ファイアー ストレージ。 ファイアーストレージ 使い方について

メールで重いファイルを送るときに便利なfirestorage(ファイアーストレージ)

ファイアー ストレージ

ファイルデータをクラウドに保存することにより、3 つの主要分野で利点が得られます。 スケーラビリティ — 拡張性を備えていないクラウドファイルストレージソリューションもありますが、最も高度なソリューションでは、クラウドのあらゆる機能を活用して現在必要とされる容量とパフォーマンスで使用を開始した後、必要に応じて容量を拡張できます。 予測される将来のニーズに備えて過剰なプロビジョニングを行う必要はなくなります。 相互運用性 — 既存の多くのアプリケーションでは、従来のファイルシステムのセマンティクスに準拠した共有ファイルサービスとの統合が必要です。 クラウドファイルストレージは、新しいコードを書かずに安全な共有ファイルアクセスを実現し、優れた利点を提供するソリューションです。 予算とリソース — オンプレミス運用のファイルサービスでは、ハードウェア、継続的な保守、電力、冷却、物理的スペースのための予算が必要となります。 クラウドファイルストレージでは、そのような技術リソースを解放して他のプロジェクトに展開できるため、ビジネスにさらなる価値をもたらします。 のワークフローは、絶え間なく変化し続けています。 ハイブリッドクラウドのデプロイが利用されることが多く、NFS などのネットワークファイルプロトコルによる標準化されたアクセスが必要です。 このようなワークフローでは、市販製品、専用構築の製品、パートナーソリューションから柔軟で整合性のあるセキュアな方法で、データにアクセスできる必要があります。 クラウドファイルストレージは既存のファイルシステムのセマンティクスに準拠しているため、コンテンツ制作、デジタルサプライチェーン、メディアストリーミング、ブロードキャストのプレイアウト、分析やアーカイブの用途において、処理および共同作業用のリッチメディアコンテンツのストレージを簡単に統合できます。 既存のメカニズム、ソフトウェア、セマンティクスを使用したデータのでは、回復ロケーションの柔軟性がほとんどない、独立した回復シナリオを作成できます。 多くの企業では、データベースのバックアップをクラウドに保存することで得られる柔軟性を、更新時の一時的な保管や、開発とテストの用途で活用しようとしています。 クラウドファイルストレージは、データベースサーバーから簡単にマウントできる標準のファイルシステムが利用できるソリューションです。 そのためネイティブのアプリケーションツールやエンタープライズ向けバックアップアプリケーションを使用でき、データベースのポータブルなバックアップの作成に最適なプラットフォームです。 クラウドファイルストレージの利用価値は明らかですが、すべてのクラウドファイルストレージが同じではないという点にも目を向けながら検討する必要があります。 現在、さまざまなソリューションがあります。 データを保護するためのスケーラビリティや冗長性のない基盤としてブロックストレージを使用する、コンピューティングインスタンス上の単一ノードのファイルサーバーといったソリューション。 設定、管理、保守に時間を要する自社運用のクラスター化されたソリューション。 さらには、、、あるいは のように設定やメンテナンスがほとんど不要で容量とパフォーマンスを伸縮自在にスケールでき、最も厳しい要件のアプリケーションワークロードのニーズに対応する完全マネージド型のソリューションまでさまざまです。 クラウドファイルストレージは、次の 2 つの方法で提供されます。 1 つは、最小限の設定でほとんどメンテナンスを必要としない完全マネージド型のソリューション、もう 1 つは自社運用のソリューションです。 自社運用のソリューションでは、個別のコンピューティング、ストレージ、ソフトウェア、ライセンスが必要で、さらに設定と管理のために専門知識のある担当者が必要です。 、、および は完全マネージド型ソリューションの例で、AWS クラウドおよびオンプレミスの インスタンスで使用するシンプルでスケーラブルなファイルストレージを提供します。 オブジェクトストレージソリューションはファイルをオブジェクトとして保存できることが利点ですが、既存のアプリケーションでアクセスするためには新しいコードを書く必要があり、API の使用方法や名前のセマンティクスの直接的な知識が求められます。 一方、ファイルストレージソリューションでは既存のファイルシステムのセマンティクスとアクセス許可モデルがサポートされるため、新しいコードを書くことなしに、簡単な設定でアプリケーションと統合して共有ファイルストレージを使用できるという点で、際立ったメリットがあります。 ブロックストレージは、自己管理型のファイルストレージソリューションの基盤とするストレージコンポーネントとして使用できます。 ただし、ホストとボリュームの関係が 1 対 1 に限られるため、完全マネージド型のファイルストレージソリューションのスケーラビリティ、可用性、経済性のメリットを得ることが難しく、追加の予算とサポートのための管理リソースが必要になります。 完全マネージド型のクラウドファイルストレージソリューションを使用すると、複雑さの解消、コストの削減、管理の単純化を実現できます。 世界中には膨大な量のファイルベースのデータがあり、AWS は完全マネージド型ファイルシステムサービスを提供しています。 これで、ファイルベースのアプリケーションとワークロードの多様なニーズに簡単に対応できるようになります。 ビジネスアプリケーションストレージ 組織では、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションの可用性を高める必要があり、これらのアプリケーションの多くは、共有ファイルストレージを利用しています。 これらのアプリケーションをクラウドに移行することで、機動性を高めながら、スケーラビリティ、高可用性と耐久性、セキュリティ、さらにコスト削減を実現できます。 AWS は、ビジネスアプリケーションに最適化した 2 つのファイルシステムサービスを提供しています。 では、クラウドベースの完全マネージド型ファイルシステムが実現できます。 これは、広範囲の Linux ベースのアプリケーションにスケーラブルで弾力性のあるファイルストレージを提供します。 では、Windows ベースのビジネスアプリケーション用に最適化した機能およびパフォーマンスを備えた、完全マネージド型ネイティブ Windows ファイルシステムを実現できます。 Amazon EFS および Amazon FSx for Windows File Server では、完全マネージド型ファイルシステムを使用して、これらのアプリケーションが依存する機能、互換性、パフォーマンス、さらにセキュリティにおいて、Linux および Windows ベースのアプリケーションを AWS に移行できます。 コンピューティング最適化 高性能コンピューティング、機械学習、メディア処理などの計算集約型アプリケーションでは、ファイルシステムに大きなスループットと低いレイテンシーが必要です。 これらのワークロードでは、低コストのデータレイクに格納されている入力データを使用することで、短時間で実行されることがよくあります。 AWS は、これらの計算を多用するアプリケーション用に、 を提供しています。 Amazon FSx for Lustre を使用すると、入出力が Amazon S3 に保存され、計算集約型のプロセスジョブのパフォーマンスと短期間でのコストに最適化されたファイルシステムで、データを簡単に処理できるようになります。

次の

ファイアーストレージ 使い方について

ファイアー ストレージ

初期化する前の確認事項 Fire TVとFire TV Stickを初期化してしまうと、すべてのデータが削除されるので、設定やゲームは最初からやり直しです。 初期化はあくまで最終手段なので、エラー・不具合がある場合は以下の項目を試してみてください。 とにかくFire TVシリーズを初期化する方法を知りたい方は「」まで読み飛ばしてください。 Fire TVを再起動してみる Fire TVとFire TV Stickが動かない、テレビに映らない、インターネットに接続できないなどのエラー・不具合があるときはとりあえず再起動しましょう。 たいていの問題はこれで解決できるはずです! Fire TVを再起動する方法は設定、リモコン、コンセントの3つがあるので、詳しくは「」を参考にしてください。 Amazonヘルプで問題点を確認する Fire TVとFire TV Stickを再起動してもエラー・不具合が直らないときは、テレビ、HDMI端子、コンセントなどが原因かもしれません。 Amazonヘルプの「」を参考にして、問題がありそうなところを確認していきましょう。 Amazonカスタマーサービスに連絡する Fire TVシリーズのエラー・不具合が直らないけど、初期化はしたくない方はAmazonカスタマーサービスに連絡すると解決できるかもしれません。 ただし、電話のみのお問い合わせになるので、メールやチャットでお問い合わせしたい方はPCやスマホから「」にアクセスしてください。 Fire TVを初期化する方法 Fire TVとFire TV Stickを初期化(リセット)するには、ホームから設定に移動して「端末」を選びます。 端末から「工事出荷時の設定にリセット」を選択。 Fire TVシリーズを工事出荷時の設定にリセットすると、サイトイン情報や設定内容が消去されます。 それでもいい場合は「リセット」を押してください。 画面に「Amazon Fire TV Stickを工事出荷時の設定にリセットしています。 」と表示されて、自動的にシャットダウンします。 今度は「消去しています…」と表示されて、内部ストレージを削除しているようです。 こちらは数秒で終了しました。 最後に「システムストレージとアプリケーションの最適化」が始まり、完了するまでに約10分かかります。 ストレージの消去と最適化が終われば、Fire TVとFire Stickの初期化はすべて完了です。 あとは手順通りに初期設定するだけです。 Fire TVの初期化まとめ• Fire TVにエラー・不具合があるときは初期化前にとりあえず再起動してみる• 初期化したくない方はAmazonカスタマーサービスに連絡してみるのもアリ• Fire TVの初期化は約10分ほどかかり、すべてのデータが消去されるので注意! テレビやコンセントに問題なく、Fire TVを再起動してもエラー・不具合が直らないときは、最終手段として初期化を試してみましょう。 すべてのデータが削除されますが、エラー・不具合が直るかもしれません。 他にも売るときや他人にあげるときはデータが残ったままだと危険なので、Fire TVを初期化しておきましょう! 【公式サイト】.

次の

無料で使えるオンラインストレージ firestorage(ファイアストレージ)

ファイアー ストレージ

パスワードを指定しない状態でも使用はできますが、セキュリティの観点からも必ず使用することをオススメします。 今回はサンプルのため『aaaaa』としてますが、 こんなことは絶対にやめましょう! 保存期間とパスワードを入力したら、 アップロードのボタンを クリックします。 ウィンドウが開くので送りたいフォルダを選びます、 今回は最初につくった『圧縮用』を選択しています。 データをアップロードする赤いバーが左から右へと伸びていき、 完了すると ダウンロードURLが表示されます。 通常は長いURLですが、 ダウンロード短縮URLを開くをクリックすれば 短縮されたURLも表示されます。 指定したパスワードは共通になります。 長いURLとパスワード、もしくは短いURLとパスワードを記載して 送りたい相手へメールを送ります。 本文は自由に入力して構いません。 firestorage(ファイヤーストレージ)の使用手順:画像&動画データをもらう(受信)側 メールを送った相手にはこのように届きます、開く場合は 記載されている URLをクリックします。 ブラウザが立ちあがり、 中央に ダウンロードページを開くという青いボタンがあるので クリックします。 相手から指定された パスワードを入力します、 今回の場合は『aaaaa』と入力する形になります。 ダウンロードが可能になったと表示されるので、 オレンジの ダウンロードボタンをクリックします。 ダウンロードが完了しますので、PC上で開きます。 以上でfirestorageの使い方は完了です。 firestorage(ファイヤーストレージ)を使用する上での注意点 アップロードしたデータの期限 すぐ開く相手であれば気にしなくてもいい部分ですが、 そうでない場合は余裕を持って設定しましょう。 送るデータにつけるパスワード 忘れないように気をつけましょう、 また簡単すぎないように注意しましょう。 もし忘れた場合受信者はダウンロードできないので、 またパスワードの設定からやり直してください。 firestorage(ファイヤーストレージ)のURL ごくまれにですがパソコンやOSの環境次第では 短縮URLだと開かない場合もあります、 何度も送ったことのある相手なら特に気にする必要もないですが、 そうでない相手の場合は長いままのURLで送った方が安全かもしれません。 さいごに、 さらに大きな動画などを送る必要があれば、似たような 要領で使える『 』も あるので、データの大きさで使い分けるといいでしょう。

次の