メルペイスマート払い 選択できない。 【2020年7月最新版】「メルペイ」の注意点・落とし穴!チャージ方法やクレジットカード、上限など

メルペイ、「メルペイスマート払い」で 毎月定額で柔軟な支払いができる「定額払い」に対応

メルペイスマート払い 選択できない

「iD」とは「NTTドコモ」が運営する電子マネー決済手段です。 「おサイフケータイ」対応のスマホをかざすだけで、スムーズに支払いができます。 メルペイスマート払いはiD決済にも対応しており、iD決済をした分を後払いとして翌月にまとめて清算可能です。 iDが使えるお店は、全国で108万カ所以上にものぼります。 オンラインショッピングの「Amazon」もiD決済の対象です。 iD決済とメルペイスマート払いの両方をダブルで活用すれば、使用できる範囲が広がります。 支払いや清算がよりスムーズに済むでしょう。 メルペイでは「対象となる支払い方法」で決済をすると、購入金額の数十%をポイント還元するキャンペーンを不定期に行っています。 メルペイスマート払いのiD決済も、ポイント還元の対象です。 メルペイスマート払いのメリット メルペイスマート払いを使うと、買い物の回数にかかわらず支払いが「翌月1回のみ」になります。 残高が減るたびに、金額をチャージする必要がなくなるでしょう。 手元や銀行口座にお金がないときでも、メルペイスマート払いを利用すれば、欲しいものがすぐに購入できます。 「給料前で使えるお金が残り少ない」という人や「クレジットカードを持っていない」という人にとっては、特に利便性が高い支払い方法です。 当月の利用明細は「翌月1日」に通知されますが、自動引き落としを除き支払いは「翌月1日から末日まで」の好きな日時が選べます。 クレジットカードのように引き落とし日時が決まっておらず、給料入金後など自分のタイミングに合わせて清算ができるのも魅力です。 利用上限を選択できる 後払いというと、クレジットカード感覚で際限なくお金を使ってしまいそうで、踏み出せていない人もいるかもしれません。 メルペイスマート払いには、メルペイが決めた「利用限度額」があります。 さらに、利用限度額の範囲内で利用上限が設定できるため、使いすぎる心配がありません。 「メルペイスマート払い利用上限金額」をタップすると、選択可能な利用上限金額の一覧が表示される仕様です。 設定可能な上限金額は、利用者によって異なります。 運営側の判断とされており、メルカリの取引実績やメルペイの利用状況などから決まるようです。 なお、利用上限を設定するには、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定が前提となっています。 口座登録の過程で本人確認が行われるため、別途申請の手間がかかりません。 メルペイの「銀行チャージ」から「銀行口座を登録する」をタップします。 「銀行口座の登録」の画面で必要事項を入力した後「銀行サイト」に移動し、所定の手続きを済ませましょう。 最後に、メルカリアプリ内で4桁のパスコードを設定すれば完了です。 銀行口座からの支払いを希望しない人や口座がない人は、アプリ内で「本人確認の申請」を行います。 案内に従って、自分の顔と本人確認書類をスマホで撮影しましょう。 その後、個人情報の入力に移ります。 本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、公共料金の請求書など「現住所がわかる書類」の撮影が必要です。 お店で使えるように設定 メルペイスマート払いを実店舗で利用するには、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定を行う必要があります。 アプリ内で行う連携作業のようなものです。 メルペイの「使い方」から「メルペイスマート払い」をタップし「設定をはじめる」を選択します。 画面の指示に従い、設定を完了させましょう。 この段階で「本人確認」が済んでいない場合、自動的に本人確認の画面に切り替わります。 すでに切り替えが済んでいる場合は、画面上に「メルペイスマート払い残枠」と表示されているはずです。 一度設定が完了した後は、iD決済またはコード決済で通常通り支払えます。 以前は口座振替もありましたが、20年2月末を最後に新規では利用できないようになっています。 精算方法は、アプリ内の「メルペイスマート払い」メニューから「支払い方法」をタップして設定しましょう。 利用できる支払い方法の一覧が表示されるため、それぞれの支払い方法の画面でポイントの利用数などの詳細設定を行います。 「自動引き落とし」は、銀行口座から毎月自動的に引き落とされる方法です。 11日・16日・26日のいずれかの日が指定できます。 自動引き落しを初めて利用する場合、当月の引落日は26日です。 翌月から選択した日が適用されます。 メルペイ残高と自動引き落としなら手数料は無料.

次の

支払いは現金だけだよ!メルペイスマート払いのコンビニでの精算のやり方・注意点まとめ【旧称:メルペイあと払い】

メルペイスマート払い 選択できない

「iD」とは「NTTドコモ」が運営する電子マネー決済手段です。 「おサイフケータイ」対応のスマホをかざすだけで、スムーズに支払いができます。 メルペイスマート払いはiD決済にも対応しており、iD決済をした分を後払いとして翌月にまとめて清算可能です。 iDが使えるお店は、全国で108万カ所以上にものぼります。 オンラインショッピングの「Amazon」もiD決済の対象です。 iD決済とメルペイスマート払いの両方をダブルで活用すれば、使用できる範囲が広がります。 支払いや清算がよりスムーズに済むでしょう。 メルペイでは「対象となる支払い方法」で決済をすると、購入金額の数十%をポイント還元するキャンペーンを不定期に行っています。 メルペイスマート払いのiD決済も、ポイント還元の対象です。 メルペイスマート払いのメリット メルペイスマート払いを使うと、買い物の回数にかかわらず支払いが「翌月1回のみ」になります。 残高が減るたびに、金額をチャージする必要がなくなるでしょう。 手元や銀行口座にお金がないときでも、メルペイスマート払いを利用すれば、欲しいものがすぐに購入できます。 「給料前で使えるお金が残り少ない」という人や「クレジットカードを持っていない」という人にとっては、特に利便性が高い支払い方法です。 当月の利用明細は「翌月1日」に通知されますが、自動引き落としを除き支払いは「翌月1日から末日まで」の好きな日時が選べます。 クレジットカードのように引き落とし日時が決まっておらず、給料入金後など自分のタイミングに合わせて清算ができるのも魅力です。 利用上限を選択できる 後払いというと、クレジットカード感覚で際限なくお金を使ってしまいそうで、踏み出せていない人もいるかもしれません。 メルペイスマート払いには、メルペイが決めた「利用限度額」があります。 さらに、利用限度額の範囲内で利用上限が設定できるため、使いすぎる心配がありません。 「メルペイスマート払い利用上限金額」をタップすると、選択可能な利用上限金額の一覧が表示される仕様です。 設定可能な上限金額は、利用者によって異なります。 運営側の判断とされており、メルカリの取引実績やメルペイの利用状況などから決まるようです。 なお、利用上限を設定するには、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定が前提となっています。 口座登録の過程で本人確認が行われるため、別途申請の手間がかかりません。 メルペイの「銀行チャージ」から「銀行口座を登録する」をタップします。 「銀行口座の登録」の画面で必要事項を入力した後「銀行サイト」に移動し、所定の手続きを済ませましょう。 最後に、メルカリアプリ内で4桁のパスコードを設定すれば完了です。 銀行口座からの支払いを希望しない人や口座がない人は、アプリ内で「本人確認の申請」を行います。 案内に従って、自分の顔と本人確認書類をスマホで撮影しましょう。 その後、個人情報の入力に移ります。 本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、公共料金の請求書など「現住所がわかる書類」の撮影が必要です。 お店で使えるように設定 メルペイスマート払いを実店舗で利用するには、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定を行う必要があります。 アプリ内で行う連携作業のようなものです。 メルペイの「使い方」から「メルペイスマート払い」をタップし「設定をはじめる」を選択します。 画面の指示に従い、設定を完了させましょう。 この段階で「本人確認」が済んでいない場合、自動的に本人確認の画面に切り替わります。 すでに切り替えが済んでいる場合は、画面上に「メルペイスマート払い残枠」と表示されているはずです。 一度設定が完了した後は、iD決済またはコード決済で通常通り支払えます。 以前は口座振替もありましたが、20年2月末を最後に新規では利用できないようになっています。 精算方法は、アプリ内の「メルペイスマート払い」メニューから「支払い方法」をタップして設定しましょう。 利用できる支払い方法の一覧が表示されるため、それぞれの支払い方法の画面でポイントの利用数などの詳細設定を行います。 「自動引き落とし」は、銀行口座から毎月自動的に引き落とされる方法です。 11日・16日・26日のいずれかの日が指定できます。 自動引き落しを初めて利用する場合、当月の引落日は26日です。 翌月から選択した日が適用されます。 メルペイ残高と自動引き落としなら手数料は無料.

次の

メルペイスマート払い(後払い)の審査にかかる時間や利用上限が決まる仕組みは? | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイスマート払い 選択できない

メルペイスマート払いの3つの清算方法• 銀行口座 メルペイスマート払いを使った月の翌月1日に利用明細が通知されるので、3つのどれかの方法で支払います。 まず、「」ならスマホでサクッとメルペイ残高から支払えばok。 なんと メルペイ残高払いだけは手数料無料です! 「」に設定したときは、支払いの方法 (コンビニの種類)を決めて自分の好きなタイミング(1日〜末日のどこか)で清算します。 メルペイスマート払いの手数料についてまとめると、以下のようになっています。 うっかり使いすぎちゃったら・・・こわいっ! お買い物の時点ではお金が無くてもokなので、つい高額・大量のショッピングをしてしまいそうですよね。 でも大丈夫。 メルペイスマート払いは 自分で上限金額・利用上限を設定・変更できるんです。 低めに設定しておけば、うっかり使いすぎることもありませんよ。 設定できる上限のMAXは人それぞれのようです。 僕は最初は1,000円でしたがやがて15,000円になり、今は150,000円になりました。 メルペイスマート払いの申込・設定のやり方 では、実際にメルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)を使い始めてみましょう。 以下の順番でやり方を具体的に紹介していきますね。 メルペイスマート払いに申し込む方法 まずメルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)に申し込みましょう。 スマホでメルカリアプリを開き、以下のようにタップして進んでください。 メルカリ・メルペイの利用状況によって設定できる金額は変わるようです 金額を決めたら「この金額ではじめる」をタップしてください。 これでok! もう「メルペイスマート払い」は設定されましたよ。 設定・変更のやり方 さっそくメルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)でお買い物してみましょう。 メルペイスマート払いがオンになっているときは、画面に「メルペイスマート払い残枠 (旧称:メルペイあと払い残枠)」が表示されています。 試しにファミリーマートで98円のミネラルウォーターを買ってみましょう。 すると・・・ おおっ。 水色のゲージが減りました! ちょっとゲーム感覚ですね(笑) こんな具合に残枠が減っていき、上限に達するまで利用可能です。 メルペイスマート払いから通常の支払いに戻すのも一瞬でできますよ。 画面右上の「メルペイ残高」と金額が書いてあるところをタップしてください。 通常の支払いモードのときにも、同じように画面右上の「メルペイスマート払い」をタップすればまたメルペイスマート払いに切り替えることもできますよ。 「通常の支払いモード(残高払い)」と「メルペイスマート払い」はいつでも何度でも切り替えokです! 支払い履歴も確認できるの? メルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)でどこで・どれだけ使ったのか。 なんだか忘れてしまいそうですよね(汗) そんなときはメルペイ画面のちょい下の方にある「メルペイスマート払い」をタップしてください。 すぐに今月の利用状況が出てきます。 利用可能金額(上限)と利用金額(使った金額)が分かりますよ。 もっと詳しく知るには「履歴」をタップしてみてください。 先月までの内容もハッキリわかります。 利用履歴がわからないと不正利用に気づかなくて怖いですからね〜。 いつ・どこで・何に・どれだけ使ったのかが確認できると安心できますよね。 3つの清算の仕方(使った翌月に後払いする手順) では、お次は翌月のお支払いのやり方です。 翌月になると、メルカリアプリのホーム画面の右上の「やることリスト」に通知が来ますよ。 そこで「あ、支払いしなきゃ」と気づくことができます。 請求書が送られてくるみたいなものですね(笑) メルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)は以下の3つの清算方法が可能です。 逆に言えば、年齢制限・本人確認さえクリアしていれば「え、メルペイスマート払い使えないけど!?」ということは無いはずですよ。 そしてもう1つ大事なポイントは手数料です。 まとめ さいごに、今回の「メルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)」のポイントをまとめて並べておきますね。 街のお店でもメルカリ・ネットショッピングでもお買い物ok• 清算・支払いは翌月にじぶんの好きなタイミングで!• 利用上限金額はじぶんで設定• 年齢制限あり(17歳以下は完全にダメ・18歳と19歳は保護者の同意が必要)• 必ず知っておいてくださいね。 いったん「メルペイあと払い」に設定したとしても通常の支払いにいつでも一瞬で切り替えられるので、クレカみたいな「使いすぎ」にさえ気をつければ安全なサービスですよ。 (上限金額はぜひ低めにしましょうね).

次の