縮 毛 矯正 メリット。 縮毛矯正する人必見!!画像でわかる<髪の長さ別>仕上がりの髪型集|feely(フィーリー)

【 縮毛矯正の裏側 ~デメリット白書~ その1】 知らずにやったら ダメぜったい! │ 美容師 ヨシノブログ

縮 毛 矯正 メリット

真っ直ぐにする• 曲げる• ねじれをとる• 凸凹を減らす• 艶を出す• 髪を硬くする• 髪を柔らかくする• 水を含まないようにする• 髪の強度を上げる 美容師によって出来る範囲が異なるので、「実際の所どこまでが実現できるんだろう?」と感じるかもしれませんが、以上のことは可能です。 美容師はこれらを組み合わせ、お客さんの希望をなるべく叶えるように知恵を絞り、努力してデザインに合うようにするのです。 縮毛矯正とは? かけてくせ毛は治るのか? 縮毛矯正はすでに生えている部分を伸ばすものなので、縮毛矯正でくせ毛は基本的には治りません! しかし治すことはできませんが、頭皮を健やかに保ち、健康な髪を生やすと改善はしやすくなる場合もあります。 徐々にやめるなら、市販品やプロ用を買って試すのは大丈夫なの? と考える読者さんもいると思いますが、 市販品やプロ用薬剤などの縮毛矯正を使うことはかなりリスクがあります。 業務用の縮毛矯正の薬剤などをインターネットで購入して使用される方もいますが、一般の人が使用されると、痛む程度では済まなくなる可能性があります。 髪が根元から切れてしまったりという可能性があり、一度傷んでしまった髪の毛は治すことはできません。 縮毛矯正などの技術は、美容師でも非常に難易度の高い施術。 一般の方が市販品でも使うのはかなりのリスクがあることを覚えておきましょう。 こちらの記事では、市販の縮毛矯正やセルフでのストレートパーマをかける危険性について解説しています。 〜【まとめ】縮毛矯正とは〜• アイロンやブローで施術する、ストレートメニューのこと• 縮毛矯正をかけて改善できることは9つある• 縮毛矯正でくせ毛がなおる訳ではない• 縮毛矯正にもメリット・デメリットはあるので自分に合う美容師やお店を探す• 縮毛矯正をやめる際は徐々に移行する 縮毛矯正が何なのか正しく理解して、自分のくせの質に合う施術をしてもらうようにしましょう。 縮毛矯正をかけることに悩んでいる方や、現在かけているがやめるか検討している方などの参考になれば幸いです。 TEMPER magazineでは、他にも縮毛矯正やストレートパーマについてたくさん書かれているので、そちらも見ていただけると嬉しいです。 また、インスタグラムでは、くせ毛を生かしたヘアスタイルやお悩み解決策を更新しています!ぜひフォローしてチェックしてくださいね! くせ毛に関して何かお悩みがある方は、LINE@から質問を送っていただけると記事でお答えしますので、ぜひ送ってくださいね。

次の

知らなきゃマズい。縮毛矯正とストレートパーマの基礎と絶対にダメな事

縮 毛 矯正 メリット

縮毛だと、なかなか自分の好きな髪型にできなかったり、湿気で縮れてしまったりと、悩みは尽きませんね。 美容室での縮毛矯正をしてもらいたくても、金額的に高いので頻繁にはしてもらえないという方も多いと思います。 ドラッグストアなどで市販されている縮毛矯正は安いけれど、その効果はどうなのでしょうか。 市販の縮毛矯正の効果 市販の縮毛矯正を自分で行っても、髪をまっすぐにする効果はあります。 美容室で使われる縮毛矯正の薬剤に比べて、市販品の薬剤は比較的強めなのです。 ただし、自分で縮毛矯正をするのは、見えない後頭部に薬剤を塗ったり、髪の状態に合わせた細かい薬剤の調整ができませんので、リスクもあることを知っておきましょう。 市販の縮毛矯正の使用方法 1. 乾いた髪を丁寧に梳かし、からまりを除去しておきます。 縮毛矯正の1剤を根元から塗布します。 この時、地肌に付かないように注意します。 毛先が傷んでいる場合は、塗布するのは避けましょう。 説明書にある待機時間を待って、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。 ロールブラシなどを使い、毛を引っ張る感じで、伸ばしながら乾かしていきます。 前髪やツンツンのまっすぐ感が出て欲しくない場所は、ブラシを内側に入れこむイメージで伸ばします。 縮毛矯正の2剤を根元から塗布し、ロールブラシで毛をまっすぐにしておきます。 待機時間を待って、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。 市販の縮毛矯正のメリット・デメリット 市販の縮毛矯正のメリット 美容室での縮毛矯正にかかる金額と比べて、10分の1程度なので安いです。 また、時間を気にせず、自宅で縮毛矯正することができます。 市販の縮毛矯正のデメリット 市販の縮毛矯正を使う大きなデメリットとして、髪を傷めやすい、という点が挙げられます。 縮毛矯正は、美容師であっても技術や経験がないと、非常に難しい施術です。 薬剤で髪の構造を断ち切った上で、髪を引っ張るのですから、デメリットはメリットより多くなります。 1剤の塗布時間を長く置き過ぎると、髪の毛が溶けて最悪の場合切れてしまうので、注意が必要です。 また、まっすぐにしたいあまり、引っ張り方が強すぎると、数日後に毛切れが発生し始めることもあります。 市販の縮毛矯正は、効果はあるものの、ダメージも大きいので、日々のヘアケアも忘れずに行いましょう。

次の

【徹底解説】クセ毛の要因とは?縮毛矯正でなおる?気になるダメージは?

縮 毛 矯正 メリット

ショート&ショートボブの縮毛矯正でできる髪型• ミディアムヘアの縮毛矯正でできる髪型• ロングヘアの縮毛矯正でできる髪型• 縮毛矯正した髪型の注意点• 縮毛矯正した髪のお手入れ方法 縮毛矯正したいけど、どんな髪型になるか不安という方は、仕上がりを想像しながら見てみてください。 ショート&ショートボブの縮毛矯正でできる髪型 ショートヘアでも、縮毛矯正をすればツヤツヤサラサラにまとめることができます。 今は技術が高いので、髪型が不自然にまっすぐになることもありません。 ただしショートに縮毛矯正をする際は注意点も。 ショートヘアはロングヘアに比べて髪が軽く、量が必然的に少ないため、縮毛矯正の効果が長続きしづらいという欠点があります。 ショート&ショートボブの縮毛矯正でできる髪型• ナチュラルなショートボブ• 内巻きショート• モードショート 1つ1つ見ていきましょう! ナチュラルなショートボブ 縮毛矯正したいショートヘアの方に、もっとも向いているスタイルの1つがナチュラルなショートボブです。 従来は縮毛矯正をかけるだけだと、髪がストレートになりすぎ、ボブならではのふわっとした質感を作ることが難しいとされてきました。 ですが近年は技術の改良が進み、縮毛矯正とセットで施術可能な「デジタルパーマ」などのテクニックが登場。 カット・スタイリングと合わせて、縮毛矯正でも柔軟に髪型をセットできるようになりました。 そのため縮毛矯正でも、ボブのふわっとした髪の質感を再現することが可能です。 実際にショートボブにしている方の声もチェックしてみましょう。 彼氏が内巻きヘアのゆるふわな女の子が好きなので「縮毛矯正して、内巻きにするぞ」と決めて、ショートから伸ばして縮毛矯正しました!彼氏が喜んでくれたので、良かったです。 またくせ毛が気になって、これまでショートヘアにしかしていなかった人でも縮毛矯正をかけるのであればミディアム、ロングもきまります。 ぜひチャレンジしてみてください。 レイヤーボブ 「縮毛矯正でボブにしたい!でも、つやつやストレートのボブだと子供っぽくなりすぎそう・・・」と心配な方におすすめなスタイルが、レイヤーボブです。 レイヤーボブは髪の内側には重みを残しつつ、表面のレイヤーで動きをつけるスタイルです。 ボブらしい丸みのあるシルエットはそのままに、表面で動きをつけて遊び心あるスタイルに仕上がります。 ずっと憧れだったロングとパーマ、カラーの組み合わせ。 デジタルパーマと縮毛矯正の組み合わせでやっと実現できました。 私は皮膚が弱いので、ゆっくりと髪を休ませながらスタイルを作っていきました。 縮毛矯正してから、パーマをして、カラーを入れるまでの期間は1ヶ月半強くらいです。 ですが まず縮毛矯正をした上で、最低でも1週間程度髪を休ませ、準備万端にした上でヘアカラーをすれば綺麗な発色も望めます。 逆にヘアカラーをしてから縮毛矯正をするのは避けましょう。 デジタルパーマで髪に動きをつけた上で、さらにグラデーションカラーを入れると美しいロングヘアに仕上がります。 知っておきたい!縮毛矯正のメリット・デメリット 気になるくせっ毛をストレートにして保ってくれる縮毛矯正ですが、やはりメリットとデメリットがあります。 縮毛矯正を行う前にその点を理解してから施術してもらうことで、「こんなはずではなかった」を防ぐことができます。 縮毛矯正のメリット 天然パーマやクセ毛で悩む人も、縮毛矯正をかけることによってサラサラなストレートヘアにすることができます。 また、前髪やサイドの髪等、うねりが気になる部分だけをストレートにすることもできます。 なるべくダメージを抑えて、髪型をストレートにしたい人におすすめです。 髪がサラサラなストレートになる 元が強いくせ毛の方でも、髪がサラサラな美しいストレートになるのが最大のメリットです。 縮毛矯正の薬剤の品質や技術は年々向上しています。 しっかりと適切な施術を行えば、柔らかでナチュラルなストレートヘアを実現できます。 当たり前のことですが、これから生えてくる髪の毛は縮毛矯正をかけていませんから、ストレートになるわけではありません。 さらに、縮毛矯正は髪にダメージを与えます。 そのため、クセ毛や天然パーマが悪化することもあります。 反対に髪の毛の量によっては、ボリュームがなくなりペッチャンコになってしまうことがあります。 また、縮毛矯正は1万円以上するサロンが多いため、継続して行うのはお財布的に厳しい場合もあります。 髪の毛がツンツンになる 縮毛矯正後の髪の毛の最大の特徴は、髪の毛がツンツンになることです。 髪の毛がピンと直毛のようになるため、シルエットが不自然に。 髪の毛がツンツンになる理由は、もともとのくせ毛の強さにあります。 癖が強い方は、その分縮毛矯正するときに強い薬剤を使うケースが多いです。 ショートで縮毛矯正をしたい方は、部分縮毛矯正をするなどして費用を安価に抑えつつ、こまめに施術をするのがおすすめです。 縮毛矯正した髪にパーマを当てるのは要注意! 縮毛矯正をかけた髪に、最適なパーマは「デジタルパーマ」です。 通常のパーマを縮毛矯正した髪にあてるのは、おすすめしません。 デジタルパーマは専用のマシンで髪にウェーブをつけるパーマで、使用する薬剤の強さはそれほど必要ありません。 髪が痛みづらく、通常のパーマではカールが付きづらい人でも施術が可能。 髪質を変化させたり、炒めるリスクが小さいため縮毛矯正との相性が良いです。 もし縮毛矯正した髪にパーマを掛ける場合は、美容院でデジタルパーマをオーダーしてください。 縮毛矯正した髪のお手入れ方法 縮毛矯正した髪のお手入れ方法を解説します。 縮毛矯正後の髪は、髪質が安定しておらず、敏感です。 特にシャンプーやヘアゴムの使用は気をつけてください。 縮毛矯正後のヘアケアで気をつけたほうが良いポイントは以下のとおりです。 縮毛矯正した日から「7日間」は髪を休ませよう• シャンプーは控えめに• ゴムで縛るのはできれば避けよう• コテをあてるのは7日以上経ってから• 縮毛矯正の当て直しの目安は3ヶ月程度 1つ1つ見ていきましょう! 縮毛矯正した日から「7日間」は髪を休ませよう 縮毛矯正した日から、7日間は髪を休ませてください。 薬剤と熱で強制的にストレートにした髪は、強いダメージを受けています。 巻き髪やヘアカラーなど、縮毛矯正した髪にさらにアレンジを加えたくても7日だけは我慢しましょう。 バレッタやかんざし、ヘアピンなどの使用も同様です。 シャンプーは控えめに シャンプーは控えめに! 縮毛矯正直後の髪を、通常のシャンプーと同様にゴシゴシと洗うのは避けてください。 できればシャンプーはしないのがベター。 どうしても汗をかいて、べたつきが気になるのであれば「ゴシゴシ」とはせずにそっとシャンプーをつけ、ぬるめのお湯でさっと流すようにしましょう。 熱いお湯で流すのは、おすすめしません。 ゴムで縛るのはできれば避けよう 仕事中は髪の毛をゴムで縛っている方も多いでしょう。 特に飲食関係の仕事や、企業の受付、広報などの仕事をしている場合には身なりに関する厳しいルールが定められている場合もあるでしょう。 ただし、縮毛矯正をしたあとの髪をゴムで縛ることはおすすめしません。 ヘアゴムは髪を縛る力が強すぎて、縮毛矯正後の髪質が安定しない髪を折ってしまう可能性があります。 髪が折れてしまうと、その状態で髪質が安定し、もとに戻らなくなってしまいます。 どうしても髪をまとめる必要がある場合は、シュシュのような太いゴムでそっと髪をまとめるだけ。 強く縛るのは避けましょう。 コテをあてるのは7日以上経ってから 髪にコテをあてるのは、7日以上経ってからにしましょう。 縮毛矯正を当てた髪は、とてもきれいなストレートになります。 ですが中には「ストレート過ぎる」のが気になって、コテを当てて内巻きにしたり、少しニュアンスをつけることでアレンジを楽しむ方もいます。 こうしたヘアアレンジはとても楽しいですが、縮毛矯正直後にするのは避けましょう。 あくまで一週間以上経ってから、チャレンジしましょう。 縮毛矯正の当て直しの目安は3ヶ月程度 縮毛矯正は一度当てたら永遠に効果が持続するわけではありません。 3ヶ月程度を目安に、当て直しが必要です。 特に20代後半や30代で縮毛矯正をする方は、自分の髪のコンディションと相談しながら「いつまで縮毛矯正を続けるか」を考える必要があります。 特に髪が細い方や頭皮が弱い方は、美容師さんと常によく相談するようにしてください。 縮毛矯正って巻き髪やヘアアレンジはしてしていいの? 縮毛矯正をかけても、ヘアアイロンを使って髪を巻くことはできますし、ヘアアレンジをすることもできます。 なぜかというとヘアアイロンの熱より縮毛矯正のほうが強いからです。 ただ気をつけてほしいのは、縮毛矯正をかけてから一週間はヘアアレンジはしないほうがいいです。 縮毛矯正をかけてから一週間はまだ髪が安定していないので、なるべく癖をつけるようなことはやめておいたほうがいいです。 縮毛矯正後にヘアアレンジをしたい場合は、いつからヘアアレンジをしていいのか、担当の美容師さんに聞いて、指示に従ってくださいね。 さいごに 縮毛矯正は、まっすぐでサラサラなストレートヘアになれます。 メリットとデメリットがありますが、最近は傷みにくい縮毛矯正メニューを強化している美容院も多いです!長年クセ毛に悩んでいるなら縮毛矯正をやってみるのもありですよ。 ただし、縮毛矯正は髪に大きな負担をかけるので、ヘアケアはしっかり行ってくださいね。 扱い方を間違わなければ、縮毛矯正は癖毛で悩むあなたの大きな味方になってくれるでしょう。

次の