宅建 過去問題。 宅建過去問徹底攻略

【おすすめ勉強法】【宅建合格】この過去問題集を使って独学合格できました

宅建 過去問題

五問免除問題の勉強のポイント 五問免除問題の概略 五問免除問題は• 住宅金融支援機構法• 景品表示法• 統計に関する問題• 土地に関する問題• 建物に関する問題 以上の 五つの問題で構成された科目です 点数は5問となっています 五問免除問題の特徴 難易度としてはそこまで高くはなく、暗記科目が多いです また 宅建登録講習の受講資格を持っている人は講習を受ければ、解答を免除されるのが特徴です 宅建登録講習 受講資格 受講資格は以下の通りです• 宅地建物取引業に従事しているもの• 従業者証明書を提出できるもの 以上の二つを満たしていることです 宅地建物取引業に従事していることが証明できる人であれば、実務経験や具体的な業務内容は問われません 宅建登録講習を受けるかどうかは早めに検討する 宅建登録講習を受講すれば五問免除問題は免除されます しかし、登録講習の修了証明書を得るには 時間もお金も必要になってきます• 時間に関しては事前の通信講習と10時間のスクーリング• お金に関しては1~2万円の受講料が必要になります また 登録講習の申込期間は宅建本試験の申込期間よりも早く締め切られるため、受講する場合はかなり早い段階で検討する必要があります 暗記問題が得意なら登録講習の効果は低め 宅建登録講習を受講する場合、最低でもスクーリングに10時間、事前の通信講習と通学時間を考えるとそれ以上の時間を講習に費やすことになります 暗記が得意なら同じ時間で五問免除問題の勉強をすれば、同程度の点数を取ることも可能でしょう• 暗記問題に自信がなく、確実性を選ぶなら登録講習を受けることを• 暗記問題に自信があるなら自力で解くことを選ぶことを 五問免除問題の勉強法 自力で解くなら、勉強は試験の直前で充分 主要な四科目の中で 五問免除問題は一番最後に勉強すればいい科目です• 「権利関係」「宅建業法」• 「法令上の制限」• 「五問免除問題」 以上が科目ごとの勉強の優先順位です 五問免除問題は「模試の直前」と「本試験の直前」のタイミングで始めるくらいでちょうどいいでしょう 知識がなくても判断力で解ける問題も多い 五問免除問題の「景品表示法」と「土地に関する問題」は知識以上に判断力が重要になってきます 景品表示法は消費者が不利益を被らないための、宅建業上の広告する上での「責任を義務」を問う問題です なので 「責任と義務」が果たせるかを基準に選択肢を判断していけば、選択肢の判断が可能になります また「土地に関する問題」には宅地として活用する上での、土地の安全性を問う問題が頻出です これも 「無条件に安全」な土地が存在するかどうかを考えれば、選択肢の正誤判断の助けになります ですので知識を覚えることと並行して、それぞれの選択肢が• 「法律の目的を満たすか」• 「現実として成り立つかどうか」 以上の観点で判断する習慣をつけるようにしましょう また注意点として「統計」の問題は過去問を解いても意味がないので、ネットや白書で最新の統計情報を確認するようにしましょう 「五問免除問題」の関連ページ 「勉強法」のページ 「過去問分析」のページ.

次の

【まだ間に合う】宅建おすすめの問題集・過去問は?【マイベスト3】

宅建 過去問題

全項目チェック ON OFF A. 権利関係 293• 制限行為能力者 6• 意思表示 11• 代理 16• 条件・期間・時効 12• 所有権・占有権・用益物権 28• 担保物権 26• 債権総則 30• 売買契約 19• 賃貸借契約 13• その他の契約 13• 不法行為・事務管理 13• 条文問題・その他 7• 家族法 21• 借地借家法(土地) 19• 借地借家法(建物) 21• 区分所有法 18• 不動産登記法 20 B. 法令上の制限 174• 都市計画法 49• 建築基準法 41• 国土利用計画法 16• 農地法 20• 土地区画整理法 20• 宅地造成等規制法 17• その他の法令 11 C. 税に関する法令 49• 不動産取得税 10• 固定資産税 9• 所得税 11• 印紙税 10• 登録免許税 5• 贈与税 4 D. 不動産価格の評定 20• 地価公示法 11• 不動産鑑定評価基準 9 E. 宅地建物取引業法等 364• 宅地建物取引業・免許 44• 宅地建物取引士 26• 営業保証金 19• 保証協会 18• 業務上の規制 61• 媒介契約 23• 35条書面 42• 37条書面 25• 8種制限 62• 報酬関連 18• 監督処分・罰則 16• 住宅瑕疵担保責任履行法 10 F. 土地と建物及びその需給 100• 住宅金融支援機構法 20• 不当景品類及び不当表示防止法 20• 不動産の需給・統計 20• 土地の形質・地積・地目及び種別 20• 建物の形質・構造及び種別 20 更新履歴 2020. 27 出題中の問題をSNSでシェアするボタンを追加しました。 2020. 2020. 2 権利関係を5分野から17分野に、宅建業法等を8分野から12分野に細分化しました。 2020. 19 宅建業法を含む全ての過去問題について民法改正済となりました。 2020. 20 民法改正部分を除く非推奨問題14問を一部改変し現行法令に合致させました。 改変した問題には問番号の後ろに 改 が付きます。 2020. 2 復習/未回答モードのモードでの出題時に分野指定できるようにしました。 2019. 5 令和元年の試験問題を追加しました。 2019. 9 学習成績をSNSでシェアできる機能を追加しました。 2019. 30 選択肢をランダムに並べ替える機能を追加しました。 2019. 2019. 22 統計問題が出題されないように変更しました。 2019. 23 収録問題数のバランスや市販の参考書の科目分けを考慮し、成績画面のレーダチャートを4分野集計に変更しました。 2019. 31 過去問道場をPWA(Progressive Web Apps)に対応させました。 2019. 12 前回の続きから再開できる機能を加えました。 過去問道場スタート画面でログインしていれば「続きから再開」ボタンが表示されます。 2019. 8 法令改正で古くなった問題が出題されないようにしました。 2018. 18 問題にチェックを付けて、後で復習できる機能を追加しました。 2018. 7 平成30年の試験問題を追加しました。 2018. 12 公開しました。 不具合やご要望等ありましたらお問い合わせフォームから連絡いただければ幸いです。 宅建士過去問アプリ 質問・相談はこちら.

次の

宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

宅建 過去問題

令和元年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。 受験者数 220,797人 合格者数 37,481人 合格率(倍率) 16. 98% 合格点 35点 令和元年度 宅建本試験解答・解説 「出題内容」の文字をクリックすると、各問題の問題文や解説、そして動画講義が見られます。 問 正解 出題内容 01 1 02 4 03 1 04 4 05 2 06 2 07 1 08 2 09 4 10 1 11 3 12 4 13 3 14 3 15 4 16 1 17 4 18 2 19 3 20 1 21 1 22 3 23 2 24 4 25 3 26 4 27 1 28 4 29 3 30 4 31 1 32 4 33 3 34 2 35 4 36 2 37 3 38 2 39 3 40 2 41 1 42 1 43 2 44 3 45 1 46 1 47 4 48 2 49 3 50 4 はじめまして。 FP2級の延長で、独学で宅建試験に取り組み、過去2回は2点差で不合格。 これまで受験した他の国家試験等と異なり、60~70%の知識では合格は難しく、理解があやふやだったり、問題文を読み取る力が不足していることを痛感しました。 このため、3回目の受験に当たっては、家坂先生が過去30年間の試験問題を体系的に整理された「一問一答式問題集」をやってみることにしました。 途中、膨大な問題数に気が折れそうになりましたが、半年かけて全分野の問題をチェックし、理解が不十分なところは家坂先生の動画を見て勉強しました。 その後、過去5年分の本試験の問題を3回繰り返し、仕上げに市販の予想問題集を同じく3回繰り返しましたが、「一問一答式問題集」をやって基礎が備わってきたのか、頭の中がずいぶんと整理され、ケアレスミスも少なくなったように思いました。 結果として、今年は自己採点で45点をマークすることができ、ほっとしているところです。 無料の教材を使わさせていただき、本当に恐縮に存じますが、家坂先生のわかりやすい解説と節目ごとのメールに励まされて、今回の結果があることを申し添えて、お礼といたします。 ありがとうございました。 初めてコメントします。 受験にあたって大変お世話になっていました。 あれだけ質・量のそろった過去問解説を無料で見ることができ、非常にありがたかったです。 過去問を一周したあとは、権利関係・法令関係を詰めるために、ニコニコの有料チャンネルを登録し動画講義を拝見し、仕上げさせていただきました。 急遽受験することとなったため、独学以外に選択肢がない中で、先生の動画講義は本当にありがたいものでした。 さて、肝心の結果なのですが、自己採点39点で何とか合格できそうです。 うれしい一発合格です。 先生のおかげの部分が大きく、感謝の思いをお伝えしたくコメントさせていただきました。 本当にありがとうございます。 これからも宅建受験者のためにお体を大事に頑張ってください。 はじめまして! 先生の回答と照らし合わせたら34点でした。 おそらく落ちただろうなって思っております… 民法10点 法令4点 税1点 業法15点 免除科目4点 という感じで法令と業法が良くなかった感じです。 34点だと勉強不足な感じだと思われますが、会社から宅建受けるように言われて7月に応募してから「そもそも宅建ってなんて略ですか?宅建取ったら何ができるのですか?」って無知の無知から勉強し始めたぐらいです。 笑 そして独学で勉強し始めたのですが、7〜8月は「勉強時間が取れない」「全然理解できない」と焦ってた時に先生のサイトを見つけました。 先生の解説はとてもわかりやすくて勉強が捗りました。 10年分の過去問2周ぐらいしかできませんでしたが、3、4ヶ月でこの点数まで伸びたのは先生の解説動画のおかげです。 おそらく今年は受からないと思いますので来年の宅建は一年かけて先生の解説動画をみて勉強していこうと思います。 本当にお世話になりました。 そしてまた一年間よろしくお願いします。

次の