サカイ 破損 対応。 サカイ引越センターの口コミ・評判があてにならない理由(見積書あり)

引越し業者に壊された?荷物破損トラブルのクチコミ

サカイ 破損 対応

破損対応は何でも弁償されない 各社貨物保険に加入していると思いますが、よく考える必要がある事は「何でも弁償されない」ことです。 保険とは万が一の為に入る物であり毎回の破損に対して保険を使う事は難しいのです。 保険適用が難しい理由 分かりやすい事例を出すのであれば車の車両保険がいい例となります。 通常の車両保険は免責金額が定められている事が多くあります。 免責とは何か? 仮に免責10万円となれば保険を使用しても10万円は契約者が支払をする必要があります。 つまり5万円の物を直すのであれば免責10万円の場合、保険を使うメリットはどこにも無いという事になります。 それでは13万円ならどうでしょうか?10万円を個人負担で3万円を保険が適用されますが、保険を使う事にメリットがあるかという事です。 保険を使えば保険の料率が引き上げられる事になり、その結果保険料が値上がりするのです。 それと共に保険の使用頻度が上がれば保険に加入が出来なくなる可能性が出てきます。 その様な事になれば会社の運営上非常にまずい事になるのです。 オススメ 破損の対応はまず保険対応では無い 引越し会社としては破損が出た場合まずは保険で対応する流れはありません、ただし対応しないと言う意味ではなく引越し会社として対応するという流れです。 一部の有料保険の場合は直ぐに保険対応になる物があります。 ただし破損については新品に買い替え等の対応は基本的にしません、あくまでも物の現状の価値を算出して弁済額を決めます。 その物の価値の算出は経年原価率を元に現状ある価値(時価額)として算出がされ、その時価額を限度に損害額の支払いが行われます。 破損は現状復帰 つまり家財を破損しても新品になる訳ではないのです、基本は現状復帰が大前提であるのです。 「現状復帰」とは簡単に言えば「修理」による対応のみです。 この事も車の保険を参考にしてみれば分かり易いのですが、新車で買って間もない車を傷付けても新車に買い換えて貰えません、文句を言っても新車には換えて貰えないのです。 仮に修理不可能である全損になっても同じです新車には換わりません。 現状の価値を算出して支払われるだけなのです。 破損に関しても現状の価値までしか補償されません 破損した家財が10万円で購入したものが全損したとしても時価額が最大限の金額になりますので当然10万円にはならないのです。 この事については保険を適用してもしなくても変わらない事実であり、保険があるから安心ではないと言えるのです。 法律は全ての者に対して権利を認めている 当然誤って破損を出した引越し業者にも法律によって守られる権利を有しているのです。 納得出来なくてもお客様側が全て有利になる事は一切無いことが事実であり法で定められていることなのです。 保険があるから安心はウソ 保険があると安心と思い込む事は誰でもあります。 しかし考えて頂きたいのですが保険屋はお金を湯水の様に支払う事が仕事ではありません。 現状に対していかに支払を抑えるかを実行するプロです、一般の方が法律のプロと話して勝てるはずがありません。 逆に最低限の金額に抑えられる事が普通なのです。 何にでも無償で欲しい金額が貰える夢の保険は無い 保険を売りにする会社は要チェックです、たとえその保険が無料の物でも有料の物でも同じです、無条件に傷付いた物が新品に換わる訳ではないのです。 しかし引越し業者の営業マンがその事を理解していない場合かもしくは、分かっていても保険がある事に安心感を植え付ける営業スタイルが横行している事も事実であるのです。 保険の補償は約款により取り決めが有りますので、何か有った場合も全て補償する様な事を営業マンが言うのであれば保険の約款の提示を求め説明をしっかり受けて下さい。 営業マンは覚えた知識をただ繰り返し言うだけの何も分かっていない者が多くいるので注意が必要なのです。 オススメ 基本に返る 保険はあくまでも何か有った時の最低限の補償を付けるためです。 一番注意すべき点は破損を出さない為にどうするかなのです、引越しの見積もり金額を叩くあまり無理の生じる行程を行いその結果、作業員の焦りが生じ破損の発生を則した事はこの引越し業界には山ほどあります。 プロならばどの様な状況でも破損は出ないなんて事はないのです。 プロのアスリートでも追い詰められて気持ちに余裕が無くなれば思わぬ失敗をするのです。 あなた個人でもそうであると思います、焦った時に失敗や何かを落としてしまう様な事があるはずです。 引越し作業員は鉄のハートを持っている訳ではないのです、あなたと何一つ変わらない引越し業務をプロとして行っているだけの人なのです。 良い引越しを行う方法 お客様の引越しについて行程をしっかり話す営業マンに耳を傾ける事です。 金額ありきの営業マンを中心に考えないように気をつけ、あくまで参考にする様にして総合的な判断の中で引越し業者を選定する必要があるのです。 長くなりましたが結論、破損は補償されるか? 大手引越し会社は間違いなく補償されます。 破損を出して補償しなくては問題が大きくなるからです。 大手の引越し業者で破損対応をしないのであれば直ぐにクチコミで広がります、それこそ営業として命取りです。 昔あったクレーム ただし中小の引越し会社は分かりません、昔の話しになりますが私が引越し会社に勤める前の事になりますが冷蔵庫の破損や物の紛失がありました。 その場で作業員に指摘したところ対応しますと言われたのですが、その後にその引越し会社の上司から連絡が入り事実を認めなかった事がありました。 驚いた事に作業に来ていた者は事実を認めていないと言うのです。 こちらも困るので話しをしていると「 そこまで言うのなら5000円払うから」と言われたのです。 半ば脅しでした「私だから5000円払うが上のものが出たらまず払わんでしょう」と押し切られました。 引越し会社の名前は覚えていますがここでは出す事は控えさせて頂きます。 ただ大手ではなく本当に小さな会社で今は名前もほとんど聞かない会社です。 悔しいですが今も現存しているようです。 酷い作業 当日の作業は雨が降っていた訳では有りませんが 1人の作業員が裸足で作業をしていた為に和室の畳は新築であるのにその日だけで足の汚れにより見るも無残な姿になったのです。 足の裏は遠目に見ても汚く真っ黒であった事は鮮明に覚えています。 まとめ 破損に関しては保険の有無に関係なく「大手」の引越し会社であれば「新品に交換しろ」などと無理を言わなければ問題なく補償されます。 保険の有無は特別気にする必要はありません。 中堅の引越し会社でも悪い話しは基本的に聞きません、しかし聞いたことが無い小さな引越し業者は要注意です。

次の

引越しで発生した物損事故、各社の方針と対応事例を比較しました

サカイ 破損 対応

破損対応は何でも弁償されない 各社貨物保険に加入していると思いますが、よく考える必要がある事は「何でも弁償されない」ことです。 保険とは万が一の為に入る物であり毎回の破損に対して保険を使う事は難しいのです。 保険適用が難しい理由 分かりやすい事例を出すのであれば車の車両保険がいい例となります。 通常の車両保険は免責金額が定められている事が多くあります。 免責とは何か? 仮に免責10万円となれば保険を使用しても10万円は契約者が支払をする必要があります。 つまり5万円の物を直すのであれば免責10万円の場合、保険を使うメリットはどこにも無いという事になります。 それでは13万円ならどうでしょうか?10万円を個人負担で3万円を保険が適用されますが、保険を使う事にメリットがあるかという事です。 保険を使えば保険の料率が引き上げられる事になり、その結果保険料が値上がりするのです。 それと共に保険の使用頻度が上がれば保険に加入が出来なくなる可能性が出てきます。 その様な事になれば会社の運営上非常にまずい事になるのです。 オススメ 破損の対応はまず保険対応では無い 引越し会社としては破損が出た場合まずは保険で対応する流れはありません、ただし対応しないと言う意味ではなく引越し会社として対応するという流れです。 一部の有料保険の場合は直ぐに保険対応になる物があります。 ただし破損については新品に買い替え等の対応は基本的にしません、あくまでも物の現状の価値を算出して弁済額を決めます。 その物の価値の算出は経年原価率を元に現状ある価値(時価額)として算出がされ、その時価額を限度に損害額の支払いが行われます。 破損は現状復帰 つまり家財を破損しても新品になる訳ではないのです、基本は現状復帰が大前提であるのです。 「現状復帰」とは簡単に言えば「修理」による対応のみです。 この事も車の保険を参考にしてみれば分かり易いのですが、新車で買って間もない車を傷付けても新車に買い換えて貰えません、文句を言っても新車には換えて貰えないのです。 仮に修理不可能である全損になっても同じです新車には換わりません。 現状の価値を算出して支払われるだけなのです。 破損に関しても現状の価値までしか補償されません 破損した家財が10万円で購入したものが全損したとしても時価額が最大限の金額になりますので当然10万円にはならないのです。 この事については保険を適用してもしなくても変わらない事実であり、保険があるから安心ではないと言えるのです。 法律は全ての者に対して権利を認めている 当然誤って破損を出した引越し業者にも法律によって守られる権利を有しているのです。 納得出来なくてもお客様側が全て有利になる事は一切無いことが事実であり法で定められていることなのです。 保険があるから安心はウソ 保険があると安心と思い込む事は誰でもあります。 しかし考えて頂きたいのですが保険屋はお金を湯水の様に支払う事が仕事ではありません。 現状に対していかに支払を抑えるかを実行するプロです、一般の方が法律のプロと話して勝てるはずがありません。 逆に最低限の金額に抑えられる事が普通なのです。 何にでも無償で欲しい金額が貰える夢の保険は無い 保険を売りにする会社は要チェックです、たとえその保険が無料の物でも有料の物でも同じです、無条件に傷付いた物が新品に換わる訳ではないのです。 しかし引越し業者の営業マンがその事を理解していない場合かもしくは、分かっていても保険がある事に安心感を植え付ける営業スタイルが横行している事も事実であるのです。 保険の補償は約款により取り決めが有りますので、何か有った場合も全て補償する様な事を営業マンが言うのであれば保険の約款の提示を求め説明をしっかり受けて下さい。 営業マンは覚えた知識をただ繰り返し言うだけの何も分かっていない者が多くいるので注意が必要なのです。 オススメ 基本に返る 保険はあくまでも何か有った時の最低限の補償を付けるためです。 一番注意すべき点は破損を出さない為にどうするかなのです、引越しの見積もり金額を叩くあまり無理の生じる行程を行いその結果、作業員の焦りが生じ破損の発生を則した事はこの引越し業界には山ほどあります。 プロならばどの様な状況でも破損は出ないなんて事はないのです。 プロのアスリートでも追い詰められて気持ちに余裕が無くなれば思わぬ失敗をするのです。 あなた個人でもそうであると思います、焦った時に失敗や何かを落としてしまう様な事があるはずです。 引越し作業員は鉄のハートを持っている訳ではないのです、あなたと何一つ変わらない引越し業務をプロとして行っているだけの人なのです。 良い引越しを行う方法 お客様の引越しについて行程をしっかり話す営業マンに耳を傾ける事です。 金額ありきの営業マンを中心に考えないように気をつけ、あくまで参考にする様にして総合的な判断の中で引越し業者を選定する必要があるのです。 長くなりましたが結論、破損は補償されるか? 大手引越し会社は間違いなく補償されます。 破損を出して補償しなくては問題が大きくなるからです。 大手の引越し業者で破損対応をしないのであれば直ぐにクチコミで広がります、それこそ営業として命取りです。 昔あったクレーム ただし中小の引越し会社は分かりません、昔の話しになりますが私が引越し会社に勤める前の事になりますが冷蔵庫の破損や物の紛失がありました。 その場で作業員に指摘したところ対応しますと言われたのですが、その後にその引越し会社の上司から連絡が入り事実を認めなかった事がありました。 驚いた事に作業に来ていた者は事実を認めていないと言うのです。 こちらも困るので話しをしていると「 そこまで言うのなら5000円払うから」と言われたのです。 半ば脅しでした「私だから5000円払うが上のものが出たらまず払わんでしょう」と押し切られました。 引越し会社の名前は覚えていますがここでは出す事は控えさせて頂きます。 ただ大手ではなく本当に小さな会社で今は名前もほとんど聞かない会社です。 悔しいですが今も現存しているようです。 酷い作業 当日の作業は雨が降っていた訳では有りませんが 1人の作業員が裸足で作業をしていた為に和室の畳は新築であるのにその日だけで足の汚れにより見るも無残な姿になったのです。 足の裏は遠目に見ても汚く真っ黒であった事は鮮明に覚えています。 まとめ 破損に関しては保険の有無に関係なく「大手」の引越し会社であれば「新品に交換しろ」などと無理を言わなければ問題なく補償されます。 保険の有無は特別気にする必要はありません。 中堅の引越し会社でも悪い話しは基本的に聞きません、しかし聞いたことが無い小さな引越し業者は要注意です。

次の

サカイ引越センターって大丈夫?ネットで話題のトラブルや事故を調べてみた

サカイ 破損 対応

オススメ 家具の修理に完璧は無い 引越し業者は修理に関して「 きれいに直ります」と説明をすると思いますが、 実際のところきれいに直ることはありません。 修理業者によって技術の差があるのでほとんど傷が分からないように修理できる場合もありますが全部の修理業者に技術のすぐれた人がいるわけではありません。 仮に評判の良い修理業者であっても従業員によって技量の差はあります。 10年のベテランと入社間も無い従業員では技術には歴然の差がでます。 やり直しは当然のようにおこる 家具の破損には関しては修理をしてもやり直しになることが非常に多いと言えます。 修理業者によっては、信じられないようなひどい状態で納品してくる場合があります。 直した箇所を見てあきらかに補修と分かるひどい作業が往々にして起こっています。 その場合でも引越し業者としてはお客様の元にお届けしなくてはなりません。 しかしお客様に修理状態を見てもらった瞬間に激怒されることもかなりの頻度で起こっているのも事実です。 破損クレームの選択肢は5つ• 謝罪して仕上がりの悪い状態で受け入れてもらう• 仕上がりの悪い状態での家具を受け入れてもらい、プラス示談金を上乗せする• 修理を再度おこなう• 修理する物は引越し会社が引き取り買い直しの足しになる示談金を払う• 新品に買い換える 1. 謝罪して仕上がりの悪い状態でを受け入れてもらう 引越し会社がまず行うことは当然ですが仕上がりが悪くても許してもらうことです。 引越し会社としても余分なお金は払いたくはありません。 破損に関しても「 現状復帰」が原則です、使用するに支障がなければ多少見た目が悪くても問題ないというのが言い分になります。 修理は完全に元には戻らないのは当然であり、復旧の努力は最大限に行ったというわけです。 この段階で気の弱い方は何も言えずに終わってしまうでしょう。 仕上がりの悪い状態での家具を受け入れてもらい、プラス示談金を上乗せする 示談金を少しだけ上乗せすることも常套手段です。 納得がいかない補修状態に示談金を上乗せして和解に持込みます。 金額にして数千円が相場だと思います。 3000円の場合もあれば5000円の場合もあります。 よほど高額な家具でない場合は5000円が上限と考えた方が良いでしょう。 ただし高額な婚礼家具などは示談金に数万円を上乗せすることもあります。 引越し会社としては早期に解決したいので多少であれば示談金にを払ってでも解決したいのです。 修理を再度おこなう 問題は修理を再度おこなうことです。 正直な話、修理では永遠に元どおりにはなりません。 しかし思い入れのある家具は完璧に直したいと思うのは壊された者から言えば当然のことです。 ただし、どれだけ時間をかけても一度壊れた家具が元に戻ることは永遠にありません。 引越し業者としては「とにかく元に戻せ」という言葉が一番対応に困ると言えるでしょう。 「 お金じゃなく元には戻してほしい」破損トラブルで長期化する内容はこの場合といえます。 修理する物は引越し会社が引き取り、買い直しの足しになる示談金を払う 引越し業者としては最終手段といえます。 ここまでの提案になるには「元に戻してほしい」という要望に対しての対応策が金銭で解決するしか無いのです。 しかしここでの問題はいくらで示談するかです。 当然ですが購入金額が支払われることはありません。 現在の価値の残価を算出して提示金額が出るのです。 正直な話ですが納得できる金額の提示はでないと言えます。 引越し業者としては破損の度に高額な示談金を払っていては大変な事になります。 会社の収益を圧迫するので最小限に抑えるといえます。 中には従業員が弁済するケースも少なからず行われています。 会社はすべての破損に対して対応はできないのが現実です。 破損に対してお金の流失を最小限に抑える事が仕事のうちとも考える事ができます。 クレーム対応こそが引越し会社の管理職に求められるスキルとも言えるのが現実です。 そのような状態で最終的に納得できる金額提示が出るかは交渉次第と言えるでしょう。 ただ肝に銘じておく事に、 あまりにも法外な金額を求めると引越し業者としても拒否の意向を示すことになります。 法外な金額の要求は裁判でも勝つことはできないので注意が必要といえます。 新品に買い換える 新品に買い換えるのは金額の安い物に関してはハードルが低いといえます。 例えば3000円の家具なら買い直したほうが安く済み、破損トラブルの早期解決になるので話は早いでしょう。 しかし問題は高額な家具の場合、買い換えになることはまずありません。 その場合の交渉は難航すると言えるので買い換えの要求はあまり得策ではありません。 破損を起こされ悔しい気持ちも分かりますが、高額な家具を新品にすることは現実的に不可能といえます。 オススメ 破損トラブルの対応に失敗しないためには 金銭を目的に交渉すると多くは失敗するでしょう。 破損トラブルは最初のうちは純粋に、家具を直して欲しいというスタンスで進めていくはずです。 しかし途中から「欲」が出る方が非常に多いのです。 「 こちらは被害者だから引越し業者からお金が取れる」と考えると引越し業者にも伝わります。 破損トラブルは年中起こっています。 皆さんが思うよりたくさんのトラブルを抱えているので「 金銭目当て」の人とは戦う姿勢が色濃くなります。 最初は被害者であっても、途中からいかにお金を引き出させるかと考えるのは、思いとどまった方が賢明でしょう。 「金銭目当て」で交渉すると引越し業者が有利 引越し業者としては「金銭目当て」の場合は対応が容易になります。 抱えている弁護士や法の話しで進めることができます。 引越し業者は「元に戻して欲しい」と感情に訴えられるより「金出せ」というスタンスの方が「法律」を盾にできるので対応が容易といえます。 相手の「金銭的要求」にまったく応えず修理だけで決着がついた例は山ほどあります。 1年以上解決に要したこともあります。 1年以上も引越し業者を相手に「金銭の要求」をした結果は家具の補修だけで終わりでした。 その間、1年間をこす時間も家具は引越し業者の倉庫で眠っていました。 こんな事例はあまり無いと思いますが客側には何のメリットもありません。 破損が起これば引越し業者と話し合わなければなりませんが「金銭の要求」が目的にならないように交渉する必要があります。 重要なことは破損が起きないためにどうするか 破損が起きれば引越し業者とのやりとり、交渉が大変になります。 一番良いのは破損が出ないためにはどうするか、その為にはどのような対策をするかを前もって考える必要があるでしょう。 破損を防止する記事はこちら 引越し業者によって破損がでる可能性を無くすためにはどうすれば良いのか? そんな疑問にお答えする記事を参考にどうぞ。

次の