即pat 地方競馬。 JRA(即PAT)

電話投票

即pat 地方競馬

IPATはネット経由で馬券が買える便利なツール 近年では、馬券はスマホなどで購入する人が多く存在します。 そのネットから購入出来る便利なツールを「IPAT」と言います。 IPATとはインターネットを利用してスマートフォンやパソコンで馬券を購入したり、オッズ(倍率)や馬体重やレース結果などの取得できるJRA公式のサービスです。 中央競馬から地方競馬まで対応していますので、非常に便利です。 また、IPATを利用する事で、競馬場に行かなくても馬券を購入出来る利点も追加されます。 馬券を購入したいけど、どうしても競馬場に行けない時に利用したり、人ごみが苦手な人に向いていますね。 また、IPATはマークシートを記入しなくても良く、最新のオッズを確認しながら投票を行う事が出来るので、間違えることも少ないと思います。 また、当たると非常に高額な配当を手に入れる事が出来るWIN5を購入したい場合は、IPATを利用しないと買う事が出来ません。 基本的に、IPATのサービスにはA-PATと即PATとJRAダイレクトの3つがあります。 その中でも1番おすすめなのは即PATになりますので、今回は地方競馬で即PATを使う方法を紹介します。。 地方競馬は即PATでは全て買えない? 即パットはいつでも地方競馬開催日に勝馬投票券を買うことが出来ます。 ちなみに、近年盛んに行われている交流重賞は水曜日の夜 南関東競馬は平日ナイター競馬開催 に行われる事が多くありますが、APATはこれには対応していません。 即PATの登録方法は簡単 即パットに登録するためにはJRA指定の銀行口座を持っている必要があります。 JRA指定の銀行口座は「住信SBIネット銀行」・「ジャパンネット銀行」・「楽天銀行」・「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となります。 銀行口座を解説しますとJRAホームページ「即PAT電話投票加入申し込み」ページから申し込み手続きを行います。 加入者登録の項目で自分用のパスワードを入力します。 忘れないようご注意ください。 新規加入の場合、勝馬投票券発売時間帯 JRA・地方競馬 のみ受付けを行っています。 即PATに申し込み完了した後は即日、パソコン・スマートフォン・携帯電話で馬券を購入できます。 即パットの利用方法 馬券の購入資金を登録した口座から即PATに振替えます。 IPATにログイン後、入出金メニュー入金指示から入金手続きを行います。 入金時間は馬券の発売時間帯 JRA・地方競馬)です。 それ以外はログイン自体できませんので入金できません。 入金額は100円単位から自由にでき制限はありません。 即PAT口座へ入金した金額が購入限度額で、馬券が的中した場合、払戻金・返還金は(購入限度額=ご自身が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金)となります。 1日あたり2回目までは無料となります。 3回目以降は1回につき15円かかります。 この際にオッズも確認できますので最新の情報には目を通したほうが良いでしょう。 購入できるレースは中央競馬が開催している全競馬場の当日レース+(前日発売)と地方競馬レースです。 購入できる馬券種は単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5の馬券を1枚100円から購入できます。 馬券が的中したり出走取消したりレース除外などの払戻があった場合、特に何もしなくても自動に即PATへ払戻が反映されます。 出金方法は「一括出金」と「途中出金」の2種類があります。 一括出金の場合、特別な手続きはなく、節終了後に自動で残高が全て指定口座に移ります。 振り込まれる時間帯は各金融機関に異なります。 途中出金の場合、IPATにログイン後、入出金メニューの「出金指示」から行います。 通常当日の全レース確定から5分後まで途中出金の受付けを行っています。 前日発売しているJRA開催日の場合は前日発売締め切り時間までとなり、途中出金できる額は即PATの残高全てとなります。 一部だけ出金することはできません。 一括出金・途中出金ともに手数料はかかりません。 一括出金では出金指示がない場合、節終了後に自動的に全ての残高が即PATから指定の口座に振り込まれます。 即PATを利用する5つの注意点 便利な即PATですが注意すべき点がありますので5つ紹介します。 1.入金・途中出金ともに完了まで3分以上かかる場合があります。 三井住友銀行は日曜の夜間にメンテナンスがあるため、変則開催等で日曜日夜間に馬券の発売がある場合、入金・途中出金ができない場合があります。 2.投票締め切り10分前は回線が混雑して申し込めない場合がありますので時間に余裕を持って投票したほうが良いでしょう。 3.一度成立した投票の取り消し・変更はできません。 4.2年間利用がない場合は自動的に解約になります。 IPATを使う場合、税務署への申告は行わなければならない? 過去に競馬の勝ち金による裁判は全てPATを使っていて税務署や国税局がPATの履歴をもとに納税義務を指摘したことが始まりでした。 ルール上はPATの使用有無を問わず、競馬の勝ち金は確定申告しないといけませんが、馬券の現金購入に比べて申告漏れを指摘されるリスクは圧倒的に高いです。 ただし、PATで利益が出ている中で確定申告をしていなくても、お咎めなしという方もたくさんいます。 裁判になったりニュースで取り上げっれる人の共通点は累計利益 ハズレ馬券を差し引いた金額 で1億円以上です。 なかにはニュースなど世間には広まらずに課税通知を受けて税金を払っている人がいるかもしれませんが、1,000万円以下の利益であれば申告しなくても指摘されない可能性が高いです。 ただし、ノーリスクではなく当サイトが保証するものでもありません。 税務署も小さい利益を1件ずつ調査して課税通知を出すほど人員に余裕はなく、いくら以上の利益で調査対象になるかはスタッフの裁量によっても変わってきます。 まとめ 今回は、地方競馬でも使えるIPATの登録方法、おすすめのIPAT利用方法を紹介しました。 インターネットが普及したことで現地に足を運ばなくても馬券を購入できる便利な時代となっています。 JRAとは違って、ダートの熱いレースを繰り広げる地方競馬には非常にドラマが多くあります。 また、夜に開催している事から会社員の方でも仕事終わりに楽しむ事ができます。 IPATの中でも、今回オススメした即PATは地方競馬の馬券も購入できる事で、非常に人気になりました。 平日仕事で抜けられない方でも、出先から購入が出来ます。 これから競馬を始めようとしている方や今まで競馬場で馬券を買っている方はぜひIPATの加入をおすすめします。

次の

地方競馬を即PATで買えない日はいつ?スケジュールまとめ

即pat 地方競馬

中央競馬の即PAT会員の方が、即PATを利用して地方競馬を購入するにあたっての方法をご紹介していきます。 地方競馬の即PAT発売日や日程、発売時間 「楽天競馬」「オッズパーク」「SPAT4」と競馬では地方競馬のみを対象に投票できるサイトがありますが、即PATは中央競馬(JRA)全レースに加え一部の海外レースの馬券及び一部の地方競馬の馬券を購入することができる中央競馬が運営しているサービスです。 普段中央競馬のみ楽しんでいるという方が、特に手続きすることなく手軽に地方競馬を楽しみたい、地方競馬デビューをしたい場合には違和感なくスムーズにはじめることができる便利なサービスです。 まず、曜日によって購入できるかどうかが決まっています。 基本的には 火曜日・水曜日・木曜日・土曜日・日曜日が購入可能、 月曜日と金曜日がメンテナンスなどのため購入不可能となっています。 ただし、 月曜日が祝日で中央競馬が開催される日は月曜日が購入可能、翌火曜日が購入不可能となり、金曜日に来月11月3日に大井競馬場で開催される JBCのようにG1レースが組まれている際も購入は可能です。 また、購入可能日でも、いつでも全レース購入可能というわけではなく、木曜日・日曜日のナイター開催は翌日のメンテナンス準備などのため後半のレースの購入が不可能となる場合もあります。 馬券発売開始時刻は ・ 昼間開催時は10時〜 ・ ナイター開催時は12時〜(ただし、通年でナイター開催が実施されている高知競馬は10時〜) 投票締切時間は ・ 発送時刻の4分前 となっています。 投票締切時間は中央競馬発売時の1分前より早めの締切になっているため、この点に関しては注意が必要です。 即PAT利用にあたっての注意点 購入できる馬券の種類は 中央競馬でも発売されている種類に限定されますので、地方競馬でのみ発売されている「枠単」や「トリプル馬単」などの購入はできません。 また、 帯広競馬場で開催されるばんえい競馬については全日購入することができません。 平日、地方競馬のみの開催時にはペイジーを使っての入金はできないことになっています。 地方競馬の出走表、オッズ、レース結果、レース映像など中央競馬開催時にJRAホームページで確認できる情報は、地方競馬情報サイトで中央競馬同様に確認することが可能です。 まとめ 2010年12月に発表された「中央競馬・地方競馬の相互発売の拡大について」の取り組みとして、近代競馬150周年の記念すべき2012年10月2日から運用がスタートしたのが、即PATを利用しての地方競馬の馬券購入でした。 地方競馬は地方競馬のみ、中央競馬は中央競馬のみで馬券を発売していた時期が長かったこともあり、競馬歴の長い方ほど、現在の馬券購入環境の充実ぶりには驚きと便利さを感じていることと思います。 地方競馬というと、これまでは平日中心しかもサラリーマンが参加しにくい昼間の時間帯の開催であることも多く、より賭博色も残っていたため、つい最近まで中央競馬よりとっつきにくいイメージが残ってしまっていました。 ただし、サラリーマンが退勤後に競馬をということでナイター開催が大井競馬場など各地で実施されるようになったり、中央競馬でマイナス収支で終わり逆転を狙いたい人向きに高知競馬の土日のナイター開催が行われたり様々な取り組みが行われてきました。 その結果、以前と比べると格段に中央競馬と地方競馬の垣根はなくなってきていると感じます。 競馬の楽しさという点では地方競馬には中央競馬と同じような、あるいは地方競馬特有の楽しさがたくさんあります。 まずは中央地方交流のG1からでも構いませんので、ぜひ地方競馬にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 ネットで地方競馬馬券を買うならオッズパークがおすすめです。 オッズパークで地方競馬を投票すると、 最大で 投票金額の10%がポイントとして還元されます。 ポイントは貯まると、 電子マネーやギフトカードに 1ポイント=1円として換金可能です。 これは即パットには無いメリットなので、お得に地方競馬を買いたい人はオッズパークを使ってみてください。 無料登録は下のリンクからどうぞ。

次の

電話投票

即pat 地方競馬

IPATはネット経由で馬券が買える便利なツール 近年では、馬券はスマホなどで購入する人が多く存在します。 そのネットから購入出来る便利なツールを「IPAT」と言います。 IPATとはインターネットを利用してスマートフォンやパソコンで馬券を購入したり、オッズ(倍率)や馬体重やレース結果などの取得できるJRA公式のサービスです。 中央競馬から地方競馬まで対応していますので、非常に便利です。 また、IPATを利用する事で、競馬場に行かなくても馬券を購入出来る利点も追加されます。 馬券を購入したいけど、どうしても競馬場に行けない時に利用したり、人ごみが苦手な人に向いていますね。 また、IPATはマークシートを記入しなくても良く、最新のオッズを確認しながら投票を行う事が出来るので、間違えることも少ないと思います。 また、当たると非常に高額な配当を手に入れる事が出来るWIN5を購入したい場合は、IPATを利用しないと買う事が出来ません。 基本的に、IPATのサービスにはA-PATと即PATとJRAダイレクトの3つがあります。 その中でも1番おすすめなのは即PATになりますので、今回は地方競馬で即PATを使う方法を紹介します。。 地方競馬は即PATでは全て買えない? 即パットはいつでも地方競馬開催日に勝馬投票券を買うことが出来ます。 ちなみに、近年盛んに行われている交流重賞は水曜日の夜 南関東競馬は平日ナイター競馬開催 に行われる事が多くありますが、APATはこれには対応していません。 即PATの登録方法は簡単 即パットに登録するためにはJRA指定の銀行口座を持っている必要があります。 JRA指定の銀行口座は「住信SBIネット銀行」・「ジャパンネット銀行」・「楽天銀行」・「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となります。 銀行口座を解説しますとJRAホームページ「即PAT電話投票加入申し込み」ページから申し込み手続きを行います。 加入者登録の項目で自分用のパスワードを入力します。 忘れないようご注意ください。 新規加入の場合、勝馬投票券発売時間帯 JRA・地方競馬 のみ受付けを行っています。 即PATに申し込み完了した後は即日、パソコン・スマートフォン・携帯電話で馬券を購入できます。 即パットの利用方法 馬券の購入資金を登録した口座から即PATに振替えます。 IPATにログイン後、入出金メニュー入金指示から入金手続きを行います。 入金時間は馬券の発売時間帯 JRA・地方競馬)です。 それ以外はログイン自体できませんので入金できません。 入金額は100円単位から自由にでき制限はありません。 即PAT口座へ入金した金額が購入限度額で、馬券が的中した場合、払戻金・返還金は(購入限度額=ご自身が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金)となります。 1日あたり2回目までは無料となります。 3回目以降は1回につき15円かかります。 この際にオッズも確認できますので最新の情報には目を通したほうが良いでしょう。 購入できるレースは中央競馬が開催している全競馬場の当日レース+(前日発売)と地方競馬レースです。 購入できる馬券種は単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5の馬券を1枚100円から購入できます。 馬券が的中したり出走取消したりレース除外などの払戻があった場合、特に何もしなくても自動に即PATへ払戻が反映されます。 出金方法は「一括出金」と「途中出金」の2種類があります。 一括出金の場合、特別な手続きはなく、節終了後に自動で残高が全て指定口座に移ります。 振り込まれる時間帯は各金融機関に異なります。 途中出金の場合、IPATにログイン後、入出金メニューの「出金指示」から行います。 通常当日の全レース確定から5分後まで途中出金の受付けを行っています。 前日発売しているJRA開催日の場合は前日発売締め切り時間までとなり、途中出金できる額は即PATの残高全てとなります。 一部だけ出金することはできません。 一括出金・途中出金ともに手数料はかかりません。 一括出金では出金指示がない場合、節終了後に自動的に全ての残高が即PATから指定の口座に振り込まれます。 即PATを利用する5つの注意点 便利な即PATですが注意すべき点がありますので5つ紹介します。 1.入金・途中出金ともに完了まで3分以上かかる場合があります。 三井住友銀行は日曜の夜間にメンテナンスがあるため、変則開催等で日曜日夜間に馬券の発売がある場合、入金・途中出金ができない場合があります。 2.投票締め切り10分前は回線が混雑して申し込めない場合がありますので時間に余裕を持って投票したほうが良いでしょう。 3.一度成立した投票の取り消し・変更はできません。 4.2年間利用がない場合は自動的に解約になります。 IPATを使う場合、税務署への申告は行わなければならない? 過去に競馬の勝ち金による裁判は全てPATを使っていて税務署や国税局がPATの履歴をもとに納税義務を指摘したことが始まりでした。 ルール上はPATの使用有無を問わず、競馬の勝ち金は確定申告しないといけませんが、馬券の現金購入に比べて申告漏れを指摘されるリスクは圧倒的に高いです。 ただし、PATで利益が出ている中で確定申告をしていなくても、お咎めなしという方もたくさんいます。 裁判になったりニュースで取り上げっれる人の共通点は累計利益 ハズレ馬券を差し引いた金額 で1億円以上です。 なかにはニュースなど世間には広まらずに課税通知を受けて税金を払っている人がいるかもしれませんが、1,000万円以下の利益であれば申告しなくても指摘されない可能性が高いです。 ただし、ノーリスクではなく当サイトが保証するものでもありません。 税務署も小さい利益を1件ずつ調査して課税通知を出すほど人員に余裕はなく、いくら以上の利益で調査対象になるかはスタッフの裁量によっても変わってきます。 まとめ 今回は、地方競馬でも使えるIPATの登録方法、おすすめのIPAT利用方法を紹介しました。 インターネットが普及したことで現地に足を運ばなくても馬券を購入できる便利な時代となっています。 JRAとは違って、ダートの熱いレースを繰り広げる地方競馬には非常にドラマが多くあります。 また、夜に開催している事から会社員の方でも仕事終わりに楽しむ事ができます。 IPATの中でも、今回オススメした即PATは地方競馬の馬券も購入できる事で、非常に人気になりました。 平日仕事で抜けられない方でも、出先から購入が出来ます。 これから競馬を始めようとしている方や今まで競馬場で馬券を買っている方はぜひIPATの加入をおすすめします。

次の