葉】 情熱、誠実、愛、感謝 座右の銘:不撓不屈・笑顔笑力 【思想】 武士道。 日本精神。 【経歴】 アマチュアデビューをKO勝利 その後プロ転向し、ニュージーランド オークランドでデビュー戦を2R 失神KO勝利。 その後大阪で日本デビュー戦を3R KO勝利。 複数企業様にスポンサーをしていただき、またオーストラリアに戻り、シドニーで再出発戦をリングドクターがストップでのTKO勝利。 その後のシドニーでの試合を大差判定勝利 日本で試合をし西日本新人王獲得。 連勝を10に伸ばしたところで、元フランスチャンピオンに判定負け。 その後、明らかに勝てる相手に判定負けし、引退を考える。 引退せず再起する。 復帰してすぐWBCアジアタイトル戦を1R失神KO勝利。 WBCアジアチャンピオンになる。 WBCアジアチャンピオンとして単身アメリカに乗り込む。 【悔しかった思い出】 世界チャンピオンという目標があるにも関わらずモチベーションが下がり、モチベーションもボクサーとしても上がりたいけど上がれなく、絶対に負けない相手に負けたこと。 【目標】.

次の

世界ボクシング協会世界王者一覧

ボクシング ヘビー 級 チャンピオン

階級 ヘビー級 身長 188cm リーチ 197cm 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1962年10月19日 戦績 55試合 43勝(28KO)10敗 2分 第4代WBA世界クルーザー級王座 第4代IBF世界クルーザー級王座 第8代WBC世界クルーザー級王座 第36代WBA世界ヘビー級王座 第14代WBC世界ヘビー級王座 第6代IBF世界ヘビー級王座 第38代WBA世界ヘビー級王座 第8代IBF世界ヘビー級王座 第43代WBA世界ヘビー級王座 第13代IBF世界ヘビー級王座 第45代WBA世界ヘビー級王座 イベンダー・ホリフィールドはアマチュアではロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得しているヘビー級ボクサーです。 マイク・タイソンとの2度目の対戦ではタイソンに耳を噛み切られ、3R勝ちしたことでも有名な選手です。 フィリピンのボクサーで世界王座の在位期間が最も長いことでも知られています。 2018. 31 WBOスーパーフライ級王座決定戦では井岡一翔の僅差で判定勝利し、この段階で4階級制覇を達成した玄人受けするボクサーです。 階級 ライト級 身長 168cm リーチ 178cm 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1987年12月15日 戦績 40試合 39勝(30KO)1敗 USBA全米フェザー級王座 NABO北米フェザー級王座 NABF北米フェザー級王座 WBO世界フェザー級王座(防衛0) リングマガジン世界フェザー級王座 WBO世界スーパーフェザー級王座(防衛1) WBC世界ライト級王座(防衛1) IBF世界ライト級王座(防衛0) WBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座 IBF世界スーパーライト級王座(防衛0) マイキーガルシアは世界4階級制覇王者です。 教科書通りの綺麗なボクシングを実践し、タイミング抜群のパンチと冷静に試合の流れを読み取る洞察力を兼ね備えた攻防兼備のテクニシャンです。 最大の武器は、鋭くて強烈なワンツーで、強烈な左ジャブで相手のブロックに穴を開けて、すき間から間髪入れず右ストレートをねじ込んで相手を倒します。 階級 ウェルター級〜ライトヘビー級 身長 185cm リーチ 203cm 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1958年10月18日 戦績 67試合 61勝(48KO)5敗 1分 USBA全米ウェルター級王座 NABF北米ミドル級王座 NABF北米スーパーミドル級王座 NABF北米クルーザー級王座 WBU世界クルーザー級王座 IBO世界クルーザー級王座 WBA世界ウェルター級王座 WBC世界スーパーウェルター級王座 WBC世界ミドル級王座 WBO世界スーパーミドル級王座 WBC世界ライトヘビー級王座 WBA世界ライトヘビー級王座 トーマス・ハーンズは史上初の4階級制覇、さらには史上初の5階級制覇を成し遂げた世界的なボクサーです。 身長185cm、リーチ203cmという中量級選手としては非常に恵まれた体格を生かし、左腕をだらりと下げたヒットマンスタイルから放つフリッカージャブと正確な強打、マシンガンのように繰り出すラッシュで1980年代のボクシング・シーンを席巻しました。 マービン・ハグラー、シュガー・レイ・レナード、ロベルト・デュランらと共に「黄金の中量級」と称された時代を盛り上げた選手の一人です。 階級 スーパーフライ級 身長 159. アルゲリョの再来とも言われ、特に上下に放つ鋭いアッパーカットは、アルゲリョの指導を受けた賜物と言われています。 軽快なボディワークでプレッシャーをかけ、パンチを上下に打ち分ける的確で多彩なコンビネーション技術を持ち、センス、パワーともに優れたハードパンチャーです。 アマチュアの戦績は87戦全勝とされていますが、オリンピックや世界選手権やパンアメリカン競技大会等の主要大会の出場経験はありません。 攻めも守りも優れ、パンチは強力で、連打も出てくる隙の無いパーフェクトボクサーです。 階級 ヘビー級 身長 192cm[1] リーチ 208cm 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1949年1月10日 戦績 81試合 76勝(68KO)5敗 全米AAU・ボクシング競技ヘビー級優勝(1968年) 第19回メキシコシティオリンピック・ボクシング競技ヘビー級優勝(1968年) NABF北米ヘビー級王座 パンアメリカンヘビー級王座 IBA世界ヘビー級王座 WBU世界ヘビー級王座 WBA世界ヘビー級王座(1度目は防衛2度、2度目は防衛0度) WBC世界ヘビー級王座(防衛2度) IBF世界ヘビー級王座(防衛1度) ジョージ・フォアマンは「象をも倒す」といわれた強打を生かし、メキシコシティオリンピックボクシングヘビー級で金メダルを獲得した最強ボクサーですそのパンチの威力はヘビー級で最強とされています。 一度は統一世界ヘビー級王座を獲得し、防衛に成功するもキンシャサの奇跡でモハメド・アリに敗れるなどし1977年に28歳で一度は引退します。 しかし1994年に45歳にして実に20年ぶりに世界ヘビー級王者に返り咲いた不屈のファイターとして有名です。 遠・中距離から伸びるコンビネーションとアッパーでKOの山を築き、慎重な性格で素質に溺れることもなく、普段の練習態度も非常に真面目と評されています。 8年以上も同階級に留まり続けられたのも普段からの節制の賜物だったわけです。 名門ルピータジムにてクーヨ・エルナンデスに一からボクシングを学び、エルナンデスの死後にロマンサ・ジムへ移りナチョ・ベリスタイン門下へ移り、Zボーイズやルーベン・オリバレスを育てた名伯楽クーヨをして「傑作」と言わしめたほどのボクサーです。 階級 ヘビー級 身長 190cm リーチ 203cm 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1942年1月17日 戦績 61試合 56勝(37KO)5敗 NABF北米ヘビー級王座 WBA世界ヘビー級王座 WBC世界ヘビー級王座 鈍重な大男の力任せな殴り合いだったヘビー級ボクシングに、アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込みました。 この著名なフレーズは、アリのトレーナーのドゥルー・バンディーニ・ブラウンによるもので、試合前によく肩を組んで「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と一緒に叫ぶパフォーマンスを見せていたことでも有名です。 リングを縦横無尽に動き回れる体のこなしだけでなく、ジャブに右ストレートでカウンターを合わせる離れ業をやってのけるパンチのスピードも持っていました。 マイク・タイソンが出現した現代においてもなお、ヘビー級史上最速と評価される最強ボクサーです。 アマチュアでも輝かしい成績を誇り、北京オリンピックはフェザー級、ロンドンオリンピックはライト級で制し、オリンピック2連覇を果たしています。 また、アマチュア時代の戦績は397戦396勝1敗と、たった1回しか負けたことがなく、プレッシャーをかけ手数を多く出して多彩なテクニックを武器に試合を組み立て、特にコンビネーションを交えたボディ攻撃が得意なボクサーです。 クリンチさせないディフェンス感と絶妙な距離感に優れ、変幻自在なストレートとフックでダウンを奪えるKO率80%を超える破壊力と爆発力を持つ万能型のボクサーです。 階級 ヘビー級 身長 180cm リーチ 180cm[1] 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1966年6月30日 戦績 58試合 50勝(44KO)6敗 2無効試合 WBC世界ヘビー級王座 WBA世界ヘビー級王座 IBF世界ヘビー級王座 身長180cm、リーチ180cm、周囲50cm超の首を誇る最強ボクサーです。 ヘビー級としては小柄ながら巨漢ボクサーをガードごと薙ぎ倒す桁外れのパンチ力に加え、ヘビー級では並外れたフットワークとスピード、急所を正確にコンビネーションで打ち抜く高度なオフェンス技術、そして相手のパンチをガードのみに頼らず、そのほとんどに空を切らせる鉄壁のディフェンス技術を武器に次々に大男たちをリングに沈めました。 何かとリング外でもトラブルの多いマイクタソンですが、ボクサーとしての実力は確かなものを備えていました。 階級 ウェルター級 - スーパーミドル級 身長 178cm リーチ 188cm 国籍 アメリカ合衆国 誕生日 1956年5月17日(63歳) 戦績 40試合 36勝(26KO)3敗 1引き分け 1976年モントリオールオリンピック ライトウェルター級金メダル WBC世界ウェルター級王座 WBA世界ウェルター級王座 WBA世界スーパーウェルター級王座 WBC世界ミドル級王座 WBC世界スーパーミドル級王座 WBC世界ライトヘビー級王座 シュガー・レー・レナードは、デビュー直後からモハメド・アリの後継者として絶大な人気と期待を受け、爆発的なスピードと芸術的なテクニック、優れたインテリジェンス、ロビンソンやアリの系譜に連なるスター性を併せ持ち、1970年代後半から1980年代にかけてのボクシング界を代表するスーパースターの座に君臨しました。 「ヘビー級が動くが如く、ボクシングは動く」とされたボクシング界の常識を覆して、ロベルト・デュラン、マービン・ハグラー、トーマス・ハーンズらと歴史的なビッグファイトを繰り広げ「黄金のミドル(中量級)」時代を盛り上げた1人です。

次の

ボクシング現王者一覧

ボクシング ヘビー 級 チャンピオン

ボクシング階級表|体重と各階級のチャンピオン一覧 誰しも「強くなりたい!」と思ったことがあると思います。 しかし、プロレスなどは大きな体がなければなかなかできるものではありません。 持って生まれた体格によって制限されるスポーツは少なくないのです。 では、ボクシングの場合はどうでしょう。 ボクシングは体重によってプロが17階級、アマチュアが11階級に分かれており、体格的に同等レベルの人と戦える階級制スポーツです。 厳密な平等主義が貫かれていて、これで誰しも練習に身が入るというものです。 これもボクシングの魅力、そして人気の1つではないでしょうか。 下表は、プロとアマチュアの階級表です。 ぜひ、あなたの体重がどこに位置するか確認してみて下さい。 階級別に主な現役世界チャンピオンと元チャンピオンも紹介していますので、ボクシングの今と歴史をお楽しみください。 赤文字の選手は日本ジム所属現役世界王者 階級名と体重 47. 627Kg超~48. 988Kg超~50. 802Kg超~52.

次の