タイムズ サービス 株式 会社。 会社概要|タイムズ24株式会社

パーク24(株)【4666】:株主優待

タイムズ サービス 株式 会社

インターナショナルスクールタイムズは、探究的な学びとスポーツと音楽に特徴があるインターナショナル・プリスクールであるセントラルフォレストインターナショナルスクール立川(以下、CFIS立川)を運営しています。 GEPは、英語に慣れるためだけに焦点を当てた英会話学校ではなく、将来的にグローバルに活躍できる人材育成を目的としたオンライン・インターナショナルスクール Global Step Academy(以下、GSA)を運営しています。 ご自宅からインターナショナルスクールで学ぶ英語教育 Language Arts を学ぶことができ、その独自のカリキュラムや親身なサポートから好評を得ています。 両社はかねてから、特別英語レッスンの開講、スプリング英語キャンプやグローバル教育イベントを共催し、その関係性を深めてまいりました。 今回の株式取得により、GSAの持つ独自のオンライン英語レッスンをカリキュラムに組み込み、英語力向上のためのカウンセリング及び卒業後の進路に関する教育コンサルティングサポートをCFIS立川の皆様に提供してまいります。 また、今後はGSAブランドの基、日本を含むアジア各国にインターナショナル・プリスクールを展開し、多くの皆様にグローバル教育基盤作りへの第一歩を得られる場を提供していく予定です。 GSAのプリスクールを通じ、英語で学ぶ力や背景の異なる子供達と生きていくための国際感覚の提供、卒業後もオンライン教育を続けることで英語力を向上していくための習慣付けを行っていきます。 そして生徒が卒業後、義務教育またはインターナショナルスクールの教育どちらも選ぶことができるよう、高い国際感覚及び英語力を得られるような環境とグローバル教育に関する支援をしていきたいと思います。 次世代を担う子供達の将来の可能性を大きく広げるという理念に即し、これからもGLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSはグローバル人材の育成に注力してまいります。 GEP モントゴメリー道緒代表取締役社長コメント 「GSAの強みであるデータ分析やアダプタビリティー機能、生徒サポートやオンラインレッスン受講における柔軟性などを、オフライン 学校 の特長である他の生徒と共に学び成長していく体験と融合させることで、CFIS立川の生徒にとって今まで以上に優れたグローバルな教育体験と卒業後に向けた厚い準備及びサポートを提供することができると考えております。 今回のCFIS立川のモデルをベースに日本全国で同様なプリスクールを積極的に展開し、グローバル人材の育成に少しでも貢献していきたいと思っています。 」 インターナショナルスクールタイムズ 村田学代表取締役社長コメント 「セントラルフォレストインターナショナルスクール立川は、多様な生徒構成の中、スポーツと音楽を中心に学ぶスクールを目指してきました。 今後は、GEPの持つ特長を活かし、今まで以上に園児たちが楽しみ、かつ多くの学びを得られる環境を作っていきたいと思います。 また、子どもたちがグローバルに成長してく仕組みを社会に提案していきたいと考えています。

次の

タイムズカーレンタル

タイムズ サービス 株式 会社

旧会社の設立日は。 概要 [ ] 日本国内各所で『 タイムズ』(の、とは無関係)を展開している。 現在では駐車場管理業のほか、大型駐車場・ビル型駐車場などの施設駐車場といった様々な駐車場事業を展開している。 『タイムズ』は遊休地である場所に一定期間駐車場を供給できるシステムで、「一台分あれば契約可能である」のが強みとなっている。 ロック付きの無人駐車料金徴収装置による24時間無人時間貸駐車場というのがポイントである。 現在、国内最大の駐車場ネットワークを形成している。 創業者は、としても有名なであり、息子のが代表取締役を務めている。 加盟店。 沿革 [ ]• - 株式会社ニシカワ商会を設立(創業)。 - 株式会社ニシカワ商会の駐車場の保守および運営管理部門を分離独立させ、東京都に、 パーク二四株式会社を設立。 - との販売代理店契約を結ぶ。 大阪支店・名古屋営業所を開設。 - 横浜営業所・大宮営業所(現埼玉営業所)開設。 ロック付き24時間無人時間貸駐車場の『タイムズ』第一号機運用開始。 「」駐車場設立。 - 株式会社ニシカワ商会から(株式会社ニシカワ商会は解散)。 駐車場管理部門と保守部門を、子会社のタイムズ二四株式会社に譲渡。 九州支店(現福岡支店)・熊本営業所・鹿児島営業所を開設。 - 株式の額面変更を目的として、休眠会社の(新)パーク二四株式会社(本社・品川区、旧・みちのく資源開発株式会社)が、(旧)パーク二四株式会社(本社・、実質上の存続会社)を。 京都営業所を開設。 - 千葉営業所・岡山営業所を開設。 タイムズ台数10,000台。 - 本社を品川区西五反田に移転。 - (現・)に株式を店頭登録。 - タイムズ台数20,000台。 子会社として、タイムズ広島株式会社(広島県内のエリアフランチャイズ事業)とタイムズサービス株式会社()を設立。 東北営業所を開設。 - 市場第二部に上場、タイムズ台数24,000台。 - として、ドライバーズネット株式会社を設立。 東京証券取引所市場第一部に上場。 札幌営業所を開設。 タイムズ台数30,000台。 - タイムズ台数40,000台。 - ドライバーズネット株式会社を子会社化。 - タイムズ台数70,000台。 タイムズ二四株式会社がタイムズ広島株式会社(広島営業所となる)とタイムズサービス株式会社を吸収合併し、タイムズ二四株式会社から タイムズサービス株式会社に商号変更。 - タイムズ台数90,000台。 - タイムズ台数100,000台。 - タイムズ台数150,000台。 また、のGSリテールと合弁で、GSパーク24株式会社を設立。 『GSタイムズ』のブランドで韓国内で駐車場事業を開始。 海外支店をのに開設。 第3回 日本ベストパーキング賞優秀賞(システム・関連部門)受賞。 - タイムズ台数200,000台。 本社をに移転。 タイムズサービス株式会社の問合せ対応業務をドライバーズネット株式会社に移管し、ドライバーズネット株式会社を タイムズコミュニケーション株式会社に商号変更。 - 台北支店を、台湾パーク二四として現地法人化。 - 株式会社マツダレンタカーを子会社化。 - タイムズ台数300,000台。 カーシェアリングサービス「カーシェア24」を「Times PLUS(タイムズプラス)」にブランド変更。 - 駐車場運営事業 及び 事業を分離してタイムズ24株式会社を設立、パーク24は純粋持株会社となる。 株式会社マツダレンタカーを 株式会社に商号変更。 - タイムズ台数400,000台。 - ITS事業企画株式会社を吸収合併。 - タイムズ台数500,000台。 タイムズイノベーションキャピタル株式会社を設立。 - オーストラリアにPARK24 AUSTRALIA PTY LTD、シンガポールにPARK24 SINGAPORE PTE. LTD. 、マレーシアにPARK24 MALAYSIA SDN. BHD. を設立• - アジア・オセアニアで駐車場事業を行うSecure Parking社等と、英国で同事業を行うNational Car Parks社を子会社化。 - 東京都品川区西五反田に本社を移転。 クレジットカードでの駐車料金の支払 [ ] で駐車料金を確実に支払う事ができる駐車場はタイムズのみで、一部の駐車場の機械を除き、クレジットカードでの駐車料金の決済が可能である。 利用可能なクレジットカードは、、、、、、、、の各ブランドである。 なお、アメリカンエキスプレスとダイナースクラブのカードは、日本発行のカードに限る。 但し、が発行するソニーバンクウオレットのVISAデビットカードでは支払ができないが、髙島屋プラチナVISAデビットカードでの支払は可能。 また、法人利用を対象とした、法人専用支払カードを発行している。 ポイントカードの発行 [ ] タイムズでは個人利用者を対象に、タイムズクラブカードと言う名称のポイントカードを発行している。 1年間の間に一定ポイント数が貯まると、タイムズで利用できる駐車場回数券や各種商品と交換できる。 また1年間の間に、一定のポイント数が貯まらない場合でも、タイムズから交通遺児への寄付金としてポイントから直接寄付できる仕組みとなっている。 (ポイントを寄付金に換算する場合でも、個人利用者からの手数料等は一切不要。 ) ICカードへの対応 [ ].

次の

会社概要

タイムズ サービス 株式 会社

主な対応工事 とび・土工工事 立体駐車場設備工事は立体駐車場を作る機械器具設置工事です。 近年、大型店舗だけではなく小規模店舗、集合住宅、一般家庭などで立体駐車場のニーズが増えています。 立体駐車場の種類や立体駐車場設備工事の際の注意点などについてまとめました。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。 高齢化社会の本格化に伴い、ホームエレベーターへの需要も高まりを見せています。 エレベーター設置工事の中でもホームエレベーターを取り付ける際の注意点などを解説します。 揚排水機器設置工事とは、揚排水ポンプなどを設置する機械器具設置工事のことです。 揚排水ポンプにはさまざななタイプがあり、それぞれのケースで注意すべき点も異なってきます。 いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。 お問い合わせはコチラへ!.

次の